教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



山形県の中学生・高校生の皆さん、こんにちは。

本日は「学外受験」についてご紹介します。


「学外受験」とは、各大学が自校キャンパスの所在地以外の都市に設けた会場で受ける受験のこと。

地元で受験ができることにより、


・交通費や宿泊費が節約できる

・精神的・肉体的な負担軽減できる


といったメリットがあります。



こうした「学外受験」を設置する大学は年々増加しており、私立大学では全体のおよそ7割に上ります。

国公立大学でもおよそ3割の大学が学外受験を採用しており、東北もその例外ではありません。


例えば仙台会場では、北は北海道大学(北海道)室蘭工業大学(北海道)から、

関東も高崎経済大学(群馬)前橋工科大学(群馬)都留文科大学(山梨)など多数。


こうした「学外受験」の可否を調べてみると、 少なからず志望校の選択肢が広がるのではないでしょうか。

志望校情報の提供・合格カリキュラム作成は、私たち受験のプロにお任せください。



キョダイキャンペーンも実施中。


まずは無料の学習相談から、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはコチラ

キャンペーンについてはコチラ

プロコースについてはコチラ


このページのトップに戻る

山形県内では、高校や大学入試の受験結果がぞくぞくと届いております。

今回は見事合格を掴んだ生徒様の中から、一人の合格体験談をご紹介いたします。



佐藤萌 さん合格体験談

山形県立北村山高等学校 推薦合格


Q.先生との思い出や印象的な出来事を教えてください。

A.社会は、歴史の人物にあてはめてわかりやすく話をしてくれて、頭に入りやすかったし、面白かったです。

数学はできなかったところができるようになり、褒めてもらったのが思い出に残って、勉強の励みになりました。



Q.保護者様から見てお子さまの成長した点を教えてください。

A.自ら学ぶ事に対して前向きになりました。

苦手な事も取り組む様になり、大きく変わったと感じられます。





合格おめでとうございます!

萌さんの更なるご活躍を心より応援しております!

このページのトップに戻る

山形県の高校生の皆さん、こんにちは。


本日は国公立大学二次試験の傾向を分析しながら、

逆転合格」する・されないためのアドバイスをしていきます。


特に二次試験の配点が高い大学の受験を考えている方は、最後まで気を緩めずに対策をしましょう。


「文系」・・・「数学」で差がつく!

「理系」・・・「英語」で差がつく!


各大学ごとに実際の得点分布を分析してみると、

国語理科は平均点の前後に受験生が集まっており、それほど大きな差はつかないことが分かります。


一方、数学や英語は得意・苦手の傾向が出やすく、合否を分けるカギとなっているようです。


特に注目したいのが、「数学」です。

合格者の得点を見てみると、完答できなくとも逆転合格を勝ち取っている受験生は意外と多いようです。


というのも、2次試験は減点主義ではなく加点主義

正解までたどり着けなかったとしても、コツコツ部分点を獲得できれば大きな差になります。


箇条書きや走り書きのような答案ではなく、

筋道だった分かりやすい答案の作成を心がけ、抜け目なく得点を勝ち取りましょう。


志望校情報の提供・合格カリキュラム作成は、私たち受験のプロにお任せください。


巨大キャンペーンも実施中。

まずは無料の学習相談から、お気軽にお問い合わせくださいませ。

詳しくは、こちらのページにてご覧ください。

このページのトップに戻る

山形の皆さん、こんにちは!



春の恒例行事となりました、トライの勉強合宿!



以前のブログでも申し込みがスタートした旨をご報告しておりましたが

その後、お問い合わせ・申し込みをたくさん頂いております。


定員も徐々に埋まってきているため、春期講習をお考えの方はぜひ、お早めにお問い合わせください。



トライ春の勉強合宿概要

【会場】ホテルモントレ仙台 3/31(日)~4/2(火)

メトロポリタン盛岡 3/29(金)~3/31(日)

【料金】68,000円(税抜き)+テキスト代金

※非会員の方は参加費が10%upになります。




~春合宿ポイント~

①現状の学力を正確に把握する

②志望校や目標を定める

③重要単元を復習し、来年度への土台をつくる

④目標達成のための年間計画を作成する




ぜひ、トライの合宿で1年間の良いスタートダッシュを決めましょう!

お問い合わせお待ちしております。



このページのトップに戻る

山形県の小学生の皆さん、こんにちは。



2020年は東京オリンピックのかいさいをはじめ、日本にとって大きな「変化」の一年になることが予想されています。



「勉強」も、決して例外ではありません。



IT化が進みAIが広まる世の中で活やくできる力を皆さんに身につけてもらえるよう、学校で勉強する内容も大きく変わっていきます。


これが、2020年教育改革です。




では、2020年度から小学校の勉強はどのように変わっていくのでしょうか。




今回の教育改革の変更点は、大きく以下の3つです。



① 早いうちから「英語」に取り組むようになる

② 「道徳」の勉強に力を入れる

③ 「プログラミング」に関する勉強が始まる




またこれ以外にも、国語や算数でも「なぜ?」と疑問を持つ力思考力(「考える」力)をきたえるような授業が増えていきます。




つまり、答えが「分かる・分からない」、「知っている・知らない」だけでなく、

考えるプロセスやアイデア力、コミュニケーション能力が大切です。




これからの社会で求められる能力を身につけるためには、ひたすら問題を解いていく「パターン学習」だけでなく、

考えるプロセスを確認しながら深めていくような勉強がひつようです。




マンツーマンの家庭教師のトライなら、○か×かだけでなく問題の解き方や考えるプロセスまで確認できます。



2020年教育改革にむけて、私たちと一緒に「考える」力をきたえていきましょう。




巨大キャンペーンも開催中!

まずは山形県担当の教育のプロ「教育プランナー」による、無料の学習相談から。



お気軽にご相談ください。詳しくはコチラまで。(https://www.trygroup.co.jp/campaign/)

このページのトップに戻る

山形の皆さん、こんにちは!

本日は、大学受験で利用できる英語の試験について、テーマにしたいと思います。

皆さんは、TEAPという試験をご存知でしょうか。


TEAP(ティープ)とは、Test of English for Academic Purposesの略で、
2014年から実施している新しい英語能力試験になります。
紙で行うTEAPと、PCで行うTEAP CBTの 2種類あります。

TEAPおよびTEAP CBTは主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して作られており、
レベルの目安としては英検準2級〜準1級程度です。


試験は、読むReading 聞くListening 書くWriting 話すSpeaking
4技能のテストになります。
※TEAPは Reading / Listeningの2技能もあります。TEAP CBTは4技能のみ。


近年、TEAPを入試に活用をしている大学が増えております。
TEAPのスコアが大学の指定した基準を超えていると、
学力試験で英語が試験が免除されたり、TEAPのスコアが点数に換算されるなど、
大学によって活用の仕方は様々です。


TEAPは高校 2年生から受験可能です。
また、スコアは取得後2年度の間有効となっております。
高校 2年生の時にTEAPを受験していれば、そのスコアが受験の時に活用可能であり、
他の教科の勉強に集中できるという大きなメリットがあります。

次のTEAPの試験は7月(CBTは6月)です!
未来の大学受験を見据えて、英語のスキルアップを兼ねて、ぜひチャレンジをしてみてください。

トライでもTEAPの対策は可能なので、ご興味がある方はご相談ください!

このページのトップに戻る

山形県の受験生の皆さん!

毎日の受験勉強、本当にお疲れ様です。


早いもので2月に突入し、受験シーズンど真ん中ですね!



さて、これまでの定期テストや模試を振り返ると、

「分かっていたのに、時間が足りない・・・」という悔しい経験のある方も少なくないのではないでしょうか。



万が一心当たりのある方は、一度問題を解く「順番を見直してみましょう。




模試や実力テスト、そして入試本番の問題は、大きく3つの難易度に分かれています。


基礎問題・・・多くの受験生が正解できる

標準問題・・・正解の受験生も不正解の受験生もいる

応用問題・・・一部の受験生のみ正解できる




このうち、③応用問題は全体の正答率が低いため、なかなか受験生同士で差がつきません



それよりも、いかに①基礎問題を確実に取ることができるか(ミスを防ぐか)

そして②標準問題を1問でも2問でも多く得点に結びつけることができるかが勝負の分かれ目です。



つまり・・・ 問題を解くべき順番は、①基礎→②標準→③応用がベストです!




「本当は解けたのに、他の問題に時間をかけていたら間に合わなかった・・・」 ということがないよう、

得点に結びつきそうな問題から順に解いていくという思考を大切にしましょう。



当然、本番の問題は難易度順ではなく、分野や単元ごとに区切られていますので、

大問1から順に解いていくのではなく、

自信を持って解答できる問題や、過去に解いたことのある問題を見極めることが必要です。



そのため、直前期になって慌てて応用問題を解き始める受験生の方もいらっしゃいますが、

そのベースとなる基礎知識や標準レベルの内容を固めることも、非常に重要です。


たくさん問題演習を行っていく中で、

自分が「解ける」と感じることができるような問題を、一つずつ増やしていきましょう。

このページのトップに戻る

トライの春キャンペーンがスタートしました!


今回のキャンペーン内容はなんと、

3 大 特 典 が付きます。



【2019年春キャンペーン】
①入会金無料
本来、ご入会時には税込10,800円の入会金をいただいております。
キャンペーン期間中のご入会者様に限り、入会金を免除させていただきます。


②授業料2ヶ月分無料
60分8回の無料授業をお付けいたします。


③自習スペース無料開放
山形市内、米沢、鶴岡にトライの個別教室がございます。

そちらの自習スペースを家庭教師で契約の方も無料でお使いいただけます。



春期講習としての短期のご利用も大歓迎です。



「新学年になって勉強を頑張りたい」
「受験に向けて動き出したい」
「春休み中にこれまでの総復習をしたい」
とお考えの方
家庭教師をお得に始めるなら、今がチャンスです。


この機会に、より多くの生徒様のお力になることができれば幸いです。

皆さまからのお問い合わせお待ちしています。



春キャンペーンのCMも放送中です!

ぜひチェックをしてみてくださいね。

https://www.trygroup.co.jp/cm/

このページのトップに戻る

山形の皆様、こんにちは。


山形県は、雪や曇りの天気が続いています。

冷え込みが激しく、体調を崩されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


1/23には山形県内で「インフルエンザ警報」が発令されました。

1月から3月までは、インフルエンザが流行しますので、まだまだ注意が必要です。



受験の大事な時期に、インフルエンザ感染は避けたいですよね。

予防のためには、 「こまめな手洗い」「適度な湿度管理」「人ごみを避ける」

上記のことを気を付けて頂くことが大切です。


また、体調が悪い時には無理をせず、休むことも大切です。


勉強と同じくらい、体調管理は重要なものになります。




また、先日センター試験の結果を経て、大手予備校から合格ボーダーラインが発表されています。


今年も昨年同様、図の読み取りや対話形式での出題がみられ、

単に暗記をすれば解ける問題ではなく、 考えさせる問題が増えてきた傾向があります。


受験生は既に結果をチェックをし、出願校を再度検討をしている方もいらっしゃると思います。



高1・高2の皆さんも気になっている学校のボーダーラインは、確認をしておくことをお勧めします。



受験勉強は早め早めに動くことが、現役合格のポイントです!

次期受験生の皆さん、一年後の受験に向けて、ぜひ今からトライで対策をしませんか?


プロ教師のマンツーマン指導・オーダーメイドカリキュラムで

最短ルートでの合格を目指しましょう!

このページのトップに戻る

山形県の小学生・中学生・高校生の皆さん、こんにちは。


毎年恒例の「トライ式勉強合宿」の受付が開始しましたので、ご案内させていただきます。



今年はなんと・・・仙台盛岡のW開催です!


仙台会場:3月31日から4月2日

盛岡会場:3月29日から3月31日


それぞれ2泊3日での開催となります。



春合宿は、夏合宿や冬合宿と同様に充実した学習時間を確保しつつ、

2019年度の年間計画を立てることもでき、新年度のスタートにぴったりの合宿です。



何事もスタートダッシュが肝心です。

対象学年は小学6年生~高校3年生(大学受験準備生も含む)

特に春から受験生となる小学5年生・中学2年生・高校2年生の皆様は、

是非この機会に自分の志望校を定め、一緒に目標達成に向けた計画を立てましょう!



もちろん、家庭教師のトライは受験に向けた学習相談・家庭教師サポートも行っております。


まずは無料の学習相談から、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

前のページ

山形県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら