教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

今回は医学部受験についてご紹介させていただきます。

岡山県で医学部を設置している大学には岡山大学川崎医科大学がございます。

岡山県内の大学に限らず、みなさん医学部受験は難しいというイメージがあると思います。

難関と言われる医学部受験に向け、どのような対策をとっていけばよいのか、

トライでの指導における医学部受験のポイントを説明いたします。

まず医学部を目指すに当たって勉強方法についてですが

医学部受験合格のためには、

”わかる”だけではだめで、”できる”ようにならなければいけません。

そのためには自分で何度も演習し、演習力を高める必要があります。

これは医学部を受ける生徒だけでなくすべてに当てはまりますが、特に必要な力です。

トライ式学習法には家庭教師、個別教室どちらも指導の中に演習の形も取り入れています。

理解していくことも大切ですが、問題演習と暗記に時間の9割を使い、

問題集を自力ですらすら解けるようにすることをまずは目標にしましょう。

医学部受験においては、暗記力を高めてとにかく覚えていく、見たことのある問題は

自力ですらすら解けるように何度も問題演習を繰り返すことが何より大切です。

暗記が苦手な方も多いと思います。普段から暗記のトレーニングを積むことで

暗記力も鍛えられていきます。

こちらはまずやり方や覚え方が身についてないとどうしようもありません。

トライの専属の教師が逐一指示を出していきます。

また、担任制度がありお子様と教師と担任3人で学習を進めていきます。

基礎力がついていないのに焦ってしまうお子様も見かけます。

難しい問題集や予備校の講義に時間を使ってしまうと思うように勉強が進みません。

まずは基礎から自分がどこが苦手でどこができるのか理解していく必要があります

ここはまず教師に客観的に見させてもらい、理解していきます。

これはマンツーマンの指導でしかできないことです。

また志望する医学部の過去問は最低3年分、できるだけ5年分は演習し、

演習が終わったものは何度も繰り替えし解いて自力で解ける状態にしてください

志望校の傾向をつかむことができますし、実際類似問題が多く過去問から出題されます。

決して過去問を一度もやっていないで本番を迎えるなんてことのないようにしましょう。

過去問を徹底的にやりこむことが大切です。

まだまだお伝えさせて頂きたいことがたくさんあります。

医学部専門のコースのご用意もございます。

岡山大学や川崎医科大学に限らず、医学部に向けて詳しい情報をご希望の方は、

ぜひご相談ください。

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

前回に引き続き、定期テスト対策のコツについてご紹介します。

今回は国語と理科と社会です。

<国語>

国語の勉強方法が分からないという方は多いと思います。

この機会にぜひ勉強のポイントを押さえてください!

国語といえば読解問題ですが、

その中でも説明的文章と文学的文章の2タイプがあります。

それぞれ読解のポイントを挙げていきます。

①説明的文章

問題の答え、筆者の主張は必ず文章中に書いてあります。

言葉は違っても、根拠となる文があります。

まずは、段落ごとに要約(最も大事な主張は何かを自分の言葉でまとめる)の練習を

してみましょう。

一気に本文を読み進めるよりは、段落ごとに理解してから読み進める方が、

問題も解きやすくなります。

また、本文中で筆者の主張が明確に表れている文や、その反対意見を述べている文など、

読解のキーポイントになる部分に線を引くと、より分かりやすくなります。

②文学部文章

説明的文章とは異なり、本文中に明確な答えが書き表されているわけではありません。

文学的文章では、よく登場人物の心情を問う問題が出題されますが、

そのときは、その心情を引き起こした行動や発言に線を引いてみましょう。

また、場面や情景が大きく変化する箇所は、人物の心情も変化しやすいことを

知っておきましょう。

読解には想像力が大切になりますが、それだけに頼っていては文意からそれてしまいます。

読解問題を苦手とする人は、コツがつかめていないだけです。ぜひ参考にしてみてください!

<理科>

中学校理化の内容はとても幅広いので、1つの決まった勉強法がありません。

ですが、効率的な学習法はありますのでご紹介します。

①実験を通して学ぶ

授業でも実験や観察を行うと思います。理科では実際に自分の目で確かめることが、

スムーズな理解につながりますので、授業で行う実験はテスト対策の一部だと考えてください。

その実験で何を学んでいるのか、なぜその結果になるのかを確認してみてください。

後の問題演習にきっと役に立ちます。

②重要なキーワード、名称などを覚える

「暗記しましょう」と一言で言ってしまえば終わりなのですが、

眺めているだけで完璧に覚えられる人はそうそういません。

図を描きながら、覚えるべき表をまとめながら、覚えていきましょう。

視覚的に覚えていくというのも1つの手段です。

③問題演習

覚えたことを発揮し、知識を利用して解答していく力を身につけましょう。

解答を参照してもいまいち分からないというときには、ぜひ資料集を活用してください。

細かい部分まで対応できるようになります。

中学校の理科はいかに上手く覚えていけるかがカギです。

授業のペースに沿って、遅れを取らないように勉強を進めていきましょう!

<社会>

最後に社会の勉強法をお伝えします!

学年によって学習内容はバラバラですが、中学校社会は大きく3つの単元に分かれています。

地理・歴史・公民です。では3つの単元の勉強法をそれぞれご紹介します。

①地理

地形図やグラフの読み取りは、苦手に感じる人も多いと思います。

しかし、正確に読み取る力はどの教科にも通じる部分がありますので、

練習を積んで慣れるようにしましょう。

また、世界各地や日本地域の産業や工場を覚えるのも大変です。

覚えるための工夫として、その地域の気候や文化などの特徴をからめて覚えることです。

そうすれば印象づけながら覚えていくことができます!

②歴史

年表には代表的な出来事が示されていますが、それを機械的に暗記しただけでは不十分です。

時代別に勉強すればいいというものでもありません。

歴史は連続していますから、1つの出来事に注目する際も、

なぜその出来事につながったのか、さかのぼって確認することが大切です。

流れをつかみながらストーリーとして勉強していきましょう。

③公民

公民は暗記すべきキーワードが多い分野です。またグラフや表の統計の読み取りも大切です。

政治分野や国際情勢など、なかなか実感が湧きにくい内容もあるかとは思いますが、

公民を勉強する上で、資料集はぜひ活用してほしいと思います。

図を利用して覚えることや、トピックに書かれている内容に目を通すことをオススメします。

普段から新聞やニュースに目を向けることも大切ですから、意識してみてください。

前回と2回に分けて5教科の勉強法についてお伝えして参りました。

勉強法が分からないという方をはじめ成績が伸び悩んでいる方など、

まずは少しでも実践してみてください。

定期テストを活用して、着実に実力アップを狙いましょう!

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

もうすぐ定期テストが始まります。

特に中学生のみなさんは1年生から3年間全ての

内申点が高校入試に関わってきますので、対策を必ず行いましょう。

そこで今回は、英語と数学の定期テスト対策のコツについてご紹介します。

<英語>

①基本事項の確認

英語は基本の土台がしっかりしていなければ成績アップにつながりにくい科目です。

まずは教科書や自分が持っている教科書や自分が持っている参考書の例文を確認しましょう。

②文法演習

次は学校で配られたプリントや練習問題などを使って練習を積んでいきます。

得意分野なら、レベルに合わせて発展問題に挑戦してみましょう。

間違えてしまったときも、必ず基本事項に戻って再確認しましょう。

③音読

中学校英語の勉強において、音読はとても大切です。

教科書の本文を覚えてしまうくらい、音読を何回も繰り返しましょう

その単元で学習するポイントも自然に吸収され、リスニング対策としても

大きな効果があります。

時間があるときや休憩などに、ぜひ音読を取り入れてみましょう!

3年生のみなさんの中には、高校受験を控えている方もいらっしゃるかと思います。

定期テストでは確実に結果を残したい!と考えている方は、

定期テストに沿って長文演習もオススメします。

この時期から長文に慣れていれば、入試シーズンに入ってから焦る必要はなくなります。

時間のある土日を利用してみましょう。

<数学>

続いて数学の定期テスト対策のコツについてご紹介します!

中学1年生のみなさんは、算数から数学という科目名に変わって、

まだ実感がわかない方もおられるかもしれません。

1年生で学ぶ内容は、今後数学を学んでいく中で大切な土台となります。

始めからきちんとした勉強方法を身につければ難しいと感じることなく勉強を進めていけます。

2・3年生の方も、今からでも遅くありません!ぜひ参考にしてください!

①計算問題

方程式の問題や、計算が必要になる問題を解くとき、

計算式(筆算も含む)を消さないようにしましょう。

間違った部分を見直し、本当に単なる計算間違いだったのか、

実は考え方が違っていたのか原因をはっきりさせましょう。

間違いを放っておかない習慣を身につけることは一番大切です。

②図形問題

図形問題は演習を積み、ある程度パターンを頭に入れる必要があります。

問題を見た時に、どの定理を使えばよいのか思いつけるかどうかがカギになります。

得意不得意が分かれる分野かもしれませんが、覚えるべき定理は限られていますので、

問題に慣れれば難しくありません。

③証明問題

どの単元においても、解答のプロセスを示せという問題に出会うと思います。

関数の問題も同様に解答の流れが大切です。

そのような問題を解くにあたって、また減点されない解答作りをするにあたって、

「言葉を入れる」ことが大切です。

式だけを書いても、自分は分かりますが採点者の人は分かってくれません。

「~だから」や「~という公式より」などといった言葉を入れましょう。

この練習は高校数学にも役立ちますし、解きながら頭の中を整理できます。

今回は、英語と数学のポイントを大きく3つに分けてお伝えしましたが、

これから学習内容が進んでいくとともに、もう少し細かな話ができればと思います。

次回は、「定期テストのコツ! ~国理社編~」です!

お楽しみに!

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

最近はかなり気温も高くなってきました。

あっという間に「夏」がやってきます!

夏といえばトライの夏合宿もちろん今年も開催されます。

今回は、毎年大変ご好評いただいている「トライ式夏合宿」の詳細が決定しましたので、

ご紹介いたします。

「夏の勉強合宿」

集団授業、少人数授業、演習を織り交ぜた特別な合宿です。

今年から希望者にはマンツーマンの指導を行うこともできます。

毎年本当にたくさんの生徒さんにご参加いただき、

充実した時間を過ごしていただいています!

‐夏の勉強合宿‐

日程:8月15~19日(4泊5日)

対象:小学5年生~高校3年生・既卒生

場所:ホテルグランヴィア岡山

費用:140,000円+テキスト代(小・中2,500円、高3,500円)(税別)

※非会員は10%UP、交通費別途

オプション:個別演習時にプロ指導コース[4日間40,000円、2日間25,000円(税込)]

この勉強合宿でお子さまの成長を実感してみませんか?

苦手を克服したい!周りの子と差をつけたい!充実した夏休みにしたい!

トライの夏合宿は普段の夏とは違う夏を過ごしたい方、大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライです。

今日はよくみなさんからご質問をいただく

「学習習慣はどうやったら付くのか?」ついて回答したいと思います。

習慣について、よく言われるのが「21日続けば習慣化する」というものです。

ある形成外科医が1960年に書いた著書に端を発した説のようですが、科学的根拠には欠けるようです。

一方で、ロンドン大学は、96名の学生を対象に実験をし、

習慣化する必要な日数は「平均66日」という結果を出しています。

個人差が大きいようですが、習慣化するには1~2カ月はかかるようです。

一定の期間、頑張ってやることも大切ですが、

やる気を維持する上で非常に重要なのが、目標を細かく刻み、小さな目標を毎日達成していくことです。

例えば、

21日かけて50ページ解く! という目標を達成するのは骨が折れますが、

毎日3ページやる! という目標なら比較的楽に達成できます。

小さな達成感を感じ続けることが継続する上での重要なポイントになります。

そして、もう一つ大事なことは、

3ページちゃんとやれたら、自分を褒めてあげることです。

脳科学によると、この承認こそがやる気の源となっているそうです。

小さな成功と承認を繰り返すことで、やる気が上がり続ける好循環が生まれます。

ぜひ試してみてください。

ちなみに、マンツーマン指導であれば、日ごとの宿題を先生が設定するため、

計画が立てられない生徒でも安心できます。

また、達成する度に先生が褒めてくれるので、多くの生徒がやる気が上がります

お悩みなことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライです。

本日は、岡山県のプロ家庭教師の案内をさせていただきます!

岡山県には多くのプロ教師がいますが、プロ教師には何ができるのかを説明します!

プロ教師は、

難関校を目指す生徒と、勉強が苦手な生徒にぴったりです。

難関校を目指す生徒は、ほとんどの単元が得意なため、少しだけ苦手な単元を

自分自身では見つけられない傾向があります。

100点を取れない原因を、自力で見つけることは難しいのです。

プロの先生は、生徒の少し苦手な単元を即座に発見し、必要な指導をしていくことで、

100点に導くことができます。

勉強が苦手な生徒は、ほとんどの単元がわからないので、わかりやすく丁寧な指導が必要です。

当然、プロ教師は、わかりやすい指導ができますが、

生徒の意識を変え、勉強に取り組ませることも得意としています。

褒め方や、学習習慣の作り方のプロでもありますので、

プロ教師を付けた多くの生徒がやる気を上げ、机に向かう時間が長くなります。

プロ教師は、3か月から半年で結果に繋げ、志望校合格をサポートします。

指導が的確なので、短い指導時間で効果が現れます。

苦手な単元、テストに頻出の単元など的を絞って対策することで、最短距離で得点に繋げます。

4月中であれば、テスト対策のみのお試しプランも用意しています。

ぜひご検討ください。

ご質問や入会のご希望は、お問い合わせフォームよりお願いします。

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

本日は、セミナーのご案内をいたします。

4月22日に高校受験セミナーを開催しますが、詳細は以下の通りです。

【開催日時】

2017年4月22日(日)14時~15時半

【内容】

・県立高校の入試傾向

・2020年教育改革

・大学受験のために必要な準備

についてお話します。

完全予約制、定員15組となっておりますので、

お申込み、ご質問はお問い合わせフォームより、お願いします。

ぜひお子様とご一緒にご参加ください!

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

本日は、春休みの過ごし方について

新高1のみなさんにお伝えしたいことがあります。

新高1のみなさんの多くは、進路が決まり、ようやく息抜きができている頃と思います。

高校受験本当にお疲れ様でした。

息抜きもとっても大事ですが、実は、この春休みに中学生の復習をしておくことも、

とても重要です。

なぜなら、

高校の成績は、入学して最初の成績でほぼ決まってしまうからです。

極端に聞こえるかもしれませんが、以下のようなデータがあります。



中学生の時だと、部活が終わってから、入試までにぐんぐん成績が上がる生徒が多いですが、

高校では、そのようなことがほぼ起こらないということが上の表からわかります。

高校入学後の学力は以下のように推移します。



高校に入ると、成績が下がる生徒も、上がる生徒もあまりいなくなります。

その理由は、科目の多さにあります



なんと、中学生のとき5教科7科目だった科目数が、5教科32科目にまで増えます。

せっかく受験が終わった皆さんには大いに休んでいただきたいのですが、

今から少しずつ復習の時間を取り、最初のテストでいい点を取ることが重要ということを

知っておいていただきたいのです。

最初のテストでいい点を取れば、その後も上位をキープできる可能性が高いです。

入学最初のテストで良い点を取ることが重要です。

高校受験が終わっても夏頃まで学習のペースが崩れないよう、

家庭教師、個別指導塾を続けてくださるご家庭が多いです。

他の学年のみなさんも、前学年までの内容に不安が残っておられましたら、

「一次関数だけ」「三角関数だけ」「英文法だけ」というご依頼でも構いませんので、

トライまでご相談ください。

皆さまからのお問合せお待ちしております。

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

高校入試の傾向と対策、2回目の今日は国語・社会・理科です。

【国語の傾向と対策】

岡山県の国語は、論説文・小説・古典とバランス良く出題されていますが、

今年の問題をみると大きな特徴が2つあります。

小論文が出題される

毎年、80字程度で自分の意見を書く小論文が出題されています。

人に説明するのが苦手な方は、専用の対策をとっておかなければなりません。

②今年度は古典で漢詩が出題された

近年は毎年古文からの出題でしたが、4年ぶりに漢文からの出題となりました。

古文にしても漢文にしても、頻出の古典知識は限られています。

中学生の範囲では、十訓抄、徒然草、韓非子をはじめとして、

十数作品の中からしか出題されませんので、それらの対策をしっかりと行っておきましょう。

【社会の傾向と対策】

世界地理・日本地理・日本史・公民と幅広い範囲から出題されます。

出題範囲は一定しておらず、広い範囲からの出題になっているため、

中学3年間で学習する全範囲の復習が必要です。

直前だと間に合わないため、早めに対策を始める必要があります。

①    1問1答ではなく、短文記述が多く出題されます。

重要語句の暗記はもちろんですが、

なぜそうなるのかという理由の説明ができなければいけません。

②    表やグラフを読み取る問題が出題されます。

公民、地理において、グラフの数値を読み取る問題が出題されます。

正確に読み取ることで確実に得点できるので、落とさないように練習しておきましょう。

【理科の傾向と対策】

特徴は、実験からの出題が多いことです。

実験結果のグラフを読み取り、そこから答えを導く問題が多いため、

グラフを使った問題を多く解いておきましょう。

教科書に出てくる実験は、手順・結果・理由は正確に覚えておきましょう。

今年度も、昨年度に続いて1・2分野融合問題が出題されました。

毎年出題されていた、イオン・生殖と遺伝からの出題がなく、

物質の変化・動物の種類などから出題されました。

基本的な問題が多いため、教科書レベルの問題を解きこむことで点数につながります。

国語、理科にはある程度傾向が読み取れます。

定期テストと違って試験範囲の全てを学習する必要はありませんので、

これからは、必要な箇所だけピンポイントで学習していきましょう。

社会は、全範囲を理解する必要があります。コツコツ積み重ねていきましょう。

トライでは、マンツーマン指導により、苦手な箇所だけ、

入試に出る範囲だけ絞って学習することが可能です。

家庭教師の学習プランナー、個別教室の教室長は、高い分析力を持っていますので、

今のやり方にご心配があれば、気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップに戻る

岡山県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ岡山校です。

今日は、2017年3月9日に行われた2017年岡山県公立高校入試

問題傾向とその対策について書きます。

1回目の今日は、英語と数学についてです。

【英語の出題傾向】

岡山県の特徴は2つです。

試験時間45分のうち、約8分弱がリスニングに使われる

以前にも書きましたが(http://blog.trygroup.co.jp/okayama/2017/03/1201)、

岡山県のリスニングは非常に特徴的です。

対策なくしては、大部分の点数を失ってしまいます。

また、リスニング以外は全て読解問題です。

約35分で残り4題の文章を読んで回答しなければなりません

問題を解くのが遅い生徒は、問題を最後まで解くことすら難しい分量の問題なので、

長文を効率的に読む方法を学んでおかなければなりません。

由英作文が出題される

毎年、『あなたが登場人物になったつもりで、□に○語以上の英語を書きなさい』

という問題が出題されます。特に、今年はこの問題が3問も出題されました。

前年は1問しか出題されていないので、来年もこのような問題が増えるのではないかと

予想されます。英作文は学校では細かくみてくれないことが多いので、

学校以外での訓練が必要な箇所かもしれません。

今年度の入試問題を見ると、出題形式は昨年までと変わりませんが、

大問5の長文が長くなり、さらに一文も長くなっています。

昨年と比較すると、和訳が難しい文章が多くなっています。

2020年の教育改革に向け、英語の難化は加速すると考えられます。

【英語の対策】

以上のように、岡山県の入試は、リスニングと長文がポイントです。

リスニングの対策をほぼしないまま本番に臨む方は多いですが、

非常にもったいないので、きちんと聞きとるコツを教わってから本番に臨みましょう。

長文は、初見の問題をたくさん解いておく必要があります。

本人にあった教材を使って、訓練を積んでおきましょう。

【数学の出題傾向】

小問集合・連立方程式・関数・図形が出題されるなど、

内容も昨年までと大きくは変わりませんでしたが、

大問4で高校で学習する内容に近しい問題が出題されました。

ほぼ毎年必ず出題されるのが、

図形(合同か相似の証明問題)連立方程式関数です。

特に図形の問題は、文章が難しく、ひねった問われ方をしていることが多いので、

何が問われているのかを見抜く読解力が必要になります。

文章を整理することができれば、基本的な知識でしっかりと解答できます。

大問2以下の文章題が、文章が長く分かりにくいため、解くのに時間がかかります。

大問1の計算問題を早く正確に解き、文章問題にできるだけたくさん時間を

残しておくことが大切です。まずは十分な基礎力を固めることが必要です。

【数学の対策】

1つ目は、文章題に慣れることです。難しい文章題に素早く解答する力が必要になります。

基礎を固めた上で、応用問題を多くこなし、文章に慣れておくようにしましょう。

2つ目は、証明を完璧にしておくことです。ほぼ毎年出てきますので、

証明を完璧にしておくだけで、全体の10%弱得点できる可能性が高いです。

入試対策にご不安があれば、ぜひトライにご連絡ください!

苦手はどんどん広がっていきます。

苦手が広がる前に対策をしておけば、少ない量の指導で苦手を失くすことができます。

ぜひお早めのご連絡をお願いします!

このページのトップに戻る

前のページ

岡山県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT