教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さん、こんにちは。香川県の家庭教師のトライさんです。

受験生は、いよいよ受験が近づいてきました。

この時期は不安が大きくなる頃だと思います。

そんな受験生にとって必見!受験当日までに気をつけたい5つのポイントをお伝えします!

①受験の常識「朝型」への改善と朝食は毎日とる習慣をつけること

普段、夜型の子が受験前だからといって、一気に早起きする子がいます。

しかし、一旦ついた生活習慣を急激に変えることは、大きなストレスを生むことになります。

大きなストレスは脳内における記憶を司る細胞を死滅させる最悪の敵です。

覚えが悪くなったり覚えたものが思い出しにくくなったりしますので、

日々少しずつ早起きすることが必要です。また、朝食を取らないと人間の「頭と身体も」目が覚めないです。

入試当日、何も食べないで会場に行くというのは自殺行為に近いです。

おなかが痛くなるのは普段、朝食を食べていない人が突然食べるからです。

必ず、朝食を毎日とる習慣をつけておく必要があります。

②午前中、夜に取り組むべき科目を使い分けること

朝一番でやるべきことは、前日に学習した内容の整理です。

夜、寝ている間に脳内で整理された知識を朝一番思い出し作業をすることで、

「思い出し能力」が鍛えられ、いつでも思い出しができるようになります。

さらに、午前中は知恵を使って解き進めていく学習が効果的です。

数学や算数などの応用問題などがそれにあたります。

夜は「復習」です。覚えておくべきことを脳に焼き付けることが効果的です。

③入試前日は長時間の学習をしないこと

入試が近くなればなるほど焦りが増幅し、勉強をしないと落ち着かなくなります。

しかし、特に入試前日においては体調やコンディションを整えることが最も大切です。

前日はリラックスすることに注力し、極力学習のことは考えないようにします。

例えば、志望校を見に行くのも良し、自分の好きな音楽を静かに聴くのも良し、

最も、リラックスできる環境に身を置くようにします。

④制限時間の75%の時間で解く訓練をすること

50分の試験問題を50分ギリギリで解けるように訓練しても本番は時間が足りなくなることがあります。

基本問題については、最終的に75%程度の時間内で解けるように訓練をしていきます。

これによりケアレスミスや、無駄な思考をなくしていく訓練にも繋がり、確実な得点力につながっていくのです。

⑤過去問は必ず5年分を3周以上は解いておくこと

志望校の過去問というものは最低1回は誰でも解くでしょう。

しかし、3回以上解いている子というと数は少なくなります。

このような指示をすると、大抵の方は「一度解いた事がある問題では力がつかない」

「答えを覚えてしまうから意味がない」といいます。

これは実際の入試問題に対する正しい時間配分をイメージすることや、解けた!という成功体験を積み、

良いイメージを残すことなど、実際の入試におけてプラスになることが沢山あるのです。

また、数年単位でほぼ同様の問題が出る事がよくあります。

3回以上解くことで、問題もよく印象に残すことが出来ます。

たくさんの問題集を解くことが得策とは限りません。

受験生にとって、これから受験までは、勉強面以外でも生活面、メンタル面 etc

様々な観点で、重要なポイントがいくつかあります。

特に重要事項の5つのポイントをお話致しましたが、他にもまだまだ重要ポイントはございます。

興味のある方は、担当プランナーが親身に相談を受け付けております。

ぜひトライまでお問合せください。

このページのトップに戻る

香川県のみなさん こんにちは

多くの中学校では期末テストが終わりましたでしょうか!?

気持ちよく年末年始を迎えるためにも「やり直し」は絶対にやっておきましょう。

「できるようになる」のが学習です。そのままにしないように!

さて、トライでは受験生を中心に年末年始(12月30日(土)~1月3日(水))に教室を開校いたします!

張り詰めた空気の中で、程よい緊張感を保ち、学習に取り組み、素敵な年末年始を過ごしませんか?

AM9:00~PM6:00まであいているので、好きな時間にお越しいただけ、好きな時間で帰ることができます。

苦手単元を克服するために「マンツーマン指導が10時間」ついています。

事前面談で分析の上、カリキュラムを決定するのでロスがありません。

それ以外の時間は好きなように自習に取り組んでいただけます。

どなたでも参加いただけますのでご興味のある方はお問い合わせください。

———- 年末年始特訓概要 ———————————————————————–

[日時]

2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水)

AM9:00~PM6:00

[場所]

個別教室のトライ 中新町校

個別教室のトライ 丸亀校

[対象]

小6、中3、高3、既卒、非受験生

[概要]

5日間、教室の自習スペースが利用し放題です。費用の中にはマンツーマン指導も10時間含まれます。

自習 → マンツーマン学習 → 自習 → マンツーマン学習 → ・・・ と効率良く弱点問題が

克服できます。

[費用]

64,800円(税込) ※非会員は10%増

————————————————————————————————————

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは!家庭教師のトライ香川校です!

今回は次のテストこそ、点数を上げたい!とお悩みの中学生のために、

5教科のテスト勉強のポイント、狙われるポイントについて説明します。

■国語■

国語のノートを見てみてください。赤文字で書いてある箇所はありませんか?

ずばり、その赤文字がテストに出ます。

国語のテストでは普段の授業で取り扱った物語・評論文が出てきます。

その為、先生は普段の授業でどこをテストに出すかを考えながら授業を行っています。

結果、授業で取り扱わない部分はテストに出ず、授業で赤文字にした部分はテストに頻出します。

国語の勉強の仕方が分からないという人も多いですが、まずはノートをしっかりと見返しましょう。

テスト用にノートを作り直すのも良いかもしれません。

★漢字・語彙問題は必ず満点を取る!

漢字は国語のテストで勉強すればするほど点数が取れる単元です。まずは、一つずつ覚えていきましょう。

重要なのは反復練習です。テスト期間中は最低でも1日1回は漢字を勉強するようにしてください。

■数学■

★間違えた問題をテストまでに自力で解けるようになる!

数学で大事なのは「あ、この問題見たことある」という問題を増やすことです。

分からない問題は、解説を見せて構いません。解説を読んで理解しましょう。

理解できなければ学校の先生に聞きましょう。

理解できたら、1時間後、1日後、2日後~テスト前日まで再チャレンジしてみましょう。

自分の記憶力をあてにせず、解き方や問題文を暗記できるまでやりこんでみてください。

テストで「あ、この問題見たことある」を経験してください。

■英語■

★教科書の英文を把握する

学校の英語テストは長文の内容が分かっていることが対策ポイントです。

英語が苦手な中学生は、単語や文法を勉強するのではなく、まずは教科書の英文を勉強してみてください。

内容把握から始まり、全て日本語訳、英訳できるよう繰り返し勉強してみてください。

配点が高いところで点数を取れるようにすると、英語への自信がつきます。

■理科・社会■

★テスト範囲の問題集をひたすらやりこむ!

理科・社会で1番重要なのは1問1答です。まずは、問題集やワークの問題を頭に叩き込みましょう。

次に、「光合成とは何か説明して」と質問すると、ほとんどの中学生が答えることができません。

このように理科・社会を暗記科目と安易に考え、単語の意味を理解せず、

ただ単に語句を覚えている中学生が多いです。

しかし、先程の2番目の質問のように理科・社会には記述式の問題があります。

記述式の問題をクリアできなければ高得点は取れません。

高得点を取りたいみなさんは対策をとっていきましょう。

記述式問題の効果的な対策は「自分で問題を作る」です。

光合成とは何か?大化の改新とは何か?三角州と扇状地の違いは?など

自ら問題文を作る練習をしてみてください。問題を作れる→答えが分かるです。

千里の道も一歩から、です。一歩ずつ頑張って行きましょう!

このページのトップに戻る

香川県のみなさん

まもなく、期末テストが開始されます。

点数UPの秘訣は過去ブログも参考にして、取り組んでください。

さて、今日はトライ創業30年史上初の試みになります

「成績保証制度」

のご案内をさせていただきます。

中学1、2年、高校1、2年生を対象に「定期テスト対策で20点UP」を目標にします!

※前回のテスト結果が60点以下の場合

もしも一所懸命がんばったにも関わらず、目標点数に届かなかった場合は・・・

テスト対策で実施した授業時間数を、次のテストに向けた追加無料授業として実施いたします!

中学2年生は来年度から診断テストが始まります。このタイミングで成績を上げておきましょう。

高校2年生は評定確定まであとテストが3回です。このタイミングで成績を上げておきましょう。

高校1年生は理文系選択が必要です。理科(物、化、生)が苦手なまま理系に進むわけにはいきません。

成績向上に自信があるから実施できる企画です!

期末テストでも学年末テストでも、成績を上げたい!

お子様のやる気UPの特効薬は「成績の向上」です!

この機会に成績の上がるトライをお試しください!

※成績保証制度の適用には条件があります。詳しくはお問い合わせください。

11月のキャンペーン

このページのトップに戻る

香川県の受験生のみなさん

いよいよ、今年も残り1ヶ月半です。

「受験の天王山」と呼ばれる夏休みの学習に尽力を注いだのがついこの間のように思われます。

第4回目の診断テストが実施され、高校受験の受験校選択も最後の判断が迫れます。

センター試験までは、あと63日です。

というわけで、みなさんが取り組んできた学習を結果につなげるべく、

冬の勉強合宿IN高松を開催いたします!

高校生はセンター試験に向けて、中学生は県立高校入試へ向けての大作戦になります。

ご興味のある方は、下のリンクよりお問い合わせください。

トライ式冬合宿のご案内

☆★☆★☆★☆★トライ式 冬合宿 概要 ☆★☆★☆★☆★

[対象]小6(受験生) 中3生 高3生

[定員]60名

[場所]リーガホテルゼスト高松 香川県高松市古新町9-1

[日付]2017年12月25日(月)~12月28日(木) 3泊4日

[科目]算・国・理 数・英・国 数ⅠⅡAB・英・現・物・化・生

[費用]135,000円 ※別途テキスト代がかかります

このページのトップに戻る

こんにちは!香川のトライさんです!

今回は定期テストの「ここだけは押さえたい」重要ポイント(理科・社会)についてお伝えします。

テスト前の勉強方法は「課題をやる」「教科書を暗記する」といった勉強をしている人がたくさんいると思います。

ただ勉強をやるのではなく、目的を持って取り組むようにすることを心がけましょう。

★理科の対策の重要ポイント★

理科は大きく分けて、「暗記分野」と「計算分野」にわかれます。

例えば、「植物」や「人体」の単元は典型的な暗記分野です。

用語の知識を増やすだけで、特典をアップすることができます。

この点で言えば社会と同じです。

特に学校で先生が「ここが大事だよ」と言ってくれたポイントは確実に覚える必要があります。

赤色や青色で印がついている所は丸暗記でもいいので頭に叩き込みましょう。

その為、ノートをしっかりと取る必要があります。

一方、「計算分野」は数学の知識がないと解けません。

比やグラフなどの数学の知識は、理科では必要になります。

ただ、この分野は慣れが必要です。数学の基本的な計算ができれば、こわいものはありません。

それぞれ単元の基本理解をしっかりしておき、理科の計算の場面でも「使える」ように

演習する事が必須です。暗記分野と違って、円終了によって力がついていく分野ということです。

★社会の対策の重要ポイント★

5教科の中で、最も点数を上げやすいのは社会です。社会は暗記要素が非常に強いです。

歴史上の人物、地理の国名など、大半が「暗記」です。

考える力ではなく、むしろ、試験前にどのように暗記の工夫をしたか、

どのくらいの時間数の勉強量を確保したかだけです。

暗記は効率よく勉強するポイントになりますので、テスト範囲のワークと課題を

何回繰り返しするかどうかです。これによって、記憶に残り、得点がアップします。

2つの教科に共通して言えることは、テスト範囲を1回やっただけでは頭の中に定着しないということです。

必ず範囲を最低で2~3回はワークと課題を繰り返し演習することをオススメします。

またただ重要語句を覚えるのではなく、イメージを作ることも重要な教科です。

トライでは「Try IT」という映像授業を駆使しながら、指導することも可能です。

これを視聴することで、理科と社会のイメージを作りながら、楽しく覚えることができます。

詳細を知りたい方は、ぜひお問合せください。

このページのトップに戻る

香川県の皆さんこんにちは!

香川のトライさんです!先月は中間テスト・診断テスト・校外模試など忙しかった方も多かったのではないでしょうか?

■テストの結果が振るわなかった…

■模試の判定が良くなかった

■三者面談で志望校変更を言い渡された…

など、毎年多くの方からお悩みがトライには寄せられます。

すでに始まっている11月のキャンペーンは、そんなお悩みを解決してくれる、心強い存在を紹介します!

家庭教師のトライには「プロ家庭教師」として活躍する多くの教師がいます。

香川大学卒・岡山大学卒・早稲田大学卒・慶応義塾大学卒・広島大学卒など、学歴面でもさることながら、四国エリア、関西エリア、関東エリアなど香川県の合格実績を多数持っている受験のプロです。

■ダイアログ学習法

教師の一歩的な解説を受け身でとらえるのではなく、お子様が解いた部分が「なぜそうなるのか」、時には教師が生徒役をこなしながら、正しい理解・知識の定着を図ります。

■エニアグラム学習法

お子様の性格(9タイプ)を診断し、個々の性格に合わせた指導を行います。

お子様の長所を伸ばし、ストレス時に陥りやすい状態を乗り越えさせる指導を行うことで、モチベーションアップにも繋がり、勉強への意欲も向上します。

トライのプロ教師は、成績はもちろん、生徒さん一人ひとりのやる気に働きかけるからこそのプロです。

受験までの短期間こそ、プロの逆転合格コースで合格までの最短距離を、最速で駆け抜けましょう!!

このページのトップに戻る

こんにちは!香川のトライさんです!

まだまだ蒸し暑い日が続きますが、受験生の皆さん、夏に負けないで頑張ってください!

今回は「日曜特訓講座(センター入試対策編)」についてご紹介します。

昨年も実施し大好評を頂いた講座なので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

受講された生徒さんからはセンターについて再確認ができ、勉強のやり方がわかって良かったという感想を多く頂きました。

日曜特訓とは、

①過去10年分のセンター試験問題をトライが徹底分析!

高得点を目指す方や、苦手教科の基礎を固めたい方など、それぞれに合わせてポイントを伝授します。

厳選した問題を演習することで、短期間で要点を押さえることができます。

残り期間を効率良く勉強を進めたい方にオススメです。

②系統別学習カリキュラムで頻出問題を落とさない!

系統別学習カリキュラムに沿って学習するので、無駄なく効率的に点数アップに繋がります。

志望校のボーダーラインを目指し、落とせない頻出単元や時間をかけて対策すべき問題を選定。

③実践的な演習で、入試本番の得点力をつける!

入試頻出問題の講義だけでなく、演習を繰り返す事でしっかりと定着させます。

わかったつもりを防ぎ、入試本番で得点する力を身につけます。

このような方にオススメの講座!

日程:2017年9月~12月の日曜・祭日で全16コマ

教科:英語・数学・国語

対象:高校3年生(高1、2年も参加可能)

使用教材:センター入試頻出問題を掲載した問題集

開催教室:瓦町FLAG個別

気が抜けがちな日曜日(祝日)を有効に活用できますし、

授業が終わった後、自習室の使用が可能です。

夏休みのあとだからこそ、本気で勉強することがより大切・且つ大きな意味を持ちます。

大学受験は1点勝負です。いかに点数を落とさず、いかに1点を獲得するかが重要です。

少しでも現状や、受験に不安を抱えているのであれば、

この日曜特訓講座に参加し、第一志望校合格ラインを目指しましょう!

このページのトップに戻る

皆さん、こんにちは!

香川のトライさんです!

夏休みも終わりに近づいていますがいかがでしょうか?

8月も終盤になり夏休みも終わってしまいますね。受験生の皆さんは、ここからより実践的な問題を解いていくことになると思います。

この夏でしっかり基礎の定着はできているでしょうか?苦手教科の克服はできたでしょうか?

さて。今回のテーマは大学受験における鬼門の一つ「数学の偏差値をアップさせる9月以降の勉強法」です。

受験に向けて数学の苦手をしっかりと克服していきましょう。

数学の勉強で大切なことは標準レベルの問題を解けるようになることです。

決して正答率10%の問題を解けるようにならないといけないわけではありません。

数ⅠA、ⅡB、Ⅲはどの単元であっても標準問題をしっかりと解けるようになれば、センター試験であっても二次試験であっても自ずと対応できる力はついてくるはずです。

では、標準レベルの問題を解けるようになるためにはどうすれば良いのか。

それは「決めた問題集を1日何題解くのかを決め、何度も何度も解き直すこと」です!


例えば、1日4題を解いていくと、大体どの問題集でも3ヶ月もあれば終えることができると思います。

入試日から逆算して、1日何題解けば問題集を何周できるのか。

間違えた問題はもう1周行うから…というように計画を立てましょう。目安は少なくとも3周です!

もう1点、数学が苦手という人からは公式が覚えらないという声をよく聞きます。

確かに指数対策、三角関数、微分積分でもベクトルでも…

頭の中に入れておかないといけない公式が沢山あって全てを完璧に覚えようと思ったらパンクしてしまいますよね。

公式が覚えられないという人は、単に覚えるということではなく、公式の成り立ちを理解することを心掛けて下さい。

公式は導き出せます。その公式の導き方や内容は教科書に載っているはずです。

今一度教科書を見返して理解する事を試みてください。

数学が面白くなるはずですし、単純な暗記よりもはるかに効率的な勉強法です。

高校1・2年生もこれからたくさん公式が出てくると思いますが、ぜひ理解することを心掛けてください。

一見遠回りしているようですが。公式の理解がキチンとできれば定期テストでも、実力テストでもきっと得点UPに繋がるはずです

しかし、標準問題だけでなく、実践問題も解いていかなくてはいけない時期ですよね。

センター試験や二次試験の過去問を解くのももちろん必要ですが、ぜひ公開模試を活用していきましょう。

今の自分の実力がどの程度なのかわかるだけでなく、実践問題の演習にもなりますし、どんどん模試を受けて、初見の問題でも解ける力をつけていきましょう!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ香川校です。

受験生にとってはこの夏が天王山!この夏で苦手分野を克服して9月を迎えましょう。

そこで今回のテーマは「英語の苦手克服 偏差値アップする夏休みの勉強法」です!

苦手教科は誰にでもあるとは思いますが、本日はその中でも英語の成績を上げる方法をお話します。

英語は文系の方でも理系の方でも絶対に使用する教科です。

その分英語が苦手だと圧倒的に不利になってしまいます。

皆さんは英語をどうやって勉強をしていますか?

この夏、心がけて欲しいのは英語の土台作りです。

■その① 単語■

単語を覚えていないと文法問題でも長文問題でも対応できなくなってしまいます。

英語は語彙・文法・読解・表現問題とステージが上がっていきます。

単語帳で単語の意味を覚えるだけでなく、用例や派生語にも目を向けましょう。

言ってしまえば1つの単語から1つのことを覚えるのではなく、沢山覚えたら楽ということです。

それでは単語はどう覚えたら良いのでしょうか。1回覚えても単語はすぐに忘れてしまいます。

脳科学の実験では、学習した内容も1時間後には50%以上忘れてしまうというデータがあります。

その解決法が反復演習です。

単語を暗記→1時間後もう一度復習→2時間後に復習→夜寝る前に復習→次の日に復習

→2日後に復習→1週間後に復習→1ヶ月後に復習。

これを繰り返してみてください。必ず効果に現れます。

■その② 文法■

文法はできれば夏休みで完成させたいところです。

なぜ文法を勉強しないといけないのか。それは入試で必ず出るからです。

もうひとつは文法の正しい活用を理解していれば英文の正確な解釈にも繋がります。

その為、この夏休みは文法を徹底的に復習しておきましょう。

ではどんな勉強をすれば良いのか。

問題集の問題がそのまま試験で出てくるわけではありません。

記号問題でも正解していたから終わりではなく、間違いも何が違うのかを説明できるまで突き詰めましょう。

■その③ 構文と長文■

単語と文法は勉強しているけど、構文や長文まで手を伸ばせていないという生徒さんはとても多いです。

まずは構文に関してです。そもそも構文把握とは何か?

その文の主語、述語(動詞)、目的語、関係詞などを見分けて適切に文章を訳すことです。

この演習をして長文の勉強に入るかどうかは大きく違いが出ます。

難しい文でも構文を把握することによって何を示していたのかがわかるようになります。

それだけでなく、文章をカタマリで捉えることができるようになるので、長文の速読にも効果的です。

長文の演習ももちろん進めていかなくてはいけませんが、まだ構文の勉強をしていないという人は

早急に取り掛かりましょう。

最後になりますが英語の基盤は単語です。

何度も反復して暗記をする癖をつけましょう。そしてこの夏に文法を完成させ、

英語構文を把握して長文演習を繰り返せば成績も上がるはずです。

計画的に進めて有意義な夏にしましょう!

このページのトップに戻る

前のページ

香川県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT