教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さんこんにちは!

徳島県公立高校入試の傾向と対策、今回は単語と文法についてお話させていただきます。

 

語彙量は多いに越したことはありませんが、

基本的な単語を押さえたら前後の文脈から意味を類推する力も養うべきでしょう。

通常の単語を覚えることは言うまでもありませんが、

inやat、ofなどの前置詞をあまり気にしていない受験生は多いのではないでしょうか。

前置詞を意識するだけで英文の読み方が変わってきます!

 

語彙量を増やしたら、あとは問題演習で出会った単語から押さえていけば十分です。

 

文法も同様で5文型から押さえて、難しい文章に出会ったら切り分けて考えていけば身についていきます。

 

さて、毎年入試の頻出分類として「単語・熟語・慣用句」と「語句補充・選択」があります。

「慣用句は知らないとわからない」問題で類推することも難しいので、代表的なものはおさえておきましょう。

語句補充問題は前後の意味を考えて、違和感を感じないということが大事です。

前述の前置詞が狙われることが多いので、気をつけましょう。

 

次回は英語の会話・長文読解を解説します。

このページのトップに戻る

徳島県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら