教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



9月に入りはや2週間が過ぎました。各学校とも夏休み確認テストを実施して、本来の2学期授業を実施しています。

テストの結果はどうでしたか?

確認テストの主なテーマは、夏休み中に勉強していた/していなかったことのほかに

1学期中の苦手分野を夏休み中に克服した

新学年になり理解がしづらい科目ができたが夏休みで持ち直した

などといった1学期分のリカバリーも反映できるようになっています。

そういった観点でテストを振り返ってみることをお薦めします。


およそ1ヶ月後になる10月にはもう中間テストが実施されます。

この2学期のテストというのは中間・期末とも非常に重要で周囲との差を付けるためには本腰を入れて取り組んでいかねばなりません。

特に智辯和歌山・開智など私立中高一貫校ではこの2学期で成績順位で大きな変動が起きがちです。ここだけは細心の注意が必要です。


その理由として、まず2学期に習う単元が難度の高いものが多いことが挙げられます。


中1… 一次方程式

中2… 一次関数

中3… 二次方程式

高1… 三角比

高2… 三角関数・指数対数・ベクトル・数列

(単元例は公立中・高を参照)


公立中・高の数学でいうといずれも「わからないところ」でよく名前の挙がる単元ばかりです。予・復習するにもその正答率や習熟度を注意して管理することが必要です。


また、どの学年も3学期にはあまり成績に大きな変動がみられない事も理由の一つに挙げられます。

3学期は期間としても9週間授業の中学・高校が大半を占めており、少ない範囲内でのテストになるのであまり点にばらつきが出ません。

すなわちほとんどが2学期の成績をそのまま踏襲してしまうことになります。


つまり、成績を上げたいならば2学期にがんばっておかなければならないということです


では具体的にどのように行動すべきなのでしょうか?

詳細は次回ブログで紹介いたしますが、これまでの指導での感触として

テスト前の集中学習より普段からのコツコツ学習の方が2学期は成果を出せています。


みなさんにとって今するべきこととしてはまだまだ暑い日もあり、時には冷え込むときもあって集中しにくい日々が続きますが

その日の学校で受けた授業についてはかならずその日のうちに復習(解けなかった問題をやりなおす)をきっちりしておくことだと思います。


「2学期こそはきっちり成績を上げておきたい」「志望校に向けてここで一気にスパートをかけたい」といった

みなさんの変化・成長に対しての欲求が最大のエネルギー源です。ここが頑張りどころです!


トライではプロ講師から、学生の幅位広い教師陣をご用意しております。興味のある方は是非、ご連絡ください。

このページのトップに戻る

夏休みも終わり、いよいよ2学期が始まります。

これまで同様、学校の授業にもしっかり集中してよい成績をあげていきましょう。

気持ちも新たに前向きに取り組んでいきましょう。部活をやっているみなさんについては

9月から10月にかけて大会やコンクールなども多くあります。学業としっかり両立して充実した学生生活を送りましょう。


さて、8月終盤から9月初頭にかけて注意すべき点があります。

それは「体調管理」です。

この時期は様々な理由で学校を欠席してしまう方が増えるようです。

2学期スタート早々に体調を崩して欠席…となれば学業や部活にも悪い影響を与えてしまいます。

以下に簡単なアドバイスを列挙します。


① 睡眠時間について

夏休み中の生活が少しずれてしまって夜更かし・ゆっくり起床の習慣がついてしまった方は要注意です。

学校が始まったら元に戻すというのは言うのは簡単ですが実際には体力に負担が大きく、結局睡眠不足になりがちです。

その結果、季節外れの風邪や腹痛などを引き起こしがちです。

厳密にはストレスなく元通りの生活スタイルに戻すのには1週間程度の時間が必要と言われます。

夏休み終盤から戻していくのが理想です。


② 体温調節について

9月になってもまだまだ暑い日々が続きます。しかし日々の気温は少しずつですが下がってきています。

ここで体調を崩しがちなのが今まで通りに冷房・エアコン癖がついたままになっている方です。

昨今では外気のままだと逆に体調を崩す程高い気温なのですが低ければいいというわけではありません。

体温の低下は腹痛やだるさ・倦怠感を引き起こしがちです。

9月以降は冷たい飲み物を減らす・入浴の際にゆっくりと湯船につかるといった「体に熱を溜める」習慣をつけていくのがよいみたいです。


「健康な魂は健康な肉体に宿る」という言葉がありますが、実はこれは古代ローマの頃から言われているのです。

当時から健康であるからこそ気持ちの落ち着きがあるという観点があったことが分かります。

2学期もきっちり成績をあげていきましょう。

家庭教師のトライは一人ひとりの成績や個性に合わせて皆さんの気持ちを徹底的にサポートしていきます。

このページのトップに戻る

2019年8月23日

夏休み明けに向けて

皆さんこんにちは。
そろそろ夏休みが明ける頃ではないでしょうか?
夏休み皆さんはどのように過ごしましたか?
怠けてしまった人、きちんと勉強した人、クラブに打ち込んだ人色々いるのではないでしょうか?
夏休みの課題が残っている人っていませんか?
実は私もどちらかといえば最後まで残してしまうタイプでした。最終日に必死になって課題の答えを映していかにもやったかのように提出し、課題の確認テストでボロボロになってしまい、休みが明けて授業が始まるとすぐに後悔をする、そういった負のサイクルに陥るタイプでした。
皆さんにはそんな風になってほしくないので、今回は今課題が終わっていない、もしくはもう終わったけどほとんど映したようなものという人に向けて書いていこうと思います。
まず今から課題をやる皆さんですが、こちらの皆さんは至って簡単で、解説を見ながらでもいいのできちんと解けるようにしましょう。
解説を見てやり方を覚えて再度その問題を解説を見ずに解けるようにしておきましょう。その際に注意するべきことは解説を丸暗記しないことです。そうしてしまうと応用問題が出てきたときに解けなくなってしまいます。あくまでも目的はきちんと解けるようになることなので答えだけ覚えておしまいにならないように、そして応用問題が出てきても解けるようにすることが大事です。
次にもう終わってしまった人に関してです。
こちらの人は、いまからでも何問かやり直してみましょう。もしその問題をみてきちんと解けるなら続けて解いていきます。
もし解けない問題が出てきたときは、きちんと解けるようにしなければなりません。ですので、出来ない問題に当たった時はやってない人と同じできちんと開設を見て理解できるようにしていきましょう。
またどちらのタイプにも当てはまることが、解くときになるべく問題集や教科書をみてきちんとやり方を一から見直していきましょう。
教科書で基本を見て公式や基本形をきちんと復習することが大事です。
まだ課題を終えてない皆さんや学校が始まってなくて課題を終わらしじまいな皆さんは実はほかのみんなよりチャンスです。
もう一度一からやって後半の授業にしっかりついていけるように頑張りましょう。

このページのトップに戻る

8月も終盤になってきました。早いところでは今週から2学期が始まる学校もあります。
当然ながら、ですが夏休みの宿題は終わっていますね。新学期早々流れに乗り遅れないように今一度宿題関連の見直しをしておきましょう。

新学期になり、2学期授業がスタートすると個人差はありますが生活リズムの変化についていける、いけない子が出てきます。2学期になったら急に疲れやすくなったという経験はないでしょうか?夏休みと異なり、日々が学校での学習中心の生活に戻りますので、皆さんの「脳」についても準備運動が必要になってきます。

学年に関係なく、最強の脳トレは「計算」!
この時期にやっておいて決して損のない学習に計算問題があります。
我が国におけるあらゆる学年の教育において特に算数・数学についてはかならず
1学期に新たな計算を覚えるという特徴があります。これはすなわち
<b>「どんな人でも1学期に新たな計算方法を授業で習っている」ことになりますので、ここがねらい目。この時期に1学期に学んだ計算問題を広げ解きなおししてみましょう。回答スピードや正答率などチェックしておくことが賢明です。

中~高校生は応用問題も復習しておこう
和歌山県内の中学~高校では早い段階から夏休み確認テストを実施しているところが多く、その中には文章題や特殊な計算・英語での作文や国語記述など、いきなり完成された知識や思考力を問う問題が多く出題されます。
特に文章題など応用問題で

どの数字に注目してどんな式を作るか、
どの文のどこまでを抜き出す(まとめる)のか

といった思考力は前項目の計算問題での心配がなくならないとなかなか伸びない傾向があるようです。実際トライの指導でもこの思考力トレーニングは特に重視され、特に高校入試を控えられている方や智辯和歌山・開智など私立中・高に通われている方はこの分野のレベルアップは点数に直結します。過去に解いたやや難レベルでの文章題を書きながら解きなおすといったことをやってみましょう。

家庭教師のトライでは和歌山県下で生徒一人ひとりの目標・目的に合わせて学習方法や管理方法を立案し、学生講師からプロ講師まで豊富なメンバーでみなさんの学習をバックアップしています。
2学期に成績を一気に上げたい、自分を変えたい。といった方はぜひお問い合わせください。

このページのトップに戻る

2019年8月6日

AO入試を受ける人へ

受験生のみなさんこんにちは。


夏休みがあけるといよいよ受験本番に向けてスタートすると思います。
特に今回はAO入試を受ける人に向けて書いていこうと思います。


夏休みがあけるとまずAO入試の皆さんが本番になりますよね。

みんなはもう少し時間があるのに僕たちはもうすぐでとても緊張する、という人も多いのではないでしょうか。

かくいう私もAO入試を受けたものとしてその気持ちは大いにわかります。

しかし、AO入試を受ける人たちは実は得をしているようにも受け取ることができるんです。

なぜなら、もしそこで第一志望が受かれば一足先に受験を終わることもできますし、もし残念なことに受からなくても受験本番の緊張を誰よりも先に感じて、その後に受ける入試やセンター試験での緊張を誰よりも早く味わって対策することができるからです。
では、前置きはここまでにして、今からでもできることについて紹介していきます。
まず初めに、本当にそこを受けるか考え直してみましょう。


え、今から考え直すの?と感じた人も多いでしょう。

しかしもしそこで本当にしたいことではない人がAO入試を受けた場合、AO入試とはいわゆる適性検査のようなものですからほかにそれをしたいと望んで入試を受けた人たちに遅れを取ることになります。

ですので考え直してみましょう。



次に本当に受けるとなった時、では入試で何をするのかもう一度確認してみましょう。
ちなみに私の時はまず初めの一次試験の時は国語と英語のテストでした。また別の学校では5科目でテストをするというところもありました。

なのでまずはテストで何をするのかそれをきちんと確認しましょう。
そして確認した後次に対策を立てていきましょう。

とは言っても何をしていいのかわからない人は科目テストがある人は科目ごとの勉強を、芸術系の人は書店でさらに研究していきましょう。
科目ごとにテストがある人や小論文がある人はさらに授業の回数を増やしてまずは本番のラストスパートに向けてやっていきましょう。
皆さんが受かることを応援しています。

このページのトップに戻る

2019年8月2日

大学受験生に向けて

皆さん、こんにちは。
今回は受験生に焦点をあてて話していこうと思います。
以前夏休み(受験生)を上げましたがそれに補足という形で見てください。
まだの方はぜひそちらから。


では改めて、受験生の皆さんへ。
まずは志望校は決まっていますか?
大学受験の皆さんは志望校と将来したいことが決まっていますか?
さらにもう一つ。
そのしたいことは本当にしたいことですか?


私は大学受験の時高3の夏で実はやりたいことが変わりました。
もともと英語を活かした大学に行こうとしていました。
しかし、「本当にそれをしたいのかな?」と考え直したときわからなくなり、しばらく悩み続けました。


そんな時習い事をしていた時に後輩に教えると感謝されたのが僕にとっての転機でした。
僕は後輩に教えて感謝されたとき教えることが好きなんだなと思いそして「教師になりたい」と思いました。
その結果教育の方に進むことを決め、現在関西の中でも比較的に有名なところに行くことができました。


ここで私が言いたいのは、「本当にあなたがやりたいことなのか」もう一度見直してほしいということです。


今、絶対に「これ」と思える人はそのまま頑張り続けてください。
でも少しでも迷いが生じている人はもう一度考えて直してみるのもいいかもしれませんね。
これが考え直すラストチャンスだと思います。


ぜひもう一度考え直してみるのもおすすめですよ。

このページのトップに戻る

2019年7月30日

夏休み(受験生編)

皆さん、こんにちは。
夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
クラブに遊びはたまた受験勉強など多くの過ごし方があると思います。
夏といえば「天王山」という言葉があるほど学生にとって夏休みは大事ですよね。


今回は始まったばかりの夏休みの過ごし方をピックアップして話していきます。


まずはやはり受験生から。
受験生はやはり売り文句だとは思いますが、夏を制する者は受験を制します。
受験生の皆さんは、ここで本当の自分が苦手としているところを授業で洗い出しましょう。


各科目で苦手な分野や科目を割り出して集中的にそれを少しでもつぶせるようにしていきましょう。
そのうえで志望校の過去問を解いて確実にできるようにしていきましょう。
各科目で過去問を解いてできたところは次にミスをしてできなくならないように、できなかったところは解説を見てこういう風に解くんだときちんと理解し、そのうえで説明できるようになるまで理解するようにしましょう。

ここで大事なのは、後日に解きなおして、その時に「こういう風に解くんだったな」と説明できるようになるまでなっておくことです。

説明できなかったら改めて解説を見てまた次の日に解きなおしましょう。
同じ問題ができるようになっても問題を少しいじられてできなくならないように、基本をきちんと覚えてそのうえで応用にも反映できるようにしておきましょう。

家庭教師のトライでは、夏期合宿やお盆合宿をしています。
今まで数多くの生徒さんが参加しその結果合格をつかみ取っています。


合宿が合格のカギとなった生徒さんもたくさんいます。
受験生の皆さんで参加する余裕がある人はぜひ参加してみましょう!


同じ受験生同士刺激を与えあうことができるかもしれませんね!
更に関関同立や産近甲龍を目指している生徒さんは将来の仲間も見つかるかもしれませんね!

このページのトップに戻る

2019年7月26日

夏休み

皆さん、こんにちは。
前回は受験生でしたが今回は非受験生の方に向けた過ごし方を書いていきます。
非受験生の皆さんも1年または2年後には受験生になっています。


でもやっぱりクラブや遊びやらで忙しいうえ、「受験生と言われてもまだでしょ」と少し緩く感じてします方もいるかもしれません。
確かにもう数年余裕がありますし、クラブをしている人はクラブに、他に熱中することがある人はそれに熱中することは悪いことではありませんし、それが何かしらの形で必ず将来に生きてくるので熱中してください。そしてそれを途中でやめたりしないでください。


そのうえで非受験生の方は少なくとも志望校を大まかにでも考えてそのうえでオープンキャンパスをしている学校は行ってみてください。たとえそこが自分にとって行けないかもしれない高望みの様なところだとしても行きたいところに行ってください。
もしそこで刺激を受ければさらに頑張りにつながりますし、イメージと異なっていたらまた修正できるようになります。
あくまでも行ってみることが大事です。そしてそこで少しでも刺激を受けてきてください!


志望校が大まかにでも決まっている方が受験生になったときに合格に1歩近づいていきますよ!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。
そろそろ6月も中頃になってきて、期末試験が徐々に近づいてきているのではないでしょうか。
以前から中間テスト後から期末テストまでの期間にするべきことを伝えてきましたが、今回は日本史や世界史をピックアップしてお話します。
歴史系の科目は言わずもがな暗記系科目で、皆さん好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。
今回は高校の時世界史を選択していたけれど苦手だった僕がテストで70点まで上げた方法をご紹介します。
まず初めに、70まで上げたって言っても元が50くらいあったんでしょ?と思った人もいるのではないでしょうか?そんなことはありません。
私はこの方法でやるまで最初にも言ったように世界史が苦手でそれまでは30点台、いわゆる赤点が普通でした。ですがこの方法をすることで、点数が70点まで延び、関関同立に合格できるくらいまで実力を伸ばしました。
産近甲龍ならばこれをしてみれば確実に勝負できるようになるでしょう!
では早速そのやり方を紹介いたします。
まず初めにですが日本史でも世界史でも共通して私は山川の一問一答と所説世界史・日本史を使用していましたので今回はお勧めのこちらの教材を使っている体でお話しを進めていきます。
まず、教科書を数ページ読んでから見開きのノートを用意してください。次のそのノートの片方のページにキーワードを書き出してください。
その日はここで終わりです。問題は次の日です。
その次の日にもう片方のページにそのキーワードについて説明を書いてみてください。驚くほどかけないです!
では書けなかったものをもう一回教科書を読んで理解してみましょう。これを繰り返してください。これだけです。
これだけで点数が大幅に私は伸びました。確かに個人差があると思いますが少なくとも10点は確実に伸びます。
今回は日本史・世界史に焦点を当てて紹介しました。是非お試し下さいね!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。


もうすぐ6月も中盤でそろそろ梅雨が始まって気分が憂鬱になり始める時期ではないでしょうか。そこに追い打ちをかけるように勉強のこと、となるとさらにネガティブになる人も多いことでしょう。


ですが、そうはいっても7月には楽しい夏休み!の前に期末テストが控えていますよね・・・


今回は 今からできる対策(国語編)を紹介いたします。
まずは国語、高校の人たちは現代文でしょうか、そのやり方から。
現代文は実のところ文を読んで得しかできないのだから、できることなんてないじゃないの?と思う人もいませんか。今できることはあります!


それは、中学生の人たちは特に接続詞を意識して読んでおくことです。中学校にもよるでしょうが、「ここに当てはまる接続詞はどれか答えよ」といった問題が少なくとも一問は出る傾向にあります。
ですので、意識しておくと良いでしょう。


高校生は、筆者のほかの作品や、接続詞、さらに正しい漢字がどれかを選ばせる問題が多い傾向にあります。漢字だと「収める」と「納める」のようにどっちを使っていいか迷うとき結構ありませんか。こういった区別がつきにくい問題はテストに出やすいテンプレートですよ。


次に高校生は厄介なことに古文・漢文がありますよね。こちらは、古文に慣れていなくてどうしたらいいかと悩む場合には、今も実は知らないうちに使っている言葉等を知ると少しは親近感がわくのではないでしょうか。


そういった風にすると、嫌いなことも少しは興味を持てるようにはなりますよ!興味を持てるようになるだけで十分な進歩になりますよ!
ぜひ、試してみてください。

このページのトップに戻る

前のページ

和歌山県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら