教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



熊本県の皆さん、こんにちは!トライさんです。


トライの生徒さんも受験にそなえて
「合格判定」の出る模試を受けられ、結果がかえってきました。


数字はシビアに現状をおしえてくれます。
ぜひ自分の現状と目標までの差を前向きにとらえて
一つずつ、やるべきことを
こなしていって欲しいなと思い応援するこの頃です。


さて、前回にひきつづき
「熊本県の高校入試☆教科別ポイント」、本日は英語編です!


熊本県の高校入試 <英語> におけるポイント!


近年の熊本県公立高校入試における英語の問題は
難易度だけでみると易化傾向にあり、読みやすい内容になってきています。


と、いうことは・・・
ケアレスミスや「勘違い」による誤りが命取りなのです!


また、28年度実施分からは英作文が大問として独立するようになり
使用語数も問題Bでは20語以上を課せられるなど
“英語をつかって自己表現させる”趣旨がうかがえます。

これも、大学入試制度の変更に備えた傾向だと思われるので、今年度も続くと見て良いでしょう。


HTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH


本番まであと98日!!!勉強のポイント☆ <英語編>


【1】文法の基礎は徹底的に!構文を覚えよう!

英語の場合は<単語>と<文法>が理解できないと何もできません。
また、教科書や学校のワークで出た基礎構文を覚えると
ぐっと長文問題を解くスピードが上がります!


【2】英語の音に慣れる!聴いて、一緒に発音しよう!
リスニングは普段から英語の音そのものに慣れておく必要があります。
リスニングに関しては「日本語訳しながら」という理解する努力は一旦忘れて
まず「英語でなんと言っているのか」を聞き取る練習に徹しましょう!


【3】一日一文から始める英作文でさらなる点数アップを!
よく英作文の練習でおススメされるのは「日記」ですが
「本当に英作文が苦手!」という方はまず!「自己紹介」を毎日一文ずつ書いてみましょう!
初めからたくさん書こうとせずに一日一文から始めて、一週間後には2文、3文・・・と増やしていくと
案外すんなりと英作文ができるようになります!
※英作文は必ず先生に添削してもらいましょう!


HTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH


英語が「よくわからない」という生徒さんは
時間がないからと焦って過去問ばかり解くのではなく
一旦、中1の教科書から見直してみましょう。


基本的な単語の暗記や文法の理解なしに長文問題を解くことはできません。


そもそも、どうやって勉強したらいいのか分からない・・・
どこが分からないのかも分からない・・・


という皆さんもぜひ!お近くのトライさんへお気軽にご相談を。

このページのトップに戻る

熊本県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


-->