教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



いよいよ県立高校入試が本格的に始まります。

第一弾として、推薦入試が行われますが、その志願倍率が発表されました。

普通科の高校の倍率が高く、商業・工業系の高校の倍率は低い傾向にあります。

以下、倍率が1倍をこえる高校を記載します。

北山高校普通科 1.05倍

北山高校理数科 1.50倍

名護高校普通科 2.03倍

名護高校フロンティア科 1.88倍

前原高校普通科文理コース 1.03倍

前原高校普通科英語コース 1.13倍

具志川高校普通科 2.20倍

コザ高校普通科 1.88倍

球陽高校理数科 2.29倍

球陽高校国際英語科 1.33倍

普天間高校 2.44倍

宜野湾高校普通科 1.06倍

西原高校普通科健康科学コース 1.20倍

西原高校普通科特別進学コース 1.10倍

浦添高校 1.58倍

那覇国際高校普通科 2.40倍

那覇国際高校国際科 1.79倍

那覇高校 2.18倍

首里高校普通科 1.32倍

首里高校染織デザイン科 1.07倍

小禄高校普通科普通コース 1.36倍

小禄高校普通科情報ビジネスコース 1.10倍

小禄高校普通科芸術教養コース 1.30倍

那覇西高校普通科 1.68倍

那覇西高校国際人文科 1.38倍

那覇西高校体育科 1.09倍

開邦高校学術探求科 2.27倍

開邦高校芸術科 1.27倍

知念高校 1.06倍

糸満高校 1.15倍

向陽高校普通科 2.80倍

向陽高校理数科 2.00倍

向陽高校国際文科 1.11倍

宮古高校普通科 1.25倍

宮古高校理数科 1.04倍

八重山高校 1.50倍

沖縄工業高校建築科 1.25倍

那覇商業高校国際経済科 1.50倍

推薦入試の結果は1月26日に通知されます。

また、推薦入試で合格が内定した場合でも、一般入試を受けなければいけない学校もあります。

気を抜かないようにしましょう。

上記記載以外の高校の倍率に関しては、沖縄県教育委員会のホームページや、

1月18日付の沖縄タイムス・琉球新報各紙面に掲載されています。

こちらもあわせてご確認ください。

このページのトップに戻る

センター試験を受験された皆さん、お疲れ様でした。
約1カ月後には2次試験が行われます。
その間に私立大学の入試も行われると思います。
大変だと思いますが、体調を崩さず、頑張ってください。

先週末に行われたセンター試験の概要です。
特に高校2年生の方は参考にしてください。

■英語
○内容
問題構成は大問6問で回答数は54問でした。
全体の単語数は約4,100語です。
通常は物語が出題されるところが、「日誌」の形で出題されました。

◎対策
問題形式が変わる場合がありますので、様々なタイプの英文を読み慣れることが必要です。
基本的な英文法に加え、語法やイディオムの知識量を増やすことが大事です。
文章問題は、大意をつかむ練習をしましょう。

■数学ⅠA
○内容
問題構成は大問4問で、必答が2問、選択が3問のうち2問です。
出題分野は数Ⅰが60点分、数Aが40点分です。
計算するだけではなく、正しい答えを選択肢から選んだり、正しい組み合わせを選ぶ問題が増えました。

◎対策
公式の暗記だけでなく、なぜその公式がそうなるのか、何が問われているかの意図をくみとる必要があります。
基礎レベルの問題をまずは身に付け、徐々に応用問題へとすすめましょう。

■数学ⅡB
○内容
問題構成は大問4問で、必答が2問、選択が3問のうち2問です。
出題分野は数Ⅱが60点分、数Bが40点分です。
数Ⅰと同様、正しい答えを選択肢から選んだりする問題や、用語の定義を問う問題もありました。

◎対策
これも数ⅠAと同様、公式の暗記だけでなく、なぜその公式がそうなるのかの理由なども問われます。
用語の意味や公式等、教科書に載っているものをまずは理解しましょう。

このページのトップに戻る

新年がスタートし、今年の目標を立てた人も多いかと思います。

今年は英検などの検定試験を目指してみませんか。

普段の学力アップに繋がることはもちろん、受験にも有利に働きます。

具体的にみてみましょう。

【高校入試】では特に推薦試験の場合に評価されます。
推薦入試の内容自体が公表されていない学校が多く、詳細がわからない学校も多いですが、
公表されている学校では、
英検・漢検・数検2級以上で80点、準2級で60点、3級で40点、4級で20点(那覇西高校)や
英検・漢検・数検2級以上でB1ランク、準2級でB2ランク、等のランクわけを行って審議する、等があります。

【大学入試】でも推薦で特に評価されます。

ここで中学2年生の人は注意してください。
英検は2月・6月・10月に行われます。
2月の次は6月ですが、6月は中体連のため、学校で受けないことが多くあります。
するとその次は10月です。受験直前になりますし、推薦の場合は〆切りに間に合いません。
この2月の試験を第一目標に、なるべく早めに受験しましょう。

このページのトップに戻る

いよいよ今週末に大学入試センター試験が行われます。

最後の追い込みをかけているとは思いますが、以下の点注意しましょう。

①体調管理をしっかりとしましょう

今週はずっと寒い日が続きます。試験が行われる土曜・日曜まで同じような気温です。
最高気温15度、最低気温は10度まで下がります。沖縄ではこの冬でも一番低い気温になります。
寒さ対策をきちんと行いましょう。インフルエンザも流行っていますので、特に注意してください。

②早寝早起きをしましょう

いつもより早く起きましょう。試験の時間割を考慮した生活を行ってください。
試験開始時間を考え、その時に頭が働くようにしましょう。
遅くとも試験開始3時間前には起きるようにしましょう。

③早めに家を出ましょう

特に琉球大学が試験会場の場合、自家用車で大学構内に入れることもあり、
送迎の車で非常に混雑します。毎年、時間ぎりぎりまで長い車列ができます。
今年も渋滞はひどくなると予想されます。
試験の内容以外のことで慌てないでいいように、早め早めに動くことを心がけてください。
時間にゆとりをもって動きましょう。

このページのトップに戻る

2学期制の学校は中間試験が、3学期制の学校では期末試験が終わり、

受験生は本格的に受験勉強を始めたころかと思います。

志望校目指して頑張っていると思いきや

「学校の先生から志望校は無理だと言われた」

「塾の先生から違う高校を勧められた」

「○○高校に行きたいが、ちょっと難しそうだから別の高校を考えている」

という話をよく聞きます。

そんな状態でも、「どうしてもこの高校に行きたいから」という理由で、

家庭教師のトライにお申し込みする方もいます。

そこで成績を見てみると「志望校のボーダーラインには到達していないが、今から巻き返しは十分可能だ」

という人が大半です。何を根拠に無理だと判断されたのか頭をひねるケースも多々あります。

特に沖縄県の場合は、どの高校に行くかによって、今後の進路が大きく変わります。

特に大学進学希望の場合、進学可能な高校と不可能な高校がはっきり分かれます。

普通科と実業科という分け方ではありません。

そのような情報は中学校や中学生には当然わかりません。

行きたい高校に行ける力があるのに、頑張ったら行ける可能性が十分広がるのにあきらめている人が多すぎます。

家庭教師のトライでは、これからの逆転合格に向けて、出題傾向に合わせた対策をとるなど、合格を勝ち取っていきます。

詳しい受験の方法を知りたい方、どうやれば巻き返すことができるのか、ご希望のかたはご連絡ください。

■■■

お問合せ

フリーコール 0120-555-202(土日祝も受付:9:00~23:00)

お問合せフォーム https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

いよいよ来週末から中学受験が始まります。

12月9日には県立中学校の適性検査と興南中学校の推薦入試が、

12月10日には沖縄尚学中学校の推薦入試があります。

各学校とも筆記試験のほかに、面接が行われます。

これまで筆記試験の対策を中心に行っていたかと思いますが、面接の準備も行いましょう。

聞かれそうな内容に関しては、予め答えを考えておきましょう。

聞かれそうな内容は

・志望理由

・自己PR・趣味特技・将来の夢

・得意科目・不得意科目について

・小学校の思い出・クラブ活動など

・入学後の抱負

等です。

面接は通学に差し支えないかどうかを見る程度ですが、言葉づかいや全般的な印象で判断されます。

注意してください。

なお沖尚中・興南中の面接は保護者同伴です。

このページのトップに戻る

沖縄県内にある県立中学校(開邦中・球陽中・与勝緑が丘中)の志願倍率が発表されています。

開邦中学校 定員40人 応募508人(男子251人・女子257人) 倍率 12.7倍

球陽中学校 定員40人 応募311人(男子130人・女子181人) 倍率  7.8倍

与勝緑が丘中 定員80人 応募171人(男子86人・女子85人) 倍率 2.14倍

となっています。

開邦中は昨年度よりも大幅増、球陽中は昨年度よりも大幅減ではありますが、どちらにしろ倍率は非常に高いです。

また、入試のボーダーラインですが、だいたい6割くらいだと予想されます。

過去問題等で、これを目安に解けるように練習しましょう。

なお、開邦中・球陽中の定員は男子20人・女子20人です。どちらも女子の倍率が高いです。

このページのトップに戻る

沖縄県内で受験できる県外の中学校です。

沖縄県内の私立中学校の一般入試の前に行われますので、

力試しや雰囲気に慣れるためにうけるのもいいかもしれません。

■池田中学校(鹿児島)

・出願期間 12/4-12/25

・試験日程 1/5

・合格発表 1/10

・入試科目 国語・算数・(理科・社会・英語から2科目)

■志学館中学校(鹿児島)

・出願期間 12/11-1/4

・試験日程 1/8

・合格発表 1/10

・入試科目 国語・算数・理科・社会

■大口明光中学校(鹿児島) ※女子校です

・出願期間 12/1-1/18

・試験日程 1/20

・合格発表 1/21

・入試科目 国語・算数・面接

■弘学館中学校(佐賀)

・出願期間 11/27-12/8

・試験日程 1/5

・合格発表 1/8

・入試科目 国語・算数・理科・社会

※詳細は各学校の募集要項を確認してください

※ほとんどの学校で出願期間が年内になってますので注意してください

このページのトップに戻る

今年度の沖縄県の中学受験のスケジュールです。

早いところは試験まであと2カ月もありません。

計画的に学習を進めましょう。

■開邦・球陽・与勝緑が丘中学校

試験日  12/9(平成29年)

合格発表  1/9(平成30年)

試験科目 適性検査Ⅰ・適性検査Ⅱ・算数(開邦・球陽のみ)

■昭和薬科中学校

試験日  1/21(平成30年)

合格発表 1/24(平成30年)

試験科目 国語・算数・理科・社会

■沖縄尚学中学校

・推薦

試験日  12/10(平成29年)

合格発表 12/13(平成29年)

試験科目 国語・算数

・前期試験

試験日  1/14(平成30年)

合格発表 1/17(平成30年)

試験科目 国語・算数・理科・社会

・後期試験

試験日  2/3(平成30年)

合格発表 2/6(平成30年)

試験科目 国語・算数・理科・社会

■興南中学校

・推薦

試験日  12/9(平成29年)

合格発表 12/12(平成29年)

試験科目 国語・算数

・前期試験

試験日  1/14(平成30年)

合格発表 1/17(平成30年)

試験科目 国語・算数・理科・社会

・後期試験

試験日  2/3(平成30年)

合格発表 2/6(平成30年)

試験科目 国語・算数・理科・社会

※沖尚中・興南中の推薦試験は、推薦の要件があります。

※沖尚中・興南中は面接(保護者同伴)があります。

※詳細は各学校の募集要項を必ず確認してください。

また、家庭教師のトライでは、今からでも受験に間に合うことができる受験対策コースを用意しています。

科目ごと・生徒さんごとに何をやればよいのかを明確にし、効率より学習のしかたを提案します。

学校の先生やまわりの人から「今のままでは合格は難しい」と言われた場合でも、巻き返しの方法はあります。

是非ともトライにお問合わせください。

お問合わせ先

WEBの場合はコチラ

電話 0120-555-202 受付時間9:00~23:00(土日祝でもOK)

このページのトップに戻る

高校受験まで5カ月を切りました。

ここで受験までのスケジュールについて確認しましょう。

逆算して、今なにをすべきかを計画を立ててください。

(表記のないものは平成30年です)

■沖縄県立高校

・推薦入試

願書受付 1/15-16

内定決定 1/24頃

・一般入試

願書受付 2/6-2/7

志願変更 2/13-14

取り下げ 2/20-21

学力検査 3/6-3/7 3/6は国語・理科・英語の試験 3/7は社会・数学・面接

合格発表 3/13

・2次募集

願書受付 3/14-15

合格発表 3/26

■沖縄高専

・推薦入試

学力試験 1/13

合格発表 1/19

・一般入試

学力試験 2/18

合格発表 2/23

■沖縄尚学高校

・推薦入試

学力試験 12/10(平成29年)

合格発表 12/13(平成29年)

・一般入試α

学力試験  1/14

合格発表  1/17

・一般入試β

学力試験  2/3

合格発表  2/6

■興南高校

・推薦入試

学力試験 12/9(平成29年)

合格発表 12/12(平成29年)

・前期試験

学力試験 1/20

合格発表 1/23

・中期試験

学力試験 2/10

合格発表 2/14

・後期試験

学力試験 3/17

合格発表 3/18

※詳細は各学校の募集要項を必ず確認してください。

また、家庭教師のトライでは、今からでも受験に間に合うことができる受験対策コースを用意しています。

科目ごと・生徒さんごとに何をやればよいのかを明確にし、効率より学習のしかたを提案します。

学校の先生やまわりの人から「今のままでは合格は難しい」と言われた場合でも、巻き返しの方法はあります。

是非ともトライにお問合わせください。

<お問合わせ先>

ホームページからのお問い合わせはコチラ

お電話 0120-555-202 受付時間(9:00~23:00 土日祝でもOK)

このページのトップに戻る

前のページ

沖縄県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT