教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今回は、毎回ご好評をいただいております勉強合宿についてご案内いたします!

受験生の戦いはここから始まる!

トライ春合宿in高崎

<日程>

2018年3月26日(月)~28日(水) 2泊3日

<場所>

メトロポリタン高崎
〒370-0849 群馬県高崎市八島町222

http://takasaki.metropolitan.jp/

<対象>

新中1生~新高3生

国公立大を目指している
いまのままだと受験が不安
何から、どこから受験対策をしたらいいのか分からない
自分で学習計画が立てられない、実行できない
進学したが赤点になってしまう可能性が高い
来年度の内容についていけるか心配
中高一貫校・私立高校に通っている
勉強習慣がついていない

上記の項目に当てはまっていませんか?

当てはまっている皆さん! トライの春合宿をおススメいたします!

トライの春合宿では、新しい学年で良いスタートを切るために、

集団授業・準個別授業・演習指導を組み合わせた3日間の学習を通じて、

いま抱えている苦手を克服し、勉強への自信を付けていただきます。

また、その上でトライのサポートのもと来年度の「年間学習計画」をご自身で作成してもらいます。

・合宿に行ったおかげで、苦手科目を克服できた!

・今まではなかなか集中できなかったが、合宿後から意欲的に学習に取り組めるようになった!

・友達もたくさんできて、楽しかった!

などなど、大変ご好評をいただいておりますトライの勉強合宿。

新学期を目前に控えた春休みを利用して、一緒に新目標達成のための第一歩を踏み出しましょう!

春合宿の詳細はこちら

https://www.trygroup.co.jp/springschool/

春合宿についてより詳しく知りたい方、興味がおありの方は

どうぞお気軽にフリーダイヤル(0120-555-202)までお問い合わせください。

定員が埋まり次第、募集を締め切らせていただきますのでご相談はお早めに!

ご連絡お待ちしております。

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!
授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら
【お問い合わせ先】0120-555-202
通話料無料:全国対応
受付時間:9:00~23:00
土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今年は2月4日(日)が「立春」でした。

「立春」とは暦の上で春が始まる日、春の気配が感じられる頃という意味を持っているそうです。

窓の外では今日も雪が降っているので「春の気配とは…?」と首を傾げたくなりますが…

はやく暦の上だけではなく、肌で春の訪れを感じられる季節になってほしいものです。

さて、今回は、春の新年度生募集とキャンペーンのご案内です!

新年度生募集! 春の入会キャンペーン!


「途中でつまづいて苦手になった教科をそのままにしてしまっている…」

「次の学年に向けて何か準備した方がいいのかな…」

「4月から進学するけれど、これまで勉強のしかたで大丈夫なのだろうか…」

年度末に近づき、新年度を見据え始めるこの時期、

このような気持ちに駆られている方も少なくないのではないでしょうか?

そんな皆さんのためにトライでは、

「2018年春キャンペーン」として以下の3大企画をご用意しました!

その① 2ヶ月分授業料無料!

キャンペーン中にお申込みいただくと、2カ月(60分×8回)分の授業を無料で受けられます!

(※長期入会のご家庭に限る)

その② 入会諸経費無料!

通常必要な入会に関る諸経費が一切無料になります!

その③ 成績保証制度!

大好評の成績保証制度が春キャンペーンでも実施!

新中2・新中3・新高2・新高3のご家庭を対象に、

学年末テストの結果に応じて目標を設定し、成績アップを保証します!

(※中高一貫校にご在籍の場合、新高1の方も対象になります)

トライでは、厳選された講師による完全マンツーマン指導を行っています。

成績を上げることに自信があるからこそ、今回のお得な春のキャンペーンを通じ、

学習に悩んでいる、より多くの皆さんにトライのマンツーマン指導を体験していただきたいと考えています。

新年度の最初でつまづいて取り残されてしまうと、追いつくために大変な努力と時間が必要になります。

来年度までまだ時間のある今このタイミングで正しい学習に取り掛かり、

自分の学習方法」を確立しましょう!

春キャンペーンの詳細はこちら

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

また、キャンペーンについてより詳しく知りたい方、

興味がおありの方はお気軽にフリーダイヤル(0120-555-202)までお問い合わせください!

ご連絡お待ちしております。

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

【お問い合わせ先】0120-555-202

通話料無料:全国対応

受付時間:9:00~23:00

土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

さて、1月中旬からトライの新CM

「おんじチューン/マイトライに行ってみた」編がオンエア中です!

ゼーゼマン(クララのお父さん)とおんじがMyトライコースを紹介するCM、

すでにご覧いただきましたでしょうか?

(まだご覧になっていない方はこちら→家庭教師のトライ 最新CM

今日は、あらためてMyトライコースについてご案内します!

Myトライコースとは?

Myトライコースは、映像授業とコーチと自分でどんどん進められる、トライの新提案です。

特徴① 教室長が一人ひとりオーダーメイドでカリキュラムを作成!

特徴② 実力派講師の分かりやすい映像授業!

特徴③ コーチのサポートでやる気と集中力アップ!

特徴④ 自然と集中して勉強できる空間!

また、トライのマンツーマン指導と組み合わせることで学習効果が飛躍的にアップします!

苦手を徹底的に対策!

マンツーマン指導で苦手の原因を根本から解決し、

Myトライコースの反復学習で学んだ内容を定着させる

得意をさらに伸ばす!

映像授業と演習プリントでどんどん先取りして学習しつつ、

応用力はマンツーマン指導で養う

暗記利用はMyトライコース!

英・数はマンツーマンで理解を深め、

暗記系科目はMyトライコースで演習を重ねて知識を身につける!

もちろんMyトライコースのみの利用でもOKです。

お近くの個別教室のトライで受講できますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください!

Myトライコース 詳しくはこちら

★おまけ★

YouTubeのトライ公式アカウントでは歴代ハイジCMを公開しています!

【YouTube公式アカウント】家庭教師のトライ

見逃しているCMがあるかも…ぜひ合わせてご覧ください

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

【お問い合わせ先】0120-555-202

通話料無料:全国対応

受付時間:9:00~23:00

土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

いま日本中で猛威をふるっているインフルエンザ。

国立感染症研究所によると、2017年第36週(9/10~9/16)からこれまでの

累積の推計受診者数はなんと約837万人にのぼるそうです。

新潟県内でも1/30現在、小・中・高校あわせて141校が学級閉鎖・学年閉鎖等の対応をとっています。

インフルエンザを予防するために

今日は厚生労働省推奨のインフルエンザの予防策をお教えします。

飛沫感染対策としての咳エチケット

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。
したがって、飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。

(1)普段から皆が咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
(2)咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること
**** マスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと
(3)鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てること
(4)手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと

などを守ることを心がけてください。
※特に感染者がマスク等の飛沫感染対策を行うことが重要です!

外出後の手洗い等
流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効です。
また、インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、
妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、
ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用しましょう。


詳しくは、平成 29 年度インフルエンザ Q&A (厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
でご確認ください。

特に受験生の方々は、受験直前のタイミングでインフルエンザにかかってしまうと
これまでの努力が台無しになってしまう可能性があります。
それぞれ出来うる限りの対策をとり、体調を崩さないよう十分注意しましょう!

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!
授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら
【お問い合わせ先】0120-555-202
通話料無料:全国対応
受付時間:9:00~23:00
土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは。家庭教師のトライ新潟校です。

さて、先週末は平成30年度大学入試センター試験が実施されました。

試験の2日前から、近年まれにみる猛烈な寒波の到来で記録的大雪に見舞われた新潟県。

試験当日は、その影響で試験時間の繰り下げが行われる会場も出ました。

受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

手ごたえはいかがでしたでしょうか?

1月17日、大学入試センターよりセンター試験平均点等一覧(中間発表)が発表されました。
(大学入試センターHP→http://www.dnc.ac.jp/center/index.html
試験が終わりほっと一息ついている方もいるかと思いますが、
半月後には私立入試が、そして1ヶ月後には国公立前期試験が始まります。
自己採点を行って自分の点数をしっかり把握し、
これらのデータと比較をして出願する学校を見極めましょう。

国公立志望?私立志望? 出願のポイント

国公立志望なのか、私立志望なのかで出願の仕方は大きく変わってきます。

国公立志望の方は、センター試験と2次試験の割合、
これまで受けてきた模試の結果をしっかり見極めて出願しましょう。
また、私立大学の出願は滑り止め1~2校、実力に見合った大学1~2校、挑戦校1校など、
レベルに差をつけてみるのが良いでしょう。

もしセンター試験で思うように点数がとれていなかったとしても、
センター試験の比率が低い大学の場合、2次試験での挽回が十分可能です!
ただし、大学によってはセンター試験で十分な得点が取れていないと
足切り(出願した時点で不合格)されてしまうところも…出願の際は注意が必要です。

私立志望の方は滑り止め1~2校と自分の希望する大学をどんどん受けてみましょう!
全学部募集という方法もあるので要チェックです。
またセンター試験後にセンター利用を出願できる大学もあるので
自己採点の結果次第で出してみるのも一つの手です。

受験はこれからが本番です!
大雪が降ったり突然暖かくなったりと、日々の寒暖差に体調を崩す生徒さんが増えてきています。
体調に気をつけて、万全の態勢で受験を乗り越えていきましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今回は、新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<社会編>をお教えします!

※入試の日程などは当ブログの過去の記事

「新潟県 平成30年度新潟県立高校入試について」

http://blog.trygroup.co.jp/niigata/2017/10/991)をご覧ください。

新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<社会編>

<過去の平均点>

平成29年度 平均点 52.9点

平成28年度 平均点 53.8点

<昨年度の試験から見た傾向>

選択問題の配点が52%、記述問題の配点が28%。

大問は地理2・歴史2・公民1の計5題で、昨年から1題減少

<対策>

[1][2]地理分野
地理的な特色を理解するとともに、地図や統計等の資料を用いて、地理的事象を考察する力を養うことが必要!
また、歴史的分野との関連を図った設問も出題されている。

[3][4]歴史分野
例年、歴史の並べ替え問題が出題されるため、時系列は確実に把握しよう!
地理的要素、公民的要素を含む設問が出題されている。

[4][5]公民分野
歴史的要素や時事的な内容を含む設問が出題されている。
とくに時事的な題材は、そこから社会的事象を理解・考察する力が問われる!

重要語句の暗記だけにとどまらず、
資料を読み取る問題や記述問題にも積極的に取り組もう!
地理的分野および歴史的分野の基礎のうえに公民的分野を展開していく、
各分野を融合させた学習をすすめるようにしたい!


トライ式!新潟県公立高校入試 逆転合格のポイント! まとめ

高校入試に限らず、何か試験を受ける時には、その問題を作成した出題者が
何を意図しているのか」「どんな力を求めているのか」を知ることが大変重要です。
(求めている力を持っている人を探すために試験を課すんですから!)

新潟県高等教育課が記した平成29年度の学力検査の概況を見ると、

・基礎的な事項の理解力
・題意を正確に読み取る力
・事象を考察する力
・論理的に思考し、表現する力

といった力が(表現は多少異なるものの)5教科すべてで求められています。

国語・数学・社会・理科・英語…教科は違っても、求められている力は一緒です。
いま解いている問題が、自分自身のどの力を鍛えてくれているのかを意識してみると、
問題の見え方も変わってくるかもしれません。

ぜひ今回お教えしたトライ式逆転合格のポイントを参考に、
志望校合格に向けて悔いの残らないよう、学習に取り組んでください!

受験までの学習スケジュールについてご不安がある方は
教育プランナーがアドバイスをさせていただきますのでお気軽にご相談ください

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!
授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら
【お問い合わせ先】0120-555-202
通話料無料:全国対応
受付時間:9:00~23:00
土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今回は、新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<理科編>をお教えします!

※入試の日程などは当ブログの過去の記事

「新潟県 平成30年度新潟県立高校入試について」

http://blog.trygroup.co.jp/niigata/2017/10/991)をご覧ください。

新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<理科編>

<過去の平均点>
平成29年度 平均点 48.6点
平成28年度 平均点 54.1点

<昨年度の試験から見た傾向>
大問7題の構成で昨年から1題減少。
大問[1]が融合問題となった。
計算問題が9問、記述問題が6問と出題率・配点が高い。
とくに記述問題は指定語句がある問題が多いのも特徴。

<対策>
[1]小問集合
[3]生物分野
[6]地学分野

選択問題が多く、基本事項をしっかり理解しているかが重要になります。
すべての単元をもれなく学習しておこう!

[2][4]化学分野
化学式・化学反応式の暗記は必須。
計算問題も多い分野なので、その得点力で差がつきます!

[5][7]物理分野
知識を活用する力が求められます。
用語や公式を暗記するだけでなく、実験結果を科学的に考察し、判断する力が必要です!

一問一答形式の問題演習だけでは歯が立ちません!
文章量の多い問題の演習を増やし、記述問題に備えて表現力を身につけよう!


次回は<社会編>です!

*****
新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!
授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら
【お問い合わせ先】0120-555-202
通話料無料:全国対応
受付時間:9:00~23:00
土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今回は、新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<国語編>をお教えします!

※入試の日程などは当ブログの過去の記事

「新潟県 平成30年度新潟県立高校入試について」

http://blog.trygroup.co.jp/niigata/2017/10/991)をご覧ください。

新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<国語編>

<過去の平均点>

平成29年度 平均点 55.5点

平成28年度 平均点 54.6点

<昨年度の試験から見た傾向>

漢字問題の配点は全体の20%、

記述問題の配点は全体の32%。

大問4題の構成で、例年から大きな変更はみられない。

難度が高く、字数の多い記述問題が複数出題されるのが特徴。

<対策>

[1]漢字

漢字では「得点」ではなく、「失点」により差をつけられてしまう。

配点も全体の20%にあたるので、失点を最小限に食い止める対策が必要!

[2]随筆文

昨年は選択問題でしたが正答率が低かった随筆文。

品詞、とくに口語文法の動詞に関する理解を深めておきましょう。

[3]古文

昨年は文章量は少なくなりましたが、記述問題が難化し、大きく正答率を下げました。

和歌の修辞技巧を踏まえた学習をする必要があります。

[4]論説文

昨年は記述問題の正答率が大きく下がっています。

制限字数内にまとめられる表現力を養うとともに、丁寧に取り組めるよう時間配分に注意しよう!

ライバルに差をつけるのは古典・記述問題の得点力と時間配分!

時間を区切りながら過去問に取り組み、知識だけでなくペース配分も身につけよう。

次回は<理科編>です!

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

【お問い合わせ先】0120-555-202

通話料無料:全国対応

受付時間:9:00~23:00

土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

今回は、新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<数学編>をお教えします!

※入試の日程などは当ブログの過去の記事

「新潟県 平成30年度新潟県立高校入試について」

http://blog.trygroup.co.jp/niigata/2017/10/991)をご覧ください。

新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<数学編>

<過去の平均点>

平成29年度 平均点 49.7点

平成28年度 平均点 51.7点

<昨年度の試験から見た傾向>

大問6題の構成。

そのうち、大問[1]、大問[2]、大問[3]~[6]の(1)で全体の60%の配点!

大問[3]以降は難問が多いが、始めの(1)は正答率が高い問題が配置されている。

また、全体の約30%は記述式で出題された。

<対策>

[1][2]小問集合

貴重な得点源。過去問で基本を押さえ、ミスなく解けるようにしておくこと!

[3][4]平面図形・関数

いずれも中3の9月以降に学習した単元からの出題であるため、学習不足になりやすい。

冬休みの間に問題演習をかさね、習熟度アップを図ろう!

[5]数の規則性

具体例で考えたことを一般化し、文字式を用いて記述し説明する力をつけておこう!

[6]空間図形

ほとんどの中学校ではまだ学習していない単元のため、過去問演習が直前になりがち。

難関校ほど、この分野の得点力で差が付いてしまうため、先取り学習を進め、十分に対策する時間を確保したい!

基本問題のみで全体の60%の配点。

そこを押さえるだけでも平均点を10点も上回ります!

次回は<国語編>です!

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

【お問い合わせ先】0120-555-202

通話料無料:全国対応

受付時間:9:00~23:00

土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ新潟校です。

新潟県公立高校の入試(1日目の学力検査)まであと何日?

あと90日を切りました。以下が平成30年度の日程です。

出願:平成30年2月19日(月)~2月21日(水)

志願変更:平成30年2月26日(月)~2月28日(水)

学力検査:平成30年3月7日(水)

学校独自検査:平成30年3月8日(木)

合格発表:平成30年3月14日(水)

※学校独自検査を実施しない学校もあります。

ずっと先の話だと思っていた受験も、いよいよ目前に迫ってきました。

しかし焦りは禁物です。あらためて気を引き締め、ひとつひとつ着実に、足元を固めていきましょう!

*****

さて、今回は、新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<英語編>をお教えします!

どこから手を付けたらいいのか分からない!

いま自分が取り組んでいる勉強方法は合っているの?

そんな悩みをお持ちの皆さんの手助けになれば幸いです。

新潟県公立高校入試の逆転合格のポイント<英語編>

<過去の平均点>

平成29年度 平均点 55.5点

平成28年度 平均点 54.6点

<昨年度の試験から見た傾向>

リスニングの配点高い! 記述が多いのも特徴!

英作文は、イラストが表す状況を説明する問題に変更。

条件も「3行以内」から「4行以内」へと変わり、書かせる量が増加。

自由度も、難易度も高い!

<対策>

[1]リスニング

配点が大きいため、対策は必須!

耳を英語に慣れさせなければなりませんが、一定時間が必要です。

入試直前の対策で伸ばすのは難しいと心得て、遅くとも12月には対策を始めよう!

[2]対話文

動詞の語形変化や会話表現をしっかり押さえておくこと!

会話の流れを追いながら英文を読み進める練習を。

[3]英作文

状況の解釈が受験生に任されているため、自由度が高く、昨年度は正答率が大きく下がりました。

基本的な英文を覚えるだけでなく、動詞の時制に注意して英文を書くことを心掛けた学習をしよう!

[4]長文読解

限られた時間の中で、英文の要点を正確に読み取るために、全てを日本語に訳そうとはしないこと。

全体をイメージしながら読み進められるような練習をしよう!

伝えたい情報や自分の考えなどが相手に伝わるように、

話したり書いたりできる力が求められる。

英文を「読む」、英語を「聞く」、とにかく英語に触れる時間を毎日つくろう!

次回は<数学編>です!

*****

新潟県 家庭教師のトライでは、学生皆さんの将来を全力でサポートしていきます!

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

【お問い合わせ先】0120-555-202

通話料無料:全国対応

受付時間:9:00~23:00

土日・祝日も受付しております。

このページのトップに戻る

前のページ

新潟県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT