教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



5月も終盤になってきました。

この時期になるとどの中学校・高校とも中間テスト直前期となります。
当ブログを見ながらもテスト対策に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。

さて、今年の1学期中間テスト期には大きな特徴があります。
ご存じの方も多いと思いますが4月後半~4月初頭のゴールデンウィークの長期化がそれにあたります。
これはただ単に休みが多いというだけではありません。
授業の回数が少なくなりますのでその分進度も遅れ、テスト範囲も少なくなります。
現在、和歌山県内ではテスト中止の情報は入っていませんが大阪南部では授業やった範囲があまりに少ない為
期末にまとめてテストを行う中学も出てきています。

すなわち今回テストは極めて範囲が狭いことははっきりしています。

ここで気付いていない方も多いので明らかにしますが、

まず「テストは100点満点である以上、問題数を減らすわけにはいかない」という事です。
すなわち、その分数学の定義問題や国語のまとめ記述など細かい問題が多くなるという事になります。
上記の2点が得意という方はあまりいないと思います。正答率の低い問題が中間テストには出題されることになりそうです。
範囲の狭いテストではテスト問題で出題される問題の細かさに気をつけることが必要です。思わぬ失点に繋がることも多くなります。

次に最高点と最低点の差がほとんどつかないという点もあります。おそらくですが各学校が作成するテストはそれでも
差をつけるべき問題を作ってきますので「単調な問題でのミス」をチェックしてくることが多くなると思われます。
例えば全学年とも数学での計算問題の数が多くなると思われ、その分ミスをしてしまうと点数を落とします。
同様の理由で英語の書き換え問題や国語の漢字・接続詞問題などあくまで基礎・標準問題での多くの問題が予想されます。

最後にに履修(学校で習うこと)をしていない単元はそのまま1学期期末範囲にスライドすることになります。
ほとんどの中学・高校では1学期に進む分野はあらかじめ決められているので、ほぼ間違いなく期末テスト範囲は
予想以上の広範囲からの出題になることが予想されます。
中間対策中ですがしっかりと期末テストに向けてのイメージを持っていきましょう。

今回のテストに向けての最善の対策としては「基礎からしっかりと全ての問題を解きこなす」という
当たり前のことですが、これを徹底的に繰り返す事だと考えます。
特に新1年生の皆さんにとってはこれが初めてのテストです。テストのデビュー戦を高得点で飾っていきましょう!

家庭教師のトライでは生徒の皆さん一人ひとりの学習の特徴や性格を捉え、マンツーマン形式での授業に加え、
学習内容についても個人別にオーダーメイドされたカリキュラムに沿って進んでいます。

勉強の方法を変えたい、部活と両立したい…など学習に対しての悩みごとは無数に存在します。
トライはそれらすべてに対して剤全の対策を提案しています。いつでもお問合せ下さい。

このページのトップに戻る

4月も下旬になり、日によっては汗ばむ程の陽気になり、過ごしやすい環境になってきました。

特に受験生の方は、この一年は学力アップの為の勉強と同時に健康管理も大事です。

しかし、暖かくなるこの時期には体調を崩す方が多くなります。


4月~5月は気付かないうちに疲れ・ストレスを溜め込んでしまいがちです。

4月からの新しいクラスなど生活環境の変化や、ついつい夜更かししてしまうことも原因のひとつではないかと思います。

5月の下旬からは梅雨入りも予想され、天候が体調に及ぼす受ける影響も少なくありません。


体調管理には、「一定水準以上の睡眠時間」と「栄養バランスの取れた食事」が最も効果的と言われます

もちろんここで言う睡眠時間は昼寝や居眠りではありません。就寝時間と起床時間をきっちり守り、健康を守りましょう。


4月下旬にはゴールデンウィークが始まります。

今年は学校によっては9~10日間の休暇となるところもあり、春休みがまたやってきたような感覚になると思われます。

このような大型連休はおそらく経験がないのではないでしょうか。

しかしながらこの大型連休には大きな落とし穴があります。


①学習ペースが乱れやすい。しかも1学期のテスト範囲は…

普段の中学・高校に通う生活スタイルから一転してお休みの生活になります。

授業がないのですから、当然自分から勉強しようとしない限り机には向かいづらいと思います。

その結果この10日間ほとんど復習もできないまま連休が終わってしまう事も考えられます。

これは想像以上にダメージが深刻で、集中力が散漫になる・連休前に学習したことが忘れやすくなるなど

その場では気付かないがその後の点数を大きく下げてしまうことになりがちです。


特に中間テストでの数学(智辯・近大など私立については代数分野)の範囲は計算処理を問うものが多く、これらは特に集中力・注意力のダウン、すなわちミスから思わぬ失点が出がちです。連休中の生活態度からこんなところにつながるので注意しましょう。

集中力のコントロールは自己管理が難しいものです。集中できる時間を作る・家庭教師などの授業を確保するなど工夫が必要です。


②肝心の中間テスト日程はすぐそこにある

学校にもよりますが連休終了の翌週には中間テスト発表するところもあります。

連休気分が抜けないうちにテスト発表されても今年の場合は不思議ではないです。

満足な対策もできないままに新学年の最初のテストでつまづくわけには決していかないならば

連休中は「もう中間テスト前」という感覚を持っておいた方がいいと思います。

このブログをご覧のみなさんについては、連休が始まる前に定期テスト日程をカレンダーに書き込んでおくことを強くおススメします。

長期休暇中の学習指導や管理は家庭教師をつけての学習が最も効果的であると思います。

現状の成績を打破していきたい・学習内容を改善していきたい方は家庭教師のトライ教育プランナーまでお気軽に相談ください。

このページのトップに戻る

2019年4月10日

新学期が始まる前に

4月になり、肌寒かった気温も日々和らいできました。

始業式や入学式など春のセレモニーも終わった時期だと思います。

新しい学校・新しいクラス…毎日が目に新しい貴重な時間でしょう。


この春、新たに中学生・高校生になられた皆さん、ご入学おめでとうございます。

これから始まる新しい学校生活に向けて、学習面でのさまざまなコツを伝授していきますので是非参考にしてください。

2年生・3年生の皆さんにも役立つ内容であると思います。


①4月はペースを作る月

「4・5月の生活がこの1年のベースになる」と言われます。

4月、5月に学習する習慣がついた人はそう簡単には崩れることはありません。

この時期は1年中で最もスケジュールが楽な期間でもあり、学習時間等を整理していくのに最適な時間であると言えます。

気持にも最も余裕が生まれやすい時期です。

例えば、学校・部活を終えて帰宅した後に、宿題や数学問題集をやるようにしてみましょう。

多少のめんどくささは確かにあると思います。しかし「変えたい・変わりたい」なら今がベストです。

4・5月を乗り切れば自然とその学習が習慣になっているはずです!


以前にも「勉強時間を決めるより勉強時間帯を決める方が定着しやすい」話をしました。

「〇時~〇時までは勉強」といった毎日のスケジュールをつくって行きましょう。

1年間の学習スケジュールは今月の行動にかかっているといっても過言ではありません。


②公立中学生は「計算」を得意になろう

公立中学生の場合、この4月に数学で学ぶ内容は

1年生:正の数・負の数

2年生:式の計算・多項式

3年生:展開と因数分解

と全て計算分野です。

すなわちこのタイミングではどの学年も計算問題を多く解くことになります。


高1・2生も同様ですが高校数学では高校別のテスト問題の格差が大きくなります。

特に桐蔭・向陽など中高一貫校では計算問題も複雑になり、なおかつ短時間で解ききる必要があります。

この時に「計算ミスの多い方」は要注意です。

今月とテスト前だけは、問題を解いた後の見直しをもう一歩丁寧にやってみてはいかかでしょうか?


4月は、普段の生活にほんの少しの工夫を加えるだけで学習のはかどり具合が劇的に進化します。

今しかできないことを考え、色々なものを参考に、取り入れていきましょう。


家庭教師のトライでは小~高校生の皆様一人ひとりの学習に対しての悩みにきっちり対応し、成果を出しています。

成績を上げたい・自分を変えたいという方はお気軽に声をかけてください。

このページのトップに戻る

2019年4月5日

春休みが明けて

皆さんこんにちは。

春休みがあけ、新学期が始まりました。


1学期はどの科目もどの学年もこれからの基礎になるのでしっかり勉強しましょう!


春休みに勉強を怠けてしまった人も、まずはしっかりと授業を受けておきましょう。

来月には早速中間考査も始まりますので、まずはしっかり一回一回の授業受けて

なるべく授業中に理解できるように頑張りましょう。

そうすれば中間考査が多少なりとも楽になります!


新高1生、新中1生は周りの環境がガラッと変わり戸惑っているのではないでしょうか。

そのほかの学年の皆さんも学年が上がり、受験生になったり一番大変な学年になったりと皆さん大変だと思います。

新しく学年が変わり勉強やクラブにと追われると思いますが今を後悔しないよう精一杯楽しんでください。


4月から受験生になる中3、高3生は今年が勝負です。

まずは英語は今の時期から単語の総復習、国語は長文の練習を徐々に始めましょう。

あの時しておけばよかったと後悔が無いようにしてください!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

もうすぐ新年度がやってきます。

学年が上がって次の段階に進みます。

今からわくわくしている人もいることでしょう。


しかし、学年が上がれば上がるほど、責任も大きくなっていきます。

前の学年では怒られなかったことでも、学年が一つ上がると怒られたり、

出来なくても仕方なかった事が、出来ないとダメだといわれたり。

責任が大きくなっていきます。


今年度を振り返って、自分ができなかったこと、失敗してしまったことを思い出して、

少しでも改善していけるようにしてみましょう。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

前回は、英語の文など書き写すタイプの課題についての攻略法を書きました。

今回は、数学など、自分で考える必要のある課題についてです。


答えがある場合は、答えだけではなく解説をしっかり見て解いていくのがベストだと思います。

たいていの人は「え?はじめから見ていいの?」と思うかもしれません。このやり方は本来邪道ですから。

ですが春休みは時間も限られていますし、部活や遊びもあるので、課題に使える時間は少ないと思います。

解き方が分からないと悩んでいても仕方がありません。答えがあれば解説をみてやり方をきっちり学びながら進めましょう。

もちろん、解答を写すだけではいけません。

このやり方の肝は、解説を読んでやり方を学ぶ事です。

単に写すだけでは、テストのときに解けません。

解説をきっちり読んで理解しながら写せば、確認テストでも解けるので問題ありません!


春休みの課題の攻略法についてご紹介いたしました。

ぜひ一度試してみてください。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

もうすぐ春休みです。

クラブに習い事、友達との遊びの約束や、家族旅行・・・

様々な予定があると思いますが、どうしてもついて回るのが、春休みの課題


前回は、春休みに入る前に始めてみては?とアドバイスいたしましたが

結局のところ早めに、こつこつやるしかないのか・・・と思った人もいるかもしれません。


今回は、春休みに入ってからでも、楽に課題を終わらせていく方法をお伝えします。


このやり方は、課題の量や種類によって変わってきます。


まずは書き写すタイプ(英語の例文の書き取り等)の課題についてです。


同じ書き取りを何度もしていると、飽きてきたり、つらくなってくると思います。

こういったタイプは、なるべく字数が多いものを優先して、同じものを連続して書くのではなく、

ひとつ書いたら次は別のものに取り組んでみてください。

ここで大事なことは、字数が少ないものを後回しにしておくことと、同じ書き取りを繰り返さないことです。


字数が少ないものを後に回しておくと、不思議なことに、残りは少しだと錯覚して、気が楽になります。

また、同じ書き取りを繰り返しすのではなく、わけてやることで、

二周目のときに、そういえばこんな感じだったなと、記憶の定着を助けてくれるのです。


おすすめの方法です。ぜひお試しください。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

今回は、まもなく新年度を迎える皆さんの役に立つ情報を伝えていきたいと思います。


学校によっては、新学期が始まってすぐにテストがある学校もあるのではないでしょうか。

春休みにクラブがあって宿題が最終日までに終わらない・・・

遊んでいて気付けば最終日に徹夜しなければいけない状況に・・・

ということにもなりかねません。


宿題を毎日こつこつやっていれば、最終日までには間に合いますが、

そうは言っても、忙しかったり遊びたかったりで、なかなか手につかないこともあると思います。


そこで、トライさんのおすすめは、

春休み前の短縮授業の日に、部活が始まるまでの時間や、自習の時間、早く終わった授業時間など、

隙間をみつけてやってしまうという方法です。


短縮授業期間には、まだ全ての宿題は出されていないと思いますが、いくつかはすでに出されていると思います。

春休みにできないならば、春休み前に手をつけていきましょう!

早く終わった授業の残った時間に少しでもやってみてください。

まわりの人と話しながらでもいいので、1問や2問ずつでも進めてみましょう。

春休みが始まる前には、1つの課題の半分くらいは終わっているはずです。


今はまだ短縮期間の学校も多いでしょう。今からでもはじめてみてください。

春休みの最終日に徹夜することになったとしても、今から手をつけておけば、かなり分量が減っているはずです。


もちろん、こつこつやるにこしたことはありませんが、

どうしてもこつこつできない場合の対策として、ぜひ参考にしてみてください。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちわ。最後は中学3年生へ向けてです。

3年生はついに高校生へ進んでよりいっそう難しくなってきます。

皆さんの力になりたいと思い、「せめてこれだけやっておけば!」と言う勉強を考えてお伝えします!


<英語>

「文の構造」「時制(基本・完了)」「不定詞」「動名詞・分詞」


<数学>

「整式の加減乗法」「展開・因数分解」「実数・一次不等式」「場合の数」


です!

「こんなにもやらないといけないのか・・・」と思ったでしょうか。

全部やらなくてもかまいません。

1日1単元

それも応用は置いておいて、基本問題の、さらに例題だけでもかまいません!


分からなかったところは復習できますし、例題を見てすぐに理解できるところは飛ばしてもかまいませんので、

どんどん進められるはずです。

上にあげた単元をどんどん見返していって、分からないところだけを勉強してみてください。

次の学年が始まったときには、確実に実力が前の学年よりも上がっています!


大事なのことは、簡単なことでもいいので、やってみることです。

このページのトップに戻る

2019年3月10日

花粉症に負けず

皆さんこんにちは。

花粉症の季節です。

今年は例年より花粉症になるのが早い気がします。

私トライさんも花粉症で、目がかゆくなったり、鼻水が出たりで苦しんでいます。

部屋を閉めきっていても目がかゆくなります。


花粉症の方は、勉強やクラブのときもつらい思いをしているのではないでしょうか。

集中力が下がってしまって、いつものように勉強が進められなかったり、

クラブで思うようなパフォーマンスを発揮できなかったり・・・。


花粉症ではない方には、なかなか理解されづらい辛さかもしれません・・・。


それぞれ花粉症の対策はしつつ、その上で、いつものように頑張れないこともあるのも、

この時期は仕方ないと諦めて過ごすのもひとつの方法です


皆さん、良い春休みをお過ごしください。

このページのトップに戻る

前のページ

和歌山県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら