教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは!秋田県のトライさんです。受験生のみなさん。
一番苦しい時ですが、家族も友達もトライさんも応援しています。
春はもうすぐそこ。最後まで駆け抜けましょう。

今回は、1年間の正しい計画の立て方をアドバイスします。計画ができれば、動きやすくなります。主に
高校生の受験生向けに書きますが、本質は同じなので、中学生・小学生の受験生も参考にしてください。

忙しい受験生が長期的な計画を立てて、充実した日々を送るにはどうすればいいのでしょうか。

まず第一に、すでに決まっている予定を基に年間スケジュールを立てるやり方が始めやすいでしょう。
去年の学校生活を思い出したり、学校から配られた行事の予定表を参考にして、学校行事や各学期
のテスト期間などの決められた日程をまずはノートに書き出してみよう。同じように、部活の大会や発表会
なども例年時期が同じなので、年間スケジュールに書き込みます。

ここで「PDCAサイクル」というビジネスでよく使われる(お父さんも会社で使っているかもしれないよ)思考法を身に付けたいものです。
PDCAとは、PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(振り返り)、ACTION(工夫)の頭文字です。
計画や目標を立てる→実行に移す→できたこと、できなかったことを振り返る→上手くいったことはそのまま次に生かし、
悪かったことは何かの工夫を加えて同じ失敗をしないように改善する。このP→D→C→Aのサイクルを意識しながら、計画を立てていこう。

目標を第一に掲げましょう。
なにも一つに絞る必要はありません。
たくさんの目標を掲げてもよいのです。
ノートの一番最初のページに書きましょう。
これは目立ちますし、見やすいのでいつでも確認できます。


大きな目標を掲げたら、その目標を達成するための月間、習慣、日ごとの目標を細かく設定できるとよいでしょう。
「何月までに英単語を〇〇〇個覚える」という期限を加えた具体性のある記述をしましょう。


かなり長くなってしまいましたので、今回はここまでとします。目標を立てるところまでは、説明しました。
次回は、もっと細かい計画の立て方をご紹介しましょう。

ではまた次回にお会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!
秋田のトライさんです。
秋田市内ではインフルエンザが猛威をふるっています。
予防をしっかりとしながら、もし具合が悪い場合は、すぐに医療機関へいきましょう。
特に受験生は、気とつけたいものです。

さて、トライの2月のキャンペーン情報をお伝えします。
①なんと!「授業料2ヶ月無料」です。こんなにリーズナブルな企画は
あまり見ません。チャンスです。
②「入会金無料」これもうれしい企画です。
③「自習スペース無料開放」自宅では集中できない人におすすめです。
興味のある生徒は、すぐに問い合わせしてみよう!

では、また次回にお会いしましょう!

このページのトップに戻る

こんちには!秋田県のトライさんです。

センター試験まで10日、公立高校入試まで55日あまりとなり、

いよいよ受験シーズンに突入です!


ここまで来て焦る必要はまったくありません。

ギリギリまで、できることだけに集中して一日一日を大切に進んでいきましょう。


さて、今回は1月のキャンペーンをご紹介いたします。

来年度に受験を控えている方は、入試まで1年を切りました。


トライの2019年度合格実績プロ教師の「優先予約」の受付が始まりました。

1年の始まりに受験に向けての年間学習計画をプロ家庭教師とともに立てることが、

志望校合格に近づく最大のポイントです。目標と手順が決まれば、あとはやるだけ。


詳しい内容を知りたい方は、以下のURLにてご覧ください。

https://www.trygroup.co.jp/pro/


ではまた、次回にお会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。新しい本年もみなさんと共にがんばります。よろしくお願い致します。

カゼや感染性胃腸炎、インフルエンザが流行ってきていると聞いています。マスクなど防御態勢を整えて勉強に励みましょう。

さて、今回は前回に引き続きセンター試験への対策②をお届けします。

試験当日の注意事項ですが、服装は会場の室温によって調節できるように、着脱しやすい服を着ていきましょう。

電車や車の遅延があっても試験開始までに着けるように、余裕をもって出発します。

息や気持ちを整えて待てるように1時間前には着くようにしましょう。

家を出る前に、受験票、筆記用具、時計、学生証、弁当などの持ち物チェックも忘れずに行うこと。


今年度のセンター試験は、19日からですので、昨年度より1週間遅いため、準備する勉強時間は十分取れますが、センター試験が終わってから、私大・国公立大二次試験までの期間は逆に短くなるのが注意点で、センター試験の結果に振り回されることなく、気持ちをすぐに切替えましょう。

センター試験利用入試は「定員が少ないから自分には無理」とあきらめている人はいませんか?

大幅な定員超過は減ったものの、それでも合格者は多めに出すので、チャレンジする価値は充分にあります。

受験料は一般入試より安く設定されており、また、現時に行くことなく受験ができるため、休養日を作ることもできるメリットもあります。効率よく利用して、合格のチャンスを増やしましょう。

ではまた次回にお会いしましょう!


このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。秋田市内では、26日に中学受験が始まり、いよいよ受験シーズンに突入です。約1ヶ月後には、センター試験が行われます。

今回は、そのセンター試験の対策についてさまざまな角度からアドバイスをいたします。


今までは傾向理解や苦手分野の克服のために、センター試験の過去問を繰り返し解いてきたことでしょう。

しかし試験直前の今やるべきことは、見直し時間も含んだ時間配分を考えて過去問にあたりましょう。

時間配分や解く順番を意識しながら実際の試験時間通りに解答する訓練をして、体に時間感覚を染み込ませましょう。

注意事項は、問題文を読み違えないこと。「適当でないものを選べ」を「適当なものを選べ」と思い込んで解答するケースが少なくないからです。

また、マークの記入ミスにも気をつけよう。

過去問を解きながら、注意深くマークするように心がけよう。

勉強する時間帯は、今までは十分は時間が取れるのであれば深夜まででもOKでした。

しかし、本番で力を発揮するためには、これから約1ヶ月前から朝方に切変え、体と頭が朝からエンジンがかかるようにしていきましょう。

当日、会場を間違えたり、遅刻しそうになったりするケースが少なくないので、前日までに、交通機関や所要時間の確認や会場の下見もしておきたいところです。

試験に伴う注意事項の書類もきちんと読んで、事前に把握しておきましょう。

次回はこの続きで試験当日以降の留意点についてお伝えします。ではまたお会いしましょう。

このページのトップに戻る

2018年12月21日

大学受験について

こんちには!秋田県のトライさんです。

冬期休暇も目前。計画をしっかりと立て、ムダのない冬休みを過ごしましょう。

さて、今回は大学受験情報です。


各種の統計から、国公立では昨年度までほどではありませんが、相変わらず「文高理低」の情勢であり、

私立大学では文系学部の志願者が減少している状況です。

国公立の文系学部で志願者を増やしているのは、「社会・国際」「法・政治」系統です。

理系学部は、前年並みか減少しているところが多く見られます。

その点も考慮して志願学部選びをしていただければと思います。


私立大学の文系学部で志願者が減少している理由は、国の定員厳格化政策のため

近年著しく難易度が上がった難関大の文系学部で大幅に減少しているからです。

一方、「理・工」は文系学部ほど減少していません。

なお、「総合・環境・情報・人間」は国公立・私立ともに志願者が大きく増加しています。

これは「情報」という今一番ホットな最先端分野に関係するからでしょう。

ビッグデータやAIなどの情報技術の成長性に魅力を感じている受験生が増えていることが背景と見られます。

難化につながる可能性が高いので要注意です。


以上が本年度の大学入試の特徴的な志願傾向です。

受験校選びの参考にしていただければ幸いです。


ではまた、次回お会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。12月師走も半分が過ぎました。

一日一日を大切に学習に励みましょう。

さて、前回に引き続き、高校受験対策をお伝えします。


まずは国語から。

近年、記述問題が増加している傾向が見受けられます。

古文と小説は、記述問題も出題されています。

説明的文章では、250字程度で書く作文が出題されています。

作文は毎年出題され、配点も高めなので要対策です。

大問2を素早く解いて、いかに大問3以降の問題に時間をかけられるかが高得点のポイントです。

国語は量をこなすより、今までの実力テストの問題や過去問などを納得いくまで復習することが肝要です。


理科は、毎年、化学・物理・生物・地学分野からバランスよく出題されているため、

苦手を作らないことが重要ポイント。融合問題が昨年も出題されています。

ですが、それぞれの分野の対策ができていれば問題なく解くことができます。

身近な題材をもとに、さまざまな視点で実験・観察していく出題が特徴的で、

その結果から考察する文章記述問題が多いです。

記述問題は難しく見えるようですが、実はパターンが決まっています。

日程を決めて、記述問題だけを集中的にやるのも良い手です。苦手意識がなくなるでしょう。


社会

高校入試は各分野からバランス良く出題されます。

基礎知識を問う問題が中心で、選択肢式と記述式、語句指定による論述問題などが頻出。

地図、表やグラフなどの資料を正確に読み取る力、文章を簡潔にまとめる力をつけておくことが重要です。

近年の傾向として思考力や表現力も求められているので、考えて解くことを心がけましょう。

理科と同様で記述は難しいと感じるようですが、実は出るパターンは決まっています。

数日間、記述問題だけを集中的にやってみましょう。自信がついていきます。


以上を参考に学習を進めてください。ではまた、次回お会いしましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。最高気温が5℃まで上がらない状況が続いています。
本当にカゼに気をつけましょう。3日から5日ほど勉強に集中できず、貴重な学習時間を奪われてしまいます。


さて、今回は秋田県公立高校入試対策として今の時期に大切にしていくポイントをご紹介しましょう。
今回は英語と数学をテーマとします。


まず英語から。平成30年度も傾向は変わらず出題されると思われる。実力テストの出題内容と似ているため過去の実力テストの見直しと解きなおしを行い、広い範囲での対策をすることが必要。リスニング対策をしっかり行い配点の高いリスニングで満点を目指すことが大切。リスニングは量をこなし、コツを覚えることでこれからやってもまだ十分に間に合います。長文問題で点数を取りきれない生徒が目立ちます。おすすめは、一日一題長文問題にチャレンジすることです。英語のセンスがつき、問われ方のパターンも理解できるようになります。


次は数学。数量や図形についての理解を深め、知識の習得を図る必要がある。近年、数学的な思考力や表現力を求める問題の出題傾向が高いため、問題の意味を理解し考える力をつけよう。大問1の小問集合問題は難易度は低い基礎問題となるため、落ち着いて解き、ミスをなくすようにしよう。こちら実力テストの出題内容と似ているため過去の実力テストの見直しと解きなおしを行い、広い範囲での対策をすることが必要。難関高を目指す生徒はそれに加えて、全国の過去の入試問題の良問を集めた問題集で実践力を養っていこう。


次回は、国語・理科・社会について解説します。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。中学受験が迫ってきています。


さて、今回のテーマは、秋田市の中学受験です。秋田大学教育文化学部附属中学校は今月の26日・27日、秋田南高校中等部は26日に、いよいよ入試本番となります。


秋大附中は、一日目に国語・理科・社会・算数の4教科の筆記テスト、音楽・図画工作・体育、家庭の4教科から選択した1教科の実技テストが試験科目となり、二日目に面接となります。この時期は、新しいことに手をだすより今までに間違えて問題の総ざらいを行い、知識の整理に努めましょう。面接の練習も学校や塾などで多面的に複数回練習を積み、場慣れして本番を迎えましょう。


南中等部の選考方法は、適正検査として放送による検査を含む、国語・社会・算数・理科の教科横断的な内容と作文500字程度、個人面接(15分程度)になります。今まで数多く解いてきた教科横断的な問題で苦手なところ、間違えたところの総復習を行い、頭の中を整理しましょう。作文はいろんなテーマで書いてきたものを、何度も読みかえし頭に入れ、スピーディーに書けるようにしておきましょう。面接もさまざまな観点から、たくさんの面接官の面接を受け、場慣れしておきましょう。


まとめると、ここで不安なあまりあれこれ手を出すより、今までやってきたことの総復習を行い、頭の中をすっきりと整理することが何より一番大切です。最後は自分を信じ、おもいっきりチャレンジしてきてくれること願っています。みんながんばれ!


ではまた次回、お会いしましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは!秋田県のトライさんです。

中3生は、12月の実力テストが終了。志望校決定の最終判断材料に
なる1月の実力テストも迫ってきています。ここが踏ん張りどころです。
第一志望校目指して日々の演習をしっかりと行っていこう。

さて、今回はトライ式勉強合宿を紹介いたします。
好評につき、残席わずかになりました。受講したい方はお早めにお申込ください。


<トライ式勉強合宿 開催概要>

日程:12月26日~29日

場所:ホテルメトロポリタン盛岡

人数:先着30名

内容:志望校合格に向けて全力を尽くす4日間

①今学習すべき内容を見極め、合格に向けて効率のよい勉強

②4日間で総学習時間30時間で受験へのラストスパート

③実践プレテストを実施し、課題を見つけて解決へ

詳しくはお近くの個別教室のトライ各校舎へお尋ねください。
トライは受験合格に向けて強力にサポートしていきます!

このページのトップに戻る

前のページ

秋田県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら