教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さんこんにちは。

京都のトライさんです。


本日のブログテーマはトライ独自のAO・推薦入試対策である「小論文対策講座」についてです。

近年多くの大学が取り入れているAO・推薦入試ですが、

国立大学協会からAO・推薦入試の合格者を2021年までに入学定員の30%にすることを目標としていると発表されました。

すでに私立大学は、AO・推薦入試でかなりの割合の入学者を受け入れています。


AO入試とは、各大学が設定する入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)もとづき、実施される入試です。

自分の大学にあう生徒を入学させるために、高校の成績や小論文、面接などで「人物」を評価する選抜制度になっています。


しかし、AO・推薦入試では各大学で全く違う入試が行われるので、

AO入試を目指す方からは以下のような悩みがよく聞こえてきます。


・AO・推薦入試に向けて準備ができていない…

・志望理由書の書き方がわからない…

・小論文のおさえるべきところがわからない…

・志望校に特化した対策がしたいけどもできていない…


こうした悩みを解消することができるのが、今回紹介する「小論文対策講座」です。

トライの「小論文対策講座」では、2つのコースを用意しています。


=================================

①小論文コース

小論文では文章構成・論理展開・文章の書き方などが採点基準になります。これかのポイントを押さえながら、一人ひとりの状況に合わせて添削指導を進めていきます。基礎課題と演習課題を通して、合格に必要な作成力を着実に身につけていきます。


②志望理由書コース

志望理由書を書くにあたっては、志望する大学がどのような人物を求めているのか、本人の強みとなる特性が何であるのかをしっかり把握しておく必要があります。本コースでは、構想段階から文章作成に至るまで、志望校に合わせた志望理由の書き方をきめ細かく添削指導していきます。


【2 019年度入試合格実績】

国公立:筑波大、山形大、群馬大、富山大、岡山大、山口大、佐賀大 など

私立大:慶應義塾大、学習院大、同志社大、日本大、関西外国語大、医療系学部・医療系専門学校 など多数

=================================


以上、AO・推薦入試対策におすすめの「小論文対策講座」の紹介でした。

トライではマンツーマン教育の強みを生かし、

一人ひとりの生徒さんの志望校に沿った対策を行うことができます。


志望校合格に向けて対策を考えている方は、無料相談等も行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

皆さん、こんにちは。

京都のトライさんです。


6月に入り夜も寝苦しく感じるときも出てきましたね。

こんな季節の変わり目にこそ風に注意です!

今月末ごろには皆さん期末テストを控えていると思いますので、

風邪などひかれませんよう十分に注意をして期末テスト対策やっていきましょう!


さて、本日の内容ですが


きました、“夏のキャンペーン”です!


この6月、トライは特大キャンペーンを実施いたします。

今回のキャンペーン内容は3つです!


その1

入会金無料



その2

夏期講習無料


こちらが今回の目玉キャンペーンです!

なんと、昨年度までは60分8回無料だったものが 今回は「120分x8回」が無料です。

これまでの倍の授業を無料で提供いたします。


昨年度大きな反響をいただいたトライの夏キャンペーンですが、

同時に以下のような意見をいただきました。


英語はしっかり復習をし、わかるようになったが数学も見てほしいかった。」

「夏期講習なので理科や社会の対策も同時にできれば。」


このような声にお応えするために今回120分8回無料という特大キャンペーンになっています。


その3

成績保証

夏休み前の最後のテストから夏休み明け最初のテストで20点アップを保証します。

20点あがらなければ、無料で授業を提供いたします!


※成績保証の適用は、無料授業分を除き、1教科につき120分4回以上授業を受けていただいた方に限ります。


1つ注意点があります。


今回のキャンペーン内容に関しては6月中の受付のみとなっております。

中間テストの結果が振るわなかった方、

入試に向かってこの夏スピード上げていきたいと思っている方は、

ぜひぜひこの6月中にトライまでお問い合わせください。


この夏、トライと最高の自分に挑戦しませんか?

詳細はコチラ

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

京都のトライさんです。


本日のブログテーマは「教育プランナー」についてです。

実はこのブログを書いている京都のトライさん=「教育プランナー」なんです。


教育プランナー「トライさん」とは、「学習カリキュラムの作成や、生徒様に合った講師の選定を行うなど、家庭の悩みに寄り添い、生徒の学びにおける目標達成を総合的にサポートする存在」です。


具体例として、私がこれまで担当した生徒の事例をお話したいと思います。

※下記の事例は、教育プランナーのサポートの一例、一部です。


==================================================


【英語に力を入れいてる京都の公立高校を目指していたAさん】


とても頑張り屋さんな生徒さんだったのですが、当時の成績では志望校のレベルに届かいない状況で、「何とか合格したい」という思いで、中学校3年生の4月にトライに入会いただきました。


〇教育プランナーの役割 その① 現状分析、目標設定

生徒の現状を分析して、目標を設定することが、最初の教育プランナーの役割です。この生徒さんの場合は、出された宿題をこなすことはできるのですが、学習計画を立てることができないことが大きな課題でした。そのせいもあり、志望校の合格基準内申点に対して、1~2年生の内申点がかなり足りていない状況でした。そこで、内申点の不足分を当日点で補うべく、合格基準当日点より高い点数を取ることを目標にしました。


〇教育プランナーの役割 その② 学習内容の設定、教材選定

これまの成績やテストの点数から、得意な英語は基本的に自主学習、苦手な数学と理科は家庭教師の先生との授業で進めていき、国語と社会は自主学習したものの質問受付を家庭教師の先生にしてもらうことにしました。教材に関しては、入試問題を意識ながら学習を進めて行けるように、3年間の学習内容を1冊で網羅した実践的な問題集を選定しました。


〇教育プランナーの役割 その③ 学習カリキュラム立案

本来であれば夏休み前から受験勉強を始めることが一般的ですが、この生徒様に限っては、当日点をより高く取らなければならないので、学校の勉強と並行して、4月から受験勉強を進めるカリキュラムを立てました。具体的には、1年間の学習スケジュールを3ヶ月スパンで区切り、やらなければならないページ数を、1週間、1日単位で逆算していきました。部活動などで勉強時間がまとまって取れなかったり、ゲームやスマホに時間を取られてしまったりする生徒も多いので、そんな時は、1週間のなかでいつ勉強するかということも決めることがあります。


〇教育プランナーの役割 その④ 進捗管理、教師との連携

上記のカリキュラムを家庭教師の先生に管理してもらいながら、進めていきました。そして、3ヶ月おきの面談で進捗を確認して、模試の結果なども踏まえて、目標達成まで計画を修正していきました。面談で修正した計画はその都度、家庭教師の先生と共有して、指導に生かしてもらいます。こういった教育プランナーと家庭教師の先生との連携がトライの大きな強みです。


最終的には、本人の頑張りとお母様のサポートで、見事、志望校の専門学科に合格しました!

高校でも楽しく過ごすことができているとお母様より連絡をいただきました。

そして、受験勉強を通して身につけた学習計画の立て方など、高校の勉強でも実践しているそうです!

生徒が志望校に合格したこと、そして、その過程で成長してくれたことが本当に嬉しかったです。


==================================================


原因を突き止め、改善し、成功体験を積ませることで、成績やモチベーションは大きく向上します。

これが出来るのは専任のプランナーが付き、マンツーマンで指導を受けられるトライだけです。


家庭教師のトライ 京都校には、高校受験だけではなく、中学受験、大学受験を得意とした教育プランナーもおります。

無料相談等も行っておりますので、成績が振るわない、塾に通わせたが成果が出ない…等、

お子様の勉強でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

https://www.kobekyo.com/lp/method/

このページのトップに戻る

2019年5月15日

【合宿について】

みなさんこんにちは。

京都のトライさんです。


中間テストが目前に迫っている頃です。

新学期1発目のテストなので、しっかりと準備をして挑みましょう!


さて本日のテーマは《合宿について》

トライでは様々な合宿を夏期開催致します!


*トライ式夏の勉強合宿

*医学部難関大合宿

*英語漬け合宿

*サマースクール

*ハワイ留学

*プログラミング合宿


本日は「トライ式夏の勉強合宿」をご紹介致します。

受験生だけでなく、学校の授業に不安を感じている方にもオススメです。

毎年高い満足度をいただいているトライの勉強合宿で、まわりと差をつけよう!


——————————————————

*合宿の詳細*

会場:グランドプリンスホテル京都

対象:小学5年生~高校3年生 ※高卒生も大歓迎!

日程:8月5日から9日までの4泊5日

——————————————————-


①総学習時間は40時間以上

60分授業+30分演習を繰り返すスケジュールです。

・確認テストの実施もあり理解度をしっかりと把握できます。

・自分が苦手とする範囲を知り、今後の勉強につなげていくことが目的です。


②実績と経験が豊富なプロ講師による指導

・合宿ではすべての授業をプロ講師が行います。

・質問対応などの授業サポートとしてチューターも多数参加します。


③勉強に対する意識を変える

・同学年の生徒さんと5日間を共にすることで、たくさん刺激を受けてください。

・受験生の方は合宿をきっかけに、本格的に受験生となりましょう。


合宿にはトライの社員も参加しておりますので、

勉強の悩みや不安なことはお気軽に相談してください。

このページのトップに戻る

2019年5月10日

内申点対策

皆さんこんにちは

京都のトライさんです。


桜も散り、夏に向けて日中の気温はどんどん上がってきており、あたたかいではなく、暑いと感じる日も増えてきました。しかし、いまだに夜は冷える日々が続いておりますので風邪などには十分にお気を付けください。


さて、今回のブログテーマは“内申点対策”です。

回はいかに内申点の点数を上げるかの話をしていく前に、内申点がいかに大事なものであるかについて話をしたいと思います。現在中学生の方にとっては、非常に大切な話になりますのでよく読んでください。


皆さんもご存知の通り、京都の高校入試のメインである中期選抜試験では当日点数が200点であるのに対して、内申点は195点の合計395点の総合点で合否判定が行われます。

つまり、合格か不合格かを決める約半分の点数が内申点であるということです。


内申点の195点の内訳ですが、

1年次内申点:5教科×5+副教科4×5×2=65点

2年次内申点:5教科×5+副教科4×5×2=65点

3年次内申点:5教科×5+副教科4×5×2=65点

となります。


ポイントは2つです。

①1年次から3年次までの3年間トータルの内申点が必要であること

②副教科の配点が2倍されていること


この二つを必ず押さえておく必要があります。

現在中学校の1年生もしくは2年生の方々は、今習っている勉強や直近に差し迫っている中間テストの成績が今から非常に大切であるということです。

現在中学校の3年生の方々は、ぜひご自身のこれまでの内申点を振りかえってみてください。そして、自らの志望校に行くためにはどれくらいの3年次の内申点や当日点が必要なのかを考えてみてください。それによって今年1年でとっていくべき対策が変わってきます。


もし、そのようなことを一人で考えるのは難しいと思われる方は、トライの学習相談員までお問い合わせください。京都の担当プランナーがご自宅までお伺いさせていただき、これまでの内申点や定期テストの点数を加味しながら、今後の学習プランについてお話をさせていただきます。


また、トライでは定期テストが心配だと思われている方々にぴったりの定期テスト直前対策も準備させていただいております。

詳しくは以下のページからご覧ください。


https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

2019年4月19日

合格体験記

皆さんこんにちは

京都のトライさんです。

4月も中ごろに入り、学校での授業が本格化してきたころではないでしょうか。そろそろ新しいクラスにはなれたでしょうか。


さて、今回は昨年度トライで指導を受け受験された生徒様の一例を紹介いたします。

こちらの生徒様は高校進学に向けてトライで指導を開始いたしました。最初のころは目標もなく、ただ何となく指導を受けているだけで過ごしていました。


そんな彼女を大きく変えたのはトライが行っている合宿でした。

春の合宿で目標をもち頑張っているたくさんの生徒に出会い、感化され彼女自身も自分の夢に向かって頑張り始めました。

しかし、道のりは平坦ではありませんでした。なぜなら彼女のその時の状況に対して、目標に設定した高校が非常に高いレベルだったからです。彼女自身、毎日猛勉強してはいましたが、7月の模試ではE判定という結果でした。

そこで明らかになったのは、1,2年生の学習分野での取りこぼしです。今習っている範囲では、点数を取ることができていても、過去の学習分野で大きく点数を落としてしまっていました。

そんな彼女にピッタリの対策として、彼女には夏合宿にも参加してもらいました。合宿で1日8時間以上にも及ぶ勉強も楽みながら乗り越え、1,2年生の学習分野の総復習を完成させることができました。そういった努力が実を結び、夏明けの9月の模試ではなんとA判定を取ることができました。

その後も気を緩めることなく、発展的な分野の学習にも取り組んでくれました。模試の結果も安定してA判定を出せるようになりました。

そして本番の入試でも彼女の力を発揮し、見事合格を勝ち取ってくれました。


もちろん、本人やお母さまも非常に喜んでおられましたが、わたくし自身担当のプランナーとして生徒様の目標達成に少しでも力添えができたことを非常に嬉しく思いました。


このようにトライでは生徒様一人ひとりの目標達成に向けて、現状を分析したうえで最適な学習プランを立てさせていただいております。

「実は○○高校に行きたいけど、今のままでは厳しいなあ」

などと考えている方はぜひ一度ご相談ください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/


あなたもトライで目標を達成してみませんか?

このページのトップに戻る

2019年4月16日

中間テストに向けて

みなさんこんにちは。

京都のトライさんです。


新学期が始まり1週間が経ちました!

新しい学校・クラスにもそろそろ慣れてきた頃でしょうか?

まだドキドキしてしまうという方もいるかもしれません。


さて本日のテーマは《中間テストに向けた対策》

新学期が始まってまだ1週間ですが、

テストに向けた動きは少しずつ取り始めなければいけません。


早くもトライの先生はテストの対策を考えてくれています。

学校によって問題の傾向日程は異なりますが、学校情報をよく知った

先生やトライのプランナーにお尋ねいただければ早めの対策が可能です。

4月になり、新1年生のお問い合わせが増えています。


☑勉強のやり方が分からない

☑テスト前の計画が立てられない

☑去年の復習が出来ていなくて不安

☑新しい単元を予習しておきたい


同じ不安を抱えている生徒さんは案外多いものです。

自信を持ってテストに挑むため、不安要素は取り除いてしまいたいですね。

新学期第1回目のテストで良いスタートが切れるように頑張っていきましょう!


定期テストのサポートをご検討の方は

お近くのトライさんまで気軽にお尋ねください!

このページのトップに戻る

2019年4月5日

新学年対策

みなさん、どうもこんにちは。京都のトライさんです。

4月に入り、京都では桜の花が満開になる季節になりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


4月から新学年となり、春から小学校・中学校・高校へと進まれる方も多いのではないでしょうか。

ほかにもクラス替えなどで今まで慣れ親しんだクラスメイトと離れ、

新たな環境で学習を進めていかなければならない状況に置かれている方なども多くいらっしゃるかと思います。

そういったたくさんの出会いと別れがある春には、精神面が少し不安定になりやすく勉強に身が入らなくなってしまう方も多いです。


例えば、

小学校から中学校に上がられる方の場合には、学校自体が変わり新たな場所で新たな友と

勉強をしていかなければなりません。さらには、学習内容の変更もあります。

算数は数学となり、特に文字式の計算や+-の計算は最初に学習する単元ではありますが

躓く方が非常に多い単元となります。

そして追い打ちをかけるように本格的な英語の授業が始まります。

今まで全く経験したことがないアルファベットを使った言語を急に学習するため、拒否反応を示す方も多いです。


ざっと挙げただけでも中学1年生に上がるタイミングでこれだけ躓くポイント・理由があります。


実際に例年、春から夏にかけて中学1年生のお問い合わせが急増します。

内容としては、“小学校まではカラーテストなどで問題なく点数が取れていたが、

中学校に入ってから急に点数が取れなくなった”というお問合せです。

実際にこういった方々の小学校のころの点数を聞いてみると70点から80点くらいの点数を

取られていることが多いです。

ですので、新中学1年生でこれまでの小学校の点数が80点以下のお子さまや、

今小学校に通っていて同様の点数を取られている方々は要注意です。


中学校の最初で躓いてしまえば、その後の学習内容すべて理解しにくくなってしまい、

周りの生徒さんに大きく後れを取ってしまわれる方も多いです。

後れを取ってからでは遅いです。

トライの家庭教師で早めの対策を。


https://www.trygroup.co.jp/campaign/

詳しくはこちらから。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

京都のトライさんです。

今年は前年にまして花粉の飛沫量が多く、わたくしも鼻がムズムズし箱ティッシュを手放すことが出来ずにいますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて今回のブログテーマは【春のキャンペーン】です。

2月に引き続き、3つの特大キャンペーンを実施中です!

 

まずはキャンペーン内容をおさらいしましょう。

 

①入会金無料

②授業料2ヶ月分無料

③自習室使い放題

 

この特大キャンペーン思う存分活用していただき、苦手を克服した状態で新学年に臨みましょう!

 

今の学年で習った内容を復習できるチャンスは今しかありません。

この時期に周りのみんなに差をつけてしまいましょう!

この機会を是非お見逃しなく!

 

この春トライと一緒に成績アップを目指しませんか?

 

トライには結果を出せる先生、教育プランナーがそろっております。

 

キャンペーン内容の詳細、お申し込みは以下のページから。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

2019年2月26日

《定期テスト対策》

みなさんこんにちは。

京都のトライさんです。


今回のテーマは《定期テスト対策》

学年末テストが直前に迫っています。

テスト勉強の進み具合はいかがでしょうか?

今回のブログではテスト本番までの準備についてお話しします。


①テスト勉強1週間前からはNG

1週間前にテスト範囲が出される学校は多いのではないでしょうか?

部活動が休みになるのも1週間前からだと思います。

しかし!!!

1週間ではせいぜい3科目ほどしか仕上げることは出来ません。

範囲が発表されるのを待つのではなく、テスト3週間前にはどのあたりが範囲になるのか

イメージして準備をはじめる習慣を身に付けていきましょう。


②学習計画表を作ってみよう

余裕をもって勉強を開始したとしても、どの科目にどのくらいの時間をかけるのか

計画が立っていなければ全く意味はありません。

遅れることを想定して余裕を持たせた計画を立ててみましょう。


③学校からの提出物は早めに終わらせること

テスト前の提出物としてテスト範囲分のワークやドリルを出す学校がありますが、

これらはテスト期間にしてほしいことではありません。

提出物を出すことに躍起になって、身にならない勉強をしているという声をよく聞きます。

日々の授業ごとに復習としてワークは利用するようにしてみましょう。


④範囲は3周するのが理想です

3周それぞれの目的は以下の通りです。

*1周目 忘れている分野を思い出す作業

*2周目 1度間違えた問題の解き方確認

*3周目 総仕上げとして最終確認

ここまで完成させた生徒さんは高得点間違いなしです!

勉強が間に合わないという状況に陥らないように準備は念入りにしていきましょう。


勉強のご相談はお近くのトライさんまでお問合せください。

このページのトップに戻る

前のページ

京都府のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら