教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



今年度の大学入試は終盤を迎え、国公立大学・私立大学ともに、合格者が発表される時期を迎えました。

高校1年生・2年生の皆さんは大学入試に向けた取り組みをどのように進めるか、
計画を立て進めていただきたいと願います。

今回の記事では、トライ式医学部コースと難関大コースについて紹介いたします。


近年、大学全入時代と言われ、国内にある大学すべての募集定員を足し合わせると
大学受験者の総数を上回る状況が続いています。

しかしながら、難関大学や人気大学には受験生が集中します。
また、昨今の医学部人気はとどまることを知らず、本来であれば東京大学や京都大学に
進学できるような人材が地方大学の医学部に流入してきているという話も聞こえてきます。

そのような大学受験の環境の中で
家庭教師のトライでは、2つのコースをご用意することで皆さんの受験勉強をサポートしています。


【トライ式医学部合格コース/難関大コース】
大学別の過去問を詳細に分析し、自分自身の今のレベル
に合わせた上で
年間カリキュラムを作成して合格を目指すコースです。
入試問題の分析、使用テキストの選定を行うのは専門のチームとなります。
大きな特徴として、「スタートレベルの設定」が挙げられます。
つまり、自分自身の学力の現状に合わせて学習が始まります。
各教科の理解度に合わせて、合格基準に到達できるよう科目別にカリキュラムを組んで、進めていきます。

※難関大コース対象
北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学
一橋大学・東京工業大学・早稲田大学・慶応義塾大学
他にも対象大学はありますので、詳細について、お気軽にお問い合わせください。

皆様からのお問合せ・お申し込みをお待ちしております。

このページのトップに戻る

岩手県内、暦の上では雨水が過ぎ三寒四温の時期になりました。朝晩肌寒い日が続いています。
皆様いかがお過ごしですか?

このたび、毎年大好評の「トライ式春合宿」第2弾のお知らせです。

岩手の春を満喫でき、学力アップを目指す皆様にとてもオススメです!


【トライ式春合宿:学力向上を図る3つのポイント】
新しい1年をより有意義なものにするための春合宿専用カリキュラム満載です!

<理解度を確認しながら進めるためのテストを実施!>
朝や夜に、前日・当日に習った内容の理解度を確認するためテストを行います。その結果を基に、自分の苦手を把握しながら、授業の中で克服していくことができます。

<「わからない」を「わかる」に変える指導を実施!>
優れた指導力を持つプロ講師による授業で単元の理解を深めた後、一人ひとりのレベルやペースに合わせてチューターが個別にフォローするため、苦手を残しません。

<受験に向けた準備を進める特別カリキュラム>
直近も入試問題から傾向や対策を学び、効率よく勉強できるコツを身につけます。また志望校を自ら調査して受験への意識を高め、年間の学習計画を作成します。


【日程】3月29日(金)~31日(日)2泊3日
【場所】ホテルメトロポリタン盛岡
【対象】新小6~新高3生・既卒生(お友達と一緒にご参加いただくことも可能です。)
【人数】先着30名(定員になり次第、申込受付を終了とさせていただきます。)


ウェブからの申込みは、こちらが便利!
http://www.trygroup.co.jp/springschool/

お問い合わせ・お申込みは下記フリーダイヤルへお気軽にお寄せください。
0120-555-202

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

このページのトップに戻る

岩手県内、今月上旬に比べ、日中は暖かい日が増えてきました。

三寒四温と言われる時期ですが、体調を崩さないよう、お過ごしください。

今回は「高校生必見!学年末のやるべき3つのポイント」を紹介します。


進路を決めるために!春のオープンキャンパスに参加しよう!

大学受験は先行逃げ切りでの勉強が非常に重要です。

それは高校1年生の終わりから大学受験への受験勉強が始められるからです。

そんな受験勉強を始める為に大事なのはもちろん「志望校がどこであるか」です。

志望校を決めることで受験科目が決まり、現時点で各科目どの程度の点数が必要なのかという目標が定まります。

また教育改革後の入試においては、志望大学のアドミッションポリシーを踏まえて、

高校生活において頑張っておいたほうがよいこと、があります。

そのためこの春はオープンキャンパスにも足を運んでみましょう。

興味がない、よく知らない大学でも、中に入って見てみると意外な発見があり、

「こういうポイントのある大学がいいな」や、反対に「こういうポイントはないほうがいいな」という

大学を見る上での基準が養われます。

そうして自分が本当に行きたいと思える大学を見つけておきましょう。


新しい受験に必須!小論文の書き方

現在の高校1年生(2002年度生まれ)の方から新しい受験に変わります。

新しい受験では簡単にお伝えすると、以下の2つの方法がすべての大学入試の基本になります。


「高校3年間の学力試験にて、学力を判断」+「面接・小論文にて、大学の学びとの適性を判断」

もちろんいままでの大学入試においても面接・小論文を実施する大学は多くありました。

しかし今後は、「教育改革の根本:自ら課題を抽出し、周囲と協力して解決する力を養う」という考えを元に、

より一層、面接・小論文で問われるもの、そしてその重要性が変化していきます。

その力のベースになる、「自分の考えを根拠を交えて他者へ伝える力」は小論文にて養うことができます。

受験時期になるとどうしても科目の勉強に時間が取られてしまうため、

春休みのうちに小論文の書き方を身につけておくことをオススメします!


最後はもちろん勉強!今年度の総復習

前学年の勉強がベースとなり、次の勉強が進んでいくということは高校生においても同様です。

とくに苦手な範囲を残しておくことは関係する次の単元にも悪い影響が出てしまいます。

不安な芽は小さいうちに摘んでおきましょう!

トライでは総復習のサポートはもちろん、小論文の短期特訓・大学調べなども先生方とともにお手伝いしております。


ぜひ、春の巨大キャンペーン中のこの時期にお問い合わせください。

皆様からのお問い合わせをお待ち致しております。

このページのトップに戻る

学年末テストが終了し、2週間が経過しました。

中高生の皆さんテストの見直し解き直しは順調に進んでいますか?


英数国理社の5教科の苦手単元を1年分、見直し解き直しを効率よく進めるために

今回は、Myトライコースをご紹介いたします。


【ポイント】

※1ヶ月だけの集中特訓でテスト範囲を丸ごと対策!

※苦手克服を目指す中高生の皆さんにオススメです!


【1】反復学習で基礎力UP!

① 一人ひとりに合わせてカリキュラムを教室長が作成。

② 教科書に対応したオリジナルプリントでコーチがやる気をサポート!

③ 効率的に成績を上げる「トライ式学習法」で中高生の全教科の定期テスト・高校入試・センター対策まで対応!


【2】演習で解答力UP!

① 専用の教材を自分のペースでどんどん先の学年まで進められる!

② その日のうちに演習するので定着します

③ 最後まで集中できる学習環境を完備し、自学自習の習慣が付く!

④ 勉強のやり方がわかり、自分で進られるようになる!


たくさんの子どもたちが効果を実感しています!


(中2女子) どんどんわかるようになって、楽しかった。

(高1女子) 成績UPにつながりました。

(高3男子) 自分のペースで授業を進めることができる。

(高3女子) 映像授業で大切なポイントをまとめてくれている。

(中2女子) 基礎的なことから、じっくり授業が進む。

(中3男子) 自分がこんなに早く理解できるのが不思議でした。


以上、多くの子どもたちから、喜びの声が届いています。


中学校で行なわれる中間テスト・実力テスト対策、高校で実施される考査・模試の対策として

苦手を克服したい皆さんにオススメです。


個別教室のトライ盛岡駅前校・個別教室のトライ盛岡中ノ橋校にて好評実施中です。

ぜひ、この機会に皆さまからのお問い合わせ・お申し込みを心よりお待ちいたしております。


(お問合せ先)フリーコール: 0120-555-202 までお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

岩手県内、外気温が徐々に上がり、春めいてきました。

寒暖の差がありますので、学生の皆さんには、体調管理に気をつけ、

日々の学習に取り組んでいただきたいと思います。


3月は4月以降の年間の学習計画を立て、テスト実施日も確認しておきたいところです。

各学校(小中高)では、この年度初めに学校年間行事予定表が配布されます。

これに基づいて、定期テスト(中間・期末)・実力テスト、考査(前期・後期)・模試がいつ実施されるか確認しましょう。


日々、学校の授業で出される課題に取り組むほかに、

その学校課題に対応する応用発展問題に取り組み、実力を高めましょう。

盛岡市内の中学校の定期テストでは、教科書・ワーク中心の出題から

実力テスト・高校入試レベル問題で出題される割合が徐々に高まってきています。


高校では2020年度より新課程完全実施に伴い、定期考査・模試のレベルも以前に比べ、

難易度が高まっています。高校の授業内容+復習予習+入試対策を並行して行うことが求められます。

「自分1人では家庭学習をうまく進められない」

「定期テスト(考査)対策・模試対策をどう進めればよいのか分からない」など、

悩みを抱える生徒さんも多いのではないかと思います。


トライでは

●定期テストの勉強方法

●教科書の使い方

●正しいノートの使い方

など学習の基礎~応用まで指導致します。


もちろん中学受験・高校受験・大学受験を受ける皆さんには、

現状把握から目標までの道筋をつくりアドバイスと指導を行います。


生徒さん一人ひとりの学力に応じて、先生方が学習指導の他に学習計画を立て親身にアドバイスします。

1対1の完全マンツーマンで効率よく学習を進め、目標を達成しましょう!


詳しくは、お気軽に

フリーコール:0120-555-202へ、お問合せください。

皆様からのお問合せ・お申込みを心よりお待ち致しております。

このページのトップに戻る

2月13日に岩手県公立高校入学志願者試験(調整前)の倍率が公開されました。
倍率を見て一喜一憂している中3生もいるのではないでしょうか。


今回は 「公立高校入試対策 入試直前に問題を解く際に心がける点は?」 と題しまして、お送りいたします。

過去問を解く際には、以下の点に気をつけましょう!


—————————————————–

【1】解答順を考えて解こう!
入試問題は、解きやすい問題から解くことが重要。そのためにも、過去問を使って解答順を練習しよう!
例えば、数学なら「(得意な)計算問題→図形問題→方程式の応用→(苦手な)関数問題」というように、
優先順序を決めて解くことが重要です。

【2】時間を計って解く訓練をしよう!
過去問は、時間を正確に計って解くことが重要です。限られた時間の中で何点取れるか、が入試での合否の分岐点になります。
過去問には本番と同じ条件で取り組みましょう。またその際は、1問1問の時間配分を考えながら解くように心がけましょう!

【3】自分のミスのパターンに注意しよう!
過去問を解きっぱなしするのは禁物。解いた後は必ず答え合わせをし、ミスの傾向をチェックしよう!
自分の苦手・弱点を確認し、次回過去問を解く際に活用できるようにすることが大事です。

—————————————————–


以上、高校入試の過去問を解く際に重要なことを掲載しました。
これからの学習に役立ていただけるとうれしいです。

家庭教師のトライでは、学習相談を随時開催しております。
学習上のお悩み、お困りごとがございましたら、お気軽に家庭教師のトライまで、お問い合わせください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

来年度、高校入試、大学受験に挑む生徒の皆様、保護者様からのお問い合わせも、このところ増えてきております。
早めに対策し、来年度に備えたいですね。

このページのトップに戻る

岩手県内の内陸部では真冬日が続き、とても冷え込んでいます。
この時期は風邪やインフルエンザにかかりやすい時期になりますので、体調管理を万全にしておきましょう!


今年度の大学入試は終盤を迎え、国公立大学2次試験、が今月下旬に実施されます。

高校1年生・2年生の皆さんは大学入試に向けた取り組みをどのように進めるか、
計画を立て進めていただきたいと願います。


今回の記事では、トライ式医学部コースと難関大コースについてご紹介いたします。

近年、大学全入時代と言われ、国内にある大学すべての募集定員を足し合わせると
大学受験者の総数を上回る状況が続いています。

しかしながら、難関大学や人気大学には受験生が集中します。
また、昨今の医学部人気はとどまることを知らず、本来であれば東京大学や京都大学に
進学できるような人材が地方大学の医学部や旧帝大に流入してきているという話も聞こえてきます。

そのような大学受験の環境の中で
家庭教師のトライでは、2つのコースをご用意することで皆さんの受験勉強をサポートしています。


【トライ式医学部・難関大コース】

大学別の過去問を詳細に分析し、自分自身の今のレベルに合わせた上で年間カリキュラムを作成して合格を目指すコースです。
入試問題の分析、使用テキストの選定を行うのは専門のチームとなります。大きな特徴として、「スタートレベルの設定」が挙げられます。
つまり、自分自身の学力の現状に合わせて学習が始まります。各教科の理解度に合わせて、合格基準に到達できるよう科目別にカリキュラムを組んで、進めていきます。


※難関大コース対象
北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学
一橋大学・東京工業大学・早稲田大学・慶応義塾大学
他にも対象大学はありますので、詳細について、お気軽にお問い合わせください。

皆様からのお問い合わせ・お申し込みをお待ちいたしております。

このページのトップに戻る

立春が過ぎましたが、岩手県内、氷点下の日が続いています。
体調を整えて、この冬を乗り切りましょう!

いよいよ公立高校入試が目前に迫ってきました。
直前期の学習では、今まで習得して自分が確実に解ける単元はミスの無いよう、改めて問題を解くトレーニングが大事です。
入試当日は個人差があると思いますが、やはり緊張するものです。

適度な緊張だといいのですが、緊張しすぎると普段解くことができる問題でも、うまく解けないこともあるかもしれません。
入試当日、自分の解いた問題の解答を、より確実なものにするには重要です。

過去問題演習に取り組む中3生も多いのではと思いますが、時間配分を考えて取り組むよう心がけてみましょう。

学科試験の時間内に自分の解いた問題を見直すことによって、ケアレスミスを防ぐことができます。

特に英作文や英語語句の記入問題や、数学の計算式、社会・理科・国語の記述問題などは、試験終了後に「見直せばよかった」ということを未然に防ぐことができます。

公立高校入試まで残りわずかになりましたが、ベストを尽くしていきましょう!

このページのトップに戻る

立春が過ぎ、暦の上では春ですが、岩手はまだまだ寒い日が続いています。
皆様いかがお過ごしですか?

このたび、毎年大好評の「トライ式春合宿」の開催日時・場所が決定しました。
岩手の春を満喫でき、学力アップを目指す皆様にとてもオススメです!


【トライ式春合宿:学力向上を図る3つのポイント】
新しい1年をより有意義なものにするための春合宿専用カリキュラム満載です!

<理解度を確認しながら進めるためのテストを実施!>
朝や夜に、前日・当日に習った内容の理解度を確認するためテストを行います。その結果を基に、自分の苦手を把握しながら、授業の中で克服していくことができます。

<「わからない」を「わかる」に変える指導を実施!>
優れた指導力を持つプロ講師による授業で単元の理解を深めた後、一人ひとりのレベルやペースに合わせてチューターが個別にフォローするため、苦手を残しません。

<受験に向けた準備を進める特別カリキュラム>
直近も入試問題から傾向や対策を学び、効率よく勉強できるコツを身につけます。また志望校を自ら調査して受験への意識を高め、年間の学習計画を作成します。

【日程】3月29日(金)~31日(日)2泊3日
【場所】ホテルメトロポリタン盛岡
【対象】新小6~新高3生・既卒生(お友達と一緒にご参加いただくことも可能です。)
【人数】先着30名(定員になり次第、申込受付を終了とさせていただきます。)

ウェブからの申込みは、こちらが便利!
http://www.trygroup.co.jp/springschool/

お問い合わせ・お申込みは下記フリーダイヤルへお気軽にお寄せください。
0120-555-202

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

このページのトップに戻る

岩手県内、寒い日が続いています。インフルエンザが小学校・中学校・高校で広がってきています。
体調を整えて、この冬を乗り切りましょう!


今回は、高校生の学年末テスト対策のお話しを致します。高校生の学年末はとにかくテスト範囲が広いです。
部活もやりながら学校の勉強もやりながらと、時間のやりくりに追われている方が多いと思います。
なかなか勉強が進まない生徒のみなさんに、2つポイントをお伝えいたします。


① 無駄な勉強はしない
時間は有限です。当たり前のことを書いていますが、無駄な勉強をしないよう心がけてください。
塾で理解しているところを勉強したり、わからないまま授業を受けたりなど、時間を無駄に使わないようにしましょう。

家庭教師の授業はマンツーマン指導!
みなさんの分からないところをピンポイントで指導し、わからないまま授業が進むということもありません。


② すきま時間を有効に活用しましょう。

部活があるなど、なかなかまとまった時間を勉強にあてることができない生徒さんも多いかもしれません。
空いているすきまの時間で勉強した内容を思い出す練習をしてください。

勉強した内容をしっかり頭に定着させるには、時間を十分にとることではなく、思い出す回数を増やすことが大切です。
寝る前や、食事を取る前、トイレやお風呂、また通学時間など、空いている時間をみつけ勉強に励んでください。


学習方法や学習内容の理解に不安のある方は、家庭教師のトライまで、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

前のページ

岩手県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら