教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



みなさんこんにちは。

今回のテーマは[定期テストの復習]についてです。

中間テストも終わって、ほっと一息ついているみなさん。

テスト問題の復習は終わりましたか?

テストは解答後、採点してもらって、解き直し・復習までして意味があります。

○解きっぱなしにしない!

テストの点数が良かった・悪かったで終わってしまってはいけません。

解き直しや復習をするのとしないのとでは、記憶の定着に関して大きな差ができます。

どうして間違えたのか、正しい解答はなんだったのか、

今後同じ間違いをしないためにもしっかりと復習しましょう。

○中間テストは期末テストに出る!

中間テストを復習しておきたい1つの理由として、

中間テストの類似問題は期末テストで出題されることが多いためです。

期末テストは中間テストまでの範囲が含まれることがほとんどです。

そして、中間テストで出題した問題をちゃんと理解できているか確認するために、

期末でストで類似問題を出題する先生も少なくありません。

中間テストの復習は期末テストに、さらには受験勉強のためになるのです。

★復習のやり方(例)★

①「理解したうえで正解した・よくわからなかったが正解した・

理解していたが不正解だった・よくわからず不正解だった」の4つに分類します。

理解したうえで正解した」問題は目を通すだけで大丈夫です。

よくわからなかったが正解した」問題は今回たまたま正解しただけかもしれません。

よく正解しているからいいやと、復習しない人がいますが、

同じような問題が出た際に間違える可能性があるため注意が必要です。

理解していたが不正解だった」問題はどうして間違えたのかを確認しましょう。

漢字間違いや計算間違いのケアレスミスなのか、それとも

きちんと理解できていなかったのか判断しましょう。

よくわからず不正解だった」問題は、言うまでもありません。要復習です。

②分類ができたら、「理解したうえで正解した」問題以外は復習をする問題です。

復習に取り掛かりましょう。

どうして間違えたのかを確認し、それに合わせて復習の仕方をかえましょう。

③復習が終わったら解き直しをしましょう。

解き直しまでとなるとかなりの時間を要します。

しかし、解き直しをして完璧に解けるようにしておけば、

かなり身についていると思って大丈夫です。

できるだけ、解き直しまでするようにすることをおすすめします。

復習の大切さは、目に見えて実感できるものではありません。

コツコツと地道な積み重ねが、今後に活きるものです。

中間テストが終了したら、すぐに復習に取り掛かりましょう!

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

以前ご紹介した[トライ式夏合宿2017]について再度告知させていただきます。

毎年ご好評いただいております夏合宿が今年も開催します!

トライの合宿では、集団授業演習を効果的に組み合わせたカリキュラムで、

「わかる」だけでなく「できる」状態になるまで、とことん学習します。

チューターが常にフォローに入ってくれているため、

わからないことがあれば都度質問することが可能で、質問しやすい環境づくりをしています。

また、一人ひとりに合わせた学習を行うため、

勉強が苦手な方でも基礎から徹底して学習し、克服することができます。

合宿となると、泊まるところに不安がある方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても心配ありません。

ホテルも一流のグランドプリンスホテル広島で開催しますので、

食事・寝室ともにご満足いただけるかと思います。

5日間勉強に集中できる環境を作りを心がけています。

勉強に専念するという環境はなかなか自分では作れません。

最近、テレビやスマホといった誘惑が多く、勉強に集中するのが難しいといった人も

いるかと思います。

この合宿で約42時間という勉強時間を確保し、得点力を磨き上げることは、

後の勉強意識にも反映されてきます。

実際に、

合宿に参加してからは、勉強に対する意欲が高まり、宿題だけでなく

自主的に勉強するようになった。

受験を目指す人たちがたくさんいる中で勉強することがいい刺激になった

といったお声もいただきました。

この合宿で受験勉強への意欲に火をつけてみてはいかがでしょうか。

<概要>

日程:(前半)8月7~11日、(後半)8月21日~25日

場所:グランドプリンスホテル広島

対象:中1~高3

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は、次回に引き続き[定期テスト対策のコツ~国理社編~]です。

★国語★

①物語や文章をよく読む!

テスト範囲の文章の内容の流れなどをつかむためにも、

しっかりと文章を読み込んでおきましょう。

テスト中に文章を読み直すという無駄な時間の削減にもなります。

登場人物の心情の変化や言い換えなど、重要なポイントは授業中に

先生が教えてくれているはずです。

しっかりノートをとって、ポイントをおさえておきましょう。

②漢字の勉強は確実に!

意外と点数を取りこぼしてしまうのが漢字です。

テスト範囲の漢字の読み書きは正確かつ確実に勉強しておきましょう。

点数を底上げするために、漢字問題はサービス問題と思えるように準備しておきましょう。

③文法もしっかりチェック!

古文・漢文などは特に、文法のチェックを意識しましょう。

重要な文法があると、間違いなくテストに出されます。

理解するとともに、ワークなどで確認することが大切です。

★理科★

①とにかく語句を覚える!

理科はたくさんの用語がでてきますが、確実に覚えましょう。

理科は広く浅くと言われますが、用語がとにかく多いです。

時間がかかるとは思いますが、何度も問題を解いて覚えましょう。

②なぜそうなるのか理解する!

実験などは特に、なぜそうなるのかを理解するところまで追求しましょう。

どうしてそうなるのかを理解できれば、どんな問題が出たとしても解けるはずです。

実験の器具の名前ももれなく覚えておきましょう。

③とにかくワーク!

社会にも共通して言えることですが、とにかくワークをやりましょう。

問題を解くことが、記憶の定着への一番の近道です。

ひたすら教科書の問題とワークをやりこみましょう。

★社会★

①人物名は漢字まで!

社会の問題でよくあるのが漢字の間違いです。

人物名は正しい名前と、正しい漢字で覚えましょう。

②流れをつかむ!

歴史科目や、公民科目は流れが非常に重要です。

年代まで覚えられる人は覚えたほうがいいですが、

年代までは難しいという人は、出来事の順番や流れなどだけは把握しておきましょう。

③ワークと資料集を最大限活用する!

社会は理科と同様に、ワークの問題をひたすら解いて覚えましょう。

社会は資料集があり、たくさん情報が載っているため、うまく活用しましょう。

テストに出ないとこまで詳しく乗っているため、深追いは時間と他の科目の進度と

相談しましょう。

以上の点を気をつけながら、定期テストの勉強を頑張ってください。

定期テストは早めの対策が得点につながります。

今から、授業と復習を大切にし、定期テストへ向けて頑張りましょう。

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回のテーマは[定期テスト対策のコツ~英数編~]です。

★英語★

①単語・熟語を丸暗記!

英語の定期テストでまず大切なのは、単語と熟語を覚えることです。

重要なのは単語の意味を理解し、スペルも確認して書けるようになるまで覚えることです。

単語を覚えることは長文問題にも活きてくるため、

単語を覚えることは基盤となってきます。

②文法をチェック!

長文には新しい文法が含まれています。

おそらく先生が詳しく文法についての説明をしているはずです。

テストにはまず間違いなく出るため、しっかりと確認しておきましょう。

③長文の内容を把握!

テスト範囲の長文の内容を把握しておくことをおすすめします。

全て和訳した後、どういった内容なのか覚えておくことで、

和訳の問題が出てきたときスムーズに解け、テストの時に長文を読み返す時間を短縮できます。

★数学★

①公式を覚える!

数学はなんといっても公式を覚えるところからです。

公式を覚えていなければ、まず問題は解けません。

最初は公式の意味を理解し、覚えましょう。

②公式を使えるようにする!

公式を覚えた人は、使えるようになるまで練習することが大切です。

ここの過程はひたすら問題を解いて身につけるしかありません。

公式を覚えても使えなければ、問題は解けません。

③ひたすら計算問題を解く!

数学はどれだけ問題をこなしたかで、身につくスピードも違います。

同じ問題をすぐ解けるようになるまで練習するのもよし、

類似問題をひたすら解くのもよしです。

ただ、ワークや教科書の問題を丸々使う先生もいますし、

類似した問題にすることは間違いないため、

ワークと教科書の問題を最低でも2回は解いておきましょう。

上記の点を意識しつつ、テスト勉強を進めていただけたらと思います。

次回、~国・社・理編~に続きます!

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は[トライ式夏合宿2017]のご案内をします。

毎年ご好評いただいている、トライ式夏合宿。

今年も開催します!

前回の2016年夏合宿アンケートでは

前回の夏合宿では、先生にいくらでも質問できるのが良かった

わかりやすく教えてくれてどの教科も自信がついた

学校の授業より丁寧だし、そのあとに実践する時間があったから覚えられた

授業を受けてすぐ個人で復習するというサイクルはとても効果的で参考になった

などの嬉しいお声を多くいただいております。

今年もたくさんの方が参加してくださることを期待しています。

夏の勉強合宿で成績が上がる3つの理由

①プロ講師の授業中もチューターが常にフォローするので、

「わかる」だけでなく「できる」状態になるまで、とことん学習します。

②1日約10時間、5日で合計40時間以上の学習時間を確保し、

やりぬく自信を身に付けます。

③確認テストを授業の前後に実施するので、合宿での成果を実感し、

モチベーションアップにつなげます。

<概要>

日時:(前半)8月7日~11日、(後半)8月21日~25日

場所:グランドプリンスホテル広島

対象:小5~高3・高卒生

ご興味のある方・詳しい情報をお求めの方は下記の電話番号までお問い合わせください。

~お問い合せ~

電話番号:0120-555-202

受付時間:9:00-23:00

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は山口県で開催されるセミナーのご紹介をさせていただきます。

山口県では、山口中央個別宇部個別の2ヶ所で、セミナーを開催します。

受験生にとってためになる様々な情報を発信していきます。

受験についての悩みや不安などあるとおもいますが、

このセミナーに参加して少しでも受験について知っていただけたらと思います。

5月・6月・7月の計3回行うので、ご都合のつく日にぜひご参加ください。

生徒様と親御様、ご一緒に参加をお待ちしております。

※席に限りがございますので、参加をご希望の方はお早めにご連絡ください

○こんな人におすすめ!

・受験について何をしたら良いかわからず不安

・志望校を決めかねている

・志望校に行きたいが、今のままで合格できるか不安

<概要>

日程:5月20日(土)11:00-13:00、6月17日(土)、7月15日(土)

場所:山口中央個別、宇部個別

対象:中1~中3

定員:10組

内容:

・公立高校入試の仕組み(推薦・一般など)

・近隣高校の情報(倍率・ボーダー・ランクなど)

・内申点の稼ぎ方

・定期テスト準備

・入試対策年間スケジュール

詳しい情報をお求めの方、ご興味のあるかたは、

ぜひお気軽にお問い合わせください。

~お問い合わせ~

電話番号:0120-555-202

受付時間:9:00-23:00

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は2017年入試合格者の声をご紹介できればと思います。

たくさんある合格報告の中の一部をご紹介していきます。

広島大学経済部を目指して見事現役合格した学生や、

浪人して予備校などには通わず、トライで勉強をしていた生徒さまが、

見事山口大学経済学部に合格しています。

個別教室で授業を受けて、中学受験を目指した生徒さまは、

学力的に合格圏内に届かなかったものの、集団討論や面接練習を行って、

野田学園中学校に合格した生徒さまもいます。

受験直前にお問い合わせをいただいて、広島で行われた冬合宿に参加、

その後勉強意識が高まり、先生と追い込みをかけて、

見事慶進中学校の特進に合格した生徒さまもいました。

トライの先生に指導してもらってから成績がぐんと上がった

勉強面だけでなく、様々なことを相談でき、つらい受験勉強だったけれど乗り越えられた

などなど、嬉しいお声をたくさんいただいております。

トライには実績のあるプロの先生から、年齢の近い大学生まで幅広い教師を採用しています。

また、生徒さまの学習計画の立案から、さまざまなお悩みの相談、

山口県の受験情報などを熟知している

「地元トライさん」=山口県のトライさん(教育プランナー)もいます。

受験勉強や、定期テスト対策でお困りの皆さん、

ぜひトライをご利用いただき、勉強のお手伝いをさせてください。

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は[精神面・生活習慣のお悩み]についてご紹介します。

新年度が始まり、新しい環境にこの時期に、

楽しみな気持ち反面、不安な気持ちを抱えている人もいるのではないでしょうか。

・「新しいクラスになじめるか不安」

・「学校に行きたくない」

・「将来や受験が心配」

・「学校を休みがち」

など、勉強以外のことでも不安を抱えている人は少なからずいるはずです。

これまで30年間、マンツーマン指導をして、100万人以上のお子さまと

向き合ってきたトライだからこそ、勉強のことだけでなく、

学校生活や日常生活、精神面のお悩みなども解決の糸口を探すことができます。

もし学校に行きたくない、学校に行っていないという方。

同じように悩んでいる子供たちがたくさんトライで勉強しています。

授業は完全1対1なので、他の生徒と一緒に勉強をする集団授業が苦手という方でも、

安心して勉強できます。

また一人ひとりの学習ペースに合わせられるので、勉強が苦手な方も大丈夫です。

外に出たくない、近くに塾がないという方でも、

家庭教師ならご自宅まで教師が伺うので心配ありません。

もちろん勉強のことも、山口県の受験事情や教育情報に精通した

地元トライさん」が相談にのります。

詳しくはこちら http://www.trygroup.co.jp/futoukou/

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回は前回に引き続き、[勉強の基本]についてご紹介します。

今回は[学習習慣]についてです。

①毎日コツコツ!妥協はしない!

学習習慣をつけるにあたって、最も大事なことは毎日机に向かうということです。

今日は疲れたから…、明日まとめてやればいいか…、

などと妥協してしまってはいけません。

疲れていて効率が多少落ちてしまったりすのは仕方がありません。

毎日机に向かうということが大切です。

②計画的に学習を進める!

前回の計画的に学習を進めるという話をさせていただきましたが、

学習習慣にも大きく関係しています。

毎日何時から何時まで勉強をすると自分の中で決めていれば、

漠然と勉強しようと考えているより、早く・確実に取り掛かることができます。

時間や教科を決めて毎日繰り返すことでルーチン化をはかりましょう。

無理のない計画をたてることで、継続をしやすくなります。

③部活や習い事と両立させる!

部活をしているから勉強時間が確保できないというのは逃げです。

部活をしているからこそ、自分で勉強時間を見つけてコツコツやるべきです。

部活をしていない人よりは多くの時間を確保することは難しいかもしれません。

それでも、毎日少しでも勉強する時間を作って、机に向かうことで、

勉強をするという習慣がついてきます。

毎日1時間でも最悪かまいません。勉強するという姿勢が大切です。

Try ITを使えば一単元を決まった時間で学習することができます。

勉強の仕方がわからない人や、勉強時間の確保が難しい人は活用してみてください。

④休憩や自由時間も調整!

予定を立てる際の注意点ですが、部活後ご飯を食べて、寝るまで勉強、

といった計画の立て方はよくありません。

見たいテレビ、やりたいこと、各々あると思います。

受験前は完全に断ち切るべきですが、そうでない人は時間を決めて、

メリハリをつけることが大切です。

勉強を続けて何時間もするというのもよくありません。

長時間続けて勉強することは、集中力の低下につながり、

結果的に効率が下がってしまうためです。

休憩することも効率を上げるためと思って、休む時は休みましょう。

上記の点を意識しつつ、毎日コツコツ勉強を続け、

学習習慣をしっかりつけましょう。

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。

今回と次回のテーマは[勉強の基本]です。

今回は「1年間の学習計画」についてお話しします。

1年間の計画をたてる、というのはとても大切なことで、

だらだらと宿題だけしているとあっという間に時間は過ぎてしまいます。

1年という大きな単位から1日という小さな単位まで、

計画をしっかり立てて、受験に合格するという目標に向けて頑張りましょう。

★1年間の計画作成のポイント★

①1年間のおおまかな予定をおさえる

まずはじめに、わかる範囲で1年間のおおまかなスケジュールを押さえましょう。

定期テストはいつごろあるのか、運動会や夏休み・冬休みはいつからなのか、

旅行などに行くことが決まっているならそれも押さえておきます。

部活の大会など把握できているものもです。

1年間の大きなイベントごとを書き出せば、いつごろなら勉強に集中できるのか、

逆に自学するには大変そうだなという期間も見えてきます。

大会直近や運動会前などは、なかなか勉強に集中できないかもしれません。

夏休みや冬休みは復習を思う存分行える時期でもあります。

イベントを書き出すことで、いつ集中して頑張るのか、期末テストや受験に向けて、

今からどれくらいのペースで勉強しなくてはならないかがわかるなど、たくさんの利点があります。

②1ヶ月・1週間・1日ごとに計画をたててみる

今月中は行事ごとが何があるかを確認し、1週間ごとに予定を立ててみると良いです。

1週間の間に、教科書のこの範囲をやろうとか、この単元の復習はこの週で終わらせようなど、

計画をたてることで実行へと移れます。

ただぼんやりと「あの単元の復習をしないとなぁ」などと考えていると、

結局勉強することなく時間が過ぎてしまうことが多いです。

1週間の予定が立てれたら、今度は1日ごとです。

「部活が7時に終わるから、9時から11時まで勉強しよう」など、

勉強をする時間を必ず明確にして行動に移しましょう。

計画をたてることで、だらだらと過ごすことなく、メリハリのついた生活を送ることができます。

③予定の調整はこまめに

体調を崩して勉強ができなかったり、急な予定が入ってできなかった、なんてこともあるかと思います。

予定が変わってしまうことは仕方がないので、1週間ごとくらいで調整をしましょう。

できなかったところを来週のどこで埋め合わせをするのか、

しっかり確認できていれば、勉強に充てる時間を確認できたり、

どのくらいのペースで学習を進めるべきか判断できます。

④受験生は特に計画的な学習が大切

受験生になった方は、特に1年間の計画が大切になってきます。

夏休みや冬休みなどの長期休暇などは特に、苦手分野の克服や復習を存分に行える期間です。

計画的に進めないと、あっという間に時間がなくなってしまいます。

定期テストの勉強をしながらも、模試や受験に向けて3年間の復習をしないといけません。

細かく計画をたてて、効率よく学習を進めましょう。

計画を立てることができたら、あとは実行に移すだけです。

計画的に学習を進めて、あとで後悔することの無いよう毎日を過ごしましょう。

このページのトップに戻る

前のページ

山口県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT