教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



2018年9月22日

高校受験

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


本日は埼玉県の高校受験についてお知らせします。

埼玉県では現在「学力検査問題」を実施している高校と「学校選択問題」を実施している高校があります。

「学力検査問題」は従来通りの出題形式で、「学校選択問題」は数学と英語の難易度が高くなっています。

「学校選択問題」を採択している学校は21校あります。


・浦和高校

・浦和第一女子高校

・浦和西高校

・大宮高校

・春日部高校

・春日部女子高校

・川口北高校

・川越高校

・川越女子高校

・川越南高校

・熊谷高校

・熊谷女子高校

・熊谷西高校

・越谷高校

・越谷北高校

・所沢高校

・所沢北高校

・不動岡高校

・和光国際高校

・蕨高校

・さいたま市立浦和高校


以上の高校では「学校選択問題」を採択していますので、それに向けた対策を行う必要があります。

トライでは「学力検査問題」「学校選択問題」それぞれに合わせた対策を行なっています。

マンツーマン指導はもちろん、受験生に向けた【日曜特訓講座】も開催しています。

https://www.trygroup.co.jp/request/

ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

皆様こんにちは!家庭教師のトライ埼玉校です!


今回のテーマはタイトルを見てのとおりセンター試験のお話です。

夏期講習が終わってほっと一息ついたと思えば、もうセンター出願の期間です。

今年の出願期限は10月12日(消印有効)ですね。出願期間は10月1日から。

もう願書はお手元にございますか?高校毎に出願を手伝ってくださる所もございますが、

そういったフォローがない方はご自身で願書を取り寄せするしかございません。

出願期限に間に合うように今のうちに取り寄せをしておきましょう!

私大志望の方でもセンター利用受験を2~3教科でできる場合もございます。

選択肢を広くもてるように出願をしておくのも一つの戦略です。


試験慣れという意味でもセンター試験は強力です。今までにない受験者数・受験者層。

私も現役の頃は併設された喫煙所の浪人生にプレッシャーを感じました。

おかげでその後の受験会場は、センター試験の時ほど大きい、多様な受験会場ではなく、

落ち着いて受験に臨めていました。


試験内容も難易度がグングン上がっているセンター試験。

記述問題の出現や、原理・原則を問う問題など、マークだからと油断できない内容になっています。

しっかりと学習できているかを測るには非常に有用な試験でもあります。一般試験の対策にも十分効果的です。

もちろん国公立受験者には第一の関門です。ここのミスは後に響きます。これでもかと準備をして臨んでください。


特に有用な情報はお伝えできませんでしたが、これだけは覚えてください。


センター試験出願期間 10月1日~10月12日(消印有効)!


皆様万全の準備を!

このページのトップに戻る

皆様こんにちわ!

今年は9月に二度の北辰テストがあり、一気に受験ムードが高まってきました!!

個別相談会の日程も気になりだし、北辰テストの偏差値へのアンテナも敏感になっていると思います。

そこで今回は北辰テストの点数アップ大作戦をお送りいたします!

北辰テストの点数を上げる方法は様々ありますが、今回はその中でも北辰テストの復習に焦点を当てて話します。


模試の復習……
多くの方がこの重要性を知りながら、中々手を付けられていないと思います。

なぜか?


単純にテスト全部復習するのが大変!

解き直すぐらいしかやることが無い!


などなど様々な理由があると思います。
かくいう私も模試の復習は大学受験で初めて行ったぐらい逃げておりました。

しかし、実は北辰テストの復習はとても短時間で効率的に行うことができます!

それでは早速ご説明いたします。


まずは北辰テストの結果用紙をご用意ください。

二枚ありますね。お名前や偏差値が一覧になっている用紙と、国語以外の4科目の解答用紙のコピーが記載されている用紙があります。

二枚とも使用します。

注目して頂くのは、解答用紙のコピーの下部に記載されている「正答率・正答率グラフ」です!

このグラフは非常に多くの情報が詰まっています!

その中でも色のついた帯がありますね。その帯から上にある問題を上から順番に復習しましょう!

確実に、次出たら必ず解けるように、何度でも、繰り返し復習してください。

これだけで第一志望に記入した高校への判定は上がっていきます!

※本当は科目別にもう少し細かい勉強方法や判断基準があるのですが、文章化するにはあまりにも多いため割愛いたします。


この帯は同じ第一志望を記入した生徒様方の正答率によって決まります。これがミソです!

この復習方法を今までの北辰テスト全て、これから行われる北辰テスト全てで実行してください!

もちろん、すべての問題を復習するのが最も強力ではありますが、少なくとも北辰テストの復習を全くやれていない生徒様はチャレンジしてみてください!

9/30以降もまだまだ北辰テストはあります!皆様の点数が少しでも上がれば幸いです!


ここでは語り切れなかった内容もありますので、もし気になる方がいらっしゃいましたら,

無料の学習面談もございますのでお問い合わせください!

このページのトップに戻る

2018年9月18日

勉強時間の確保

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


いよいよ夏休みも終わり、久しぶりの学校を楽しんでいますか?

授業も始まっているので、夏休みの勉強の成果も実感できていますか?


日々の授業での提出物もきちんと出せていますか?

試験前にワークをまとめて提出する学校も多いと思います。

内申点が重要になる埼玉県の入試では、提出物の期限を守ることは絶対です!

これまで試験前にまとめてやっていた子は、やり方を変えましょう。

そもそも、提出するためにワークをやるわけではないですよね?

ワークのきちんとやっているか、またワークの内容をしっかり理解しているかを確認するために

提出するはずです。

その為には、学校で勉強した範囲は日々ワークを進めていきましょう!

復習もできるように、できればノートに解いていくのがいいですね。

面倒だと思わずに、まずはトライしてみてください!

きっと普段よりも試験勉強がはかどるはずです。


普段の生活をタイムテーブルで書き出してみるのもいいですね。

意外に無駄な時間が多いことに気づくのではないでしょうか。

皆さん、毎日ご飯は食べますよね?お風呂に入りますよね?

それらの前後に必ず勉強するという習慣をつけてしまうことがシンプルかもしれません。

「ご飯を食べたらその日の宿題を終わらせるまでスマホを触らない」

「お風呂に入ったあとに必ず今日の授業の復習をする」

など、それぞれのルールを設定してみてください。


上手く自分ではルールを作れない、スケジュールを作りたいが自分で決められない

等ございましたら、ぜひ家庭教師のトライまでお問合せください。

あなたの生活リズムから見直し、最適な学習サイクルを一緒に考えます。

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは!

9月に入り、少し肌寒い日も出てきましたね。

季節の変わり目ですので、体調管理には十分お気をつけてお過ごしください!


今回のブログでは定期テスト対策・高校生編をお送りいたします。

受験生の皆さんは、受験勉強に追われて定期テスト対策を疎かにしていませんか?

高1、高2生の皆さんは3年生になったら頑張ればいいと思っていませんか?


この時期のテストは夏休みの勉強の成果が出る大事なテストです!


テスト勉強を疎かにしてしまうと、苦手なまま受験期を迎えることになります。

また、推薦入試を視野に入れている方は、1年生の内申点から重要になってきます!

高校1年生の皆さんは試験内容が変わるタイミングですので、推薦での選択肢も考えられるように準備しておきましょう。


このタイミングで苦手を全て克服し、夏休みを迎えましょう!

定期テストでは出題範囲がある程度分かっているので、

重要なのは自学習の確立です。


トライのマンツーマン授業では生徒一人ひとりにあった勉強の仕方まで

サポートさせていただきます。まずは自分に合った学習方法を確立しましょう!

定期テスト対策におすすめの学習方法として、Try ITを紹介します。

映像で分かりやすい授業をいつでもどこでも見ることができるので、

自学習のお供として活用してみてください。


つまずきやすい現在完了や二次関数の授業も分かりやすくまとまっているので、

効率よく学習を進められると思います!

ぜひ、このTry ITを自学習に取り入れて高得点を目指しましょう!

このページのトップに戻る

2018年9月1日

成績保証

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


今回は成績保証についてお伝えします。

中学校1年生、中学校2年生、高校1年生、高校2年生の方が成績保証の対象学年になります。

10月から11月にかけて定期テストがある学校が多いと思いますが、そのテスト結果から次回のテスト結果が保証対象になります。


以前から成績保証制度がトライにはありましたが今回の成績保証の内容は以下になります。

一人ひとりに合わせたわかりやすい指導と、丁寧なサポートによる目標達成を保証いたします。


【成績保証の概要】

成績保証制度お申し込み時点での前回のテスト結果に応じて次回テストの目標点を設定し、

目標達成のための指導とサポートを行います。

設定された目標点に達しなかった場合、対象科目に関して通常授業の受講を前提として、

実施した授業時間数と同じ時間分の無料追加授業を付与させていただきます。


【成績保証の目標設定】

成績保証制度お申し込み時点でのテスト結果が61点以上の場合、

前回のテストの点数と満点との差分の50%UP!

(前回のテストの点数が70点の場合:70点+(100点-70点)×50%=85点)

=85点が目標になります。


60点以下の場合は前回のテストより20点UPを保証します。

(前回のテストの点数が50点の場合:50点+20点=70点)

=70点が目標になります。


【対象者】

•2018年9月1日~2018年10月31日に下記適用条件を満たす中学1,2年生、高校1,2年生が対象となります。

(中学3年生は 中高一貫校に通学中の方のみ対象となります)


【成績保証の内容】

•成績保証の適用条件を満たした方が、所定の目標点に達しなかった場合、

対象科目に関してテスト前に実施した授業時間数と 同じ時間分の無料追加授業を

付与させていただきます。なお、無料追加授業は、通常授業の受講が前提となります。


・成績保証の適用に関しては1科目あたり試験までに累計「480分」を授業することが条件になります。


・成績保証の適用は1科目あたり1回のみとします。


・成績保証による無料追加授業のご利用期限は2019年1月31日までと なります。


・無料のトライイットの映像授業もテスト範囲を視聴していただき勉強進めていただくことも条件になります。

ご不明な点等御座いましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

2018年8月31日

勉強の仕方

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


受験生も非受験生もしっかりポイントをしぼって勉強をしましょう。

学校からの宿題もたくさん出ていると思いますが、ひとりひとりの現状は異なるので

それゆえに勉強する単元、内容も人によって異なってきます。

平均点までたどり着かなかった生徒さんは、まずは教科書の例題レベルを解けるように勉強をしましょう。

8割を目指す生徒さんは、基本をしっかり入れた上でワークのB問題も解けるように勉強をしましょう。

満点を目指すレベルの生徒さんは、初見の問題でも対応できるような応用力を身につけましょう。


しっかりの自分の現状を把握した上で計画を立てるのがポイントです。

数学が苦手な生徒さんは、中1の正負の数から復習を行いましょう。

何から勉強したらよいかわからない生徒さんは、ご相談ください。

このページのトップに戻る

2018年8月28日

大学入試改革

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


2020年に教育改革が文部科学省によって推進されていくということを

ご存知の方は多いかと思いますが、


その中の一つとして、この【大学入学共通テスト】が挙げられます。

大学入学共通テストは、センター試験に代わって、2021年1月から実施される新しい試験のことを指します。

つまり、今の高校1年生の代から、実施されるということになります。


では、具体的にこれまでのセンター試験とどういった点で異なっているのでしょうか?

ここでは大きく二つの観点で、センター試験との違いをご紹介したいと思います。


①記述問題の導入

従来のセンター試験は、全科目マーク形式で出題されていましたが、

2020年度に始まる大学入学共通テストでは、

国語と数学に関して記述問題を導入することが検討されています。


大学入試センターの発表によると、国語の記述は20~30字程度、40~50字程度、

80~120字程度を記述する問題がぞれぞれ1問ずつ出題される予定となっています。

試験時間もセンター試験の80分から100分に伸びる予定です。

また、数学に関しては、数Ⅰから、マークと記述を交えた問題が3問出題される予定です。


②英語で「読む」「書く」「聞く」「話す」4技能評価を導入

センター試験との違いに関して、4技能評価が行われるというのが挙げられます。

これまでのセンター試験では、「読む」と「聞く」しか評価されていないのではないかという考えから、

「書く」と「話す」も評価していく方向性で検討が進んでいます。

ただ、センター試験のような全員が一斉に受ける大規模な試験の中で、

「書く」「話す」のテストを実施するのは難しいということで、

すでに4技能の評価をしているTOEFL iBTやTEAP、英検などの

民間の資格・検定試験を利用することが検討されています。


※スコア次第では、大学の個別入試が免除される制度もありますので、大学別にご確認ください。

では、こういった入試の変化に伴って、どういう能力が必要になっていくでしょうか?

一般的に言われるのは「思考力」「判断力」「表現力」の3つです。

つまり、授業などの学習を通して得られた知識を、どのように活用し、

新しい課題を解決していくのかを考えていく能力が必要になっていくということです。


これまでの大学入試では、

「決まった解答をいかに早く、正確にアウトプットできるか」が点数を取るポイントでありましたが、

これからは、「学んだことをもとに、それをどう活かすかということ」が、

点数をとるためのポイントになってきたということになります。


では、こういった力を養っていくために、どういった勉強をしていく必要があるでしょうか?

重要になってくるのが、「能動的」な学習です。

「アクティブラーニング」ともいわれることもありますが、

受身の授業ではなく、自ら能動的に参加していく勉強が必要になってくるということです。


ただ先生の話を聞くだけだったり、板書をするだけだったりすると、

自ら考えて表現をするという機会が少なくなってしまいます。

そうではなく、たとえばディスカッション形式の授業をするだったり、

学んだことを誰かに説明する、というような勉強をすることによって、

学んだことをどのように活かすし、どのように表現するかを考えられるのです。


以上大学入学共通テストに関してお伝えしてきましたが、

入試が変わることによってするべき勉強の仕方も変わってきます。

「なんとなく授業の板書をして終わっていた…」

「ただ授業を聞いているだけで終わっていた…」

なんて思っている中高生がいましたら、ぜひこの機会に勉強の仕方を見直してみてはいかがでしょうか?


家庭教師のトライでは、無料の学習相談を実施しております!

勉強法を見直してみたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください!

このページのトップに戻る

こんにちは!

家庭教師のトライ埼玉校です。


8月も終わりに近づき、まもなく9月を迎えます。

特に受験生は、夏休み中はかなり頑張った人も多いことと思います。

『次のヤマ場は冬の受験直前期』と考える人もいるかもしれませんが

大事なのは9月〜11月の3ヶ月間であると考えてください。

受験生が夏と冬に頑張るのは、当たり前のことです。

全員が頑張るので、意外と差がつかないわけです。


9月〜11月の秋の時期はヤマ場に対して『タニ場』とでも言うのでしょうか。

意外と勉強時間が伸びない時期だと言われています。

夏に頑張った成果が秋に成績アップという形で見られることも多く

『順調にいっているから』と安心して気が抜けることが原因かもしれません。


しかし、今からの時期は成績をさらに上げる大きなチャンスであるとともに

冬の受験直前期の最後のひと伸びにつなげるための大事な準備期間となります。

センター試験まで残り5ヶ月を切った今、緊張や不安もたくさんあると思いますが

9月〜11月の時期こそ、しっかりと受験対策をすべきと心がけてください。


他の人の学習ペースが落ちているときに、自分だけペースをあげれば

その分成績の伸び幅は大きくなります。

どうしても志望校に合格したいのであれば、他の人と違うことをすることも必要です。

しっかりと受験勉強に取り組むようにしましょう。


家庭教師のトライでは、今からの時期の対策でも

志望校への逆転合格を目指すためのコースを多数ご用意しております。

『どうせダメだから』『志望校を諦めよう』と考えるのではなく

『今からでも何か方法があるんじゃないか』と前向きに考えてください。

このページのトップに戻る

2018年8月21日

日曜特訓!

こんにちは。

家庭教師のトライ埼玉校です。


今年は猛暑でしたがトライも熱いです!

本日は受験生に向けた内容でお送りします。


夏休みにたくさん勉強できましたか?

学校がお休みの分たくさん勉強できた子も、休みだからあまり勉強できなかった子もいるのではと思います。

埼玉県の公立高校受験は【学校選択問題】と【学力検査問題】の2つがあります。

自分が目指す学校はどちらなのか?問題はどう違うのか?

疑問も様々だと思います。


そんな疑問に答えつつ対策していく講座が始まります!

それが「日曜特訓」です!

中学生は開催教室ごとに扱う問題を【学校選択問題】と【学力検査問題】分けて実施し、

高校生は【センター試験対策】を行います。

科目を選んで受講することができるので、自分の苦手な科目に絞ってもよし、全体的な底上げとして受講するもよしとなっています。


詳細についてはお気軽にお問い合わせください!

このページのトップに戻る

前のページ

埼玉県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT