教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



みなさんこんにちは。

今回は、締め切りが間近に迫った「夏キャンペーン」のお知らせです。

この夏で変わりたい、苦手科目を克服したい、

そう思っている方、必見です。

家庭教師のトライでは、

専任の教育プランナーが一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成し、

その子のレベルにあった指導を行います。

家庭教師の選任や、授業の進捗管理までしっかりサポートします。

そしてトライの一番の強みである「完全マンツーマン指導」。

学校や塾では集団授業、他の個別教室では2~3人の生徒に1人の教師というのが一般的です。

しかしトライでは、1人の生徒さまに1人の教師、マンツーマンで指導を行います。

だからこそ、一人ひとりに合った丁寧な指導を行うことができます。

勉強が苦手で家で勉強できないという方は学習の習慣づけから、

苦手科目があるという方は夏休みに徹底的に苦手科目を克服、受験生の方は夏休みで今までの総復習。

この夏をどう過ごすのかは自分次第です。

充実した夏休みを過ごすために、トライのマンツーマン指導を受けてみてはいかがでしょうか。

そんなトライでは、現在夏キャンペーンを行っています!

今ならなんと、入会金無料!

さらに夏期講習授業料30%OFF

この機会にぜひトライをご利用ください!

ご利用をお考えの方、詳細をお求めの方はお気軽にご連絡ください。

※締め切り間近となっております。ご利用をお考えのみなさま、お急ぎください。

受付期間2017年7月31日まで、ご利用期間2017年8月31日まで

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

夏休みがだんだんと近づいてきていますが、

夏休みの計画はたてていますか?

今回のテーマは[夏休みの過ごし方・学習計画の立て方]です。

夏期のポイントを参考にしながら、自分で学習計画を立ててみてください。

★夏休みの過ごし方★

①生活リズムを変えない

夏休みになると夜更かしをして朝起きれない人をよくみます。

夏休みになったからといって生活リズムは変えないようにしましょう。

夜しっかりと寝て、いつも通り朝起きる生活を心がけましょう。

②できるだけ決まった時間に勉強するように習慣づける

部活動がある人は難しいかもしれませんが、

できるだけ勉強する時間を固定して習慣にしましょう。

例えば朝7時に起きて8時から10時まで勉強、夜は6時から10時までは勉強、

といったように勉強時間を確保し、毎日勉強することで習慣になり、夏休みが終わっても継続して続けられます。

③メリハリをつける

部活をする・遊ぶ・休む・勉強をする。夏休みはやることがたくさんあると思います。

それでも受験生はほとんどを勉強に充てるくらいでなくてはなりませんが、

非受験生のみなさんは部活や遊びも大事にするべきです。

そこで大切なのがメリハリをつけること。

遊ぶときは遊ぶけど、勉強の時間もしっかり確保して集中してやる。

休憩ももちろん大切です。しかし、休憩が延びてダラダラしてしまってはいけません。

休憩の時間と勉強の時間をしっかり決めて、メリハリをつけましょう。

★学習計画の立て方★

①大まかな予定を書き出す

イベントごとや予定など、あらかじめ決まっていることは書き出しておきましょう。

次に、「終日休みの日・午前中が部活の日・午後が部活の日」といった風に、

ある程度の1日の流れを考えて分類しましょう。

そのあとに、1日ごとの細かな勉強計画を立てると良いです。

②目標を立てて、その目標達成のための過程を考える

まず夏休み中に達成すべき目標を立てましょう。

「過去の総復習をする」とか「数学を得意にする」とか、何でも大丈夫です。

次にそれに向けて、何をしなくてはいけないのかを明確にし、それに要する時間を予測しましょう。

例えば「数学を得意にする」という目標に対し、

「夏休み中に問題集を3周する」という具体的なすべきことを考え、

「1日3ページずつやれば1ヶ月でできるな」とおおよその計画をたてます。

あとは1日のこの時間にやるとかさらに具体的にできるとなおよいです。

目標をたてることで頑張ろうという意欲がわき、

具体的に計画することで現実味がわき実行することができるのです。

③勉強する時間を固定してルーチン化する

朝起きて○○時から勉強。休憩をして○○時から勉強。といった計画を立てて、

「休みの日はこの時間に勉強をする」といった決まり事を作りましょう。

勉強することが習慣になれば、机に向かいやすくなるし、

勉強を怠ることも減るはずです。

とにかく「勉強の習慣づけ」は基本ですので、家で勉強ができないという人は特に意識してください。

④予定はこまめに調整する

急な予定が入ったり、おもったより自分の予定の進捗が悪かったりすることもあるでしょう。

その場合は仕方がないので、その都度計画を調整してください。

今日やるべき量の勉強ができなければ、いつやるのかを明確にしましょう。

1週間ごとくらいに計画と進捗を見直すのが良いです。

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回のテーマは[定期テスト後の復習]についてです。

皆さんは定期テストが返却された後、しっかりと復習をしていますか?

テスト後に復習をするかしないかで、大きな差がついてしまいます。

今回はテスト後の復習の大切さについてお伝えできればと思います。

テスト後の復習のポイント

①テストの復習は記憶の定着にもってこい!

テスト勉強をしっかりして、テストを解き、復習をする。

この「勉強→演習→勉強」の繰り返しで記憶が定着していきます。

さらに言うと、勉強して時間をおいて再度勉強するの繰り返しをすることで、記憶に残っていきます。

つまりテストを受けて何もしなければ、せっかく勉強した内容を忘れてしまい、

受験前にまた一から学習し直さなければならないという手間になる恐れがあります。

テスト後の復習は確実に行いましょう。

②自分ができない問題の確認になる!

テスト勉強をしっかりしたのにも関わらず、解けなかった。

それはつまり、自分の苦手な単元・問題ということです。

テストは自分の苦手な単元を発見するとてもいい機会で、

利用して「わかっているつもり」を防ぐことができます。

解けなかった問題を確実に復習することで、苦手な問題を早めに対処することができます。

解けなかった問題については1つ1つ復習をして、解き直しをしましょう。

③丸のついた問題に要注意!

正解した問題はまったくチェックしないという人がいますが、要注意です。

たまたま正解した問題や、正しい解法で解いていなかったりすることもあります。

正解した問題と模範解答を見比べて、正しく問題を解けているか確認までしましょう。

④どうして間違えたのかを考える

不正解だった問題はどうして間違えたのかを考えましょう。

勉強不足なら復習をしっかりして取り戻しましょう。

漢字間違いやスペルミス、イージーミスなら次から間違えないように、復習かつ演習をしましょう。

テストは問題を解いて終わりではありません。

復習までしっかりとしてこそ意味があります。

復習をしっかり行って、他のみんなと差をつけましょう!

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。今回は[トライの夏合宿]についての最後のご案内です。

ほとんどの学校で定期試験が終わったころでしょうか。

結果が良かった人も、悪かった人も、気持ちを夏休みの勉強に向けて切り替えられていますか?

受験生の皆さんは特に、この夏休みが勝負です。

いかに自分に厳しく勉強をすることができるかが大切です。

そこで夏休みに飛躍的に得点力を上げる手段として、

トライの夏合宿」をご紹介します。

この夏休みを無駄にしたくない、苦手科目を克服したい、

そういった生徒さまにぜひご参加いただきたいと思っております。

昨年の合宿に参加いただいた生徒様からは、

「チューターの人に気軽に質問できたからわかりやすかった」

「本気で勉強したいという気持ちの子が集まっていたから、すごくいい刺激になった」

「テストの点数という目に見える結果がでたし、なによりこれだけ勉強したという自信につながった」

などなど、たくさんのご意見をいただいております。

参加をご希望の方、興味のある方はお気軽にお電話ください。

定員があるため、締め切りまで残りわずかとなっております。ご参加をご希望の方はお急ぎください。

詳細は下記の通りです。

<トライ式夏合宿 広島会場 概要>

日程:(前半)8月7~11日、(後半)8月21~25日

場所:グランドプリンスホテル広島

対象:(前半)中学生・高校生、(後半)小学生・中学生

定員:(前半)50名、(後半)30名

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

6月も最後の週にさしかかりました。

さて今回は[トライの夏期講習]について再度お知らせです。

この夏、家庭教師のトライでは「キャンペーン」を行っております。

入会金無料!

夏期講習の授業料30%OFF!

夏だけのお得なキャンペーンです。

申し込み締め切りが迫ってきているので、迷っている方はぜひご検討ください!

夏休みの学習の目途がたっていない、なにをすればいいかわからない、

そんな悩みをお持ちの方はいませんか?

夏休みは学校の授業がストップするため、

苦手科目・単元の克服や、過去の学習の総復習をするチャンスです。

この機会を無駄にしてしまうと、学校の授業を進めながら復習も行わなければなりません。

受験生の皆様はなおさらこの夏休みという期間が大切になってきます。

トライなら、一人ひとりの学力や目標に合わせたカリキュラムを作成します。

さらにマンツーマン指導で、わからないところを丁寧かつ徹底して指導します。

集団指導や普通の個別教室では、マンツーマン指導をおこなっていません。

マンツーマン指導だからこそ、一人ひとりに合わせた指導を行うことができます。

現在定期テストも始まり、近々結果もかえってくる頃と思います。

自分の勉強で結果がでているか、今の塾が自分に合っているかどうか、

確認してみるのもいいかもしれません。

受付期間2017年7月31日まで、ご利用期間2017年8月31日まで

ご興味がある方、詳細をお求めの方はお気軽にご相談ください。

~お問い合わせ~

受付時間:9:00-23:00(土日祝日可)

電話番号:0120-555-202

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

最近毎日蒸し暑く、夏になったと実感します。

夏休みももうすぐです。もう予定は立てていますか?

さて、今回のテーマは[オープンキャンパス]についてです。

みなさんはどの大学のオープンキャンパスに参加するか、

また、日程や場所など、オープンキャンパスについて調べていますか?

志望校が決まっている人はできる限りその大学のオープンキャンパスに参加しましょう。

志望校が決まっていない人は、地元の大学でもいいので参加してください。

<オープンキャンパスに参加するメリット>

①その大学を知れる!

実際に大学に足を運ぶことで、HPではわからない大学の雰囲気や、

学校の大きさ・場所など体感することができます。

百聞は一見にしかず、実際に自分の目で見て大学を確認しましょう。

②面接で話す内容が増える!

志望校のオープンキャンパスに参加していると、

面接があった場合に話を膨らませやすくなります。

志望動機のきっかけにもなるかもしれません。

③先輩の話がきけるチャンスも!

学校によっては、その学校に通っている先輩から直接話を聞ける場が

設けられていることもあります。山口県立大学もプログラムに組み込んでいます。

実際に学校に通っている先輩の話は、HPには載っていないようなこともたくさんあるので、

どんどん質問しましょう。

そういった場がなくとも、学校に行けば在学生がたくさんいるので、

機会をうかがって話しかけてみてもいいと思います。

下記に山口大学と山口県立大学のオープンキャンパスの日程を記載します。

興味のある方はHPを参考にしてみてください。

★山口大学★

8月4日(金)10:00-16:00

・串キャンパス(医学部) ・常盤キャンパス(工学部)

8月5日(土)10:00-16:00

・吉田キャンパス(人文学部、教育学部、経済学部、理学部、農学部、共同獣医学部、

 国際総合科学部)

※事前の申し込みは原則不要ですが、各学部の個別の企画によっては、

準備の都合により人数制限を設けているようです。 詳しくは大学のHPをご覧ください。

山口大学のHP→http://www.yamaguchi-u.ac.jp/prospective/opencampus2017.html

★山口県立大学★

7月15日(土)13:00-16:30(受付12:30-)

・北キャンパス(新キャンパス)国際文化学部、社会福祉学部、看護栄養学部

8月27日(日)13:00-16:30(受付12:30-)

・北キャンパス(新キャンパス)国際文化学部、社会福祉学部、看護栄養学部

※ご利用のための事前申し込みは不要ですが、座席数が限られているため、

 当日先着順で満席になり次第締め切りになります。

※予約もあるようです。

山口県立大学のHP→http://shingakunet.com/gakko/SC000121/openCampus/?vos=evzpadw5011x0010017

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は[成績が上がるテスト見直しのやり方]と、

[模試の受け方と準備の仕方]の二つのテーマについてお話しします。

<成績が上がるテスト見直しのやり方>

①間違った問題はもちろん、丸のついた問題も確認する

間違った問題は当然ですが、丸がついている問題にも目を通しましょう。

しっかりと理解、もしくは覚えていて解けた問題は大丈夫です。

気をつけたいのは偶然正解だった問題。

見落としがちですが、偶然正解した問題は理解できていないことが多いため、

間違った問題と同様に見直しをしましょう。

②間違った問題をとことん復習

①で示した偶然正解した問題も含めしっかりと復習しましょう。

暗記系の問題は何度も書いたり読んだりして暗記し、

数学や理科の問題は公式の確認やどうしてそうなるのかの理解まで、

演習も含めてしっかりと復習しましょう。

③最後に問題の解き直し

復習を終えた後は、テスト問題の解き直しです。

もう一度最初から問題を解き直しましょう。

全ての問題をスムーズに解ければ大丈夫です。

もし、解けなかったり解き方に詰まるようであれば、再度復習しましょう。

<模試の受け方と準備の仕方>

①模試を受ける前には復習を

模試は実力を測るためのテストだと思い、勉強しないまま受けている人がいます。

それは大きな間違いで、模試は受験に近い問題を解くことのできる大事な機会です。

模試を受ける前には模試に出題さるであろう範囲まで復習をしてから、

模試に臨むことで、本当の自分の実力を測ることができるのです。

②模試を受けるまでに何をすればよいのか

定番でいえば、一番は苦手科目の復習です。

苦手な単元をできるだけなくしておくことをお勧めします。

また得意な教科を伸ばすために勉強するのも良いですし、

受験で使う科目が明確な人はその教科に特化して勉強するのも良いと思います。

各々自分に必要な勉強を判断することも大切です。

模試も定期テストも、何もせずなんとなく受けていてはもったいないです。

1回1回のテストを自分にとって実のあるものとなるために、

できることをどんどんやりましょう!

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

定期テストを目前に控えていますが、

受験生のみなさんは受験までの時間が少なくなってきているとお気づきでしょうか。

「まだ6月だし、十分間に合う」と思っている人はいませんか?

受験生の1年というのはあっという間に過ぎてしまいます。

今からどんどん追い込みをかけなければ、受験には間に合いません!

そこでご紹介したいのが、「Try IT」です。

予習・復習から、内容の理解テスト勉強受験勉強など、幅広い場面で活躍してくれます。

1単元約15分という短時間にポイントを詰め込んだ、

わかりやすいのに効率も良く、一石二鳥のサービスです。

そして新たに、「センター試験対策」も登場しました!

センター試験に向けて、苦手な単元や復習したい単元を、効率よく学習することができます。

そのほかにも、『観てわかるシリーズ』『トライ逆転合格

トライ式定期テスト得点アップ!』もご好評いただいております。

自分に合った教材や勉強スタイルを見つけてみてください。

★トライのキャンペーン★

トライは、今なら入会金無料!さらに夏期講習の授業料が30%OFF

この機会にぜひトライをご利用ください!

※受付期間7月31日まで ※ご利用期間8月31日まで

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は前回に引き続き[定期テスト対策(高校生編)]をお話しします。

中学生編で説明した定期テストの重要性は、

当然高校生のみなさんにも当てはまることです。

ぜひ前回のブログも読んでいただければと思います。

今回は教科別にポイントをあげていきます。

★国語★

現代文は、授業で扱った文章に出てくる論理展開を押さえて、問題集を解きましょう。

先生が重要なところは授業でしっかり伝えてるはずなので、

特にノートの見直しが重要となります。

古文漢文に関しては、文法や単語、言い換えの表現などを必ず押さえ、

問題集で定着を図りましょう。

★数学★

教科書の例題や練習問題を解き、基礎を固めます。

公式が唯一覚えることなので、しっかり覚えて使えるように計算練習を進めましょう。

問題集で様々な問題に慣れ、公式を実際の問題で使えるように反復練習しましょう。

問題集を解くときは、特に難しい問題はとばして、

一通り基礎的な問題を解いた後に解くようにしましょう。

★英語★

授業で扱った長文には、テストに出る単語や文法が含まれています。

そのため、長文は丸ごと覚えてしまうつもりで音読したり書いたりして勉強しましょう。

単語のスペルや、文法、和訳、どれも大切です。

音読が特におすすめなので、声に出して学習をするようにしましょう。

★理科★

物理は、教科書の例題や練習問題を解いて公式を覚えましょう。

そのあとはひたすら問題集を解くことに尽きます。

時間が取れる人は、公式導出もしておきましょう。

絵や図を用いてイメージを膨らませるようにすると、解放の道筋が立てやすいです。

化学は、教科書で単語・法則・計算手法をしっかりおさえ、問題集で定着を図りましょう。

生物と地理は、主に暗記がメインとなります。

とにかく単語やその単語の働きなど、細かく覚えることが大切です。

★社会★

社会でも、暗記がメインとなります。

年代や出来事の前後関係などに注意してください。

たくさんの名前や地名、出来事の名称などが出てくるため、

間違った名称や漢字で覚えてしまわないように、何度も書いて覚えるようにしてください。

教科ごとにポイントをあげてみましたが、各々で勉強方法は違ってくるものです。

自分に合った勉強方法を見つけることが大切です。

上記のポイントを参考にしながら、自分の勉強のやり方を見つけてみてください。

このページのトップに戻る

みんさんこんにちは。

今回は[定期テスト対策(中学校編)]についてです。

みなさんは中学校の定期テストをどれくらい重要視していますか?

中学校における定期テストの比重はかなり大きいため、どのテストも軽視できません。

というのも、高校受験において内申点がかなり影響力を持つからです。

毎回の定期テストでしっかりと点数をとり、内申点はできるだけ高くしておきましょう。

では定期テストにおいて注意することは何かについて説明していきます。

①定期テストは対策しやすい

学校の定期テストは、先生によってテストの作り方に傾向があり、

また範囲が明確に決められているため準備をしやすいです。

②早めの準備が大切

テスト期間に入ってから、「こんなの時間が足りない!」と焦った経験はありませんか?

テスト期間に入ってから準備を始めると、特に期末テストなどでは、科目数が多く、

範囲も広いため時間が足りないなんてことが起こってしまいます。

これを回避するには前々から復習を進めていくことしかありません。

授業を受けたその日にまず一度復習をして、時間をあけてもう一度復習をする。

これを行うことで記憶が定着します。

毎日復習をしっかりしていれば、テスト期間でしなくてはいけない勉強量は

大幅に減らすことができます。

テスト勉強は毎日の授業があるときから行うことを心がけましょう。

③できない教科を切り捨てるのはご法度

「この教科はやってもわからないから、他の教科の勉強をしよう」と、

苦手な科目や単元などをあきらめる人がいます。

中学校の内申点には全教科合計得点が影響するため、

1つでも諦める教科があると、大幅に合計点が下がってしまいます。

どの教科も高得点を取るために、②の早く準備を始めることが大切なのです。

定期テストの重要性が少しでも伝わったでしょうか。

1回1回の定期テストを大切にし、全力で取り組みましょう!

このページのトップに戻る

前のページ

山口県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT