教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



みなさんこんにちは

充実した夏休みを過ごせましたか。


夏休みが終わり気持ちが中だるみしているひとは要注意です。

受験はあっという間にやってきます。


受験を控えたこの冬に追い込みをかけ、ライバルに差をつけたい方に耳よりの情報がございます。


今年も「冬の勉強合宿の開催」が決定いたしました!


日程:12/26(木)~12/29(日)

会場:グランドプリンスホテル広島

対象:小6・中3・高3・高卒生

定員:60名

費用:125,000円(税抜)


概要は上記のとおりです。


<トライ式冬の勉強合宿3つのポイント>

・チューターによる徹底サポート

個別学習の演習中だけではなく集団授業の間もチューターが常駐しているので、

分からない点があったら即座にフォローいたします。


・集団授業と演習による授業構成

プロ講師による集団授業で学んだあと、チューターのサポートのもと演習を行います。

プロ講師から学んだ知識を自らの力で解答へのプロセスを再現し、得点力を身に着けます。


・圧倒的勉強時間

総学習時間は4日間で30時間以上です。

目標達成に向かって徹底的に取り組み受験に必要なテクニックを身に着けることが出来ます。


冬合宿では知識・テクニックだけではなく確たる自信を身に着けることが出来ます。


以前、合宿に参加した生徒様からは以下のような声を頂いております。


「長時間の勉強を経て集中力・忍耐力が身につきました」

「普段とは違った先生に教えてもらって新鮮でより分かりやすい授業を体験できました」

「おもしろくて、わかりやすい授業だった。また行きたい」


まだまだたくさんのお声を頂いております。


そのほかにも冬のトライ式合宿には

年末年始合宿

年末年始特訓

プログラミング合宿

医学部難関大合宿などございます。


ご詳細又は何か気になることがございましたらホームページをご覧になるか

お気軽にお問い合わせください。


ホームページこちら

無料の学習相談こちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

夏休みが終わり、多くの生徒さんが新学期を迎えたのではないでしょうか。

受験生の皆さんは最後の夏休みが終わり、これから本格的な受験勉強に差し掛かってきます。


しかし、夏休みが終わっても名残惜しく、なかなか勉強に身が入らない人もいるのではないでしょうか。

新学期に入ると授業も新しい範囲に入り、複雑で難しい内容になっていきます。

また、体育大会や文化祭といった行事を秋に行う学校もあり、日々の予習復習や定期テストの勉強も集中して行うのが難しい時期になります。

新学期に定期テストに向けて、どのような学習を行うのか計画を立てて勉強していくことが重要になります。


そこで、今回は定期テストに向けての学習について3つお話します。


①夏休み明けの定期テストを返却されたらしっかりと見直しをする。

夏休み明けに行われる定期テストの答案が返却されたら、

自分がどの問題を間違えたのか、どうしてその問題を間違えてしまったのかきちんと確認をしましょう!

例えば英語ですと、単語がわからなくて間違えてしまった場合はその単語を覚えなおす必要があると分かります。

夏休み明けの定期テストは、1学期の授業範囲の確認にもなります。

2学期に入ると1学期の内容を踏まえた授業範囲に入るので、

スムーズに授業に参加し、次の定期テストで良い成績を残せるよう

この夏休み明け定期テストの見直しをしっかりしておきましょう!


②2学期の日程を確認し、学習計画を立てて明確な目標を設定する。

2学期の時間割や体育祭や文化祭、定期テストなの日程を確認できたら、まず学習計画を立てましょう!

また、学習計画を立てるのと並行して明確な目標を設定するとモチベーションが上がります。

例えば、次の数学のテストの点数を20点伸ばすという目標を設定し、

そのために夏休み明けのテストで間違えた個所や数学の授業があったその日に復習を行うといった風に

具体的に学習計画を立てると学習しやすくなります。

やみくもに学習するよりも、目標を立てて少しずつ達成する方が効率的に学習を進めることが出来ます。

しかし、最初からハードルの高い目標を設定してしまうと結果が出にくくモチベーションが下がってしまうため、

勉強が苦手だと感じる人は、「授業で行われる20点満点の小テストで17点以上取る」

といった自分なりに継続して学習できるような目標を立て、定期テストに向けて対策しましょう!


③学校の授業の予習と復習を中心に学習する。

二学期が始まると学校の授業も新しい範囲に入って、一学期の内容を含め覚えることがたくさん出てきます。

学校の定期テストの範囲は、授業で習った内容から出題されます。

また、事前に次の授業の予習を行うことで、前もって解き方や授業の流れを予測でき、

予習の段階で分からないところを見つけられると授業を受けて理解を深めることが出来たり、質問しやすくなります。

次に、復習を行うことで授業で習ったことを忘れにくくすることが出来ます。

エビングハウスの忘却曲線について知っている方もいると思いますが、

人間は初めて学んだことを一度では覚えられない脳の仕組みになっています。

ですので、授業を受けっぱなしにすると定期テストの本番で問題が解けなくなてしまいますので、

一度習った授業の内容を定期的に復習することで知識を定着させることが大切です。

しかし、さきほど述べたように2学期は様々な行事があり、勉強に集中するのが難しくなります。

ですが、定期テスト直前にテスト対策を行っても良い点を取ることは難しいことです。

大切なのは継続して予習と復習を行うことです。

ですので、自身が出来る量の予習と復習を毎日少しずつ継続的に繰り返し行うようにしましょう!


今回は定期テストに向けて3つのポイントをご紹介しました。

定期テストでベストを尽くせるように、トライさんと一緒に頑張りましょう!


トライでは、生徒一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドのカリキュラムを作成し、

また、指導実績のある教師の中から、生徒さんに合った教師をご紹介いたします。

新学期に入ってからの定期テスト対策や日々の学習面でお悩みの生徒様に、トライでは無料の学習相談を受け付けております。

是非お気軽にご相談ください。


無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

長い夏休みが終わり新学期いかがお過ごしでしょうか。


受験生は刻一刻と入試が迫って来ています。

今回は9月以降受験に向けてのアドバイスを2つご紹介していきます。


①志望校別の対策

まず私立大学を受けるのか国公立大学を受けるのかで変わってきます。

私立大学は国公立大学に比べて必要な科目数が少ないことが多いです。

また国公立大学を一般で受験するのであればセンター試験を受ける必要があります。

志望校によって入試科目が違ったり傾斜配点があったりするのでそれらを意識して学習を行いましょう。

また志望校によっては出題傾向に癖があるのでただ過去問を解くのではなく、

出題傾向も探りつつ演習をしましょう。


②科目別の対策

好きな科目にはたくさん時間をかけるが苦手科目はあまり手をつけない。

どの科目も問題を解いた後解答・解説をサラッと読んで終わる。

上記のような学習をしてもなかなか成績は伸びません。

各科目のセンター試験の配点、志望校の受験科目の配点これらを理解した上で学習しなければいけません。


例)

英語

長文は英文法などに比べて配点が大きいです。

ですから英文法の問題をずっと解くのではなく、長文は1日ひとつは読むようにして、

その中で出てきた単語・文法事項を完璧に覚えるようにし長文中心の学習を行うようにしましょう。


数学

この時期は期間を決めて、この時期は三角関数と二次方程式の単元の学習をする。

と決めて単元ごとに基本を定着させていきましょう。

基本が定着していないのに1日にたくさんの単元の問題に手を出してしまうと

中途半端な知識理解となってしまうので気をつけましょう。



このように受験勉強を行っていくうえで大切な「志望校別対策」と「科目別対策」をご紹介しました。

まずは自分の志望校の受験科目・出題傾向をよく知ること。

そこから自分の得意分野、苦手分野を考慮した上で受験勉強することでモチベーションupにも繋がります。


家庭教師のトライでは専門の教育プランナーが受験情報の提案、サポートいたします。

またトライでは無料の学習相談も行っておりますのでお気軽にお問合せください。

無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

長い夏休みが終わりました。


夏休みが終わってまだ苦手科目をそのままにしている人はいませんか。


今回は苦手科目克服について受験生・非受験生に分けてお伝えしていこうと思います。


〇受験生

模試などで出てきた苦手をそのままにしていませんか。

冬の入試まで苦手な科目単元をそのままにしておくと

いくら得意科目で良い結果をとってもなかなか合計点が伸びません。

また苦手科目は得意科目と違い伸び幅が大きくなります。


例えば、得意科目が理科である場合、

普段の模試の点数90点から、100点に上げることは

すべての範囲を網羅し完璧に説く必要があるため容易ではありません。

一方で、苦手科目が英語である場合、普段の模試の点数が50点で、

そこから75点までに上げることは得意科目を10点伸ばすよりは容易であると言えます。


まずは、自身の苦手科目を分析をして、

どの分野が出来ないのかを確認をしましょう。

そして、苦手な科目や分野中心に計画的に勉強しましょう。

ここでポイントなのが1日でいくつかの教科を自身のできる量勉強することです。

苦手な科目だけ1日勉強することは、モチベーションが上がらないと思う人も多いでしょう。

ですから自分の得意な科目・好きな科目と織り交ぜながら取り組んでいきましょう。



〇非受験生

非受験生も受験生と苦手科目・単元の克服方法は似たようなものです。

しかし、非受験生には受験生と比べて時間があります。


非受験生は苦手科目にある「苦手意識」をなくす勉強法を紹介していこうと思います。


①毎日取り組むこと

苦手だからと言って後回しにしていると結局苦手意識はなくなりません。

まずは少しずつでもいいので苦手科目に触れるようにしましょう。

次第に習慣化し苦手意識も弱まります。


②できることからコツコツと!

苦手科目に対して「できない」とイメージを持ちがちです。

苦手な分野に対していきなり難しい問題を解いていませんか。

まずは難易度の低い問題を繰り返し行い基礎を身につけましょう。

徐々にレベルを上げていき数をこなすことで自分は「できる」という自信にもつながります。

焦らず地道に行きましょう。勉学に近道はありません。



今回ご紹介した勉強法をしていく上で一番大事なのは自己分析です。

家庭教師のトライでは専門の教育プランナーや家庭教師のマンツーマン指導を生かして

生徒様の自己分析から苦手科目克服まで全力でサポートいたします。


無料の学習相談を承っておりますので気軽にお問い合わせください。

無料の学習相談こちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

雨が降る日が増えて、だんだん秋に近づいています。

長い夏休みも終わりに差し掛かっています。

夏休み長かったなと思った人も、

まだまだ夏休みあったらいいなと感じる人もいるのではないかと思います。

もうすぐ始まる新学期に向けて、気持ちを切り替えて学習に取り組みましょう!


ところで、皆さんは受験対策や一学期の復習や二学期の予習など、

夏休み中に勉強を充実してできましたか。

夏休み明けには定期テストや模試などがあります。

また、新学期になるとそれぞれの教科で新しい範囲に入り、さらに勉強が難しくなっていきます。

受験生の方はこれからさらに本格的な受験勉強が始まっていきます。

夏休み明けの定期テストや学習はその足掛かりになります。


そこで、今回は夏休みが明けて学校が始まる時期に向けて、

トライで行っているおすすめコースを2つご紹介します。


まずは、

「志望校別受験対策コース」についてご紹介します。

入試が近づいていく中で、

本格的に受験勉強を始めていきたいと考えている方におすすめです!

こちらは、受験生の方それぞれの志望校に合わせたコースになっています。

受験生の皆さんに合わせた勉強法のや問題の解き方、志望校の過去問対策などを行います。

家庭教師のトライでは一人ひとりの学習習慣や志望校に合わせて

完全オーダーメイドのカリキュラムを作成いたします。

また、山口県に在籍している教師から厳選されたプロの教師と一緒に志望校合格を目指します。


次に、

「夏休み明けテスト対策コース」についてご紹介します。

山口県の生徒の皆さんそれぞれが通学している高校、中学校の定期テストのフォローを行うコースです。

苦手な教科の見直しや習った範囲の復習など、ご希望に合わせて生徒様の学習をサポートいたします。

トライには様々な生徒を指導されてきた経験豊富な教師や、

専門科目に特化した教師が在籍しております。

生徒様一人ひとりの条件に合った教師を選抜し、皆さんの学習のフォローを行います。


いかがでしたでしょうか。

家庭教師のトライでは夏休み明けや、新学期からの学習のサポートを行っています。

夏休み明けの定期テストの結果によって、新学期または入試に向けてのモチベーションに影響します。

夏休み明けから良いスタートが切れるように家庭教師のトライさんと一緒に頑張りましょう!

またトライではご紹介した2つのコース以外にも

様々なコースをご用意しております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


キャンペーンについてはこちら

お問い合わせはこちら

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

夏休みをいかがお過ごしでしょうか。


AO入試や推薦入試を受ける方々は試験日が刻一刻と迫ってきていますね。


今回は県内の国立大学である【山口大学のAO入試】についてご紹介していきます。


試験内容は

第一次試験では志願理由書・自己PR・調査書・英語検定などで評価されます。


二次試験は面接と講義等理解力試験が行われます。


出願期間8/16~8/19となっており

試験日は

一次試験結果通知 9/2

二次試験 9/10~9/13

合格発表 10/4

上記の日程で行われます。


AO入試では自己PRやどれだけ自分がその大学に行きたいことが説明できるかに合否がかかっています。

自分自身をよく知ること。

その大学についての知識を高めること。

この二つが重要になってきます。


家庭教師のトライではマンツーマン指導を活かして学力を伸ばすだけではなく

生徒さまの些細ないいところも見逃しません。

また山口大学に通われている学生も多く教師登録されており

実際に山口大学に通う教師によるリアルな話を聞くこともできます。


まずは学部ごとに多少日程などが異なるため山口大学のHPで調べてみましょう!


家庭教師のトライは全力で受験生を応援します。


トライでは無料の学習相談も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。


無料の学習相談こちら



このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

そろそろ夏休みを迎えますが、いかがお過ごしでしょうか。


夏休みは花火大会や旅行、祭りなどたくさんのイベントが開催されます。

しかしこの日は塾があるから遊べない。

一度休むと塾の授業からおいて行かれる。

など、様々なお悩みを持たれている生徒さんも少なくないと思います。



家庭教師のトライでは旅行、里帰りなどに合わせて時間割を自由に作成することができます。

またマンツーマン授業による生徒さま一人ひとりに合った指導で授業においていかれる心配はありません。



またトライでは現在、夏のキャンペーンを実施しております。


成績保証コース

→現状をふまえ着実に成績を伸ばせます。


120×4回完全無料で体験

→自分に見合った教師を見つけることができます。


7/31までとなっていますので興味のある方はお急ぎください!


授業料はいくらかかるの。

夏休みはいる直前でもいいの。

資料だけもらうことはできるのか。


少しでも気になった方は家庭教師のトライまでお問い合わせください。


無料の学習相談こちら

夏キャンペーンご詳細こちら





このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

ようやく梅雨があけ夏の訪れを感じますね。


みなさん夏休みが始まりますが、きちんと学習計画を立てられていますか。

今回のテーマは「夏休みの学習法」です。

夏休みの学習におけるポイントを3つ紹介していきます。


①計画を立てよう

まずは大まかな計画を立て見通しを立てましょう。

例)

○○日までに1年生の復習を終わらせる。


前日に次の日のスケジュール立てましょう。

例)

○○時から○○時まで数学

○○時から○○時まで英語


何をするか不明瞭なまま漠然と学習しても効率が下がります。

その日やるべきことがわかっていればスムーズに勉強に取り掛かることができます。

効率モチベーションを上げるためにも計画を立てましょう。



②1・2年の内容の復習

1・2年の内容を徹底的に復習しましょう。

夏休みは時間がたくさんあるので自分の弱点を見直すいい機会です。

逆に夏休みを過ぎてしまうとまた新しく学習する内容が加わるため、

復習をするチャンスは今しかありません。

単元ごとに復習しひとつひとつ明確にしていきましょう。



③いつも通りの生活を続ける

夏休みの学習で一番気を付けていただきたい点です。

夏休みは夜型の生活や冷たいものをたくさん食べがちです。

生活習慣が原因で体調を崩してしまっては勉強の質を下げてしまいます。

また、受験はたいてい朝から行われるので夜型の生活に慣れてしまうと

体が起きていない状態で試験を受けることになります。

最低限早寝早起きを心がけましょう。


計画を立て適度に息抜きの時間も取り体調に気を付けて有意義な夏休みを過ごしましょう。


夏休みの学習計画がなかなか立てられないとお困りの方がいましたら

トライの教育プランナーがご相談承りますのでご気軽にお問い合わせください。


無料の学習相談こちら


このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

暑い日々が続きますがいかがお過ごしですか。


今回のテーマ「オープンキャンパス」です。

オープンキャンパスへ行くことは受験勉強の息抜きモチベーションアップにもつながります。

気になる大学があれば夏休みを利用し積極的にオープンキャンパスへ足を運ぶことをお勧めします。

その理由は大きく分けて二つあります。


・受験を有利にできる

最近試験内容に面接を用いる学部・学科が増えています。

後期試験ではほとんどの大学が面接を取り入れています。

その際オープンキャンパスに足を運んだ熱意や、その時に得たより詳しい情報があるのとないのでは

雲泥の差が生まれます。



・ギャップをなくす

よく大学に進学してから自分の思っていた研究と違う。

一人暮らしをして住んでみるには不便だ。

思い描いていた大学生活とのギャップに耐え切れず途中でやめてしまう人もいます。

これらを未然に防ぐことができます。



予約が必要な大学・学部等ございますので各大学のHPを利用して調べましょう。


家庭教師のトライでは教育プランナーが受験まで学習計画受験情報の提示など最後まで手厚くサポートいたします。


7/31まで120分×4回分完全無料で体験できる夏のキャンペーンも実施しております。

この機会にぜひトライまでお問い合わせください。


無料の学習相談はこちら


夏のキャンペーン詳細はこちら





このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。

梅雨に入り、じめじめした天気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。


期末テストが終わり答案用紙が返却されてきている頃です。

自分が思うような結果が残せたでしょうか。

自分の実力を出し切ることができたという人も、思うように点数が伸びなかった人も、

返却された答案を確認し、できなかった問題から自身の弱点を発見して

次に同じ問題が解けるようにしましょう!

これから長い夏休みに入ります。

中間・期末の定期考査で思うように成績を残せなかった方や、

夏休みの間に次のテストに向けて頑張りたいなという方にお勧めのキャンペーンがあります。


120分×4回の授業が完全無料で体験できる

夏休み体験キャンペーンをただいま受け付けています。

夏休みの時間を有効的に使って成績アップを狙えます。

今回は、家庭教師のトライには4つの特色をご紹介します。


〇生徒と教師一対一のワンツーマン指導

人それぞれに個性があるように、勉強の仕方にも個人差があります。

勉強することが得意でどんどん先取りした勉強がしたいという方にも、

勉強が苦手で基礎からしっかり学びたいという方にも、

生徒さんに合わせた授業を受けることができます。

ワンツーマン指導なら、わからないところを繰り返し復習して

苦手な分野を克服も目指せます。


〇苦手教科1科目からでも受講可能なオーダーメイドカリキュラム作成

「夏休みの間だけでも苦手な数学の解き方を教えてほしい」

「夏に英語の基礎を身につけて新学期からの授業を受けたい」

そんな方にトライの夏のキャンペーンのご利用をおすすめします。

苦手な教科1科目からでもお申込みください。

また、トライでは受験を控えている生徒の皆さんに、

それぞれの志望校や目標に合わせた受験対策の授業を受けることができます


〇夏休みの行事やご用事に合わせた自由なスケジュール調整が可能

夏部活の練習や旅行や帰省のご予定など、

夏休みに決まった日程で指導を受けるのは難しいという方にも、

家庭教師のトライでは様々なご都合に合わせたスケジュール調整が可能になっています。


〇生徒皆さんそれぞれに合わせ、合格に実績のある教師をご紹介

多くの生徒さんを指導してきた経験豊富な教師や、

受験対策を行い、数々の生徒さんを合格へ導いてきた教師が多数在籍しています。

志望校合格や、定期テストでの目標達成、また勉強や生活面でのお悩みも、

生徒さんに合わせた教師を厳選し、全力でサポートさせていただきます。


いかがでしたでしょうか。

キャンペーンの受付締め切りが7/31までとなっております。お早めにお申し込みください。

この機会にトライさんと一緒に充実した夏休みをすごしませんか?

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


夏のキャンペーン情報はこちらから

夏のキャンペーンお申し込み、お問い合わせはこちらから



このページのトップに戻る

前のページ

山口県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら