教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です。

本日は学力を高めていくための学習のテクニックをご紹介していきたいと思います。

自身の弱点を補強するテクニックを覚えることで効率的に学習をしていきましょう!


①ショートターム訓練法

集中して継続をしていくことができない、一度決めた計画が続かない場合は、一度に行う学習時間をあえて制限をするとよいと言われています。

集中力の持続時間については個人差があり、幼少期は15分程度、成人で90分が最大と言われます。この時間を目一杯行うのができない場合、90分を

10分×9回の細切れで行うことにより、勉強のオン、オフのスイッチ、集中力が高まるようになります。


②音読訓練法

試験問題の読み間違いをしてしまう、勘違いをしてしまう、などのミスが多い子がいます。これはテスト中に黙読をしており、意識が集中しているつもりが無意識のうちに

集中が切れたり、思わぬ読み違いをしてしまったり、というものが原因となっています。しかし、これは無意識の中で行われていることであり、意識するといっても難しいのが現状です。

これを治していくためには、普段問題を解くときから「全ての問題文を音読しながら解く」と良いとされています。テスト時には黙読でも注意力が増していきます。


③ファイナルアンサー

比較的簡単な問題20問程度について、時間無制限で「間違いなく満点がとれた」と自分で判断ができた段階で終わるというものです。こだわって満点を取りにいくという行為そのものと、

間違えた際の自己反省が適切にできるため、ミスのパターンをよく知ることができます。


④70%学習法

試験時間の70%程度の時間に制限し、取り組んでおくことでスピード感、試験時の余裕を生むことができます。しかし、これでいきなり取り組むと雑になることもありますので、

「ファイナルアンサー」を先に取り組み、訓練することをおすすめします。


いかがでしたでしょうか?

現在、学力が伸び悩んでいる皆さん、ぜひ、上記のような学習法を参考にしていただき勉強に取り組んでみてください!

自身に一番合った勉強法が見つかるかもしれません!


このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

本日は「速読力」についてお話をしていきたいと思います。


①読書スピードを速めていくことで、全教科の偏差値を高める

近年、国語力が低下してきていると言われています。

読書量が減少してきたことや、国語の学習時間そのものが減少してきていることが原因と言われていますが、

この国語力の低下そのものが他の教科の学力にも多大なる影響を与えています。

また、読書量が減ったことにより、文字を読むスピードが落ちてきています。読書スピードと偏差値には密接な相関関係があり、

文字を読むスピードを上げていくことが、学力の向上への近道であるといっても過言ではありません。


②速読訓練を行うことで、読書スピードを速めていく!

読書スピードを速めていくには「速読」訓練が有効です。

速読の訓練とは、パソコンを利用し、画面に映し出される文章を指示に従って読んでいくことで、読書スピードが上がっていくというものです。

速読というと、斜め読みや飛ばし読みの類のものが多く存在しますが、それでは学力の向上にはつながりません。あくまで、正確に読み理解をしながらも、早く読むことが大切なのです。

この訓練により、「読視野」といい、文章を見たときに人間が一度に捉えられる文字の範囲を広げていくことができます。一度に捉えられる内容が大幅に増えることで、読書スピードを速めていきます。


上記の内容を実施していきながら、「読む力」を鍛えていきましょう

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

本日は小学生向けの基礎学力向上に向けてのお話をしていきたいと思います。


国語の3本柱

①漢字力

漢字学習は国語力の根幹です。また、漢字習得のコツは「使い続ける」ことにあります。

覚えた後に、日常の中で使い続けていくことで定着していきます。


②読解力

読解力はボキャブラリーを増やすことことから始まります。

英語を読解していく際、単語力がなければ全く意味理解ができないように、国語を読解する際に語彙力がなければ

文章を理解することはできません。しっかりと言葉を覚えていきましょう。


③作文力

作文力とは人に伝える技術の訓練です。社会ニュースや新聞を観て、その中で心に残ったニュースをの内容を「人に伝わる」ように文章を作ります。

ニュースを教材にすることで正しい言葉遣いなどを学んでいきます。


算数の2本柱

①単元別・系統別算数 「学校の授業がよくわかる」

学力によってテキストを使用し、単元別・系統別に授業を進めます。学校のの進行・その子のペースに合わせて授業を進め、「授業がわかる!」に繋げていきます。


②考える算数

「ちょっと考えただけでは解けない、けれども考え抜けば必ず解ける」という経験を培っていき、成功体験を生み出していくことで、勉強に取り組む姿勢を作っていき、考える力を養っていきます。


上記のような力を小学生の時からつけていくことで、その後の中学、高校の勉強内容にもついていきやすくなっていきます。

ぜひ、意識していきながら学習に取り組んでいってみましょう!


このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です。

本日は4月キャンペーンについて告知をさせていただきます!

大好評の4月の春キャンペーンが締め切り残り数日となってきました。


入会金無料!

②トライのすべてのコースの授業料が2ヶ月分無料!

(家庭教師/個別教室/オンライン家庭教師/新直営トライプラス)


③新受験生は「トライ式オンライン受験対策コンテンツ」が5月末まで無料開放!


※受付期間は4/30まで。3ヶ月以上ご利用される方が適用対象となります。2ヶ月分とは家庭教師・オンライン60分8回、個別教室120分8回分です。


ぜひ、この機会にトライで始めてみませんか?

抱えている悩みや不安が解決できるかもしれません!

お気軽にお問合せください!

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

本日は、以前に高校入学後の学習の重要性について大学進学希望者向けのお話をさせていただいていたため、

就職希望者に向けてのお話をしていきたいと思います。


①評定の高い人から、希望の就職先に行きやすい!

学校の成績の高い人たちから、高校も就職先へ斡旋していきます。

よって高校1年生から3年生までの成績評定が非常に重要になります。

⇒つまり、高校1年生から成績上位に入っておく必要性があります!


②進学先の就職先を確認しよう。

就職率が高い学校でも、就職先は多岐にわたります。

自分が勤めたいような就職先があるのかはぜひ確認しましょう。


上記に述べたように将来の就職先が希望がある場合は、希望が通るために学習が必要です。

また、どこに就職したいなど希望がない場合も、選択肢を広げるためにも学習が必要です。


高校入学後は、楽しいこともたくさんありますが、勉強も手を抜かず、勉強、部活、学校行事と充実した学校生活を送りましょう!

このページのトップに戻る

2021年3月8日

学習習慣を整える!

愛媛県の皆さん、こんにちは。

家庭教師のトライ 愛媛校です!

本日は効率の良い学習をするための第一歩、「学習環境」についてお話をしていきたいと思います。


①毎日、朝ご飯を必ず食べるようにしましょう!

人間は、毎朝、炭水化物をとり、脳に糖分が吸収されることで脳が目覚めます。

朝食をとっていない子の脳は、午前中の授業では、健全に働いていないことになります。

つまり、朝食をとらない子は学習効率を著しく落としていることになります。


②夜、寝る前に夜食を食べるのはやめましょう!

脳は活動することで疲弊します。睡眠によって脳の疲労をとることで、翌日の学習が十分にできるのです。

深い睡眠をとるためには、就寝時に脳に刺激を与えないようにする必要があります。したがって、就寝前の夜食や、

音楽を聴きながらの就寝、電気をつけたままでの就寝は厳禁です。


③ビタミンBやCを摂取して、ストレスを軽減させましょう!

日常生活で感じるさまざまなストレスは、ためてしまうと脳に悪影響を及ぼします。

特に受験勉強をしている子はなおさらです。精神的なフォローはもちろん、食事面でもビタミンB、Cを摂取することでストレスを軽減していくことができます。

ビタミンB: 豚肉、レバー、卵、緑色野菜 など

ビタミンC: かんきつ類、イチゴ、メロン、ブロッコリー など


上記を参考にしていただきながら、少しでも良い環境の中で学習に取り組めるようにしていきましょう!

このページのトップに戻る

2021年3月4日

愛媛県立入試!

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

愛媛県立入試がいよいよ来週にせまってきました。

本日は入試本番に向けての気を付けることなどについてお話をしていきたいと思います。


①本番に利用する時計は”アナログ式”をもっていくこと!

皆さん、入試本番は時計をもっていくと思います。

アナログ式は残り時間をはか際には視覚的に確認できますが、デジタル式は計算が必要です。

本番の緊張状態においては、このような試験と関係のないところが非常に気になりがちです。アナログ式に慣れておきましょう。


②迷った場合、最初に選んだ答えを変えないこと!

一度書いた後に迷いが生じることはよくあります。よっぽど答えに確認がもてない限り、答えは変えない方が良いと言われています。

必ずということではありませんが、人間の直感で最初に導き出した答えが最も客観的なものになります。

考えれば考えるほど、思い込みに陥りやすいということです。


③本番のケアレスミス発生頻度は”やさしい問題にあり”

いつもは解ける問題に限って、本番で思わぬミスをしてしまうことが多くあります。

本番の極度の緊張状態においては、普段と全く同じ思考が働くというわけではありません。普段から制限時間を短めに設定して解きましょう。

そうすることでいつもより少しゆっくり解いても十分に間に合います。

単純な計算問題や、漢字の書き取りなど、間違えないと思っている問題こそ慎重に解答するようにしていきましょう。


上記の内容を踏まえて、入試本番にベストな状態で臨めるようにしていきましょう!

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

いよいよ、2021年度の愛媛県立高校入試が近づいてきました…


中学3年生の皆様は緊張などでなかなか寝付けない日もあったりするんじゃないでしょうか?

今回は受験直前の過ごし方についてお話をさせていただきます!

ぜひ、参考にしてみてください。


①朝型への改善は日々30分以内で早めていくこと!

普段、夜型のお子様が受験前に一気に朝型にしようとするケースがあります。一旦ついた生活習慣を変えることは大きなストレスを生むことになり、

覚えが悪くなったり、覚えたものが思い出しづらくなったりします。なので日々、少しづつ早く起きるようにしていきましょう。


②図書館や自習室などでも演習に取り組むこと。

この時期、自宅で時間を計らずにのんびりと解くだけではNGです!

プレッシャーのかかる環境を自ら作り出し、その中で解いていく訓練を行っていきましょう。


③入試直前は長時間の学習をしないこと!

入試が近くなればなるほど焦りが増し、勉強をしないと落ち着かなくなってきます。

しかし、特に入試直前においては体調やコンディションを整えることが最も大切です。

リラックスすることに注力し、自分の好きな音楽を聴いたりし、最もリラックスできる環境に身を置くようにしましょう。


これらのことをぜひとも参考にしていただき、入試本番を万全の体調で臨めるようにしていきましょう!

皆様の第一志望合格を心から応援しています!

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です!

本日はトライで行っている史上最大規模の春キャンペーンについてお話していきます!


キャンペーン内容①: 入会金無料!

キャンペーン内容②: トライでの全ての教育サービスが2か月分無料!(家庭教師/個別教室/オンライン家庭教師/新直営トライプラス)

キャンペーン内容③: 次期受験生についてはトライ式オンライン受験対策コンテンツ、無料開放!

こちらをぜひ、チェックしてみてください

https://www.trygroup.co.jp/


受付期間は2021年4月30日までです。3ヶ月以上ご利用の方が対象となります。

2ヶ月分は家庭教師・オンライン家庭教師 60分×8回分、個別教室 120分×8回


ぜひ、トライでの春キャンペーンを利用して、苦手克服、総復習、次年度の予習を行っていき、学力向上につなげていきましょう!

お気軽に、お早めにお問い合わせください!

このページのトップに戻る

愛媛県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ 愛媛校です。

さて、本日はトライで展開をしている「オンライン自習スペース」についてお話をしていきたいと思います!



全国の仲間と高め合い集中できる新しい自習空間となっております。

1、1人で勉強するよりも集中できる

2、仲間と一緒にオンラインで勉強できる

3、スマホを触れない環境をつくることができる


オープン時間

平日: 17:00~22:00

土曜日: 14:00~22:00

※日曜・祝日はご利用はできません ※オープン時間は変更の可能性があります。


ぜひぜひ、次世代のオンライン自習室で学習をしていきましょう!

このページのトップに戻る

前のページ

愛媛県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら