教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは!秋田県のトライさんです。

めっきり秋らしくなってきました。

秋田市内の高校では、定期考査が始まり、これからも多くの高校で下旬にかけて実施されます。みなさん、頑張ってください!


今回は実力テスト対策の2回目をお送りします。

英語、数学、国語は基礎をしっかりと固めながら、地道な訓練を続けなければいけません。

まさに「勉強に王道なし」です。やるべきことを日々、やり続けられるかが勝負です。

さて、本日は理科・社会の対策にポイントを絞りアドバイスいたします。

上記のように英・数・国は、付け焼刃が通用しません。

しかし、理・社は効果的な学習で力を注げば、短期間に成績を上げることができる教科です。

理・社の貢献により総合点数や合格可能性が少しでも上がれば、自信がつき、精神安定にもつながります。


理科・社会の具体的な対策法をお伝えします。

まず第一に、テスト範囲に該当するところの教科書を3回通読しましょう。

1回目はまさに「ざっと」でかまいません。

少々わからないところも気にせず最後まで読んでしまいましょう。

60%くらいの理解でかまいません。

2回目は、わからないところは資料・年表・地図・ネットなどを利用しながら、90%くらいの理解度になるように丁寧に通読しましょう。

ほどよいスピードで、できるだけ短時間に終わらせましょう。

この2回の通読が終了したら、自分が普段一番信頼している「問題集」や「ワーク」のどれか1冊だけを決めて、テスト範囲の全ての問題を解きましょう。

解答合わせをして、間違えた問題、気になる点は、教科書や資料集などを参照しながら、復習・理解しましょう。

その後は、間違えた問題を完璧になるまで理解・暗記に努めよう。

最後の仕上げは、教科書の3回目の通読です。ここでは、ほぼ100%の理解度になるように精読しよう。

間違えた問題や理解が薄く気になる点を意識しながら、読みましょう。

これで歴史の流れや仕組みが頭に入ってきますので、力が付き頭の整理ができます。


時間が掛かるように感じるかもしれませんが、ここまでの学習でテスト範囲にはかなり詳しくなっているので、意外と時間はかかりません。

テスト数日前に間違えた問題を見直し、頭に叩き込んでくれれば、ほぼ完璧です。

ここまでの学習をしてくれれば、今後の実力テストや本番入試の前に確認して、たとえ結構忘れていても、少し時間を掛けてやれば、頭の底にしっかりと残っていて、すぐ蘇ってきて元通りになります。

以上を参考にして、自分に最適な方法にアレンジして使ってみてください。

では、また次回にお会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。
半袖より長袖が合うようになってきましたね。
季節の変わり目です。体調に気をつけながら、学習に戸からを入れていきましょう。


さて、今回のテーマは実力テスト対策です。
主に中3生向けですが、中2生も来年のために参考になりますし、高校生の模試にも通じることが多々ありますので、ご一読ください。


実力テストと定期テストの違いは何か。それを考えると実力テストの特徴や対策が見えてきます。
定期テストと比べると出題範囲が圧倒的に広く、問題のレベルも圧倒的に高いです。
範囲が広く、難易度が高い。
これが実力テストの特徴です。厳しい条件です。なかなか点数が取りにくい。では、いかに対策を取るのか。


範囲が広い。
当たりまえですがこれに対応するには、範囲表が出たらすぐ学習をスタートさせることがまず大切です。
その時、気をつけたいのは、やみくもに始めるのではなく、見通しを立ててから始めることです。
見通しを立てるとは、優先順位を決めるということです。
苦手教科・分野をまず最初に手をつける。
得意なところは直前でも対応が可能だからです。時間を掛けなければ、克服できないところからやりましょう。

そして2週間前くらいで立ち止まり、今までの進行状況と今後に取組まなければいけない部分を確認しましょう。
そして、テスト当日までにできることを明らかにして再スタートしましょう。
1週間前になれば、できることとできないことがはっきりしますので、重要事項だけに絞り仕上げを行いましょう。


レベルが高いについては、難易度の高い問題に取組める生徒はどんどんやってほしいのですが、ほとんどの生徒はそうはいきません。
難易度の高い問題を解きたいのだから、難しい問題にチャレンジしていこうと反応するのは自然なことのように思えますが、これは無茶です。
かえってやる気を失い、前に進めなくなってしまいます。
難易度の高い問題も実は、基礎知識の組み合わせや視点が少し違うだけで作られているのです。
やはり基礎事項の確認を最初にやりましょう。
そして着実に階段を上り、標準問題をしっかり解けるようにしてからレベルの高い問題にアタックをかけよう。


以上のような準備を行っていれば、もし今回は良い結果が得られなくても、次回の実力テストでは必ずよい点数が取れるように成長していくはずです。逆に難しい問題ばかりを解いていてもその基礎事項の確認の作業を怠っていれば、成績が上昇していくことはないでしょう。


定期テストに比べ、がんばったからといってすぐに結果が出てくれないテストです。しかし、上記のような点に留意しながら粘り強く努力し続けれくれれば、光が見えてきます。そしてそこまでいければ合格が見えてきます。

ではまた次回、お会いしましょう。


このページのトップに戻る

こんにちは!
快適な季節になってきました。
学習にも最適です。がんばって勉強しましょう。

今回は前回に引き続き、定期テスト対策について。忘られがちな点をアドバイスさせていただきます。


特に英語について。
ワークや学校で渡されたプリント、塾で文法を中心としたプリントなどは、ほぼ全員がやっています。
わたしが見ていて気になるのは、教科書を徹底的に活用している生徒が少ないことです。
先ほどあげたプリントなどでの学習では、完璧にやっても80点止まりでしょう。
85点、90点以上を取りたいのなら教科書の内容すべてを頭に叩き込むことが必要になります。


英語の定期テストの対策は、「教科書で始まり、教科書で終わる」を合言葉に学習してほしいです。

まず最初に英語のテスト範囲の教科書の部分をしっかりと精読しましょう。
覚えていない新出単語、日本語訳ができないところ、逆に日本文で出されたらそれを英語で書けるかなどを意識しながらじっくりと読み込みましょう。
その際、その新出単語や和訳できなかった英文などに付箋やマーカーを付けておきましょう。
それが、今回の英語のテストでの自分の弱点リストです。
その後、ワークやプリントをやりますが、その弱点リストをいつも参照・意識しながら学習を進めていきましょう。


ワークやプリントを一通りやったあとは、

英語のテスト対策の最後にまた教科書に戻ります。
この時点で、かなりすらすら教科書の内容が分かってきているでしょう。
弱点リストもだいぶ克服されていることでしょう。
しかし、これで満足してはいけません。教科書に基づき、友達や親や塾の先生からどんどん問題を出してもらいましょう。
そして、それに対して「ぱっぱっ」日本語訳や英文が言え、書けるかが大事なのです。
それができれば、テスト範囲の学習は十分に終わったと言えます。
そこまでいけば、85点以上も夢ではありません。


「教科書で始まり、教科書で終わる」は、他の教科でも超重要です。
今回は、英語を中心に教科書の大切さをお伝えしましたが、やり方はどの教科でも使えます。


機会があれば他の教科についてもお伝えします。本日は、ここまで。また次回にお会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。ぐっと涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。

今回は、定期テスト対策についてのアドバイスです。


定期テストの対策は、学校や塾で一通り教えられ、そして何べんも「こうしたらいい」「あれをしなさい」と言われているので、「耳にたこ」になっていると思います。
今回は、少し違った角度から私が普段気になっていることをお伝えしましょう。


一番気になっているのは、前回のテストのことをすっかり忘れてしまっているのではないかということです。
皆さん、前回のテスト結果の反省を踏まえてから、テスト勉強を開始していますか?

点数が悪かった、数学で失敗したなど漠然と覚えているイメージだけでテスト対策を始めていませんか?


その程度の認識でスタートすれば、結局は今までと同じような学習内容・量になってしまい、結果も同じか、悪くするとテストのレベルが上がり、他の生徒もがんばってくるので、成績や順位が下がってしまうことになりかねません


一番大切でおすすめの方法は、テストが終わったら復習するだけでなく、
A4の白紙に全体的な反省各教科別の失敗点・対策をまとめて記録して、机の前に貼っておくことです。


これさえやっておけば、次回の定期テスト対策をスタートするときに、その紙を見るととても参考になる自分へのアドバイスが書かれています。その指摘されている点を留意して、効率的なテスト対策を始めることができます。
ぜひ、今回のテストが終わったら、一度試してみてください。

次回は、教科別に定期テスト対策の仕方で私がお勧めしたいことをお伝えします。ではまた、次回お会いしましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。いよいよ9月に入りました。秋田市内の中学校では、定期テスト・実力が終了。結果が返ってきて、喜んだり悲しんだりしていることでしょう。しかし、一喜一憂はよくありません。するべきことは、反省し、今後の課題を見つけ、改善策を立てて、そしてそれに基づいてすぐに実行して、継続することです。

今日のテーマは、9月の学習面で留意してほしいことです。受験生はこの時期に入ると受験への意識が強くなるため、入試レベルの問題・応用問題ができることを望むあまり、難しい問題を解くことに力を入れがちになります。もちろん基礎力がしっかりとついている生徒ならば、当然それでいいのですが、そうでない場合は、「百害あって一利なし」ということになってしまいます。例えると、建物の基礎がぐらぐらしているのに、上の方に重いものを乗せれば、建物は倒れてしまいますね。

基礎力がある科目・単元は、どんどん入試問題レベルを解いていってもかまいません。しかし、基礎力がないなと判断した科目・単元は、もう一度教科書や基本ワークに戻って、基礎知識の確認、基本問題が完璧にスピィーディに解けるかをチェックしてください。まさに「急がば回れ」です。このチェックを確実に実行していけば、10月くらいから一気に成績が向上・安定するでしょう。

先を見据えた学習はもちろん大切です。しかし、足元を見つめることもまた大切です。9月は、自分の足元を見つめて、足固めをする時期でもあります。

ではまた、次回お会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。さあ、勉強(食欲?)の秋です。受験生はここからが本当の勝負です。がっちりと学習していきましょう。

さて、今日のテーマは9月実施のキャンペーンについてお知らせします。成績保証コースとプロの逆転合格コースの2つについてご案内していきます。

トライでは、学習効果をより多くの方に実感していただくために、「成績保証コース」を実施します。テストの結果に結び付き、成長を実感できる経験を数多く積むことは、お子さまの自信と、学習に向かう前向きな姿勢を後押しすることに繋がります。2018年夏休み明け最初のテストの結果に応じて、次回の定期テストの目標点を設定し、目標達成のための指導とサポートを行います。設定された目標点に達しなかった場合、対象科目に関して所定の通常授業の受講を前提として、次の定期テストまでに実施した通常授業と同じ時間分の無料追加授業を付与させていただくコースです。

トライには、結果の出せるプロがいます!合格実績・指導実績豊富なプロの講師を紹介します。志望校に特化した対策や科目別指導で苦手を克服し、お子さまを合格へと導きます。

この2つのコースについて、もっと詳しく知りたい方は、お近くの個別教室のトライにお越しください。教室長より丁寧にご説明いたします。受験合格に向けて大切な9月。マンツーマンのトライで合格へ「ぐっ」と近づいていきましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。

今年は酷暑でしたね。やっと少し涼しくなってきました。

さあ、勉強の秋です。金足農業の勢いを受けて、わたしたちも勉強で活躍しよう!

さて、本日のテーマは、この9月は「受験に向けてとても重要な時期である」ということです。

高校受験にしろ、大学受験にしろ現役の3年生にとって、これから加速度的に成績を上げ、

合格を勝取るためのスタート地点に立っているからです。

この地点を上手に通過できるか否かが、今後の軌跡に大きな影響を与えてしまいます。

スタートが遅れた受験生でも、夏休みに入ってからは学校の補習や塾の夏期講習などを利用して、本格的な受験勉強を開始していることでしょう。それで身に付けてきた基礎力を生かして、次々と得点できる分野を広げていきたい時期です。爆発的に、加速度的に学習の量と質を上げていきましょう。ここでスピードに乗れたら、自ずと結果はついてくるでしょう。

一方、なかなか上手くスピードに乗れないというキミは、慌ててはいけません。確かに受験までの残り時間は、少なくなっていますが、焦っても何も良い方向には進みません。苦手分野は、やはり基礎に戻って積み上げるのが「急がば回れ」で、結果的に一番よい方法です。全部の教科が順調な人など、ほとんどいません。自分だけではないのです。

とにかく9月からは、日々、自分の計画に沿って、やるべきことをやり続けることが肝要です。まずこの1ヶ月、黙ってひたすら学習に没頭してみよう。10月に「成長している」自分を発見することでしょう。それを信じてがんばりましょう。

細かいところで質問があるキミは、お近くの個別教室のトライにお気軽に寄ってください。教室長が丁寧にアドバイスさせていただきます。では、また次回にお会いしましょう。


このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。夏休みもいよいよ終わりとなりました。
収穫の秋へ向かうところです。学習においても実り多く、成績を急上昇させていきたいところです。


さて、本日のテーマは「センター試験の傾向と対策」です。
2019年度のセンター試験は、2019年1月19日(土)・20日(日)の両日に実施されます。
出題教科・科目・試験時間割は前年から変更はありませんでした。
1日目は文系教科、2日目は理系教科で構成されています。
受験案内の配布時期や出願期間などのスケジュールや検定料についても、例年から大きな変更はありません。


では、次に主要教科の英・数・国の順に大局的な傾向と対策をアドバイスさせていただきます。


英語(筆記)については、形式に多少の変更がある場合がありますが、過去問や問題集を活用することで、適切な時間配分で練習することが可能ですので、対策がやりやすくなっています。また、大問を解く順番も、本番での時間配分を成功させる大きな鍵となります。自分に合った「時間配分」と「解く順番」が得点力をアップする重要な要素となります。


英語(リスニング)は、ただ音声を聴き取るだけでなく、質問や選択肢を早く読む力も必要とされます。事前に質問や選択肢を読み、読み上げられる内容を推測する余裕をもつことがとても大切です。内容は、日常生活や普段の学生生活などをベースにした場面がよく出題されます。このような問題は状況をイメージしやすく、取り組みやすいでしょう。全体的には教科書レベルの語彙力で対応できる表現が多く使われていて、基礎的なリスニング能力が問われる試験となっています。


数学Ⅰ・数学Aについて。数学Ⅰの「数と式」、「集合と命題」は数学において基礎となる分野ですので、しっかりと初期の段階で学習し、マスターしておきましょう。「2次関数」は問われる内容が決まっていますので、ぜひ高得点を狙ってほしいところです。「データの分析」は、実戦演習で図表の読み取りを練習することに加えて、変量の変換などの理論に関する部分にも力を入れましょう。「場合の数・確率」は表面的な答えの出し方を覚えても太刀打ちできません。基本的な考えをきちんと理解し、身に付けることが大切です。特に頻出である条件付き確率には注意しましょう。「整数の性質」は内容が豊富なので、解法を整理して、それらをしっかりと覚えることが必要です。「図形の計量」、「図形の性質」は定理・公式の使い方を実戦演習により練習を重ねる必要があります。


数学Ⅱ・数学Bについては、数学Ⅱ「三角関数」、「指数関数・対数関数」は、まず確実に公式を使いこなし計算できるようにしておきたい。その上で、難しい問題が出されることの多い「三角関数」は、応用的な問題にもチャレンジしておきましょう。また、各分野との融合問題も多いので、苦手分野を作らないようにしておこう。「微分法・積分法」は接線の方程式、関数の増減、面積計算などの典型的な問題を確実に解けるようにしよう。複雑な計算が要求される問題もあるので、計算力も鍛えておきましょう。数学Bの「数列」は、近年、趣向を凝らした問題が出されているので、典型問題を確実に解けるようにした上で応用問題にもチャレンジしておこう。「ベクトル」は計算の負担が大きい問題も多いので、解法を一通り習得した上で計算力も付けておこう。また、平面ベクトル、空間ベクトルのどちらの問題が出ても対応できるようにしておきましょう。


国語の現代文については、まずは本文に書かれていることを根拠に解答を決めるという態度を習慣づけることが最も重要です。問題を解いていて判断がつかない場合は、選択肢だけを見て直感的に答えを決めようとするのではなく、必ず本文に戻って、「本文のこの文章にこう書かれているのだからこの答えがいちばん良いだろう」と考えるクセをつけましょう。とくに小説の問題では、思い込みで答えを決めてしまわないことが大切です。つねに理由づけをしながら解答を選ぶ姿勢を徹底していくことが、入試現代文では最も重要なことです。


国語の古文で得点するためには、基本的な古語を暗記し、用言の活用・助動詞・助詞・敬語に関わる文法事項を習得し、そうして得た知識を用いて、できるだけたくさんの古文を読む訓練を積んでほしいところです。古語単語は、訳語を丸暗記するのではなく、その語の意味をきちんと理解することが大切です。また、設問形式は、毎年、ほぼ一定の型になっていますので、過去問や予想問題集などを利用して、センター試験の設問形式と時間配分に慣れておくことも大切です。さらに、和歌が頻出しますので、基本的な和歌修辞を暗記して、普段から和歌を現代誤訳するなどして、和歌に慣れておきたい。


漢文ではまず基礎知識を確実に習得する必要があります。重要語句、基本句形、漢詩の知識などの漢文読解の基本部分を徹底的に習得しておこう。その上で、文章構造や文脈の展開、そして全文の趣旨や筆者の意図に注意しながら読解力の要請に努めてほしい。漢文は後からでも高得点が取れると勘違いしている受験生の話を時々、耳にしますが、現実はそう簡単ではありません。なるべく早い時期から学習に取組みましょう。


さらに詳しいことを聞きたいキミは、お気軽に近くの個別教室のトライにお越しください。
教室長から丁寧にご説明いたします。ではまた、次回にお会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。


夏休みはまもなく終了。

夏休みの課題を終わらせることはもちろんのことですが、休み明けに定期テストがあります。
中3生は実力テストも実施されます。最後の追い込みを行って、目標点数を獲得しよう。


さて、今回のテーマは「日曜特訓」です。受験合格を勝取る最強のプラスα講座が、「日曜特訓」です。
なぜ最強であるか。


高校受験生は、5教科すべての基礎・標準の内容を短期間に総ざらいしてから、
入試問題レベルの問題の実践につぐ実践で応用力・対応力を磨いていきます。
だから、最強なのです。
毎年、この講座の受講生の上位校への合格率は、きわめて高いことがその証明となっています。


大学受験生は、センター試験で最も重要となる英語、国語、数学の3教科に絞り、
重要ポイントを網羅した内容で効率よく学べます。
さらに、毎回の実践形式の確認テストを行い、入試本番での得点力を上げる構成になっています。


詳しくは最寄の個別教室のトライにお尋ねください。
詳細なカリキュラム・日程、時間などを丁寧にご案内させていただきます。では、また次回にお会いしましょう。


このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。お盆の時期が終わりました。夏休みも約残り1週間です。
計画に遅れを取っているキミは、猛烈に挽回しましょう。
定期テスト、中3生の実力テストもあと約10日ばかりで実施されます。早く仕上げに入れるようスパートをかけよう。

さて、今回は昨年度の秋田県公立高校入試を振り返り、今後の学習の指針を説明します。


全般的には、

「基礎的・基本的な事項及びそれらを活用して課題を解決することについて、学習の成果が多面的にしかもきめ細かに把握できるように出題する」と、秋田県教育庁より基本方針に示されています。

つまり、

まず第一に重要なことは、基礎的な力を偏ることなく万遍なく身に付けることです。
受験生は、3年生になってから学習したことはもちろんですが、1・2年生のすべての教科・単元の復習を行い、基礎部分の習得を目指しましょう。
弱点分野を発見したら教科書の説明を何度も読んでから基礎問題に取り組み、理解ができない箇所は、先生や友達、塾の先生に教えてもらい克服しよう。


第二に重要なことは、基礎力を活用して課題を解決し、多面的にきめ細かく内容を把握しているかが問われていることです。一面的な見方でなく、多面的な見方ができる、きめ細かい内容までしっかりと把握していることが要求されます。


次に各教科別に最重要ポイントを指摘しておきます。

国語
やはり登場人物の心情・本文の内容を捉えるなどの記述式の問題と古文の内容把握の問題の得点率が約30%以下と低くなっています。ここで差がついています。記述式問題になれ、書く練習を積みましょう。わかりやすい現代誤訳や古典の世界についての文書を読んで古典に親しみましょう。


社会

まずは資料集・地図などを参照しながら、教科書を最低3回は熟読しましょう。様々な資料を読読み取る問題が多く、差がついています。資料から読み取れることと自分の知識を組み合わせて回答できるような力をつけていく練習をしましょう。


数学

まず全範囲の基礎・標準問題を確実に解けるようにしておきましょう。上位校を目指す方は、応用問題にじっくりとチャレンジして、思考力・表現力を更に身に付ける工夫をしなくてはいけません。さまざまな視点から問題を眺める訓練も重ねていきましょう。


理科

昨年度の理科は、全教科の中で最も平均点が高く64点でした。学校の普段の授業の中で、観察・実験などの習得がよくなされているからでしょう。やはり学校の授業・実験などを大切にする学習が一番です。理科も基礎をしっかりと身に付けことが第一で、後は受験に向けて標準から応用問題を数多く解いて、力を付けていきましょう。


英語

英語で一番差がついた問題は、まとまりのある英文や会話から得られた情報を確認したり、感想や意見をやりとりしたりする問題です。長文の内容を正確に読み取った上で、与えられた問題に正確に答える力が問われています。多くの長文問題に触れる、記述の問題に慣れ、しっかりと書ける力を養成する必要があります。


さらに細かい内容を聞きたい場合は、お気軽に近くの個別教室のトライにお越しください。

教室長より丁寧に説明させていただきます。

無料の学習相談はこちら

ではまた次回、お会いしましょう。

このページのトップに戻る

前のページ

秋田県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT