教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



香川県の皆さんこんにちは。家庭教師のトライ香川本部です!

梅雨に入り気温も上がり、受験に向けて熱くなってくる頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

テストが返却され、汗ばんでしまうのは気温のせい?と思いたい人もいるかもしれませんが、

夏の前に間違った箇所を見直すことが大切です!

つまづいたところを、その都度クリアしていくことで、実力に繋がっていきます。

「成績の上がるテストの見直しとは?」

①間違いの理由分けをする

a,単純なケアレスミスか?

b,暗記が出来ていないのか?

c,まだ理解に至っていないのか?

②a→確認だけする

③b→暗記できていない箇所をマークしたり、目立たせる

暗記は書いて見て声に出して視覚・聴覚をフル活用して覚える

④c→授業で質問し、自分の言葉で説明できるようになる

出来ていない箇所は目をつぶりたくなってしまいますが、ぜひやってみましょう!

また、学校の授業が止まる夏休みは模試を受ける最大のチャンスです。

ゆとりがある夏こそ受けましょう!特に受験生は必須です!

このページのトップに戻る

香川県のみなさんこんにちは

家庭教師のトライ香川校です。

多くの学校で23日(金)に期末テストが終わりました。

中学3年生は内申点が4倍に評価される副科目のテストもあり、

学習時間を大きく増やしていれば結果に繋がりますが、

前回と変化がないまま迎えたとすると・・・

さて、トライでは授業料30%OFFのキャンペーンを展開していますが、夏期講習はなにも

夏休み中のことだけではありません。テストが終わったその日

(もしくは次の日)から夏期講習は始まっています。

※キャンペーンの受付期間は7月31日まで/授業料30%オフのご利用期間は8月31日まで

「今から」日々の生活を変える子には2ヶ月のチャンスがあります。

「夏休みに入ってから」の子には1ヶ月しかチャンスはありません。

「部活が終わってから」の子にはチャンスは訪れません。

スケジュールが忙しい?大丈夫です!

トライなら、部活・習い事・旅行・遊びなどの合間を縫って家庭教師による指導を行います。

トライなら、学習が必要な範囲や単元のみ集中的に指導します。

トライなら、Try ITを活用して好きな時間に好きな単元を15分で復習できます。

香川県の定期テストは学力診断テストと比べると解きやすい問題が多くあります。

平均も高めになるので「わかったつもり できたつもり」になりがちです。

9月の学力診断テストの範囲は「1・2年と3年1学期」です。油断していると

1年の応用問題で躓き厳しい点数/順位を取ってしまいます。

夏休み前に自己分析をして、なにが必要なのか戦略を立てましょう!

ちなみに、勉強合宿では全範囲を復習するプログラムになっていますのでぜひご参加を!

このページのトップに戻る

香川県の皆さんこんにちは。香川県のトライさんです。

今回は待望の「永久0円の映像授業(Try IT)センター対策編リリース」のお知らせです!

この度、Try ITに新たにセンター対策が追加されました。

これは名前の通り、センター試験を受ける高校生向けの映像授業です。

既存の映像授業と比べて、より実践的な力を養っていくことができる内容になっています。

実践問題に取り組むための必要な学習から、実践練習までの全てを

Try ITを駆使して学習しましょう!

部活を引退して時間はできたけどまだ受験モードになりきれていない…

そんな高校3年生はもちろん、それ以外の学年の皆様も、

まずは家でのちょっとした空き時間や通学中の時間を使って15程度の動画を見てください。

きっと楽しく勉強を進められると思います。

またその際に、一つ一つの動画の内容に対応したテキスト「Try IT観てわかるシリーズ」

を活用すれば、さらに効率UP!

このテキストを使って問題演習をして、Try ITを見て知識、理解をさらに深めていく。

ただ動画を見るだけ、テキストの問題を解くだけでは終わらせず、

両方を上手く使って勉強していくことで、わかったつもりを防ぎます。

「分かる」→「解ける」→「できる」

この3段階に分けて学習を進めていくことで、抜け漏れなく知識を定着させ、

確かな得点力へと繋げます。

ぜひ、今の自分に必要なことをトライの様々なコンテンツを使って

勉強を進めていってください。

トライでは一人ひとりの学習状況に合わせた学習計画の立案などをを受け付けております。

ぜひ一度、お気軽にお問合せください。

このページのトップに戻る

こんにちは!トライさんです!

1学期の期末テストが終わればもうすぐ夏休みです。

そこで、今回は「夏休みの過ごし方」についてのお話です。

夏休みは約40日ありますが、その間学校の授業はストップします。

学校の授業が進まない夏休みだからこそ、

勉強が苦手な方は追いつき、勉強が得意な方は差をつけるチャンスです。

でも、自分で計画を立てて復習するのは大変です。

何の教科を、どうやって、どのくらい勉強すれば良いのでしょう?

そんな時は、ぜひトライにご相談ください!

時間のある夏休みだからこそ、昼から開講している夏期講習や、

みんなと切磋琢磨しながら勉強ができる「トライ式夏合宿」をオススメします。

ですが勉強ばかりの夏休みはあまり楽しくないかもしれません。

そんな小学生や、受験がまだ目前ではない方にオススメなのがこちら!

「トライ式サマースクール」

総合育成コース」「勉強集中コース」の2つのコースがあります。

日程:

前半10日間コース 8月4日(金)~13日(日)9泊10日

後半10日間コース 8月14日(月)~23日(水)9泊10日

前後半20日間コース 8月4日(金)~23日(水)19泊20日

会場:

NASPAニューオータニ越後湯沢

特に「総合育成コース」では「学ぶ」「体験する」「育む」で構成されている

カリキュラムを通して、学力だけでなく協調性や社会性を身につけることができます。

他学年との交流もありますので、お子様が一回り大きくなること間違いなしです!

「学ぶ」

夏休みの宿題など日常学習はもちろん、作文やグループ授業など、

普段学校や塾では学べないこと、できないことを学ぶことできます。

「体験する」

様々なイベントを通じて、より大きく成長することができます。

「できた!」という経験は貴重な財産になるでしょう。

「育む」

親から離れた非日常の中で生活することで、自主性や心身の成長を促します。

たくさんの仲間ができ、特別な夏休みを過ごすことができます。

ネイティブの先生やオリンピック選手との触れ合い等はここでしか体験できません。

トライのサマースクールで、夏休みが新鮮なものに変わること間違いなし。

今年の夏休みをいつもと違うスペシャルなものにしたい方、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しいパンフレットを郵送致します。資料請求はWEBからいつでも受付中です!

このページのトップに戻る

香川県の皆さんこんにちは!香川県のトライさんです!

今年もトライでは、今まで約16,000人が参加し、昨年参加者にも好評だった

「トライ式夏合宿」を開催致します!

「トライ式夏合宿」

対象:小学5年生~高校3年生

会場:リーガホテルゼスト高松

日程:8月6日(日)~8月10日(木)4泊5日

定員:先着60名

学校のある期間はどうしても学校の授業に合わせて勉強する必要があるため、

今まで習った単元を復習をしたり、苦手単元の克服をする時間がなかなか取れないと思います。

つまり自分のやりたいことが思うようにできないはずです。

ですが、夏休みは学校の授業が6週間もストップします!

学校がある時期に比べ、150時間もの勉強時間が失われます。

(1日平均5時間の授業時間×平日5日間×6週間=150時間)

その時間を一体何に使いますか?遊びでしょうか?部活でしょうか?

生活リズムを崩さないためにも、学校の時間割通りの勉強を強制するのも一つの手です。

ですが、「普段、学校の授業がある時にできないことをやる!」といった発想が

必要になります。

夏休みは授業の拘束がないために、今までの復習をしながら苦手分野を

しっかり潰すことができる時期です。

または得意を伸ばす等、自分に合った勉強を進めることが出来ます。

夏休みにいかに効率良い学習方法でいかに熱心に勉強に取り組むことができ、

それによって夏休み以降の学習状況が大きく変化します。

「合宿のポイント」

・1日10時間の勉強を確保し、合計40時間の学習を行う

→それによって達成感とやれば出来るといった自信に繋がる

・普段接する機会がない同学年の子達と5日間過ごすことにより、

 自分もやらないといけない気持ちになる

・重要な単元に絞ったカリキュラムになっているので、苦手単元の克服ができる

・「集団授業+演習(チューターのサポートがあるので安心です)のサイクルに

 なっているので、覚えた内容をしっかり定着させることができる

毎年、参加して頂いている生徒からは、

「勉強に対する意識が変わった!」

「自信に繋がった!」「苦手単元が克服できた!」

「同じ受験生が頑張っているのを見て危機感を持った!」

等のご意見を頂いています。

また、次回も参加したいという多くのリピーターにもご好評を頂いています。

学生さんにとって夏休みはとても重要な時期です!

充実した夏休みを過ごしたいと思っている方はぜひご参加ください!

合宿終了時には、それ以降のテストの成績が上がったことを実感するだけでなく、

一緒に受験まで戦う仲間とも出会い、友情を育むことができます。

そして、冬合宿で再会、お互いの成長を確かめている受験生も毎年多くいます。

いつもと一味違う夏休みにするために、ぜひトライの夏合宿にご参加ください。

詳しいパンフレットもお作りしています。資料請求はお早めにお申し付けください。

このページのトップに戻る

こんにちは。家庭教師のトライ香川本部です。

日増しに暑くなってきた今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか?

定期テスト・夏休みが迫り、お子様が持つお悩みはそれぞれだと思います。

・定期テスト勉強や受験勉強のやり方がわからない…

・受験が不安…ただマンツーマン指導は敷居が高い…

・夏休みは沢山勉強してほしい!ただ費用が心配…

そんなお悩みにお答えすべく、今年もやります、トライの夏キャンペーン!

①入会金などの諸費用無料!

夏キャンペーン中にトライへお申し込み頂いた場合、諸費用が0円になります。

入会時の費用が抑えられて授業料のみでマンツーマンの授業を受けられる大チャンスです!

トライに興味がある方はぜひ夏キャンペーン中にお問合せください。

②夏期講習30%OFF!

トライは6/1~8/31までの授業料すべて30%OFFで受講できます。

今すぐに申し込めば、夏休みだけでなく、6・7月の期末テスト対策から

30%OFFで受講できます!

また、費用的になかなか試せないプロ家庭教師コースも手軽に始めやすいチャンスです。

トライの夏期講習で夏を乗り切りましょう!

特典盛りだくさんのトライの夏キャンペーンについて、

地元トライさんが詳しくご説明します。

まずは、お気軽にご相談ください!

※受付期間:2017年7月31日まで ※ご利用期間:2017年8月31日まで

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは 家庭教師のトライです。

中間テストの結果の反省は終わり、気がつけば期末テストまであと3週間しかありません。

同じ結果を繰り返さないことは本当に重要です。

昨年度の県立入試問題の結果分析で「数と式、数量関係の基礎基本は良くできていた」

との評価がありました。これは1学期に学習する範囲のことです。

そして、1学期後半(7月)から2学期にかけて学習する範囲が

「比例反比例、関数、グラフ」です。1学期に習得した公式を活用し、

グラフを描いたり交点を求めたりします。

そして、この範囲になると「正答率が低かった・・・」という分析結果が公表されています。

なぜでしょう?

ポイントは2つです。

テストのやり直しによる習得率の向上

テスト前に勉強するのは誰でもやります。

1日30分しか机に向かわない子でもテスト前には60分になります。

それは当り前。しかし、テスト返却後の「やり直し」の学習はどれだけの子が

取り組めているでしょうか?

テスト結果は30点でも、やり直して100点取れたら次に繋がります!

②夏休み期間中の学習

7月に習得した範囲を活用・応用し9月以降の学習が進みます。

2ヶ月の間、学習を後回しにし放置していたら間違いなく2学期の成績は下がります。

それが影響し数学における「関数」の範囲の正答率の低さに繋がります。

「成績が下がった」という結果を「以前の成績よりも向上した」という結果に

するためには、最低半年かかります。

「成績が戻った」という結果には3ヶ月かかります。3ヶ月前の学習をやり直すからです。

トライがマンツーマンの教育を行っているのはこれが理由です。

その子が「いつから・どこから」できていないのかを発見し

学習範囲を決めて実行するからです!

わからないところを教えてもらっていても解決しません。

本人が気づいていないわからないところを解決していくことにより

「過去最高の点数」が取れます。

一緒に目指しましょう!

このページのトップに戻る

香川県の皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ香川校です。

今回は医学部受験についてご紹介させて頂きます。

香川県で医学部を設置している大学には香川大学があります。

香川大学に限らず、皆さん医学部受験は難しいというイメージがあると思います。

難関と言われる医学部受験に向け、どのような対策をとっていけばよいのか、

トライでの指導における医学部受験のポイントを説明致します。

まず医学部を目指すにあたって勉強方法についてですが

医学部受験合格のためには、

「わかる」だけではダメで、「できる」ようにならなければいけません。

そのためには自分で何度も演習を行い、演習力を高める必要があります。

これは医学部を受ける生徒だけでなく全ての生徒のに当てはまりが、特に必要な力です。

トライ式学習法には家庭教師、個別教室どちらも指導の中に演習の形も取り入れています。

理解していくことも大切ですが、問題演習と暗記に時間の9割を使い、

問題集を自力でスラスラ解けるようにすることをまずは目標にしましょう!

医学部受験においては、暗記力を高めてとにかく覚えていく、見たことのある問題は

自力でスラスラ解けるように何度も問題演習を繰り返すことが何より大切です。

暗記が苦手な方も多いと思います。ただ普段から暗記のトレーニングを

繰り返していくことで暗記力も鍛えられていきます。

こちらはまずやり方や覚え方が身についてないとどうしようもありません。

トライ専属の教師が逐一指示を出していきます。

また担任教育プランナー体制があり、生徒・教師・教育プランナーの3人で

学習を進めていきます。

基礎力がついていないのに焦ってしまうお子様も見かけます。

難しい問題集や予備校の講義に時間を使ってしまうと

自分自身が思うように勉強が進みません。

まずは、基礎から自分がどこが苦手でどこができるのか理解していく必要があります。

ここはまず教師に客観的な視点で見させてもらい、理解していきます。

ここはマンツーマンの指導でしかできないことです。

また志望する医学部の過去問は最低3年分、できるだけ5年分は演習を行い、

演習が終わったものは何度も繰り返し解いて、自力で解ける状態にしてください。

志望校の傾向をつかむことができますし、実際類似問題が多く過去問から出題されます。

決して過去問も一度もやっていないで本番を迎えるなんてことがないようにしましょう。

過去問を徹底的にやりこむことが大切です。

まだまだお伝えさせて頂きたいことが沢山あります。

医学部専門の教育プランナーも常駐しておりますので詳しい情報をご希望の方は、

ぜひご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは!家庭教師の香川のトライさんです!

今回は「国語・理科・社会をメインで得点力を上げるコツ」をお話します。

「国語」

国語のテストは少し特殊です。例えば、作者の気持ちを問う問題です。

作者の気持ちなんて、作者にしかわかりません。

でもそれが問題になっているわけです。これが国語のテストなのです。

①とにかく音読をしよう!

国語のテストには教科書の文章が出てきます。

これを頭に叩き込めば、接続詞を聞く問題や穴埋め問題が解けるようになります。

②学校のワークや小テストの問題を覚えよう

これは学校の定期テストでしか使えません。

だからワークや小テストの答えを丸暗記しましょう!そこに答えはあるはずです。

③漢字を全て覚えよう!

ポイントは読めるようにするのではなく、書けるようにすることです。

漢字の出題数は学校によって5~20点ぐらいです。

これらの問題は絶対に落としてはいけません。

「理科」

◎分野ごとにコツがある

理科は分野ごとにやり方が違います。各分野ごとにの勉強方法を身につけましょう!

~物理~

計算問題が多いです。公式をしっかりと覚え、問題を多く解きましょう。

公式を丸暗記しても安心してはいけません。

公式を使えるようにすることを意識しましょう。

~化学~

計算問題と暗記問題の両方が出ます。

計算問題は物理と同じように公式を使えるようになりましょう。

暗記問題はワークやプリントを使用しひたすら覚えましょう。

~生物~

暗記問題が多いです。重要語句が説明できるまで、覚えましょう。

~地学~

暗記問題が多いのですが、この分野に関しては仕組みを覚えることも大切です。

天気等の問題は、なぜこうなるかというのをキチンと理解しないと覚えられません。

「社会」

はっきり言ってテクニックはありません。やればやるほど点数が上がる科目です。

暗記力の勝負なので繰り返し問題を解きましょう!

①ポイントは覚えようとするのではなく、問題を解く姿勢

人間の頭は問題を解こうとすることによって自然に暗記をします。

自分の頭にしっかり入るまで繰り返し問題集を解きましょう。

②ワークを解くときの注意点

ただ答えを書き写すのでは頭に入りません。

いきなり答えを見ながらその答えをひたすらノートに書き写している生徒がいますが、

これは効率が悪いです。

まずは問題を解いてみて、わからなかったら答えを見るという方法で繰り返しましょう。

③社会の定期テストで出る応用問題

ワークをそのまま覚えるだけでは解けない応用問題があります。

例えば3つの事柄を古い順に並べなさいという問題。

ただ、ワークで語句を覚えるだけでは解くことができません。

こういった問題に対応するためにも年代も覚えましょう。

重要な語句の年代を覚えてしまえば応用問題でも得点できるようになります。

国語・理科・社会は、取り組めば取り組むだけ点数を伸ばすことができる科目だということが

わかって頂けたでしょうか?

英語と数学で伸び悩んでいても、国語・理科・社会に伸びしろある方は、

集中してテスト対策を行える時間を投じてみてください。

教科書やノートを見るだけの復習で、定期テストで得点できるほど、

器用な方は少ないはずです。

テストまでの期間が短い場合、「効率を重視する勉強法」に切り替えてください。

勉強の質が上がれば、点数もついてきます。

お子様にあったテスト勉強方法を知りたい方は、ぜひ一度トライへご相談ください!

このページのトップに戻る

こんにちは!家庭教師のトライ香川本部です!

新学期が始まりもうすぐ2ヶ月が経ちます!

新学期のフワフワした気持ちも落ち着いて来たと思うので

気持ちを切り替えて学習に取り組みましょう!

今回は、定期テスト対策(英語 数学)についてのお話です。

香川県では5月上旬~中旬にかけて、今学期最初の定期テストが行われると思います。

高校入試では内申点も非常に大きなものになりますので、

内申点を大きく左右する定期テストに対してはしっかりと対策する必要があります。

まず見直すべきは学校の授業で習った範囲のノートや教科書です。

定期テストでは授業中に先生が強調して説明された部分が必ず出題されます。

テスト範囲が出てからのテスト対策でははっきり言って出遅れています!

最低でも2週間前からワークと課題を進めていき、テスト3日前までには

ワークを2巡は終わらせましょう!

3日前からは、苦手単元の見直しをすることを忘れないでください。

■数学■

今回のテストはほぼどこの学年も「計算力」が問われるテストになります。

全てが計算分野になります。

計算ミスをなくすことだけでも、70点近くの点数を取ることが可能になります。

学校のワークを中心に問題を解いていき、計算になれていきましょう。

とにかく演習量がポイントになります。

苦手な単元があるとそこに関連した単元は全て出来なくなってしまうので、

今のうちに苦手な単元はなくしていきましょう!

■英語■

中学3年生の範囲は「受け身」「現在完了」が主な範囲になります。

日本語には少し馴染みのない表現で難しく感じるかもしれません。

まずは訳をしたときにどのような意味になるのか、基本文でイメージしておきましょう。

学校のワークやプリントを中心に対策をすると良いでしょう。

テスト対策は自分の力でやらないと対策ができないのです。

もし一人で難しいと感じた場合は、トライまでご相談ください。

お一人ひとりにあった学習の方法を提案させて頂きます。

重要なのは「どこの塾の先生の授業を受ければ良いのか」ではなく

その授業を「自分のもの=テストで得点できる力」にするための

「勉強時間の確保とテスト対策のやり方」がポイントです。

6月には診断テストもありますし期末テストもあります。

前述でも話しましたがテスト勉強は早めの対策が必要です。

少しでも不安要素がある方はお気軽にトライにご相談ください。

このページのトップに戻る

前のページ

香川県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT