教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



三重県の皆さんこんにちは。

家庭教師のトライ三重校本部です。

11月も半ばに入り、寒さが厳しくなってきました。

体調には充分気をつけて、これからの季節を乗り切りましょう!


さて、1月半ばにあるセンター試験まであと2ヶ月となりましたが、皆さん対策は進んでいますか?

今回は、この時期何をすべきか、どういったことに気をつければよいかをお伝えします!


〈ポイント① 11月は2次試験対策を中心に!〉

12月にセンター試験対策をすることを考え、11月中はどちらかというと2次試験対策に時間を割きましょう。

ただ、全くセンター対策をしないのではなく、過去問を解いたり、

センター試験独特の出題形式に慣れておくなどの対策は必要です。

早くから少しずつ対策を進めておきましょう。

また、2次試験対策はセンター試験対策にも役に立ちます。

2次試験対策をする→解けなかった問題、分からなかった問題は基礎に戻って復習する

という流れを繰り返すことによって、センター試験での得点力もアップします。


〈ポイント② センターの配点が高い場合はもう少し早めに対策を始めよう〉

志望校によっては、2次試験よりもセンターの点数のほうが配点が高いところもあります。

そういう場合は11月から本格的にセンター対策を始めてもよいでしょう。

ただし、2次試験でも点数を取れないと合格できないことがほとんどなので、忘れずに2字の対策もしましょう。

11月中は半々くらいで対策し、12月はセンター試験対策に集中しましょう。


〈ポイント③ 不得意分野を残さないように〉

センター試験では基本レベルの問題が満遍なく出題されるので、苦手な分野や勉強不足な部分を残さないことが大切です。

センターの過去問を解いていて「ここはちょっと苦手だな…」と感じた部分があれば、忘れずに復習しておきましょう。

また、その分野の2次試験のレベルの問題もチェックしておきましょう。


いかがでしたか?センター試験対策をいつから始めるかは皆さん悩むところだと思いますが、

上記を参考にしつつ、自分の志望校に合わせて対策を進めていきましょう!


また、一人で対策するのは不安、学校では自分の志望校の対策をしていない…という方、

トライでは受験対策コースもご用意しております。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。トライで一緒に合格をつかみましょう!

詳しくはこちら→https://www.trygroup.co.jp/course/high/course1/

無料の学習相談はこちら→https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。

家庭教師のトライ三重校本部です。

11月も半ばに入り、今年もこの時期が近づいてきました。


今年もやります!トライ冬合宿!

~トライ式冬合宿とは~

トライが毎年年末に行っているもので、ご家庭を離れて集中して勉強することで

新たな体験と出会い、お子様自身が成長を実感できる合宿です。

今年はそれぞれ特色のある5つの合宿を開催します。

その中から、今回は3つピックアップしてご紹介します!


〈トライ式勉強合宿〉

毎年恒例となったトライの勉強合宿。勿論今年も開催します!

集団・少人数授業と演習を効果的に組み合わせ、4日間・計30時間の学習で受験へラストスパートをかけましょう!

普段の授業とは違い、同じ目標を持つ仲間と一緒に勉強することで、お互いに切磋琢磨しながら

レベルアップを目指せるのが、合宿の大きな特徴です。

冬休み、家で1人で集中して勉強できるか不安…という人も、良い緊張感を持って集中して取り組むことができます。

また、合宿では本番さながらの実践プレテストを実施。本番を意識して学習することで、受験当日の得点力アップを目指します。


詳しい日程はこちら↓

【三重県 冬合宿】

日程:12/25(火)~12/28(金)〔3泊4日〕

場所:四日市都ホテル

対象:小6、中2~3、高2~3、高卒生


〈年末年始特訓~教室通学コース~〉

個別教室でマンツーマン指導を受けることで、冬休み中に実力を底上げします!

今年は全国85教室で開催!指導以外の時間は自習スペースで自由に勉強できます。

休み中も日々のリズムを崩さず勉強に打ち込みたい!という方にオススメです。


日程:12/30(日)~1/3(木)〔5日間〕

対象:小4~高3、高卒生

開催教室:全国85教室で開催。詳しくはお問い合わせください。


〈医学部・難関大勉強合宿〉

学年や学習状況に合わせて、1人1人に最適なカリキュラムで学習を進めます。

医学部・難関大の合格への道を知り尽くしたトップ講師による指導で、受験へのラストスパートをかけませんか?

また、医学部受験生向けに面接・小論文の対策も行います。

受験への不安を解消し、一緒に合格をつかみましょう!


日程:12/26(水)~12/30(日)〔4泊5日〕

対象:中1~高3・高卒生

場所:グランドプリンスホテル新高輪(東京都)


合計50人限定となっております。ご興味のある方はお早めにお問い合わせください!


その他にも、プログラミング合宿や、年末年始特訓の合宿コースをご用意しております。

ご興味のある方はぜひお早めにお問い合わせください。

この冬、トライの冬合宿で一緒に実力アップを目指しましょう!


詳しくはこちら→ https://www.trygroup.co.jp/winterschool/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校本部です。
11月に入り、期末テストが近づいてきました。皆さん対策はしっかり進んでいますか?
期末テストはこの前の中間に比べて範囲が広くなり、内容も難しくなります。
3学期以降にニガテを残さないためにも、2学期に習った内容をしっかり定着させておきたいですよね。
そこで、今回は期末テスト対策の勉強法について紹介します!


~期末テスト対策のポイント~
〈その1:まず計画を立てよう〉
期末テストは中間テストに比べて範囲が広くなります。そのため、最低でも2週間前から計画を立て、勉強を始めましょう。

大体これくらい・・・ではなく、「今日は数学のワーク 10ページから20ページまで」という風に、その日やることを具体的に決めておきましょう。「英語ばかり勉強して、数学の勉強が全然進んでいない・・・」といった科目ごとの偏りをなくせます。
また、勉強時間で考えるのではなく、「今日はここからここまで絶対にやる」と決めることで、だらだら勉強するのを防止できます。しかも、勉強が終わった後に、今日の目標を達成した!という達成感も味わえます。

テスト勉強中はついついやる気が無くなってしまうこともありますが、小さい目標を毎日達成して、モチベーションを保っていきましょう。


〈その2:中間テストを見直そう〉
期末なのにどうして中間テストを?と思うかもしれません。
期末テストは2学期に習った内容がテスト範囲になるので、中間テストまでに習った内容も復習が必要です。しかし、中間までの範囲の問題集をすべて解き直していると時間が足りなくなってしまいます。
そこで、中間テストを活用しましょう!

テスト問題は、先生が「この部分はしっかり押さえておいてほしい」という問題がコンパクトにまとめられていて、復習するのに最適です。
短い時間で、出やすいポイントに絞って勉強できます。

期末テストで一番時間をかけて対策すべきなのは、中間テスト以降に習った内容です。
中間テストまでの復習に時間をかけすぎることの無いよう、効率よく対策していきましょう。


~科目別期末テスト対策~
どの教科でも、漫然と問題を解くのではなく、「なぜこの答えになるのか」、「なぜこの選択肢は間違っているのか」、「なぜこういう解き方をするのか」を考えながら解くことが大切です。
〈英語〉
まず単語・熟語を暗記しましょう。教科書の文を「英文→日本語訳」の順に1文ずつ音読する練習をすると、単語・熟語・文法を一気に覚えられますし、英文を読むスピードも速くなります。リスニングにも効果があります。
文法は暗記だけでなく、「どうしてそうなるのか」を理解することも大切です。先生に聞いたり、教科書を見直すなどして、分からないところは早目に解消しましょう。

〈数学〉
テスト範囲の問題集を何回も解きましょう。1回目解いたときに分からなかった問題はチェックを付けておき、重点的に見直しましょう。ワークを3回くらい繰り返し解くと解法が身につき、テスト本番に迷うことが減ります。
ただし、その前に基本的な考え方を理解しておくことが大切です。もし分からないところ・納得できないところがある人は、早いうちに先生に質問するなどして解消しておきましょう。

〈国語〉
まず漢字・古典単語・文法問題で点を落とさないよう、しっかり暗記しましょう。
古典は英語と同じく、音読が効果的です。一気に単語と文法・句方などを覚えましょう。
長文読解問題・・・選択肢を選ぶ問題は、その選択肢がきちんと問題文と合致しているかどうかを確認しましょう。記述問題では、答えを書くときに必要な要素を文章中から抜き出し、それを問題に合うように組み直しましょう。そのとき、全体的に1本筋が通るよう、何が言いたいのかを明確にして書くようにすると高得点をねらえます。

〈理科・社会〉
理科は単語を覚えながら、それがどういう意味のものなのか、どうしてそうなるのかに注意して勉強していきましょう。実験内容も忘れず復習しましょう。
社会はワークを何回か解くのが効果的です。1回目で完璧に理解したり暗記したりしようとせず、何回か解いていく中でできるようになればOKです。
歴史は、まず大まかな流れを掴んでから、細かい部分を覚えるようにしましょう。

〈副教科〉
副教科はほぼ暗記科目です。範囲が狭いので、主要5教科ほど時間は掛けなくても大丈夫です。テスト前1週間くらいから、スキマ時間などで集中して勉強しましょう。
後回しにしてしまいがちな副教科ですが、きちんと勉強しておくと高得点をねらえます。
受験で必要な内申点には副教科の成績も関わってくるので、忘れず対策をしておきましょう。

期末テストは範囲が広く、中間テストよりも難しいですが、計画を立ててしっかり対策すれば成績アップも可能です。
是非、早めに対策を始めましょう!

トライでもテスト対策のコースをご用意しています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
無料の学習相談はこちら→https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校本部です。
11月に入りました。
受験生のみなさんは受験までいよいよ数ヶ月、1・2年生の方は期末テストが近付いてきました。
トライではみなさんの勉強をサポートするために、こんなキャンペーンをご用意しました!


定期テスト対策~成績保証制度~
この時期は学校の授業内容が難しくなり、進度も早くなります。
そのため、なかなか成績が上がらなかったり、下がってしまったりすることも多いです。
・自分ひとりでの対策は不安・・・
・分からないところが増えて、どこから勉強したらいいかわからない・・・
そんなあなたにオススメなのが、この「成績保証コース」です。

トライの成績保証コースでは、前回のテストの点数を元に目標点を決め、
トライの教師陣がテスト対策を強力にサポートします。
もし目標が達成できなかった場合でも、無料追加授業のプレゼントがあるので、
テスト後にしっかり復習できます。

内申点や評定にも大きく影響する定期テスト。
まだ受験生じゃないし・・・と思っている方も、この機会に早めの対策を始めましょう!


受験対策~プロの逆転合格コース~

受験生の方、こんなお悩みはありませんか?
「受験まで何をどう勉強したらいいかわからない」
「どうしても伸び悩んでいる科目がある」
「勉強が計画通りに進んでいない、効率の良い勉強方法を知りたい」
そんなあなたにオススメなのが、このプロの逆転合格コースです。

①経験豊富なプロ教師があなたの志望校に合わせて対策します!
②豊富な指導経験を元に、お子様がどこで伸び悩んでいるのかプロ教師が分析!
③受験情報や学校情報を熟知した教育プランナー「トライさん」が、一人ひとりに合わせた学習プランを立ててくれる!

受験までの最短ルートで頑張りたい方、ぜひトライにお任せください。
それぞれの悩みに合わせた完全マンツーマン指導で、一緒に志望校合格を掴みましょう!

ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら→https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校本部です。

10月も終わりに近づいてきました。
そろそろ受験勉強が身についてきた頃でしょうか。
今回は三重県内の私立高校に関する情報・受験対策を紹介します。


暁高等学校
試験日:3年制→1/29(月)
6年制→1/28(日)
選抜方法:3年制→国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)
6年制→国・数・英(リスニング含む)・理・社(各50分)


津田学園高等学校
試験日:学校推薦・特待奨学生選抜→1/20(土)
自己選抜推薦→1/21(日)
一般→1/28(日)
選抜方法:学校推薦→書類審査・小論文(45分)・面接
特待奨学生選抜→書類審査・国・数・英・理・社(各45分50点)・面接
自己選抜推薦→書類審査・国・数・英(各40分50点)
一般→書類審査・国・数・英・理・社(各45分50点)


四日市メリノール学院高等学校
試験日:育成→1/21(日)
推薦・一般→1/30(火)
選抜方法:育成→小論文(60分)・事前面接
推薦・一般→国・数・英(リスニング含む)・理・社(各45分100点)


海星高等学校
試験日:1/26(金)
選抜方法:国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)


鈴鹿高等学校
試験日:推薦・特色選抜→1/20(土)
一般→1/27(土)
選抜方法:推薦・特色選抜→作文・面接
一般→国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)


三重高等学校
試験日:1/29(月)
選抜方法:国・数・英・理・社(各40分100点マークシート方式)


皇學館高等学校
試験日:1/30(火)
選抜方法:国・数・英・理・社(マークシート方式)


上記のように私立高校は各学校によって選抜方法や時間、方式がそれぞれ違います。
自分が受験したい学校の選抜方法を理解し、方法にあった勉強をしましょう。


面接の場合

1. 身だしなみを整える
面接時に一番印象を与えるのは身だしなみです。言いたいことが上手に面接官に伝えられなくても、身だしなみをきちんとして、ハキハキ話すことで面接官によい印象を与えることが出来ます。
話し方や声の大きさ、姿勢、表情など他の細かな点にも意識しながら練習しましょう。

2. 志望動機をしっかり考える
面接で必ずといっていいほど質問されるのが志望動機です。面接官も「この学校に行きたい!」「この学校で学びたい!」と強く望んでいる生徒を入学させたいと考えます。志望動機は自分を最大にアピールするチャンスです。自分の思いをきちんと伝えるためにも志望動機はじっくり時間をかけて考えましょう。
他にも様々な質問がされますが、10秒程度で答えられる内容を考えておきましょう。

面接の一連の流れを把握し、学校の先生や保護者の方と何回か練習するようにしましょう。


小論文の場合
1. 構成
小論文は、序論、本論、結論から成り立ちます。

2. 文末の書き方
小論文では、文末を「~だ」「~である」といった、「だ・である調」で書きましょう。

3. 原稿用紙の使い方
・段落の始めは、1マスあける
・行の最初に、句読点や閉じ括弧を書かない
・1マスに1字ずつ書く
・縦書きの場合、数字は漢数字で書く
上記の4つを意識しながら書きましょう。

4. 理由を述べる
自分の意見とともに、きちんと理由や根拠を述べましょう。高校側は、受験者の思いを強く知りたいと思っています。よって、「なぜ」「どのような」など自分の思いを伝えることを意識しましょう。


高校側はこれらを基準にして採点を行います。また、字数にも十分注意しましょう。
いろんな題で練習をし、しっかりと先生に添削をしてもらいましょう。何度も繰り返し書いて練習することが大切です。

五教科に関しては、自分の行きたい学校の過去問を入手し、何度も解くようにしましょう。そこで毎回解けない問題が自分の苦手な分野なので、もう一度やり方を復習し、完璧に解けるようにしておきましょう。

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校本部です。


10月も終わりに近づいてきました。
そろそろ受験勉強が身についてきた頃でしょうか?

今回は三重県内の私立高校に関する情報・受験対策を紹介します。


暁高等学校
試験日:3年制→1/29(月)
6年制→1/28(日)
選抜方法:3年制→国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)
6年制→国・数・英(リスニング含む)・理・社(各50分)

津田学園高等学校
試験日:学校推薦・特待奨学生選抜→1/20(土)
自己選抜推薦→1/21(日)
一般→1/28(日)
選抜方法:学校推薦→書類審査・小論文(45分)・面接
特待奨学生選抜→書類審査・国・数・英・理・社(各45分50点)・面接
自己選抜推薦→書類審査・国・数・英(各40分50点)
一般→書類審査・国・数・英・理・社(各45分50点)


四日市メリノール学院高等学校
試験日:育成→1/21(日)
推薦・一般→1/30(火)
選抜方法:育成→小論文(60分)・事前面接
推薦・一般→国・数・英(リスニング含む)・理・社(各45分100点)


海星高等学校

試験日:1/26(金)
選抜方法:国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)


鈴鹿高等学校
試験日:推薦・特色選抜→1/20(土)
一般→1/27(土)
選抜方法:推薦・特色選抜→作文・面接
一般→国・数・英・理・社(各45分マークシート方式)


三重高等学校
試験日:1/29(月)
選抜方法:国・数・英・理・社(各40分100点マークシート方式)


皇學館高等学校
試験日:1/30(火)
選抜方法:国・数・英・理・社(マークシート方式)


—————————————————————

上記のように私立高校は各学校によって選抜方法や時間、方式がそれぞれ違います。
自分が受験したい学校の選抜方法を理解し、方法にあった勉強をしましょう。

面接の場合
1. 身だしなみを整える
面接時に一番印象を与えるのは身だしなみです。言いたいことが上手に面接官に伝えられなくても、身だしなみをきちんとして、ハキハキ話すことで面接官によい印象を与えることが出来ます。
話し方や声の大きさ、姿勢、表情など他の細かな点にも意識しながら練習しましょう。

2. 志望動機をしっかり考える
面接で必ずといっていいほど質問されるのが志望動機です。面接官も「この学校に行きたい!」「この学校で学びたい!」と強く望んでいる生徒を入学させたいと考えます。志望動機は自分を最大にアピールするチャンスです。自分の思いをきちんと伝えるためにも志望動機はじっくり時間をかけて考えましょう。
他にも様々な質問がされますが、10秒程度で答えられる内容を考えておきましょう。

面接の一連の流れを把握し、学校の先生や保護者の方と何回か練習するようにしましょう。


小論文の場合
1. 構成
小論文は、序論、本論、結論から成り立ちます。
2. 文末の書き方
小論文では、文末を「~だ」「~である」といった、「だ・である調」で書きましょう。
3. 原稿用紙の使い方
・段落の始めは、1マスあける
・行の最初に、句読点や閉じ括弧を書かない
・1マスに1字ずつ書く
・縦書きの場合、数字は漢数字で書く
上記の4つを意識しながら書きましょう。
4. 理由を述べる
自分の意見とともに、きちんと理由や根拠を述べましょう。高校側は、受験者の思いを強く知りたいと思っています。よって、「なぜ」「どのような」など自分の思いを伝えることを意識しましょう。

高校側はこれらを基準にして採点を行います。また、字数にも十分注意しましょう。
いろんな題で練習をし、しっかりと先生に添削をしてもらいましょう。何度も繰り返し書いて練習することが大切です。


五教科に関しては、自分の行きたい学校の過去問を入手し、何度も解くようにしましょう。そこで毎回解けない問題が自分の苦手な分野なので、もう一度やり方を復習し、完璧に解けるようにしておきましょう。

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校です。
肌寒い季節になってきました。公立高校入試の前期選抜まであと約3カ月、後期選抜まであと約4か月ですね。
皆さん、受験対策は順調でしょうか。
今回は、この時期の高校受験対策についてお伝えします。


【前期選抜】
<小論文>
小論文は、まず形式に添って、主張と理由を明確にして書くことを意識しましょう。
本番を書く前に、大まかな下書きをメモしておくとスムーズに書くことができます。
本論・序論・結論に分けて書いていくと分かりやすいかと思います。
文章の書き方・言い回しや、どんな講成にすればよいか分からない場合は、小論文形式の文章を読むなどして具体例を参考にしてみてください。中学生向けの新書がオススメです。
書き方・小論文で書けそうなネタをインプットしながら、実際に書く練習もしていきましょう。


<面接>
いきなり人前で自分の考えを話そうとしても、緊張したり、焦ったりして、上手に話すことはなかなか難しいかと思います。
この時期から徐々に練習を始めて、慣れておくことが大切です。
事前に自分の考えをまとめて、ゆっくりはっきり話すことから始めましょう。
話している所を他の人に聞いてもらうのも良い練習になります。
慣れてきたら、良くある質問や解答例を見ながら自分なりの答えを考えて、発表する練習をしましょう。


【後期選抜】
入試本番に多くの人が点を落とす部分は、「1年生の前半に習った内容」と「3年生の後半に習った内容」です。

つまり、最初の頃に習った内容と、入試前に受験勉強と同時並行で勉強した内容が抜けていうことが多い、ということです。
この抜け漏れをなくしていくために、定期テストや実力テストを活用しましょう!
定期テストでは今習っている内容を、中学3年間が範囲の実力テストでは1・2年の頃に習った内容をチェックすることができます。間違えた分野や解けたけれどしっかり説明できない部分などを重点的に見直し、必要であれば教科書・ワークを使って復習するとよいでしょう。
入試では1年生から3年生までの内容が幅広く出題されます。不得意分野や覚え忘れがないようにしていきましょう。

入試まであと数ヶ月、だんだん焦ってくる時期ですが、
自分に足りないところ、対策すべき部分をしっかり分析し、やるべきことを明確化しましょう。

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重県本部です。
10月も下旬にさしかかりました。もう本格的な受験シーズンですね。
そろそろ模試が返ってきている人も多いかと思いますが、
せっかく受けた模試、そのままにしていませんか?

・苦手科目の対策に時間を割きたいから・・・
・他の勉強に忙しくて模試の見直しまで手が回らない・・・
と後回しにしている方、もったいないです!
模試は「受験への最後の追い込み」をするのにとても役に立ちます。
具体的な活用方法を見ていきましょう。

【活用法1:志望校との差を確認する】
模試では合格判定結果を見ることができ、志望校との差もわかります。
あと何点足りないのか、どの科目・範囲を伸ばせばよいかがわかるので、
それを元にこれから何をやるか、どうやるかを計画します。

【活用法2:抜け漏れを徹底的になくしていく】
模試を見直してみると、得意な科目・分野の中でも、間違えた問題や
答えは合っていたけれど考え方が間違っていた問題があるかと思います。
そういった知識の抜け漏れを洗い出し、もう一度しっかりと復習しましょう。
難しい応用問題や苦手な範囲を勉強することも大事ですが、これまで勉強してきたことの中でまだしっかり身についていない部分を見直すことも大切です。
受験までに完璧にしておきましょう!

【活用法3:入試本番の練習に使う】
模試は時間が決まっており、本番に近い形で問題を解くことができます。
もし、時間配分が上手くいかなかったな・・・と感じた人は、模試の返却後、
解く順番を見直してみましょう。
見直していく中で、時間があれば出来た問題・時間をかけたけれど解けなかった問題に印をつけておき、解く順番や時間配分をもう1度考えて見ましょう。
また、本番の時間より短い制限時間の中で解くようにすると、入試本番に余裕を持って臨めます。
解く順番・時間配分をよく考え、時間を計り、早く正確に解く練習をすることが大切です。


いかがでしたか?これから受験まで、いろいろとテストや模試を受けることが増えるかと思いますが、他の勉強する時間が減るし面倒・・・などと思わずに、ぜひ有効活用してみてください。

トライでは、受験対策用のコースもご用意しています。
志望校や現在の学習状況に合わせたマンツーマン指導で、受験対策をしっかりサポートします。
トライと一緒に合格を掴みませんか?
ぜひお気軽にお問い合わせください。
無料の学習相談はこちら→https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校本部です。
徐々に肌寒くなってきました。体調管理には充分注意していきましょう。

さて、10月も半ばを過ぎ、定期テストの結果が返ってきている人がほとんどかと思います。
結果はいかがでしたか?
勉強の成果が出た人、満足する結果だった人もいれば、思ったより点数が取れなかった人や、テスト対策に苦戦した人もいるかもしれません。
この時期からは受験シーズン本番となります。今回のテストで間違えたところ・苦手なところは、しっかり見直しをしておきましょう。
また、そろそろ志望校の過去問や、センター対策を始める時期でもあります。
1度過去問を解いてみて出題傾向をつかむことで、ポイントを絞って効率よく勉強できます。

そして今年もやります!トライ式冬合宿!
毎年ご好評いただいているトライ式勉強合宿をこの冬も開催します。
トライ式勉強合宿では、重要単元をしっかり押さえて、入試本番での得点力を養成します。


【三重 冬合宿】

場所:四日市都ホテル
日程:12/25(火)~12/28(金)
対象:小6、中2~3、高2~3、高卒生

トライ式勉強合宿には毎年多くの受験生の方が参加されています。
この合宿で受験へのラストスパートをかけましょう!

ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。
トライ式冬合宿→https://www.trygroup.co.jp/winterschool/

このページのトップに戻る

三重県の皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ三重校です。

今回は「プロの逆転合格コース」と「成績保証コース」についてお伝えします。

【プロの逆転合格コース】
厳選されたプロの教師がよるマンツーマンで指導を行います。
生徒さま一人ひとりの志望校や学習状況に合わせてカリキュラムを作成し、
最短距離での合格を目指します。
・このまま1人で対策していて大丈夫か心配・・・
・学校では自分の志望校の対策をしてくれないので困っている・・・
という方、トライのプロコースで一緒に合格を目指してみませんか?

【成績保証コース】
まだ受験生じゃないし、受験対策はまだ必要ない・・・と考えている人、
受験では内申点も重要な指標となります。
内申点には提出物や生活態度だけでなく、テストの点数も大きく影響します。
受験直前になって間に合わない・・・!ということがないよう、今から対策を始めましょう!

トライの成績保証コースでは、前回のテストを元に目標点を決め、
次回テストでの目標達成を目指します。
お子さま一人ひとりに合わせた指導で、点数アップをサポートします。
もしも目標を達成できなかった場合は無料追加授業をプレゼント。
しっかり復習をして、次のテストへつなげます。

・志望校を受験するのに内申点が足りない
・推薦入試の選抜にもう間に合わない
・・・となる前に、早めに内申点対策を始めましょう!

いかがでしたか?どちらも10/31までのキャンペーンなので、
ご興味のある方はぜひ、お早めにお問い合わせください。
詳しくはこちら→https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

前のページ

三重県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


-->