教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



愛媛県の皆さん、こんにちは!

今回はこの冬トライで開催される、冬の勉強合宿についてお届けします。

トライの勉強合宿は、春・夏・冬の年3回開催されるトライ一大イベントです!

成績向上・志望校合格といった成果が毎年出ており、今年も多くの方が既にお申込み頂いています。

以下、各合宿の詳細をご案内します。


■勉強合宿

日時:12/26(水)~29日(土)3泊4日

場所:リーガホテルゼスト高松

特徴:今回の合宿は、受験生の直前対策に特化したカリキュラムです。

中3・高3については、一人ひとりの現状に合わせカリキュラムを細かく設定。最後の追い込みに最適な内容となっています。

中学受験を目指す小6生に向けては、私立と公立の志望校により内容が変わります。

公立の適性検査対策としては、受験指導に加え、近年の入試傾向を踏まえた「ディベート授業」を実施します!

私立の受験対策としても、通常の科目指導+「面接・作文」の授業も組み込み、まさに受験前総仕上げの内容となっています。

受験前最後の追い込みとして、是非ご検討ください!


■年末年始特訓(合宿型)

日時:12/30(日)~1/3(木)

場所:東京・大阪・名古屋・仙台・福岡

特徴:小4~高3までの生徒を対象に、年末年始特訓を3泊4日の合宿形式で実施します!

全国各地のトライ生徒が集まり勉強する経験は中々出来ないと思います。四国開催はありませんが、是非ご検討ください。


■年末年始特訓(会場型)

日時:12/30(日)~1/3(木)

場所:個別教室のトライ松山市駅前校

特徴:合宿ではありませが、年末年始特訓を松山市駅前の教室でも開催します!(全学年対象)

個別対応を行いますので、生徒の状況に応じたカリキュラムを設定し、5日間でやる事を決めていきます。

受験生の直前対策はもちろん、非受験生の方にもおすすめです。

年末年始の時間を有効に利用し、学力向上させましょう!


■医学部・難関大合宿

日時:12/26(水)~12/30(日)

場所:グランドプリンス新高輪(東京)

特徴:中1~浪人生対象の、医学部・難関大受験対策に特化した合宿です。

総学習時間は40時間、学年・志望校別にクラス分けを行います。

専用カリキュラムによる集中講義とマンツーマン指導の組み合わせで効率よく指導を進め、

小論文・面接の対策もご用意しています。

講師はプロ講師、チューターは現役医学部生・難関大生が担当、万全のバックアップ体制でサポートしていきます。


■プログラミング合宿

日時:12/26(水)~12/28(金)

場所:オリエンタルホテル東京ベイ(東京)

特徴:小3~中3生対象の合宿です。プログラミングの基礎知識が学べ、合宿後も活かせる

プログラミングの知識、技術を身につける内容となっています。

また、科学未来館で未来の科学やロボットの世界を体感する事ができます。


以上の内容で、目的に合わせた内容の合宿をご用意しました。

全国で多くの教師を抱え、一人ひとりのご要望に寄り添うトライだからできる事だと思います。

どの合宿も、満員まで残り僅かとなっています。この冬の学習についてお悩みの方は、是非お気軽にお問い合わせください!

https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!
今回は、トライ11月のキャンペーンについてご案内していきます。

①プロの逆転合格コース
受験生(小6・中3・高3)の方へ、今から逆転合格できるカリキュラムを立て、トライ厳選のプロ教師が指導を行うコースです。
公立高校入試まで残り約4カ月、そして、センター試験・中学入試までいよいよ残り約2カ月となりました。どの受験ももう時間はわずかしかなく、まさに受験直前の時期に入ってきます。
短期間で点数を伸ばし志望校合格を勝ち取るためには、合格最低点数を取る為の戦略を練り、「点を取れるポイント」を絞って受験勉強を進めるしか方法はありません。その方法を熟知したプロ教師が短期間での成績アップを実現させ、志望校合格へ導きます!

②成績保証
非受験生を対象に、次回定期テストの目標点数を設定し、カリキュラムを立て指導を行います。
全生徒が目標点を達成するように指導を行いますが、万が一到達しなかった場合は、追加で受講した授業時間分の授業を無料で実施します!
成績を上げる自信があるからこそ実現できる制度です。
定期テストの点数UPは生徒の自信に繋がります。また、愛媛県の公立高校入試において、内申点は非常に重要視されています。内申点を確保しておきたい、というご要望にもぴったりの制度です。目標の実現に向け、全力でサポートさせて頂きます。

キャンペーンの詳細はこちら
https://www.trygroup.co.jp/campaign/

11月は、受験直前対策のお問い合わせが例年大幅に増加しています。
それは逆に「今からでもやり方次第では点数を伸ばすことができる」という事です。

また、非受験生に関しても、年々定期テストの重要性は増しており、期末テストから対策を検討される方が多くいらっしゃいます。
12月は何かと慌ただしく過ぎていきますので、2学期の学習成果はこの11月にかかっていると言ってよいと思います。
受験生、非受験生ともに非常に重要な1カ月となります。周囲に後れを取らない様、計画的に学習を進めていきましょう。

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!


公立高校入試まで、残り約4カ月となりました。
平成31年度(2019年度)愛媛県公立高校入試の学力検査・検査教科・出題範囲・日程については、愛媛県教育委員会のWebサイトにて公表されています。

以下、入試日程の概要です。


【愛媛県公立高校入試】
一般入学者選抜
学力検査:2019年3月7日・8日
合格発表:3月18日
検査教科:国語・社会・数学・理科・英語
※全日制。定時制は国語ならびに社会・数学・理科・英語の中から2科目選択の計3科目


推薦入学者選抜
推薦選抜:2019年2月8日
一般選抜:3月7日・8日
合格発表:3月18日


この時期になると「受験直前」という雰囲気になり、トライの生徒たちも一層気合いを入れて勉強に励む様になります。ここからの時期は「全体的に復習を行う」ということではなく「志望校の必要合格点を確実に取る為、どの単元で点を取りに行くか」という細かい戦略が必要になってきます。


ここまでの努力でどこまで実力がついたのか、愛媛県模試や学校の実力テストの結果を分析し、改めて自分の得意・不得意分野を洗い出してください。その上で、受験までどの時期にどの単元を復習するのか、計画を立ててみましょう。


11月末~12月初旬は期末テストが実施され、その対策に追われると思います。また、1月もまだ新しい単元の授業が実施される学校がほとんどです。よって現実的には過去の単元を復習する期間は、冬休み+直前期(2月)の約1カ月しかないということになります。


ポイントを絞った復習には、マンツーマン指導が最適です。また、まとまった復習の時間が必要であれば、冬合宿や年末年始特訓といったプログラムも用意しており、的を絞り、一気に復習する事も可能です。


受験のラストスパートに不安を抱えている方は、ぜひお問い合わせください。
https://www.trygroup.co.jp/exam/

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは。
今回は12月に開催される「年末年始特訓」についてご案内します。

年末年始特訓は、その名の通り年末~年始にの時間を有効に活用するため、トライの個別教室で開催される特別授業になります。昨年も開催され、多くの生徒さんが利用してくれました。

【年末年始特訓内容】
日時:2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)
場所:個別教室のトライ松山市駅前校
対象:小4~高3
内容
・個別指導、毎日120分付き(5日間で合計10時間!)
・指導後に「MF~演習~AF」で実践力養成!(180分×5コマ)
・教室開校時間は9:00~18:00、自習し放題
・1日180分以外のスケジュール設定は自由に可能。
・オーダーメイドカリキュラムを作成

受験直前の追い込み・冬休みの課題・苦手克服のための復習等、様々なご要望にお応えできるよう、教師陣も張り切って準備しています!
周囲の方があまり勉強しない時期こそ、差をつけるチャンスです!
年末年始の時間で勉強を頑張りたい方、是非一度お問い合わせください。

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは。

愛媛県内の中学受験まで、残りおよそ3ヵ月となりました。いよいよラストスパートの時期ですね!
この時期に最も必要なことは、過去問をしっかり解いておく事です。

その際、以下の点に注意して解いてみましょう。
①時間を計り、本番と同じ時間で解く
これは、本番で時間配分のミスを防ぐための訓練です。「解ける問題から解く」「見直しの時間を取る」という受験の鉄則をきちんと実践出来る様、本番を意識して解いてみてください。

②間違えた問題は即復習
過去問を解いた後はすぐに採点し、解けなかった問題はすぐにやり直しを行ってください。
テスト直後の見直しが1番頭に残ります。

③複数年分の過去問を解く
過去問については、販売されている学校もありますし、説明会で配布されているケースもあります。
出来る限り多くの過去問を集め、複数年分解くことで傾向もつかめてきます。できれば5年分用意できればベストです。

中学受験については、塾に通っている方もいらっしゃれば、家庭教師の指導を受けている方、またその両方を利用している方等様々です。
その中で模試の実施があると思いますが、「塾で模試を受けているから」と考えずに、自分で過去問を用意し解く事は大切です。

過去問を解き、できていない分野を最後にもう1度復習し本番を迎えましょう。
ピンポイントの復習にはマンツーマン指導が最適です。最後の追い込みが必要と感じている方は、是非お気軽にご相談ください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは。

もうすぐ11月になりますが、例年この時期は多くの方々からのお問い合わせを頂いている時期です。
2学期は1年の中でも最も習う単元が多く、行事もたくさんある事から、勉強に遅れがちになる方が増えてくる為です。
皆さんの声を聞いていると、「勉強の習慣がなく、勉強のやり方が分からない」というご相談が多く寄せられています。

この様な状況を変えるためには、まずお子様のやる気改善が必要です。
「分からないからやらない、やらないから更に分からなくなり、より勉強しなくなる」という悪循環にはまってしまっているパターンが大半ですので、まずはその悪循環から抜け出す事が重要です。

その為に何をすべきかというと、単純に「褒める」という事が最も効果的です。
普段の勉強の中でどんな些細な事でも承認してあげることで子どもは少しずつやる気を出すようになってくれます。

「褒める」という行為は、対象となる行動ができたその瞬間に褒める事が最も効果的と言われています。
「テストで100点取ってきたから褒める」ではなく、問題を解けたその瞬間に「できたね!」と一言認めてあげる事が必要です。

ただ、普段の生活の中で、問題が解けたタイミングで褒めるというのは中々難しいと思います。
ですので、例えば子どもが宿題を30分やった時「もう終わったの?」とか「ゲームに比べて勉強時間が少ない」という事を指摘する前に、
「今日は集中できていたね」とか「自分からやり始めたね」という風に、まず認めてあげてください。
その上で「数学はできたから、国語も頑張ってみようか」と話を持っていくと、案外子どもは素直に動いてくれます。

家庭教師は1対1の授業ですので「リアルタイムに褒める」という点では最も効果的な指導法だと考えています。
受験対策だけでなく、生徒のやる気を引き出し、できない子をできるように導くのもまた家庭教師の役目です。
勉強の習慣・子どものやる気にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは。

10月に入り、多くの学校で中間テストが実施されていると思います。
皆テスト前は必死に頑張りますが、成績がなかなか向上しない方の多くは、テスト後の動き方に問題があります。

テストが返却されたら、すぐに見直しを行うことが非常に重要です。
見直しというのは、単に「間違えた問題を解き直す」ということではありません。

見直しのポイントは次の4点です。
①正解不正解に関わらず、全ての問題を見直す
②正解の問題については「本当に理解して解けた問題だったか」を確認
③不正解の問題は「なぜ間違えたのか」の原因を復習する
④返却後、すぐ取りかかる

正解した問題も、たまたま正解だったということこともあるかもしれません。
逆に不正解でも「理解できていたけどケアレスミスだった」というケースもあります。
つまり、表面上の見直しではなく、自分がどこを理解できていないのかを確認することが重要です。
また、それは記憶が新しいうちに行わないと効果は半減します。

毎回テストで良い点数を取れる生徒は、実はいつも勉強しているわけではなく、やるべきポイントをしっかり押さえ学習できているということです。
今回の中間テストから、ぜひ取り組んでみてください。

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!
今回は、トライ10月のキャンペーンについてご案内していきます。

①プロの逆転合格コース
受験生(小6・中3・高3)の方へ、今から逆転合格できるカリキュラムを立て、トライ厳選のプロ教師が指導を行うコースです。
10月に入り、公立高校入試まで残り約5カ月、センター試験・中学入試まで残り約3カ月となりました。いよいよ「受験直前」と言われる時期に入ってきます。
この時期から点数を伸ばしライバルに勝つためには、合格最低点数と現状の差を図り、計画的に受験勉強を進めるしか方法はありません。
その方法を熟知したプロ教師が短期間での成績アップを実現させ、志望校合格へ導きます!

②成績保証
非受験生を対象に、次回定期テストの目標点数を設定し、カリキュラムを立て指導を行います。
全生徒が目標点を達成するように指導を行いますが、万が一到達しなかった場合は、追加で受講した授業時間分の授業を無料で実施します!
成績を上げる自信があるからこそ実現できる制度です。
定期テストの点数UPは生徒の自信に繋がります。また、内申点の評価にもダイレクトで関わるテストです。
目標の実現に向け、全力でサポートさせて頂きます。

キャンペーンの詳細はこちら
https://www.trygroup.co.jp/campaign/

10月は受験生にとって「いよいよ受験が近づいてきた」と実感し始める月であり、実際に受験生からのお問合せが増加します。
また、非受験生に関しても、年々定期テストの重要性は増しており、対策を検討される方が多くいらっしゃいます。
つまり、学習面において非常に重要な1カ月であると言うことです。
周囲が頑張り始める時期でもありますので、遅れを取らないよう、計画的に学習を進めましょう。

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは。

今回は現在毎週日曜日に開催さている「日曜特訓」についてご案内いたします。

日曜特訓とは、中学3年生・高校3年生を対象に、毎週日曜日に受験対策講座を実施する特別授業です。

昨年も多くの生徒さんが受講し、志望校の合格を勝ち取りました。

トライが厳選した経験豊富な教師が、受験頻出ポイントを的確に指導していきます。


愛媛県では9/23から開催が始まり、多くの受験生が参加してくれました。

普段の授業とは違う雰囲気で、緊張感を持って皆取り組んでくれていたと思います。

特訓はスタートしていますが、もちろん10月以降の途中参加も可能です!

受験のラストスパートに是非ご検討ください!


【日曜特訓詳細】

■開催教室

中学3年生・・・個別教室のトライ本町校

高校3年生・・・個別教室のトライ松山市駅前校


■開催日程

毎週日曜日予定

※中学生県模試や高校生模試の日程を考慮し、祝日や土曜日に実施する週もございます。


■授業内容

中学生・・・5教科コース/国数英コース/理社コースの3パターン いずれも県立高校入試対策に特化した授業内容です。

高校生・・・国数英コース/国英コース/数英コースの3パターン いずれもセンター試験対策に特化した授業内容です。

※詳細についてはお問い合わせください。


お問合せ・資料請求⇒https://www.trygroup.co.jp/request/

トライの受験情報【大学受験のポイント】⇒https://www.trygroup.co.jp/exam/

このページのトップに戻る

愛媛県の皆さん、こんにちは!

公立高校入試傾向と対策、最後は内申点についてお届けします。


愛媛県の公立高校入試で合格を目指す上で、内申点は非常に重要な要素となっています。

どのように重要なのか、以下説明していきます。

まず、一般入試の採点は次の3つの項目で採点されます。

①調査書(内申点) ②学力検査 250点  ③面接評価

また、1次選考と2次選考に分けて選考が行われます。


【1次選考】

調査書(内申点)の上位から上位者90%が選定され、その中から学力検査の上位順に募集定員の70%を選抜する。

例:定員100名の高校に120名の応募があった場合、108名(内申点上位90%)の中から、

入試得点上位順に70名を合格とする。

⇒120名中12名は、入試の点数に関わらず、内申点で不合格となる。


【2次選考】

1次選考で選抜されない全員に対して調査書と学力検査点および面接で総合的に選抜する。(定員の30%)

A:学力検査点 B:調査書点 C:調査書点のうち5段階評定以外の内容(部活動、生徒 会、各種検定なども含む)

※A+B+C=500点満点で計算。A・B・Cの配点は高校によって異なります。

例:1次選考で不合格となった42名の内、入試・内申点・調査書点の合計上位30名を合格とする。


以上の事からわかる通り、内申点が取れていないと、入試本番の点数に関わらず1次選考で不合格となる

というケースが起こりえます。また、2次選考においても内申点が加味されますので、当然低いと不利になります。

この様に、入試制度をきちんと整理すると、内申点を取っておく事がいかに重要かが分かると思います。


次に、内申点計算方法についてまとめます。

内申点の算出方法は、各学年の科目別5段階評定がそのまま内申点として採用されます。


中1 5段階評定×9教科=45点

中2 5段階評定×9教科=45点

中3 5段階評定×9教科=45点

中1+中2+中3=135点満点


※第1選抜ではそのまま、第2選抜では各高校別の比率に換算されます。

従って、内申点を確保するためには、中1・中2で通知表の評定をあげておく必要があるという事です。

すなわち、各学期の定期テストが非常に重要です!

公立高校合格を目指すには、1年・2年時からの対策が必要不可欠である事が分かると思います。


トライでは、受験直前の対策はもちろん、内申点UPの為定期テスト対策にも力を入れています。

普段の成績でお困りの方は是非お問い合わせください。

https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

前のページ

愛媛県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT