教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



2020年9月24日

推薦入試について

急に夜寒くなる日も多くなり、体調を崩す人も多いこの季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


本日は大学受験を控える皆さまに、推薦入試についてお話したいと思います。


和歌山の推薦入試の受験人気校は近畿大学ですが、他にもたくさんの大学が公募推薦を行っています。

中には和歌山大学和歌山県立医科大など国公立大学なども含まれます。


評定(5段階評価の平均値)が4.1を超えている方は一度調べてみることをおすすめします。

この2大学の推薦入試についてはトライでの合格実績も高く、推薦入試に向けた対策も取り組めます。

情報が無ければ受験戦争を勝ち抜くうえで大きな不利となりますのでご注意ください。


推薦入試対策のコツは「基礎問題を100%にすること」です。

一般入試に比べ推薦入試は基礎的な問題が多くなります。

難しい問題で得点を稼ぐのではなく、基礎問題をもれなく解答することが大切です。

対策の際にはしっかり意識していきましょう!


家庭教師のトライでは豊富な講師陣による推薦入試の対策講座も行っております。是非一度ご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは!
皆さんの中にはまだ志望校が決まっていない方も多いと思います。
漠然と勉強し続け、ゴールが見えないとしんどくなってしまいます。
行きたい高校が決まると、自分が今からどれだけ頑張ればいいのかの指標になります。


実は学校について調べることも大事な勉強になるのです。
実際私も説明会のに参加した際に部活動をしている生徒をみて、ここに通いたいと必死に勉強しました。


一度、気になる高校のホームページや中学校内の掲示を見てみてください。
あなたの目指すべき高校が見つかるかもしれません!


また家庭教師のトライでは、
和歌山県内外の公立、私立高校に例年たくさんの生徒さんが合格しています。
今からでも遅くはありません。一度トライへご相談ください。

このページのトップに戻る

皆さん、こんにちは!
ようやく猛暑も終わり、快適な気温になってきたことかと思います。


今回は勉強における環境づくりについてお話しさせていただきます。
1人で勉強できる人もいれば、できない人も人もいます。
しかし、自ら勉強できない人は全体的に見ても多いと思います。


そこで、環境を整えるという意味で塾や家庭教師を利用してみるのも1つの手段だと思います。
勉強に取り組まなければならない環境にすることで勉強時間を確保する事ができます。
また、マンツーマン指導で教えてもらうことで気軽に質問できるのでわからない問題も
解けるようになり、問題が解けた喜びを味わうことができます。
喜びがわかると勉強をすることが楽しくなり、1人での勉強も増える事になるので一石二鳥です。


受験もだんだん迫ってきて、これからは量を維持しつつ、質も求められてきます。
自分で1つの問題に対して熟考することも必要です。
しかし、1つの問題を考えすぎて多くの問題を解くことができなければ本末転倒となります。
1つの問題にかける時間は数学であれば15分くらいと最大の時間を設定することも重要です。
これからは効率の良い勉強方法を目指して受験まで突っ走って行きましょう!


もし、家庭教師のトライをご検討いただけるのであれば、無料の学習相談も行っていますので、気軽にご相談ください。
また、オンライン家庭教師もありますので幅広い地域に対応することができます。

このページのトップに戻る

和歌山県には

和歌山大学教育学部附属 近畿大学附属和歌山

開智 智辯学園和歌山

初芝橋本 和歌山信愛 などの私立中学校があります。

中学校受験へ向け、勉強真っただ中。もしくはご検討中の皆様へ。

トライには中学校受験対策コースがございます。


<志望校の入試傾向に完全対応>

限られた時間で合格を勝ち取るためには、入試傾向に沿った計画が不可欠です。

トライでは最新の入試情報をベースに、注力すべきポイントを明確に提示します。


<1人ひとりの学力に合わせたカリキュラム設定>

生徒ごとにつまずきの原因や各単元の理解度は異なります。

1人ひとりの現状に合わせた学習計画を立てるので、最も効率よく学習できます。


<塾との併用プランも用意>

トライなら、お子さまが現在通っている塾の補習や宿題フォロー、クラス分けテストにも対応できます。

中学校受験をご検討中の方は一度トライにご相談ください。

このページのトップに戻る

2020年9月5日

行事ごと

皆さんこんにちは。


8月も終わり、いよいよ9月になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
9月10月は体育祭に文化祭、修学旅行など楽しい行事がたくさんある季節でもあります。
受験生にとっては本格的に志望校も決まりはじめ、そこに向かって一直線に勉強を始めているころ合いはないでしょうか。


また非受験生も勉学においては実力テストが待ち構えていると思います。
実力テストは少しですが成績に加入されるところが多いのでしっかりと対策が必要です。


楽しい事の前には必ずつらいことが待ち受けているもので、ただそのつらいことは楽しいことがあるから乗り切れるものでもあります。
楽しい事だけ、つらい事だけでは終わらないのが不思議なことに私たちなのです。


文化祭に体育祭、修学旅行が楽しみで浮かれる気持ちはもちろん学生を経験してきた私たちもわかります。


しかし、行事が終わってしまえばすぐに定期テストが待ち構えているので、しっかりと対策を少しでもいいのでしておきましょう。


一人で不安になった場合には家庭教師や塾の先生に頼ってみるのも一つの手なので、ぜひ頼ってみてください。

このページのトップに戻る

2020年9月2日

AO入試について

皆さんこんにちは。
今回はもうすぐAO入試が始まる皆さんへ向けてお話ししたいと思います。


まずAO入試とは何か、それについてからの人もいると思います。


AO入試とは
AO入試とは、学力や高校の成績だけによらず、受験生の資質や実績、意欲をもとに、大学が求める学生像(アドミッション・ポリシー)とマッチする人物かどうかで合否を決める入試方式です。


一般入試が学力によって決まるのに対し、AO入試は学力と大学が目指す理想の二つにかなっている必要があるという点では特殊となっています。


入試科目も大学ごとにさまざまで、英語や数学はもちろんのこと、小論文がいるところが大半です。
さらに試験としては面接があるところが大半なので面接対策が必要になります。


また、大学が求める理想に叶う必要があり、面接で大学のアドミッションポリシーが聞かれることもあるため、暗記しておく必要があります。


学科試験としては一般入試よりは少し易しい難易度にはなりますが、面接が入り、さらにはグループワークもするところもあるため、コミュニケーションが必要になってくる分少し大変にも感じられます。


対策としては、AO推薦入試は受験生の総合的評価であるため、「学校の成績」「部活動や特技」「資格」「活動実績」「大学への愛」など、多様な面から評価されます。
これらを一夜にして身につけることは容易ではないので、できることなら早くから対策をはじめるとよいでしょう。


今回はAO入試をピックアップにしてお話ししました。


さまざまな入試方法があるため、ぜひ皆さんも再度自分の志望校にはどのような試験があるのか確認してみてください。


「自分は成績があまりよくないから、有名なところへ入れない」と鼻から諦めてしまっている人は、特に調べてみるのがお勧めです。


もしかしたら自分に合った入試方法が見つかるかもしれませんよ。
家庭教師の先生とたくさん相談し、対策の作戦会議もしてみてください。 めざせ、志望校合格!

このページのトップに戻る

2020年9月1日

9月に入りました

和歌山の皆様、こんにちは。
9月に入り、体育祭の準備に精を出している方も多いのではないでしょうか?
学校行事を目一杯楽しむことはとても素晴らしい事です。


しかし、学業はおろそかになってはいませんか?


家庭教師のトライには効率よく学習できるメソッドがあります。


・塾に通う時間が取れない方
・勉強の仕方が分からない方
・なかなか勉強に身が入らない方


など当てはまる方は一度ご連絡ください。


あなたに合った学習で進めていきましょう。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。
今回は、高校入試を控えた皆さんへ改めて高校入試の変更点をまとめておきたいと思います。


今回のご時世影響で出題範囲が変更しているところが多数あるようです。
(試験日程の変更は今のところないようです。)


まずは大阪府における変更点です。
中3の学習内容のうち一部を、出題範囲から削除されるようです。
・数学の「円周角と中心角」「三平方の定理」、「資料の活用」
・国語の中学3年生で学習する内容のうち『書写に関する事項』、中学校で学習する漢字の一部
・社会公民的分野のうち,『私たちと経済』のうち「国民の生活と政府の役割」、「私たちと国際社会の諸課題」
・理科第1分野のうち『科学技術と人間』、第2分野のうち『自然と人間』
・英語『現在分詞及び過去分詞の形容詞としての用法』のうち「後置修飾」、「大阪版中学校で学ぶ英単語集」にある単語の一部


次は京都府、滋賀県です
・数学は、三平方の定理と標本調査を削除
・国語は書写に関する事項を削除
・理科は「科学技術と人間」「自然と人間」を削除
・社会は「私たちと国際社会の諸課題」を削除
・英語は設問において関係代名詞に関することは問わない。(本文の読み取りやリスニングの聞き取りなど、検査問題中で関係代名詞が使用されることはある。)


最後に奈良県です。
・数学は、三平方の定理と標本調査を削除
・国語は書写に関する事項を削除
・理科は「科学技術と人間」「自然と人間」を削除
・社会は「私たちと国際社会の諸課題」を削除

和歌山県、兵庫県に関しては大きな変更点なかったので、これまでと変わりないようです。


おそらく把握している方が大半だと思いますが、まだ知らなかった人はぜひ参考にしてみてください。

このページのトップに戻る


みなさんこんにちは。

今回は、今年受験生の皆さんから始まる、センター試験に変わる大学入学共通テストについていくつか書かせていただきます。

今回の内容は皆さんのほとんどがご存じの内容かもしれませんが、まだ知らない方もいるかもしれないので書いています。知っている方も今一度確認として見ておいてください。


センター試験からの主な変更点は以下の通りです。

・数学ⅠAの試験時間が60分→70分に変更。

・数学の設問において、会話文や長文が用いられるようになり、その設問に基づいて解法を見つけ出す必要があります。

・英語の設問が日本語→英語表記に変化。ただし、設問内容はセンターの時とは変わらないようです。

・英語において「発音・アクセント・語句整序」等の問題は単独で出題されません。

・英語において表記が「筆記」から「リーディング」へ変更。リーディングの配点が200点満点→100点満点に。リスニングが50点→100点に変更。リスニングの時間が30分→60分に変更。

・英語のリスニングにおいて、今までは全て2回流されていましたが、今回から1回のみのものと2回流すのものがあります。1,2問は2回、3~6問は1回流されます。

・国語では、物語だけではなく、法的文書や広報文章、新聞などからも出題されるようになります。

・国語において、個々で問題が出てるのではなく複数の文章を関連づけて読むことが必要となります。


難易度としては、今回の共通テストは平均得点率5割程度を想定して作問されます。

センター試験は平均得点率6割を想定されていたので、共通テストの方が難易度が少し上がるようです。

これは単語量の増加などが影響していると思われます。


以上のような変更点が主に挙げられます。今まで以上に対策が必要です。

記事の上には、今回の共通テストの出題範囲も掲載していますので是非参考にしてください。


今回が初めてのため、戸惑うことも多いと思いますが、先生と一緒に頑張ってください。

授業時間の相談など、気軽にトライのプランナーにしてみてください。


それでは、残りを悔いのないように努力してください。そして合格を目指しましょう。

このページのトップに戻る

和歌山の皆様、こんにちは。
学校が始まりましたね。
夏を有意義に過ごせた方はさらなるレベルupを、
少し学習がおろそかになった方は、まきなおしを図りたいですね。


CMでも好評放映中の「トライの夏のキャンペーン」は間もなく終了となります。
詳細は下記をご確認ください。


トライ史上初!全国No.1の授業が個別教室でも家庭教師でも
「この夏、授業料 2ヶ月分 無料!」
*受付期間2020年8月31日まで。ご利用は入会翌月末まで。2ヶ月分とは家庭教師・オンライン=60分8回、個別教室120分8回。
3ヶ月以上ご利用の方が対象
完全マンツーマンの夏期講習ならオーダーメイドカリキュラムで学校の遅れを取り戻し、飛躍的に成果を上げます!
✔中学・高校・大学受験対策
✔志望校集中特訓
✔苦手教科の克服
✔定期テスト対策
✔5教科の総復習
✔休校期間の取り戻し


家庭教師のトライでは、オンラインでの学習面談も承っておりますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

前のページ

和歌山県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら