教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



群馬県の皆さん、こんにちは。

あっという間に12月も半分が過ぎようとしています。

いよいよ、待ちに待った冬休みが近づいてきました。

今回のテーマ

◆2学期の総復習と冬休みの過ごし方を考えていこう◆


冬休みは思っているよりも短い

次のカレンダーを見てください。

いかがでしょうか。

冬休みは夏休みに比べてはるかに短く、冬休みはたったの12日しかありません。

この12日間の中に、

クリスマスやお正月、親戚の家へ行ったり、親戚が来たり… 12月末から1月初めにかけては何かとイベントが盛りだくさんでバタバタとしてしまうものです。

年越しで「今日は0時まで起きてよう」「今日はカウントダウンで年越しを」「深夜に初詣に行きます」と生活のリズムが崩れやすいものです。

学校へ行く日と同じように、タイムスケジュールを崩さないようにしていきましょう。



冬休みは学校のワークの復習に限る

冬休みの短期間でできることは限られています。

学習のベースとなるのは「学校のワーク」がベスト。

学校のワークを使って、これまでの学習で躓いてしまっている範囲の解きなおしを行うと良いです。

全ての教科を満遍なく解きなおししようとすると、終わらない場合が考えられます。

そこで、苦手とする範囲や躓きやすい範囲に絞って、学習の目標・計画を立てていきましょう。




このように、学習の目標・計画を立てたら、『冬休みの過ごし方のポイント』を押さえていきましょう。


冬休みの過ごし方のポイント 生活リズムを崩さない

ある中学生の冬休みのタイムスケジュールを見てみてください。


【例】 午前中に部活動があるA君の冬休みの過ごし方

7時半 起床、朝食、支度

9時~12時 部活動

13時 帰宅、昼食、休憩

14時~16時半 冬休みの宿題、自主学習、家庭教師の宿題

17時 娯楽時間

18時 夕飯

19時~20時半 家庭教師の授業

21時 入浴、娯楽時間

22時 就寝


パッと見た時に、

「あれ、休憩時間が多いかな?」

と感じた人もいれば、

「1日がハードだな」

と思った人もいるかもしれません。


しかし、学校にいる時を考えてみてください。

1日のうち50分授業を6時間行うということは、

50分×6限分=300分=5時間

つまり、5時間/日行っているのです。


【例】の場合は、

宿題+自主学習 2時間半

家庭教師の授業 1時間半

合計4時間の学習時間になります。


このように学校に通学しているときと同じように、学習のペースを維持することで、

1日の学習リズムが崩れず、3学期の学習がスムーズにスタートすることができます。




◆今年もトライ式冬合宿2018・冬期講習を実施 参加者募集中◆

家庭教師のトライ 群馬県は、今年も群馬県でトライ式冬合宿の生徒募集を開始しました。

開始日当日から既にたくさんのお問い合わせをいただいています。


会場:ホテルメトロポリタン高崎 日程:2018年12月25日(火)~28日(金)

期間:3泊4日

料金:¥137,700(税込・テキスト代込)

 

家庭教師のトライの冬期講習は、完全オーダーメイド制度です。

・学校の教科書に完全対応しています。

・対策したい単元や押さえたい範囲、苦手とする問題を選んで集中的に学習ができます。

・学習のレベルはあなたのレベルでスタートします。

・冬休みの宿題対応や質問受付もその場で解決することができます。

・一人ひとりのカリキュラムに合わせて宿題(希望者に限る)を提示します。

・無料配信動画「TryIT」を使って、授業がないときの自主学習も家庭教師が計画します。

・あなたの好きな曜日、時間で授業を行うことがきます。

12日間という限られた冬休みの期間ですが、あなたの都合に合わせて行うことができる家庭教師のトライ 冬期講習。

「人気の家庭教師」や「プロの家庭教師」は続々と生徒さんの授業で予定が埋まりつつあります。

お急ぎくださいね。

 

◆今月のキャンペーン情報◆

《プロの逆転合格コース》

プロの逆転コースの4つのポイント

(1)志望校や専門教科に特化した完全マンツーマンの指導が受けられる

家庭教師のトライ群馬県では、前橋地区、高崎地区、渋川地区をはじめとして各地域にプロ家庭教師が、高崎高校や前橋高校などのTOP校などの高校や群馬大学医学部、教育学部など群馬県地域の大学、群馬県有名中学(中央中等、四つ葉学園、樹徳等)の受験合格に向けてサポートしていきます。お子さまの志望校に合う、お子さまの特化したい対策科目に強い教師を選抜してお子さまにご紹介します。苦手教科の克服により、お子さまを合格へと導くことができます。

(2)最短距離で合格を目指すオーダーメイドの合格戦略

現状のあなたの学力と合格に必要な点数をしっかりと把握し、それらのギャップを埋めるためのあなた専用のカリキュラム「オーダーメイドカリキュラム」を作成いたします。また、受験生の方にはより詳しい・見やすく分かりやすい「計画表」もご用意しています。(希望者に限る)

(3)教育プランナーによる万全のサポート体制

群馬県 家庭教師のトライでは、「ご家庭サポート担当」と 「ご家庭サポート担当」の各担当プランナーが、お子さまの成績管理、受験情報の提供、進路相談・志望校選びのサポート、不登校の生徒さんや学習障害をお持ちの生徒さんの学習アドバイス指導法のアドバイス、生徒との相性や指導の様子の確認、生徒の学習への意欲確認およびアドバイス、教師の悩み相談 等にご対応します。

(4)受験生必見 「群馬県受験情報と対策」・トライ式「入試合格虎の巻」

群馬県 家庭教師のトライがこれまでの過去問題を分析し、傾向と対策を集約した「群馬県受験情報と対策」、そしてトライ式「入試合格虎の巻」も合わせて配布しています。 《成績保証コース》 学習の効果を実感して頂きたい、そんな思いから始まった「成績保証コース」。 ひとりひとりに合わせた指導と丁寧なサポートにより、成績を保証します。

◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇

授業料のお問い合わせ・資料請求は

こちら


【お問い合わせ先】0120-555-202 通話料無料:全国対応

このページのトップに戻る

群馬県 高校受験を控える受験生の皆さん、こんにちは。

いよいよ、12月に入り、私立高校入試対策に熱が入る時期となりました。

中学生向け12月おすすめのコースをご紹介します。


◆ 中学生 12月おすすめコース一覧 ◆



中学生は学校の授業にとても躓きやすく、

また苦手教科が生まれやすい時期です。

なぜでしょうか。

それは、中学生になると子どもと親との関係が少し難しくなるからです。

 

中学生は思春期真っ盛り?

子どもと喧嘩は日常茶飯事


子どもが思春期になると、子どもの様子はぐっとこれまでとは変わってきます。


例えば、

「食べたら勉強しなさい」

「部屋を片付けなさい」

「ゲームばかりしていないで、宿題をやりなさい」


このように親が注意をすると決まって子どもは



「うるせーな」

「今やろうと思ったのに」

「あとでやるから」

「うるさいな、口出すなよ!」


そんな反抗的な言葉が返ってくることもあるのではないでしょうか。


親としては

「あなたの為を思っていってあげているのに悲しい」という気持ちになると思います。


しかし、子どもは日々成長しています。

「あれをしなさい」

「これをしなさい」

そんな親のちょっとした指示の声掛けが子どものやる気を失わせてしまい、また、子どもは上から目線の言葉かけにイライラしてしまい、親子喧嘩の元・・・・なんてこともあるのではないでしょうか。

その結果、学校のことは何も口出せない親もいるようです。

小さい頃は、

「ママー」「パパ-」と泣きながら後追いしていた我が子が

「こっちに来ないで!」と急に冷たくなってしまった我が子。

親としては、いつまでも一緒にいたい、将来のことを考えたい…

それらができなくなり、悲しい思いをしていませんか。

そんな時は、家庭教師のトライにお任せください!


子どもの気持ちを変えてみたい

家庭教師と教育プランナーにお任せ

親ではない第三者の方から同じように言われた場合はどうでしょうか。

もしかしたら、


「あ、やっぱりやらなくてはいけないのかな」

「今これをやれば、将来役に立つのかな」

そんな気持ちの変化もあるかもしれません。

ちょっと話がずれてしまいました、話を元に戻しましょう。

「中学生は学校の授業にとても躓きやすく、また苦手教科が生まれやすい時期です」と言いましたが、次の図を見てみてください。



そこで、トライの家庭教師では、そんな思春期の難しい年ごろのお子さまとお父様、お母様の仲介人として学習のサポートや進路相談、声掛け、アドバイスをさせていただいています。


 

★★ 家庭教師・塾を選ぶポイント ★★

お子さまの性格に合わせた学習ができるかどうか

それが一番のポイントとなります。


例えば、

集団の中で友人と切磋琢磨しながら、同じ志望校を目指す友人でありライバルと戦いながら学習をすると成績が上がるタイプの子もいれば、一人コツコツと丁寧に学習をこなしていくタイプの子もいます。

十人いれば、十人すべてが異なる学習をするといっても過言ではありません。

苦手を克服したい人、中学受験生として志望校合格を勝ち取りたい人、不登校を断ち切りたい人、全ての人において、オーダーメイドでカリキュラムを作成している、それが家庭教師のトライの授業スタイルです。

成績を向上させるためには、学習の知識を身に着けることが大切です。しかし、学習面以外のメンタル・精神面も鍛えていく必要があります。

現代の子供たちの特徴として

「失敗を怖がり、挑戦する・チャレンジする勇気がない」

「失敗してしまったときのダメージから立ち直ることができない」

「怒られることが怖い・やる気がなくなる」

「いつまでも失敗を引きずってしまう」

の傾向が強まってきています。

家庭教師のトライ 群馬県では、一人ひとりの性格を

トライ式性格診断によって、診断し、お子さまのタイプに合わせた指導を行っています。

・完璧主義タイプ

・面倒見タイプ

・成功追及タイプ

・知識探求タイプ

・個性派タイプ

・堅実家タイプ

・統率者タイプ

・楽天家タイプ

・のんびりタイプ

家庭教師のトライでは、スタンフォード大等で研究され、高い評価を得ている「性格診断法」に基づいて、9つの性格タイプに判断し、お子さまに合った学習指導を実施しています。

長所・短所などの性格の特性を理解したうえで、お子さまに合った学習スタイルで授業を行います。

また、保護者の方やお子さまからの細かいご要望にもお応えいたします。

(講師の性別や年齢、理系・文系、指導実績等)



中学3年生受験生向けの群馬県公立高校入試対策から私立高校入試対策、日々の学習サポート、定期テスト対策、不登校の方向け学校授業サポート等幅広いコースで指導が受けられる「群馬県 家庭教師のトライ」をぜひ、一度ご体験ください。


あなたにとって最適な学習環境・学習プランをご提案させていただきます。


トライの受験情報

も合わせてご覧ください。

このページのトップに戻る


待ちに待った12月。

サンタさんからプレゼントをもらうため、必死にお父さん・お母さんのお手伝いをしたり、おりこうさんに過ごしてみたり…

そこの必死な小学生のあなた。

2学期の学習はしっかりと理解できましたか?

2学期の通知表では、1学期よりも良い成績を取る自信はありますか?




2学期は、1年の中でもっとも運動会や学校祭、マラソン大会等の身体を使ったイベントが多く、実際は2学期の学習範囲の「理解度が低い」のが現状です。

そこで、12月は2学期の総復習、そして3学期新たな気持ちでよいスタートを切れるように予習を心がけて欲しいと思っています。

合わせて、小学生向けの塾選びのポイントもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただき、ご検討いただけますと幸いです。




【目次】

① 小学1年生~6年生対象 1・2学期総復習・3学期先取りコース

② 小学6年生向け 中学準備コース

③ 中学受験 小学6年生向け 志望校別中学受験対策コース

中学受験 小学4・5年生向け 志望校別中学受験対策コース






《対象》 小学1年生~6年生

「1・2学期総復習・3学期予先取りコース」では、国語・算数のどちらか、または両方の総復習・先取り学習が行えます。

国語:多くの子供が苦手とする読解問題を中心として、長文問題をスラスラと読めるように学習指導を行っていきます。読解力を高めるためには、まずは文章を読んで理解しているかを確認する必要があります。場面ごとに筆者の考えや、主人公・登場人物の気持ちや感情を一つひとつ丁寧に確認しながら、進めていくこともできます。また、お子さまのご要望に応じて、2学期および1学期に学んだ漢字の総復習を行い、3学期始めに行われる漢字まとめテストの対策を行います。

算数:算数を苦手としている生徒さんは、まずは基礎計算力の向上を目指し、学校の計算ドリルやワーク、テキストを使用して計算演習の繰り返し学習を行ないます。また、算数の発展問題・応用問題にもチャレンジできるように促します。特に、文章問題では自ら絵や図、表を書いて解くポイントを押さえていきます。



《対象》小学6年生

「小学6年生 中学準備対策コース」では、小学6年間の総まとめをメインとしたコースです。

中学校の授業は、小学校の授業よりもはるかに早いスピードで行われます。特に、数学の授業スピードは、どの学校においても早いと言われ、中学1年生の数学の1学期では数学の好き・嫌いが大きく分かれるとされています。そこで、家庭教師のトライでは、「中学準備コース」として、中学校へ行っても授業に追いつけるように、まずは小学6年間の総復習をおすすめしています。

合わせて、やる気UP、そして学習の楽しさを知り、学習の習慣付け(学習習慣)を身に着けることを目標としていきます。

マンツーマン指導ですので、生徒さんの性格に応じて「褒めたり」最適な接し方で指導をします。

家庭教師のトライでは、「学習の楽しさを知れた」という声をたくさんいただいています。




《対象》小学6年生

「中学受験 小学6年生向け 志望校別中学受験対策コース」では、お子さまの受験する方式(国語・算数の教科型入試か、または適性検査型、面接、作文等)に合わせた指導を行っています。

家庭教師のトライでは、1対1のマンツーマン指導ですので、苦手な問題や理解できなかった問題をそのままにしてしまう(できないものをできないままで放置してしてしまう)ことはありません。

その場で質問・解決することができます。

また、生徒の理解度に合わせて、様々な問題形式の演習量を増やしたり、同じ問題や類似問題の繰り返し学習を行なったり、その場に応じた学習を行なえますので、短期間で学力がUPするとされています。

強みと弱みを分析したうえで、短期間での学習力向上、志望校合格を目指して頑張っていきましょう。


《対象》小学4・5年生(次期中学受験生)


適性検査で必要とされる力「論理的思考力」や「記述力」、「分析力」を身に付けるには、時間がかかります。

来年度、再来年度の中学受験で志望校合格を手に入れるために、適性検査の仕組みを知り、一つひとつ丁寧に理解を深めていきます。




★★ 家庭教師・塾を選ぶポイント ★★

お子さまの性格に合わせた学習ができるかどうか

それが一番のポイントとなります。


例えば、

集団の中で友人と切磋琢磨しながら、同じ志望校を目指す友人でありライバルと戦いながら学習をすると成績が上がるタイプの子もいれば、一人コツコツと丁寧に学習をこなしていくタイプの子もいます。

十人いれば、十人すべてが異なる学習をするといっても過言ではありません。

苦手を克服したい人、中学受験生として志望校合格を勝ち取りたい人、不登校を断ち切りたい人、全ての人において、オーダーメイドでカリキュラムを作成している、それが家庭教師のトライの授業スタイルです。

成績を向上させるためには、学習の知識を身に着けることが大切です。しかし、学習面以外のメンタル・精神面も鍛えていく必要があります。

現代の子供たちの特徴として

「失敗を怖がり、挑戦する・チャレンジする勇気がない」

「失敗してしまったときのダメージから立ち直ることができない」

「怒られることが怖い・やる気がなくなる」

「いつまでも失敗を引きずってしまう」

の傾向が強まってきています。

家庭教師のトライ 群馬県では、一人ひとりの性格を

トライ式性格診断によって、診断し、お子さまのタイプに合わせた指導を行っています。

・完璧主義タイプ

・面倒見タイプ

・成功追及タイプ

・知識探求タイプ

・個性派タイプ

・堅実家タイプ

・統率者タイプ

・楽天家タイプ

・のんびりタイプ

家庭教師のトライでは、スタンフォード大等で研究され、高い評価を得ている「性格診断法」に基づいて、9つの性格タイプに判断し、お子さまに合った学習指導を実施しています。

長所・短所などの性格の特性を理解したうえで、お子さまに合った学習スタイルで授業を行います。

また、保護者の方やお子さまからの細かいご要望にもお応えいたします。

(講師の性別や年齢、理系・文系、指導実績等)

その他、家庭教師のトライでは、下記のコースもご用意しています。






「最先端教育として、小学生対象のロボット作りからのプログラミング教育」として、トライでもプログラミング教育。

トライで行うプログラミング教室の魅力は3つ

・少人数制クラスで授業

・とことん考えることができる

・1回1回のコースで、学ぶことが異なり、最終的には「自らの力でロボットを組み立て、プログラミングを作ることができる力」を身につけられる


大人数ですと、どうしても「全体の進行」を考え、「思考力をストップ」させてしまうことがあります。 しかし、トライでは少人数でのクラスで行っていきますので、各自のペースでしっかりとプログラミング教室の目的「思考力を高めること」、つまり「なぜ、このブロックの組み方ではロボットが動かないのか」を考えることに重点を置いて授業を行っていきます。

お近くの個別教室にてプログラミング教室を実施しています。


実施教室:前橋下小出校、桐生駅前校



このページのトップに戻る

群馬県の皆さん、こんにちは。

すっかりと紅葉が美しい時期となりました。

日本百名山であり、上毛三山の一つでもある赤城山。

芥川龍之介や与謝野晶子、高村光太郎、志賀直哉といった著名人の作品に影響を与えたとされる赤城山ですが、

既に緑に赤、茶色、黄色とさまざまな色に色づき、紅葉を楽しめる時期となりました。

カルデラ湖の湖面を除いて見てみると、色鮮やかな紅葉のコントラストが楽しめると思います。

ぜひ、この秋にしか体験できない紅葉の観賞をお楽しみください。


◆公立高校入試 傾向と対策とは?◆

受験生の皆さん。

そろそろ過去問対策に手を付けはじめ、「この問題を解けるようにならなくてはいけないのか、できるのか?」

と不安に押しつぶされそうになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

入試問題というものには決まって「傾向」があります。

よく、書店へ行くと「〇〇高校 傾向と対策」「群馬県高校入試 傾向と対策集」

「受験生必見 入試問題傾向とその対策」のような言葉を見かけませんか?


これまでの過去問題を見てみると、似ていないようで実は似ている(類似している)問題がたくさんあるのです。

また、分野別に分析をしてみると、「毎年出題されている範囲」や「隔年ごとに出題されている範囲」など、

何かしら傾向が見えてくるのが特徴です。

過去問の分析を行うことで、自分が受ける年度の入試問題の傾向が少し見えてきます。


◆群馬県公立高校入試 後期試験問題の傾向と対策 英語◆


群馬県公立高校入試 英語の特徴は、

①リスニング

②長文読解

③会話文

④長文総合

⑤英作

の5つの種類で構成されています。

大問として8問で構成されています。

この中でも特に配点が高いのが、長文読解の26点分です。(2017年度の場合)

全体の約4分の1を占める配点で、英語で質問されていることに対して英語で答える

「英問英答」問題も出されています。大問としては後半にあるため、

いかにリスニング・文法問題をスラスラと解き、長文読解に時間をかけられるかが、高得点への勝負のカギとなります。


また、リスニング問題も前年度の場合は28点と、こちらも全体の4分の1を占める割合です。

その為、つい後回しにしがちのリスニング問題ですが、1日10分でもよいので、

日ごろから英語のリスニング対策を行い、1つでも多くのワードを聞き取れるように訓練しておく必要があります。


今回は、群馬県公立高校入試 英語を例に取り上げてみましたが、各私立高校の過去問題にも傾向があるのか、分析してみましょう。


◆私立高校入試 過去問題の分析の必要性は?◆

いくつかの高校の過去問の傾向を見てみると、学校によってそれぞれの過去の傾向や形式が異なり、

また毎年似た形式・問題が出題されていることが分かります。

最近出題された入試傾向を徹底分析し、合格への対策・学習の仕方・ポイントをしっかりと押さえて

学習に取り組むと、より効率が良くなります。

昨年でた問題は次年度に必ずしも出るとは限りませんが、数年単位で見てみると、

同じ分野から出題される傾向がある問題もあることが分かります。


佐野日大(佐野日本大学高等学校) 英語

リスニング:放送問題

語彙・文法:単語の意味・綴り・適切な語句の選択・適切な語句の補充・語形の変化

作文:整序結合問題

長文読解:内容の真偽に関する問題・内容の把握と文脈/要旨・適切な語句を選択・適切な語句の補充・英文の語句解釈

ここ3年間を見てみると、上記の問題は、毎年出題されています。

しかし、英語で書かれた文章に対して英語で答える問題(英問英答)は、

2016年度 2回目

2017年度 2回目

2018年度 併・1回目 には出題されていますが、

2016年度 1回目 2017年度

1回目 2018年度 2回目 には出題されていません。

佐野日大では、標準レベルの問題がベースとなって出題される傾向がありますが、

これまで学校で学んできた英単語や熟語はもちろんのこと、入試で出題される傾向がある

「英熟語」をしっかりと覚えておく必要があります。

また、リスニング対策は、CDでしっかりと英語のペースに慣れ、

単語を1つでも多く聞き取れるように日ごろから練習しておきましょう。


高崎商科大学附属高等学校 国語

ここ3年間の過去出題問題を見てみると、

現代文においては、論説文・説明文(主題・要旨、文脈・接続後・指示語・段落関係・文章説明・表現)が

これまで出題されてきていました。

しかし、昨年度2018年度入試 学業特待Ⅱの入試では、「随筆・日記・手紙」から

文脈・接続後・指示語・段落官営、文章内容、表現に関する問題が出題されました。

全く対策をしていなかった方が多い中、いかに自分の知識を使って解くことができるか、勝負のカギとなりました。

また、3年間の中で1回だけ2017年度に韻文より俳句・俳句・短歌に関する問題も出題されています。

その他、古典、国語の知識に関する問題(漢字や語句・四字熟語・慣用句・ことわざ・故事成語・

品詞・ことばの単位・組み立て・敬語等)も出題されています。


高崎商科大学付属高校の国語は、問題の構成に大きな変動はないもの、

毎年異なる範囲から出題される傾向がありますので、満遍なく対策をしておく必要があります。

また、国語の知識に関する問題は、入試問題の全体 約3割と大きな割合を占めていますので、しっかりと点を取りたいところです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

群馬県 家庭教師のトライ では、群馬県の小学生・中学生・高校生・浪人生を応援しています。

毎年たくさんの受験生をはじめとする生徒さんを応援してきました。

これまでのトライのノウハウ・培ってきた経験を元に、家庭教師・担当スタッフ・社員が一丸となり、

生徒さんの貴重な学習時間をサポートし続けています。

限られた時間をいかに有効的に活用できるか、志望校までの長いようで短い道のりを、

群馬県 家庭教師のトライは全力で考え、提案していきます。


時には壁にぶつかるときもあると思います。そんな時に、そっと手を差し伸べられるように、ともに頑張らせていただきます。

進路の悩みや普段の学習スタイルの見直し、受験対策など、無料の学習相談を行っています。

家庭教師のトライでは、「トライ式性格診断」を取り入れ、お子さまの性格に合った学習を提案しています。

※詳しくは こちら をご覧ください。


まずは、お電話にてお問い合わせください。

*専用ダイヤル 0120-555-202*

(通話料無料・全国対応)


プロ家庭教師の詳細はこちら

トライの受験情報の詳細は こちらへ。

このページのトップに戻る

群馬県の皆さん、こんにちは。

今回は、前回に引き続き、「トライ式 少人数のプログラミング教室 前橋下小出校&桐生駅前校②」をお伝えします。


プログラミング教育が流行している理由とは


プログラミング教育が必修化されている国をご存知でしょうか。

イギリスやイスラエル、韓国、エストニアなどでは、5歳から16歳を対象にプログラミング教育が既に行われています。

必修化がすすめられている国もあれば、アメリカやシンガポール、オーストラリア、フィリピンなど必修化はされていないが、プログラミング教育を推奨しようとする国も続々と増えてきています。

多くの先進国でプログラミング教育が進められている今、日本はどうでしょうか。

2018年現在、必須されていません。

しかし、2020年度の教育改革では、プログラミング教育がスタートします。

時代の背景として、日本では2020年にIT人材が最大約37慢人不足するとされています。(経済産業省発表による)

そこで、小学生からプログラミング教育を開始し、《ITを使いこなせる子供たちを育成しよう》としました。

2020年度には、小学校のプログラミング教育が必修化となり、それに合わせて、プログラミング教育を行うプログラミング教室が続々と開催されています。

そこで、トライでは、これまでの教育のノウハウを濃縮して、プログラミング教室を展開することになりました。


小学校におけるプログラミング教育の目的

「プログラミング的思考」を身につけること

2020年教育改革 小学校で行われるプログラミング教育では、課題解決力や表現力、論理的思考力を育成すすることが目的とされています。

よくお子さまの学習を見ていると、こんなことがありませんか?

「宿題を最後まで終えることができない」

「わからない問題はすぐに答えを見て解答を丸写ししている」

「問題を解く前に初めから『できない』とあきらめてしまう」

「話を聞き逃すことが多く、大切なことをやりわすれてしまう」

「集中力が長続きしない」

いかがでしょうか。

プログラミング教育の目的において、課題解決力とありますが、課題を解決するためには、「考える」ことが必要です。

分からないから、と辞めてしまえば終わりですが、簡単な声かけ(=ヒント)を小出しにしてあげることで、少しずつ自分の力でどうにかしようと考えることができます。

初めは難しいからとあきらめていた子でも、徐々にできる喜び・楽しみをバネにして、頑張ろうというやる気に変え、論理的思考力を高めていくことができます。

考えることで、集中力も高めることができます。


トライの授業料金は高い?費用面で心配な方へ

「トライの授業っていくらなの?」

「トライの授業は高いの?費用が知りたい」

トライでは授業料をWEB上に公開していないため、料金面で不安な方も多いはず。

トライでは、事前に「いくかかかるか」、プログラミング教室でかかる費用をしっかりとご提示させていただきます。


(※ プログラミング教室体験では、ロボットキットをお貸ししていますので、購入の必要はございません。)



群馬県 トライ式プログラミング教室 開催場所

現在、群馬県では前橋・桐生の2か所にて展開しています。

お近くの校舎にてプログラミング教室を授業することができます。


お気軽にお問い合わせください。



最後にトライ式プログラミング教室の担当より一言


トライのプログラミング教室では、インフルエンザやノロウイルスの対策を万全に行います。

授業前には必ずアルコール除菌を行い、常に「ウイルス」を寄せ付けない環境を整えています。

小さなことですが、安全に、そして安心して授業が受けられる環境を作ることを心がけていきます。




*************************************************************************************


2020年度の教育改革に向けた小学生のプログラミング教室をはじめとし、小学3年生からの英語教育や中学受験、

小学生向けの学習スタイルの見直しなどに関する、無料の学習相談を行っています。

家庭教師のトライでは、「トライ式性格診断」を取り入れ、お子さまの性格に合った学習を提案しています。

※詳しくは こちら をご覧ください。


お気軽にごご相談ください。

まずは、お電話にてお問い合わせください。

*専用ダイヤル 0120-555-202*

(通話料無料・全国対応)



このページのトップに戻る

群馬県の皆さん、こんにちは。

すっかり秋めいて、冬の訪れさえも感じる季節となりました。

一部の地域では既にインフルエンザもはやっているようです。

受験生の皆さんは、これまで以上に体調管理を心がけ、残りの限られた時間を有効活用できるようにしてくださいね。


群馬県 家庭教師のトライ・個別教室のトライでは、大人気 プログラミング教室を開催しています。

群馬県でプログラミング教室を開催している会場は前橋下小出校・桐生駅前校の2校舎です。


トライ式プログラミング教育の目的


◆ テクノロジーと仲良くなろう

テクノロジーを享受するだけでなく、それを使ってあたし鋳物を生み出していく楽しさを学ぼう

◆ デザインできる力を得ろう

ブロックの組み方や動き、制御を試行錯誤するプロセルは「課題を解決するトレーニング」になります。

◆ 問題解決能力・表現力を学ぶ

作品を発表する場は主体的に自分を表現するコミュニケーション力のトレーニングになります。


トライ式プログラミング教室



ソニー・グローバルエデュケーション社の全面協力の元、ソニーの「KOOV(クーブ)」を使用してロボット製作をしながらプログラミングを学ぶ学習を展開しています。

“KOOV(クーブ)”とは、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて遊ぶ、ロボットプログラミングキットです。

ロボットの制作の体験を通じて、子供たちの創造性探求心、未来を切り開く思考力を育みます。


トライでは、ロボット製作をしながら、実際に動くものづくりを体験しながら学ぶことができます。

アーム型や自動車型など様々な種類のロボットの動きを自分でプログラミングを行い操作していきます。

対象年齢:小学生


女の子も続々と参加!

プログラミングへのイメージが変わってきています


プログラミングというと、どうしても「男の子」のイメージが多いのではないでしょうか。

しかし、トライのプログラミング教室の体験イベントでは、男女比 20:9と、女の子も沢山来てくれました。

実際に参加された女の子に聞いてみたところ、

「ものづくりが好きで参加しました。ロボットを作って動かせるなんて楽しみ」

ロボットは男の子!というイメージはもうなくなってきているようですね。


英語を学ぶ必要はある?日本語でプログラミング


プログラミングというと、英語が羅列しているイメージがありませんか?

トライ式プログラミング教室で使用するプログラミングは、日本語で学ぶことができます。


トライ式プログラミング教室の授業の流れ

基本的に、授業では、

◆1 今日のロボットを知ろう

◆2 ロボットを組み立てよう (例:機関車を作ろう!)

◆3 プログラミングを書いてみよう

iPadを使って直感的な操作でプログラミングを書くことができます。

◆4 プログラミングを使ってロボットを動かしてみよう (例:自由に線路を書いて機関車を走らせよう)

◆5 成果を発表しよう

なぜ、動いたのか・動かなかったのか、各自でしっかりと考察をします。

また人前での発表を通じて、「人に分かりやすく説明する」力や「自信をもって声を出す」能力を養います。

◆6 感想を書こう

の流れになります。


群馬県 プログラミング教室で心がけていること

トライの教育において、生徒への声かけをもっとも大切にしています。

◆1つ1つ質問を投げかけてあげる

◆共感してあげる

◆たとえ間違っていても考えていたという点を褒めてあげる

◆必ず名前を呼んであげる


子どもは、大人の「褒める言葉」によって成績が勢いよく伸びていきます。

読み書きに時間がかかる生徒がいるのと同じように、ロボットを組み立てるのに時間がかかる生徒もいます。

また、なぜロボットが自分の理想とは異なる動きをしたのか、考えることに時間がかかる生徒もいれば、パッとひらめく思考力の高い生徒もいます。

そこで。個々によって理解力が異なる点に着目し、トライでは、個別に声かけ・指導を行うことを徹底しています。

集団授業ではありながら、少人数制・個別の声かけを行うことで、「自分だけ取り残されて、理解できなかった・分からなかった」という疎外感を感じることはありません。


長くなりましたが、続きは「トライ式 少人数のプログラミング教室 前橋下小出校&桐生駅前校②」にてご紹介します。


2020年度の教育改革に向けた小学生のプログラミング教室をはじめとし、小学3年生からの英語教育や中学受験、小学生向けの学習スタイルの見直しなどに関する、無料の学習相談を行っています。

家庭教師のトライでは、「トライ式性格診断」を取り入れ、お子さまの性格に合った学習を提案しています。

※詳しくは こちら をご覧ください。


お気軽にごご相談ください。

まずは、お電話にてお問い合わせください。

*専用ダイヤル 0120-555-202*

(通話料無料・全国対応)




このページのトップに戻る


群馬県の皆さん。こんにちは。

今回は、「中学1年生 数学 2学期期末試験対策 方程式」の押さえるべきポイントをお伝えします。


ポイント① 解ける問題・解けない問題を分析しよう

ポイント② 絶対に得点を取るべき問題(ミスしてはいけない)を押さえよう

ポイント③ テストまで時間がない…それならば計算量とスピード力・正確性を鍛えるべし!

ポイント④ 計算はできるけど、立式することができない 限られた時間で文章問題をできるようにする学習のやり方

ポイント⑤ 数学が苦手な君へ 図を書いて日本語で式を立てられるようになろう

前回に引き続き、中学1年生 数学 2学期学期末試験対策 方程式のポイント④・⑤をご紹介します。




【ポイント4】計算はできるけど、立式することができない

限られた時間で文章問題をできるようにする学習のやり方


(3)1次方程式の利用 が苦手な方、多いのではないでしょうか。


「計算はできるけど、文章問題に手こずっている」ならば、まずは、何をxとしておくか、=で結べる式は何か、立式することまでを重視して解いていきましょう。

「え、計算して値を求めなくてもいいの?」と思うかもしれません。

確かに、テストでは計算をして値を求めることがゴールではあります。

しかし、計算能力がUPしても、文章問題では、自ら立式しなくてはいけません。

式ができなくては、いくら計算能力があっても発揮する場がありませんよね。

そこで、限られた試験勉強の時間で、自分が苦手とする部分だけに着目して、解けるようになることが大切です。



【ポイント5】 とにかく数学 方程式が苦手な君へ

図を書いて日本語の式を立てられるようになろう


小学校でこんな問題を学びませんでしたか?

・求めたいことがらを□で表し、式を作りましょう。

・□の式の□の値を求めましょう

「数字を見るだけで震えがきてしまう」という生徒さんに出会ったことがあるのですが、

そのような生徒さんには毎回このようにアドバイスをしていました。

「まずは、図を書けるようになろう、日本語で式を立ててみよう」と。


道のり・速さ・時間の問題ならば、問題文を読んで、何が「イコール」の関係にあるのか、矢印を使って関係図を書けるようになれるとよいでしょう。

また、図を書いたうえで、「追いつく」ということが「二人の進んだ距離が等しい」という点に気づけ、

(兄が進んだ距離)=(弟が進んだ距離)と日本語で関係式を導けるようになるとGOOD!

数字が苦手でも、まずは日本語と図で文章問題をクリアできるようにしていきましょう。



*注意*数学は苦手になった時が危険!

数学は、小学校で学んできた算数の知識を使って、中学1年生、2年生、3年生へとレベルアップしていきます。

に関する問題で見てみましょう。

小学校の算数 整数や小数、分数、自然数

↓ レベルアップ!

中学1・2年生 0よりも小さいマイナスの数(正負の数)や素因数分解、公約数と倍数 等の主に数字(数)に関するもの全般

↓ さらにレベルアップ!!

中学3年生 分数で表せない数、2.23606797…のように小数点以下が無限に続く数(平方根・ルート)


というように、数学の知識のベースはあくまでも小学校での算数です。

躓いてしまったらそこで終わり。

数学は、数以外にも文字式や単項式・多項式・因数分解といったに関する問題、方程式に関する問題、比例・反比例や1次関数・2次関数といった関数に関する問題、その他図形や、資料の活用と幅広いです。


高校入試に向けて、中学1年生・2年生では「数学の苦手範囲」を作らないような努力をしていきましょうね。



**************************

群馬県 家庭教師のトライ では、群馬県の小学生・中学生・高校生・浪人生を応援しています。

毎年たくさんの受験生をはじめとする生徒さんを応援してきました。

これまでのトライのノウハウ・培ってきた経験を元に、家庭教師・担当スタッフ・社員が一丸となり、生徒さんの貴重な学習時間をサポートし続けています。

限られた時間をいかに有効的に活用できるか、志望校までの長いようで短い道のりを、群馬県 家庭教師のトライは全力で考え、提案していきます。

時には壁にぶつかるときもあると思います。そんな時に、そっと手を差し伸べられるように、ともに頑張らせていただきます。

進路の悩みや普段の学習スタイルの見直し、受験対策など、無料の学習相談を行っています。

家庭教師のトライでは、「トライ式性格診断」を取り入れ、お子さまの性格に合った学習を提案しています。

※詳しくは こちら をご覧ください。


お気軽にごご相談ください。

まずは、お電話にてお問い合わせください。

*専用ダイヤル 0120-555-202*

(通話料無料・全国対応)


プロ家庭教師の詳細はこちら

このページのトップに戻る


群馬県の皆さん。こんにちは。

今回は、「中学1年生 数学 2学期期末試験対策 方程式」の押さえるべきポイントの前半をお伝えします。


ポイント① 解ける問題・解けない問題を分析しよう

ポイント② 絶対に得点を取るべき問題(ミスしてはいけない)を押さえよう

ポイント③ テストまで時間がない…それならば計算量とスピード力・正確性を鍛えるべし!

ポイント④ 計算はできるけど、立式することができない 限られた時間で文章問題をできるようにする学習のやり方

ポイント⑤ 数学が苦手な君へ 図を書いて日本語で式を立てられるようになろう

※ポイント④⑤は「群馬 中1 数学 2学期期末試験対策 方程式②」にてご紹介したいします。合わせてご覧ください。




【ポイント1】 解ける問題・解けない問題を分析しよう

方程式 CHECK表

次のチェック表を見ながら、自分の得意・苦手な問題をチェックしていこう。


(1)1次方程式とその解

方程式の解を求める問題

(例題)-2.-1.0.1.2のうちで、次の方程式の解になるものを選びなさい。 x-1=0



(2)1次方程式の解の求め方

①等式の性質を利用して方程式を解く問題

(例題) x+5=1

②移項のある方程式を解く問題

③(カッコ)のある方程式を解く問題

④係数に小数・分数を含む方程式を解く問題

⑤比の性質を利用して等式に変形して解く問題

(例)1:3=x : 9

⑥解を与えられている方程式の定数の値を求める問題



(3)1次方程式の利用

①年齢に関する問題

(例題) 現在、母は〇歳、子供は△歳である。母の年齢が子供の年齢の□倍だったのは何年前か。

②整数に関する問題

(例題)ある数の〇倍に△を加えると、□からある数をひいた数に等しくなります。ある数を求めましょう。

③個数・代金に関する問題

④過不足の問題

⑤速さと道のりの問題

※ミハジ・ハジキの法則使えるか。

※自分で数直線を書いて、関係性を明らかにできるか。

⑥割合の問題

※定価、仕入れ値、利益率、割引率、百分率、歩合を把握しているか。

※ 百分率や歩合で表された数を小数や分数に変換することができるか。

⑦食塩水に関する問題  ⇒ 最後の応用問題として出題されるケースが多い!



実は入試にも出題される方程式。

特に、「方程式の利用」の文章問題は、ここでできるようにしておくと受験勉強の時に苦労しませんので、ぜひ苦手克服してもらいたい分野です。


【ポイント2】絶対に得点を取るべき問題(ミスしてはいけない)を押さえよう



テスト問題は、簡単な計算や一行問題、基本的な文章問題、そして応用問題の構成をしています。

先生も人間です。

みんなが平均点を取れるように、簡単すぎず、難しすぎない問題を作ろうとしています。

例えば、

「この範囲の問題はみんなが点を取れるような簡単な教科書・ワークの基本問題から出題しよう」

「この問題は100点を取らせないように難しく(応用)してみよう」と試行錯誤してテスト問題を作成しているのです。

そこでまず、平均点を取るためには、学校ワークや教科書のレベルの基本的な計算問題や一行問題、文章問題は点を落としてはいけません。

その為には、学校のワークや教科書の例題・類題・基本問題を何度も解き、ミスせず、スピーディーに解けるように練習しておきましょう。

さらに、応用問題で点を取るためには、日ごろから教科書やワーク以外のテキストで方程式の応用問題・発展問題を解いて、解法を知っておく必要があります。


【ポイント3】テストまで時間がない…それならば計算量とスピード力・正確性を鍛えるべし!


「数学が苦手過ぎる!」

「テストまで時間がない!」

「方程式の基本的な計算問題で躓いて点を落としている」ならば、

定期テストまでの期間はとにかく計算量をこなし、ミスを減らし、スピード向上を目指しましょう。

今から文章問題で点を取ろうと幅広く対策をしても、時間がありません。

今は確実に点を取れるように、計算の正確性の向上を目指すことが、全体の底上げポイントとなってきます。

その際に、係数に着目してみてください。

まず、係数が整数の問題で確実に解けるようになるように練習していきます。

そして次は、係数が小数・分数の問題にチャレンジです。

がむしゃらに解きまくっても点には結び付きません。正確性・スピード力が大切ですよ。

間違える・つまづくポイントは何か、「移項」か、「途中式の省略によるミス」か、等しっかりと分析していきましょう。


**************************

群馬県 家庭教師のトライ では、群馬県の小学生・中学生・高校生・浪人生を応援しています。

毎年たくさんの受験生をはじめとする生徒さんを応援してきました。

これまでのトライのノウハウ・培ってきた経験を元に、家庭教師・担当スタッフ・社員が一丸となり、生徒さんの貴重な学習時間をサポートし続けています。

限られた時間をいかに有効的に活用できるか、志望校までの長いようで短い道のりを、群馬県 家庭教師のトライは全力で考え、提案していきます。

時には壁にぶつかるときもあると思います。そんな時に、そっと手を差し伸べられるように、ともに頑張らせていただきます。

進路の悩みや普段の学習スタイルの見直し、受験対策など、無料の学習相談を行っています。

家庭教師のトライでは、「トライ式性格診断」を取り入れ、お子さまの性格に合った学習を提案しています。

※詳しくは こちら をご覧ください。


お気軽にごご相談ください。

まずは、お電話にてお問い合わせください。

*専用ダイヤル 0120-555-202*

(通話料無料・全国対応)


プロ家庭教師の詳細はこちら

このページのトップに戻る

今回は、中学受験適性検査についてお伝えします。

中学受験で用いられる「適性検査」をご存知でしょうか?

適性検査は、国語や算数、理科、社会などのすべての知識を総合的に使って、自分の言葉で表現する、いわゆる記述形式の試験です。

身近な問題(例えば環境や生物、現象など)について計算をして求めたり、相手の立場になって意見を考え述べたりする試験内容です。

あなたがどのように考えているのか、どのように感じているのかをしっかりと言葉で伝えることがこの試験の大きなカギとなります。


上記の点を踏まえて考えてみると、適性検査は学校のテストとは少し違いますね。

学校のテストでは、用語1つを述べたり、長くても20字前後の文章で述べる問題が多くを占めています。

しかし、適性検査では、80~100字程度で意見を述べたり、感じたこと、〇〇の立場になって意見を述べるなど、作文までは行きませんが、やや文章が長い傾向があります。


では、このような試験に対応するには、どのような対策が必要でしょうか。

【適性検査の対策と傾向 3つのポイント】

①本を読む習慣をつけよう

適性検査はたくさんの文章を限られた時間内で読まなくてはなりません。

文章を読むということに苦手意識を持たないように日ごろから慣れておく必要があります。


②意見文を書けるようにしておこう

「〇〇の立場になって文を書いてみよう」

「あなたがこれまでに体験したことを挙げながら意見を述べてみよう」

「新聞のコラムなどを読んで、感じたことを書いてみよう」

といった問題が出題される傾向があります。

どのようなパターンが提示されても答えられるように練習しておきましょう。


③いろんな視点から答えを考えてみよう

適性検査の問題は、答えがひとつと限らない場合もあります。

ひとつの考えに固執せず、いろんな視点から答えを考えてみましょう。



適性検査は、単純な問題がありません。

計算の手順や方法、自分の意見や考えを述べる力が必要です。

特に「表現する力」を身につける必要があります。

その為には、「マンツーマン指導」がお勧めです。

マンツーマン指導では、お子さまのレベルに合わせた授業を展開し、また、その場で(待ち時間もなく)添削をすることができます。

その為、限られた時間でより多くの問題を解くことが可能です。


適性検査は、記述の添削が必須です。

適性検査の問題を解くにあたり、問題の説明+解答時間+解説時間=30分 としてみましょう。

集団授業の場合、個別添削は、+10~30分(順番待ちの時間)が必要であったり、

場合によっては、自分の解答を自分で添削(ポイントを見ながら点数になる部分を押さえているか確認していく)することも考えられます。

トライの授業では、【1対1の授業】であるので、もちろん、添削は教師が行います。

また、解答解説するにあたり、待ち時間もなく、すぐに再度解きなおしたり、別の問題に取り組むことができます。

時間の有効活用&記述問題の添削は、マンツーマン指導の強みです!


ぜひ、適性検査をお考えの受験生の皆さん、お気軽にトライまでお問い合わせくださいね。


このページのトップに戻る

群馬県の皆さん。こんにちは。

今回は、11月のおすすめコースをご紹介します。


◆小学生◆

《学習の習慣づけコース》

お子さまの性格・学習姿勢・意欲に応じて今、抱えている問題を追及し、学習の習慣づけを目標とするコースです。 やる気を最大限に引き出すことができる”トライのマンツーマン指導”をご体験ください。


《 漢字検定・英語検定対策コース》

漢字・英語の検定に特化した教師によるマンツーマン指導で、検定試験に合格しましょう。  お子さま一人ひとり暗記の学習方法は異なります。お子さまのレベルや学習スタイルに合った指導を受けることで短期間で合格を手に入れることができます。


《群馬県有名中学受験コース》

中央中等教育学校、新島学園、樹徳中学、共愛学園中学、桐生大学付属中学等の中高一貫校のそれぞれの試験に合わせた指導を行います。適性検査や科目試験、面接まで幅広い受験対策が可能です。


◆中高校生◆

《定期テスト対策コース》

部活動で忙しい方にお勧めの定期テスト対策コース。 「子さまの理解度の分析から受講していない教科の課題管理まで幅広い対応が可能です。 お子さまの必要とする対策を選択して行うことで、より効率的にテスト対策を行います。 また、定期テスト対策コースでは、成績保証コースを実施中。


《内申点UPコース》

推薦入試に関わる内申点の為に、得意教科をさらに伸ばし、不得意教科の底上げを目指すコースです。 あなたの現状を分析し、より短期間でレベルUPできるようなカリキュラムを組める点が好評です。


《苦手克服コース》

苦手な教科・分野を集中的に対策して苦手克服に努めるコースです。

(例)英語:長文読解/英作文、数学:関数・平面/空間図形・証明 等


《受験生向け理社総復習コース》

教科書だけでは対策しきれない応用対策や重要なポイント、よく入試に出題される語句を押さえます。 トライの授業はマンツーマン指導ですので、不得意な分野・範囲の問題に特化して、短期間で受験対策を行うことが可能です。


《学校の授業サポートコース》

学校の授業サポートの他、さまざまな事情により通学できないお子さま(数か月入院していて学校の授業が丸々受けられていない方や不登校の方、発達障害をお持ちの方等)に対応できる授業が可能です。


《中高一貫校の学校サポートコース》

中央中等教育学校、新島学園、樹徳中学、共愛学園中学、桐生大学付属中学等の中高一貫校のカリキュラムに合わせた指導が可能です。目標や志望校に合わせて、あなたのペースに合わせて効率よく学習ができます。

このページのトップに戻る

前のページ

群馬県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


-->