教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さんこんにちは、家庭教師のトライ富山校です。

今回は富山県の「地元トライさん」の紹介です。

ベテランの教育プランナーにして東海地区、近畿地区、関東地区などでも

数々の受験生を合格に導いたこの方・・・

☆船村 幸司プランナー☆

全国各県の受験対策を行ったことがあり、他県での経験を踏まえた視点で

富山県の入試傾向をお伝えすることができます。

小学生から高校生まで幅広いお子様に対応することができ、

富山県の指導実績抜群の教師を連結を取りながらお子様の目標達成のために全力を注ぎます。

今は中間テストのシーズンなのでまず目の前のテストに集中しましょう。

中間テストが終われば次は期末です。この中間テストで点数が良くない教科は

テストの見直しを真剣に行う必要があります。

・苦手教科の対策をしたい

・勉強のやり方が分からない

・分からないところが分からない

・志望校を決めたいが、どうやって決めればよいか分からない

など多岐にわたるご相談に対応させていただきます!

いつでもお気軽に地元トライさんにご相談ください!

このページのトップに戻る

前回に引き続き、今回のブログテーマは定期テスト対策編国語・理科・社会です。

ぜひご覧ください。この3教科におきましてもテスト2週間前からの準備が大事です。

<国語>

①テスト範囲の漢字を全部覚える

漢字を覚えるコツはノートに書くことです。

1つの漢字につき5個ずつ書いて覚えましょう!

②学校のワークを仕上げる

テスト3日前までで1週目は終わっていなければいけません。

学校の定期テストは主に学校のワークが出題源です。

〇字で抜き出しなさい」という形式の問題はそのまま出題されることも多いです。

できれば1回目はノートに答えを記入するようにして、

2回目はワークに直接書き込むようにしましょう!

<理科>

ここ数年間の県立高校入試において、理科は難化傾向にあります。

ただ知識を暗記しているだけでは語句問題しか点数が取れません。

知識を引き出す=アウトプットする、ということが大切です。

①学校のワークを仕上げる

国語と同様にまず学校のワークを仕上げることです。

例えば中学3年生の今回の中間テストの範囲であるイオン式など

必ず覚えておかなければいけない事項は丸暗記。

電気分解や電池はなぜそうなるのか?という構造を理解しなければいけません。

②学校のノートを見直しておく

理科は学校の先生によっても大いに左右される教科ではないでしょうか?

確かに好き嫌いが大いに分かれやすい教科なのでノートがきれいだと

知識を整理しやすい教科といえます。

ノートをほぼとっていない場合、市販でも千円程度で理科の要点整理用のノート

販売されています。それらを使用して、重要事項を整理した上でテストに臨みましょう!

③問題集を仕上げる

Keyワーク等の問題集を仕上げる。

問題集は絶対しなければいけないものではありません。

基本的には学校の宿題だけで点数は取れます。

ただ、知識をアウトプットする練習を繰り返さなければ磐石とはいえません。

問題集の仕上げていく作業はアウトプットを繰り返すことと等しいので、

テスト本番でケアレスミスしにくくなります。

余裕がある人は問題集も仕上げるようにしましょう!

<社会>

①教科書のアンダーライン

教科書を3~5回読みながら、太字に赤のボールペンでアンダーラインを引いて

いきましょう。自然と用語が頭に入っていきます。

国語と同じで社会は漢字が多く出題されます。「卑弥呼」や「御成敗式目」などは、

書いて覚えないと必ず間違えます。同じくノートに5個~10個ずつ書いて

覚えるようにしましょう!

②学校のワークを仕上げる

基本的に社会は理科と同じ勉強法です。

学校のワークを解答を見ずにまず解いてみる→答えあわせをする→間違った問題を復習する

の順番です。語句問題は覚えられても、最近の社会のテストは記述問題

多く出題される傾向あります。

教科書の流れを理解していると書けるのですが、なかなかそこまでできる人は

少ないようです。

記述問題を克服するにはやはり解答を丸暗記してしまうことです。

社会の記述問題はパターンが決まっているため、出題される可能性のある問題は

解答を丸暗記してしまう習慣をつけましょう!

後々の高校入試の対策でも時間を復習する時間が減らすことができます。

目標点数をクリアできるよう頑張ってください!

このページのトップに戻る

今回のブログテーマは定期テスト対策編です。

5月の中旬から中間テストが始まります。

特に新中学1年生のとっては中学校に入ってから最初の中間テストです。

テスト範囲を確認し、テスト2週間前からの準備が大切です。

<英語>

①教科書に出ている単語を覚える

英語の読み、書きが苦手な人は基本的に英単語を覚えていません。

まずノートに教科書のページごとの英単語を1単語につき5個~10個ずつ

書いておぼえましょう。

単語の意味とスペルが一致するまで繰り返し練習しましょう。

②英文法の理解・確認

単語の同時並行して行わなければいけないのは英文法です。

英語のテストは英文法を理解していなければ点数が取れません。

定期テストの場合、出題範囲にある英文法は限られていますので、

学校の授業さえ理解していれば文法はすぐに覚えられます。

③教科書の和訳

さていよいよ仕上げは教科書の和訳です。英語のテストは極端に言えば、

教科書の和訳さえできれば90点は取れます。

単語と文法が仕上がっていれば教科書の和訳をしていきましょう。

短時間で最も効果的な学習方法は音読です。英語の勉強は音読につきます。

声に出して繰り返し読むことで記憶にしっかりと残ります。

教科書の和訳が終わったあとは、ワーク、テキスト等を使用して、並び替えや穴埋め、

和訳問題を仕上げていきましょう!

<数学>

①計算問題を完璧にする

数学はまず計算問題を完璧にすることです。公式だけを覚えていても、

人は必ず計算ミスというものをするものです。同じような問題をテストまでできれば

3回ほど繰り返し解いておきましょう!学校のワーク→Keyワークなどのテキストまで

ほぼ間違わないようになればほぼ計算問題で間違うことはないでしょう!

②文章題をマスターする

数学の文章問題は問題文を正確に読むことが重要です。

たとえば方程式では何をXにしておくかさえ分かればあとはもう解けたも同然です。

問題文の中から求めなければいけない答えを文字に置き換え、式をたてさえすれば

あとは計算問題を解くのと同じです。5分考えても分からない場合は

解説を見て理解する演習をしましょう!繰り返しこそが高得点獲得への鍵です。

理解があいまいなときは自分の苦手な単元のみ「Try IT」のテスト対策編を活用して

定期テスト対策を進めていきましょう!

このページのトップに戻る

「トライ式勉強合宿 2017年in金沢」

の受付がスタートいたしました。

・総学習時間42時間!「集団講義⇔準個別」で総復習を実現

・初日と最終日にテストを実施。成長を実感!

・少人数指導、演習時間、確認テストを効果的に織り交ぜた特別カリキュラム

・毎晩60分「個別演習」を実施、復習・他科目の学習が可能

・毎朝60分「基礎トレーニング」で得点力UPへ

【日程】 2016年8月6日(日)~8月10日(木)

【場所】 金沢ニューグランドホテル

【対象】 小5~高3

【人数】 先着70名

特に中学3年生、高校3年生の方におすすめの合宿です。

昨年も多数の受験生が夏合宿に参加して、第一志望校に合格されました。

次はあなたの番です。

この夏合宿で受験勉強に向けたやる気をMAXにしましょう!

※定員になり次第、受付を終了いたします。

勉強合宿にもトライでは様々なご要望に合わせた夏合宿をご用意しております!

◆医学部・難関大勉強合宿

医学部合格・難関大学合格を目指す方のためのハイレベルな合宿です。

◆Try IT 勉強合宿

英語または数学に特化した5日間で圧倒的な成長を。

Try ITの超一流講師が、直接講義する特別合宿です。

◆ハワイ留学

英語初心者から、海外に慣れるいる子まで参加ができ、

グローバルな学びに出会うことができます。

◆サマースクール in 湯沢

サマースクールだからできる新しい経験と出会い。

お子さまに合わせて2つのコースからお選びいただけます。

詳しくはフリーコール

0120-555-202までお気軽にお問合せください!

この夏、第一志望校合格に向けた熱い夏にしていきましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは、地元トライさんです!

今回は、3月8、9日に行われた

富山県公立高校入試の国語・理科・社会の傾向と対策を解説します!

【国語】

漢字、説明文、小説、古文、作文の大問5問構成です。

説明文のなかに漢文の問題や自分の主張を問われる問題など

特殊な問題が出題されました。

国語では言語の知的活動向上を図る上で、基本的な知識の習得と、論理的に思考し

表現する能力を中心に問題が作られています。

具体的には、基本的な知識が漢字や文法・語句の意味として問題で問われています。

また、他者の意見を論理的に理解し把握する能力を読解力という形で、

説明文・物語文・古文と文章の形式を変えて問われています。

文章問題では特に要約、内容把握に重点が置かれ、作者の主張を理解・整理し

記述する能力が問われています。

最後に表現力を特にみる問題として第5問の作文があり、今年は

「外来語」についての意見とその根拠を、資料を見ながら論理的に記述する能力が

問われました。

今後も解答に必要な語句の抽出・把握といった思考力・判断力に加えて、

的確に日本語として表現する能力が問われていくので、

その能力を伸ばせる11の授業が必要となってくるでしょう。

【理科】

地層、植物、電流、電流と磁界、気体の性質、生態系とエネルギー、天気、

電池とイオン、力の大問9問構成でした。

物理分野が大問3問、化学分野が2問、生物分野が1問、地学分野が2問、

複合分野が1問という形でどの分野からもバランスよく出題されていました。

生物・地学分野では、地層の形成や個体数の変化、気温低下の原因といった

現象の理解や蒸散の実験結果の考察という教科書を丸暗記しただけでは足らず、

なぜそのようになるのかという科学的思考力が問われていました。

物理・化学分野では、電流やイオン、圧力の単元での計算問題とともに

実験から考察する問題、イオン数の増減や浮力の理解など科学的理解を問う問題も

多いです。

今後も、実験・観察とその考察を中心に、科学的な知識・思考力・判断力を

文章記述や計算などで問われてくるものと考えられます。

特に科学的思考力は適切な思考過程を経る必要があるため、そこまで導いてくれる

1対1の授業が効果的でしょう。

【社会】

世界地理、日本地理(運輸)、日本地理、歴史(古代から近世)歴史(近代)政治、

経済の大問7問構成でした。

資料問題が多く、大問2は全て資料問題でした。社会は知識偏重と捉えられがちですが、

歴史の流れや国の仕組みなど全体的な理解と結びつけて問題を解いていく必要があり、

思考力・判断力の比重が大きくなってきている傾向にあります。

記述問題で表現力も問う問題も出てきているので、様々な知識を整理し記述できる

能力も問われています。

対策としては、基本的な語句を暗記した上で、各単元の全体的な把握や理解をさせ、

記述も添削できる1対1の授業が求められています。

【まとめ】

来年受験生の皆さん、早めに対策を行っていきましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは!富山の地元トライさんです!

新しいトライのCMが皆様から好評いただいております。

ありがとうございます。

春のキャンペーンも締め切り間近になってまいりました!

3月31日までの申し込みを持ちまして終了になります!

家庭教師のトライ、個別教室のトライ、大人の家庭教師など

全サービス入会金無料&春の授業料30%OFFです。

家庭教師や塾をご検討の皆さまの中には、

初めてのことで、どこにしようか、どこなら成績を上げてくれるのか

悩まれている方も多くいらっしゃると思います。

トライのマンツーマン指導では、問題から解答までの思考の仕方を身につけること、

そして、勉強のやり方を身につけることができます。

何から手を付けていいか悩んでいるお子さまが多くいらっしゃいます。

トライでは、一人ひとりのお子さまに合わせて計画を立てて実践していきます!

塾や家庭教師選びに悩まれている皆さま、勉強の始め方に悩まれている皆さま、

ぜひトライに一度ご相談ください!

3月31日までにお問合せいただければ、お得な春キャンペーンをご利用いただけます!

このページのトップに戻る

こんにちは、地元トライさんです!

今回は、3月8、9日に行われた富山県公立高校入試の英語と数学の傾向と対策を解説します!

【英語】

英語はリスニング、対話文、長文、英作文と昨年とほぼ同じ構成でした。

今回の入試は、文部科学省の指導要綱改定に伴い、学力について基礎的・基本的な

知識・技能のほかに、知識・技能を活用して課題を解決するための思考力・判断力・表現力を

求める傾向が強くなっていました。

英語に関しては、4技能(読む・聞く・書く・話す)をバランスよく図る問題となっています。

特に、対話文・長文(読む)では、単に和訳ができればいいというものではなく、

速く正確に内容を把握して適切な解答を導き出す思考力・判断力が問われています

英作文では「書く(自分の意見を伝える)」を見る問題と、

対話文では「話す(自分の意見を伝える)」に重点を置いた問題となっています。

そして、リスニングで「聞く」能力を試しています。

なぜ、そのように考えたのかやそのように考えた過程は正しいのか(思考力・判断力)は

生徒と11で質疑応答をすることによって磨かれるものです。

また、「書く」「話す」という内容は、添削して正しいかを見る必要があるため、

11でなければその表現力は伸びません。

来年度も同じ構成であると考えられ、4技能の実力を全体的に伸ばしていくことが合格のカギとなってきます。

【数学】

数学は、小問、連立方程式、確率、2次関数、空間図形、平面図形、規則性、1次関数

という大問8問構成で大きな変化はありませんでした。

3年間の内容から網羅的に出ている点も特徴で、苦手単元があると、

その単元では全く得点できない可能性もあります。

また、各問題も基礎的・基本的な理解ができていることは前提で、例年通り

大問4以降の問題は、応用・発展問題中心に構成されています。

今までに見たことがない問題が出てきており、単に学校のワーク等で類似の問題が

解けるだけでは足らず、今までに学んだ知識を活用して思考力・表現力を問う問題が

大問5以降の全てで出題されていました。

各単元で、どのポイントを押さえればいいのかや、問題を見たときに、

どのような思考で導いていけばいいのかは入試の数学では必須の能力です。

また、証明問題など表現力を問う問題もあります。

富山県の公立高校入試は、各科目40点満点のため、1点で合否が分かれます。

全ての問題に対して、ケアレスミスなど起こさないように訓練する必要があります。

来年度に向けてご相談あれば、地元トライさんがご相談のりますので、お気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは!富山県の地元トライさんです!

大変好評の勉強合宿の締め切りが迫り、残り席数もわずかとなってきました。

申込締め切りは、3月18日土曜ですが、定員になり次第受付終了になります!

来年度受験生になる皆さんは、学習計画立てから志望校選びまで!

受験生ではない方も、来年度いいスター度ダッシュを切るために!

ぜひご参加ください!

日時:3月27日~29日(2泊3日)

場所:金沢ニューグランドホテル(石川県金沢市南町4-1)

対象:新小6~新高3生・既卒生

人数:40名 ※定員になり次第、受付終了します。

料金:71,500円 ※税別・テキスト代別

お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

こんにちは、富山県の地元トライさんです!!

今回は、近年非常に人気の高い医学部へ向けたセミナーを開催いたします。

日時:3月20日(月・祝)11:00開演(10:30受付開始)

会場:ホテル金沢 2階 扇の間(石川県金沢市堀川新町1-1)

対象:医学部受験をお考えの方・保護者様

定員:50名(店員なり次第締め切ります)

参加費:無料

講演内容:

・「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる方法

・「頭が良い子」の親がやっていること

・2017年医学部入試の動向

・私立、国公立医学部の動向

・医学部受験戦略

・医学部に合格する面接の受け答え

・最新の医学部小論文/面接の傾向

・小論文を書くための記述力養成法

・2020年新大学入試制度の対応方法

来場特典もありますので、お気軽にお越しください。

以下のページよりお申し込みください。

http://www.trygroup.co.jp/med/seminar/#kanazawa_165

このページのトップに戻る

こんにちは、富山県のトライさんです!

本日は、富山県の地元トライさんを紹介したいと思います!



「地元トライさん」の境 俊光です!

富山県出身、慶応義塾大卒で、地元を愛するトライさんです。

高校受験から大学受験の受験情報から学校情報まで熟知しています。

富山県では、高校御三家を筆頭に、大学進学に力を入れています。

最近は中堅進学校も大学進学へ力を入れて取り組んでいる学校も増えてきました。

トライでも、県内6ヵ所に個別教室も展開し、家庭教師だけでなく、マンツーマン指導を

教室でも受けられるようにしています。

富山駅前校、南富山校、新庄校は、富山市内から黒部などの東部から来校いただいています!

小杉校は、射水市内を中心に来校いただいております。

高岡校は、志貴野中学校の目の前にあり、中学生から高岡高校生まで幅広く対応しております。

砺波校では、近隣の南砺市や小矢部市からも指導を受けに来ていただいています。

勉強でのお困りのことあれば、「地元トライさん」へご相談ください。

このページのトップに戻る

前のページ

富山県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT