教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



過去の記事を見る

2022年12月

2022年12月22日

面接準備を始めよう

皆さんこんにちは、トライの高知校です。

今回は大学二次試験や、高校入試で必要となる面接についてお話をさせていただきます。
面接は、学力では測れない本人の人となりや熱意などを評価してもらえるポイントです。点数が同じだったら面接の印象がいいほうを合格させたくなりますよね。
とはいえ、闇雲に熱意をアピールして支離滅裂なことを話しても意味はありませんし、緊張して頭が真っ白に・・・なんてことも避けたいですよね。
今回はそんな面接の準備についてです。

最初に最も意識してほしいポイントは失敗を恐れない!と言うことです。

「ミスしてはダメだ・・・」となってしまうと緊張してよりミスをしてしまうことが多いです。

大きく上げるとすれば

①本番でミスしにくくなる準備をすること

②嘘はつかない

上記の2つです。

番でミスしにくくなる準備をする

①に関してはまず丸暗記は止めましょう!

原稿丸暗記型は試験本番で原稿と一字でも違うことを話してしまうと、

その瞬間頭にある原稿と実際に自分が話している言葉がずれてしまい、

焦って頭が真っ白になり原稿を忘れてしまう事態に陥りやすくなります!

話し言葉と書き言葉でも全く違うので不自然に聞こえる場合があるので、

ある程度何を話すかをしっかり決めることを意識してください

② 嘘はつかない

②に関してはそのままですね。

例えばオープンキャンパスに参加したかに関して質問された際に、

行けてないにも関わらず「参加しました」というのは危険です。

参加した際の感想などを聞かれて答えられなかった場合、

印象は大きく落ちることになりますから正直にその理由をしっかり話しましょう。

  例)その期間は志望校が決まっておらず他校に参加していました。等

面接に関しては誰しもがミスをします!(ブログ担当者もミスをしています)

  例)噛んでしまった。詰まってしまった。質問が聞き取れなかった

大事なことは面接官はミスで合格不合格の判断はしていません。むしろミスをした後が重要と言えます。

  ダメな例)笑ってごまかす。面接官に助けを求める

  良い例)聞き取れなかった時に改めて聞きなおす。噛んだらもう一度言い直す。

また想定していない質問をされることに関して不安に感じる方も多いと思います。

これも面接官の意地悪ではありません。

よく聞かれる質問は皆さん事前に準備してくるため、なかなか学生の素の部分を見れないためです。

面接の練習の際も、1~2個程度、深堀した質問をしてもらいましょう。

自分が面接官役として友達の受け答えに対して深堀するのも、面接官の着眼点が想像できるのでいい練習になります。

また受け答えに関してのポイント

 ①まずは自分が言いたい結論から述べましょう。

 ②続いてなぜそう思っているのか根拠を話します。

 ③そのうえで最初の言いたいことを言葉を変えてもう一度述べます。

ここまでお話をさせていただきましたが、面接に答えはありません。

その場での判断が大切になるからこそしっかりと練習をして挑みましょう!

【家庭教師のトライ 連絡先】

フリーコール   0120-555-202(受付:午前9時~午後11時)

資料請求&お問い合わせ https://www.trygroup.co.jp/request/

担当の教育プランナーがわかりやすく丁寧に対応いたします。 ※土日・祝日も対応しております。

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

いよいよ、受験生にとって勝負の冬がやってきました。受験に向けて過去問を解くことは重要ですが、「ただ解いて終わり」では、過去問演習の価値を最大限に発揮することはできません。志望校合格に近づくために、過去問演習を通じてできるだけ多くのことを学ぶ意識をもって取り組みましょう

過去問演習の4つのポイント

過去問演習をする際には、次の4つのポイントを意識して取り組みましょう。貴重な勉強時間を使って取り組むからこそ、過去問演習を通して普段の勉強では得られない力をつけていきましょう。

1 出題傾向を把握する

数年分の過去問を解いて「どのような問題が出題されているか」 「必ず出る分野は何か」 といった傾向を把握しましょう。 集中して勉強すべき内容がわかり、似た傾向の学校や都道府県の問題を解いて力をつけることができます。 自分ひとりでは傾向がつかみにくいという方もいると思います。ぜひトライまでご相談ください。

2 自分の弱点を見つける

2~3年分の過去問を解いてみて、 毎回間違えてしまったり、時間がかかりすぎてしまったりすることがあれば、その分野が今の自分の弱点です。 受験までの残り時間と他の科目に要する勉強時間を考えて、その弱点を完全に克服すべきか、別の得意分野を伸ばすべきかを早めに判断しましょう。

3 合格までに必要な点数を把握する

過去問に取り組む際には、 「全科目の合計点数」を確認しましょう。 今の点数と、 過去問の問題集や志望校ページなどに載っている「合格最低点」との差が、合格のために必要な点数となります。 現時点で差があっても焦る必要はありません。入試本番で合格最低点を超えるための勉強計画は、ぜひトライまでご相談ください。

4 入試の時間配分をつかむ

過去問に取り組む際には、 本番と同じ解答時間で取り組みましょう。 時間内に解き切れなかった問題がある場合は、 全問解き終えるためにあと何分必要かを計ってください。 そして、 解答する順番を変えるなどの工夫をして、時間内に解き終えるようになるまで何度も繰り返し解き直すことが大切です

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは。

家庭教師のトライ 高知校です。

受験生にとって受験前最後の長期休暇である冬休みが近づいています。

最後の追い込みのためにも、冬休み(年末年始)は大切に、計画的に過ごす必要があります。

【1】午前・午後・夜のタームに分けて、学習計画を立てる

長期休暇中は、一日を三部制にわけて計画を立てましょう。

冬休み中に学校の補講授業に参加する期間もあると思いますので、そのスケジュールも含めて計画を立てましょう。

その際、時間帯に応じて適している勉強内容があるので、参考にしてみてください。

午前

 起床後は脳が活性化して働きやすい時間帯です。

 理数系の問題を解いたり、英語の長文読解をすると良いでしょう。

 脳を起こすという意味で、まずは簡単な数学の計算問題を解いたり、英文を音読したりするのもお勧めです。

◆午後

 午後の時間は、集中力ややる気が持続しやすい時間帯です。

 国語の現代文や、英語の問題を解しっかり考えて解くのに適しています。数学の応用問題に取り組むも良いでしょう。

 ただ、眠くなりやすい時間帯でもあるので、その場合は軽く仮眠をとるなど休憩時間を取り入れた方が、勉強も捗ります。

◆夜

 夜は脳が情報整理をする時間帯と言われています。

 英単語や熟語の暗記物、日本史や地理、生物などの一問一答式問題等に取り組むのがお勧めです。

【2】生活リズムを常に一定にする

年末年始がある冬休みは、生活リズムが乱れがちです。

生活リズムは一度乱れてしまうと修正するのに時間がかかります。

入試は午前中から始まりますので、朝一番で頭が働くようにしておく必要があります。

勉強も夜遅くまで行うのではなく、学校がある時と同じように生活し、起床・就寝リズムを整えましょう。

【3】体調管理に注意!

受験前のこの時期、何よりも重要なのは体調管理。

気温も低く乾燥している時期のため、日々の食事・睡眠をしっかりとり、体調管理には十分に気をつかいましょう。

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

2022年11月9日、2025年度(令和7年度)からの大学入学共通テストの試作問題等が公表されました。

今年度から高校で新学習指導要領が始まっており、現高1生が大学受験をする2025年度(令和7年度)からは出題科目や内容等が変更になります
特に注目を集めているのが、新たに高校の必履修科目となった「情報」です。「情報Ⅰ」は試験時間60分、配点100点で実施される予定です。

出題教科・科目の出題方法等(出題範囲・科目選択の方法・試験時間・配点等)についての予告、問題作成の方向性、試作問題と正解表が、大学入試センターのホームページから閲覧可能となっていますので、ぜひ確認してみてください。

■問題作成方針に関する方向性

■国語

試験時間90分。「現代の国語」,「言語文化」それぞれで育成する資質・能力を,試験問題全体を通じて評価する。(新たな大問を追加し,より多様な文章を扱う。)近代以降の文章(論理的な文章や実用的な文章,文学的な文章),古典(古文,漢文)を題材とした各大問はそのまま。

■地理歴史

必履修科目、選択科目で育成することとされている資質・能力を一層重視したものとなるよう検討する。

■公民

必履修科目、選択科目で育成することとされている資質・能力を一層重視したものとなるよう検討する。

■数学

試験時間70分。 『数学Ⅰ,数学A』及び『数学Ⅰ』については,選択問題を含まない。 『数学Ⅱ,数学B,数学C』については,「数学Ⅱ」は選択問題を含まない。「数学B」及び「数学C」については,4項目のうち3項目の内容の問題を選択解答する。

■理科

各科目で育成することとされている資質・能力を一層重視したものとなるよう検討する。

■外国語(英語)

「リーディング」,「リスニング」ともに,共通テストの問題のレベルは,出題範囲としている科目(「英語コミュニケーションⅠ」,「英語コミュニケーションⅡ」及び「論理・表現Ⅰ」)の目標及び内容(言語活動の例,言語の使用場面や働きの例など)等に対応したものとする。CEFR の概ね A1~B1 レベルを目安として問題のテクスト,使用する語彙,タスクなどを設定し,問題を作成する。

■情報

試作問題の中にあるプログラム表記は,授業で多様なプログラミング言語が利用される可能性があることから,受験者が初見でも理解できる大学入試センター独自の日本語でのプログラム表記を用いる。

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

高知県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら