教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



暦の上では立冬になり、日に日に外気温が低くなっています。
生徒の皆さん風邪をひいて体調を崩さないよう気をつけましょう!


大学入試センター試験まで残すところ、約2ヶ月になりました。
高校3年生の皆さん、大学入試に向けた取り組みは順調に進んでいますか?
高校2年生の皆さんは、後期に入り、国公立・私立・文系・理系と学校授業で編成を行い、授業を実施されていると思います。


今回は「国公立大学合格のために」受験突破に向けた戦略の立て方について紹介いたします。


なぜ国公立大学入試は難しいのか?
○勉強しなければならない教科数が多い。
センター試験にて選択しなければならない教科数は一般的に
・国語(現代文・古典・漢文)・数学IA・数学ⅡB・英語・日本史・世界史・地理・倫政・物理・化学・生物・地学
上記科目より 国公立大学:7~8科目、公立大学:5~6科目である。
※ちなみに私立大学は2~3科目で受験可能である。


【1】センター試験にて、全教科まんべんなく得点しなければならない。
東北地方の国公立大学であれば、センター試験において、全教科少なくとも55%の得点率が必要

※センター試験において、だいたいの教科の平均点がおよそ55%であることを考えると、全教科
ムラなく勉強しなければならないことがわかる。


【2】マーク・記述の両方の対策が必要である。
1月初旬:センター試験(マーク)
2月下旬:個別学力検査(記述)
上記の合計得点で合否が決まる。


マークと記述では対策が違うため、入試までに両方の対策が終了するように学習スケジュールを立てなければならない。


つまり、国公立大学合格のためには・・・



1.文系教科も理系教科もまんべんなく勉強が必要
→ 特に理科・社会科目の対策が遅れる傾向に


2.得点率を上げるために知識量・演習量が必要
→ 特に数学ⅡB・理科科目の得点率が下がる傾向に


3.入試当日までの綿密な学習計画が必要
→ 学校行事・課題と入試対策との両立ができない傾向に


今回は「大学入試センター試験・国公立大学に向けどう取り組むべきか」についてお伝えしました。


現在、家庭教師のトライでは、模試や定期考査で、どのように学習を進めるべきか、お悩みの高校生に学習のアドバイスをいたしております。
「家庭教師のトライ」まで、お気軽にお問い合わせください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

このページのトップに戻る

11月に入り、岩手県内の山岳地帯では木の葉がだいぶ色づいてきました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今回は「大学入試センター試験に向けて~直前期の過ごし方~」をお送りします。


・受験を楽しむこと! 余計な心配はしない。
・なかなか模試では目標に届かず、焦りや不安ばかりですが、最後は自分を信じて頑張る。
・直前は新しいもの(問題集)に手を出さない。
・「いつも通り」を心掛ける。
・当日は周りを見すぎると緊張や焦りが増えるので、あくまでマイペースを心掛ける。
・リラックスできる時間を取るように意識する。


センター試験直前期は、不安や焦りが出てくる時期になりますが、平常心を保ち、自分自身が理解できる単元を
確実に問題を解くことができることが重要です。


入試対策・学習方法について、家庭教師のトライでは、学習相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせくださるよう、心よりお待ちいたしております。

このページのトップに戻る

岩手県内、山岳地帯での紅葉の見ごろを迎え、少しずつ秋が深まってきました。
昨年より2か月早く、インフルエンザが岩手県内で発生しています。
気温の差で体調を崩しやすい時期なので、生徒の皆さんは風邪を引かないよう、心がけましょう!

今回は 「公立高校入試対策 過去問を活用する方法を身につけよう!」 と題しまして、お送りいたします。
過去問を解く際には、以下の点に気をつけましょう!


【1】解答順を考えて解こう!
入試問題は、解きやすい問題から解くことが重要。そのためにも、過去問を使って解答順を練習しよう!
例えば、数学なら「(得意な)計算問題→図形問題→方程式の応用→(苦手な)関数問題」というように、優先順序を決めて解くことが重要です。

【2】時間を計って解く訓練をしよう!
過去問は、時間を正確に計って解くことが重要です。限られた時間の中で何点取れるか、が入試での合否の分岐点になります。
過去問には本番と同じ条件で取り組みましょう。またその際は、1問1問の時間配分を考えながら解くように心がけましょう!

【3】自分のミスのパターンに注意しよう!
過去問を解きっぱなしするのは禁物。解いた後は必ず答え合わせをし、ミスの傾向をチェックしよう!
自分の苦手・弱点を確認し、次回過去問を解く際に活用できるようにすることが大事です。


以上、高校入試の過去問を解く際に重要なことを掲載しました。
これからの学習に役立ていただけるとうれしいです。

家庭教師のトライでは、学習相談を随時開催しております。
学習上のお悩み、お困りごとがございましたら、お気軽に家庭教師のトライまで、お問い合わせください。
皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

中3生の皆さん、逆転合格を目指したい生徒の皆さん、
自分を信じて前進あるのみです。入試まで残り約4ヵ月、悔いのないよう取り組みましょう!

このページのトップに戻る

日に日に、外はすっかり秋の雰囲気になって冬もすぐそこまで近付いてきている様子ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
風邪は勉強の大敵ですのでしっかり予防をしてくださいね!

皆さん目標達成へ向けて必死に勉強に励んでいるところだと思います。
ところで岩手県の高校入試では何が肝になって合否が決まるかご存知でしたか?
勝利のためには敵を知り、戦い方の作戦を立てること!

という訳で本日は高校入試での得点換算方法をお教えいたします。

主に採点の対象となるのは次の3つ
・学力検査(国数英理社)
・調査書(内申点)
・面接

学力検査は当日の試験を指し、これは各100点満点で全部で500点。面接においては60点満点でだいたい受験者の平均点は40点くらいと言われています。
ここで大事になってくるのが調査書点!これは440点満点で何と入試得点の約5割を占めるのです!

1~3年までの実技教科も含めた全9教科の評定を各学年ごとに実数倍して合計点を算出します。
「3年生になってから頑張ればいっか」とはいかないわけですね!
主要5教科は各評定に対して1年次の主要5教科は2倍・実技教科は3倍、2年次の主要5教科は4倍・実技教科は6倍、3年次の主要5教科は6倍・実技教科は9倍・・・というように計算します。
逆転合格を目指したい中3生の皆さん、志望校合格をあきらめないでほしいと願っています。

トライでは学習相談のご予約をお受けしております!

調査書点の詳しい計算方法もお教えいたしますのでぜひお気軽にご相談ください。

皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

このページのトップに戻る

10月に入り、外気温が朝晩低くなってきました。

中3生、高3生の皆さん、受験勉強は順調に進んでいますでしょうか?
志望校合格に向けて不安のある方、逆転合格を目指したい方にオススメ情報をお伝えいたします。

「志望校合格に向けて全力を尽くす4日間!」

・今学習すべき内容を見極め合格に向けて効率の良い勉強を!
自分の目標に対して、今必要な対策が何かを把握します。注力すべきポイントを明確にし、合格に向けて効率の良い勉強をしていきます。また、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し、レベルアップを図ります。

・4日間で総学習30時間!受験へのラストスパート!
4日間で約30時間の学習を行い、受験突破に必要な力をつけていきます。集団授業・少人数授業に加え、演習を効果的に組み合わせたカリキュラムで質問しやすい環境を作り、苦手をなくしていきます。

・実践プレテストを実施し課題を見つけて解決へ!
本番さながらの実践プレテストに取り組むことで、受験当日に備えていきます。緊張感のある中で制限時間を意識することによって新たな課題を見つけ、合宿中に解決し、得点力を高めます。
・日程:12月26日(木)~29日(日)3泊4日
・会場:ホテルメトロポリタン盛岡(JR盛岡駅より徒歩約2分)
・定員:先着40名
定員になり次第、募集終了となります。お問い合わせお申込みはお早めに!
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

10月中旬に入り、朝晩の寒暖の差があり、風邪を引きやすい時期になりました。
体調を崩さず、秋冬を過ごしていきましょう!

この時期、受験生の皆さんは自分の希望している大学・高校に合格できるかどうか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
しかしながら不安に思うだけでは解決できません。不安を取り除くために必要なこととは何でしょうか?
今回は「第1志望校に受かるためにどのように取り組むべきか」と題して、お送りいたします。

■第1志望への強い思いを持っている。
■保護者の方とのコミュニケーションが取れている。
■割り切り、切り替えが早い。
■ライバルがいる ≒ 問題を作成しあう
■生活(学習)リズムがキープできている。
■安易に志望校を下げない ⇔ 科目を絞らない
■毎日複数科目に触れる。
■答案作成能力が高い ≒ 答案を丁寧に書く

以上の項目のうち、皆さんができていると思えるのはいくつあるでしょうか。
第1志望校に合格するために闇雲に学習に打ち込むだけではなく、精神面を安定した状態を保ちながら、学習に勤しむことが 重要です。
これから体調管理をしっかりし、上記のポイントを意識して過ごしてみてください。

高3生、中3生の皆さん、第1志望校に合格したい意欲が高い生徒さん、保護者様、今からでも受験対策開始は遅くはありません。
ぜひこの機会に家庭教師のトライへ、お気軽にお問い合わせください。

家庭教師のトライでは、学習相談を随時開催しております。
学習上のお悩み、お困りごとがございましたら、お気軽に家庭教師のトライまで、お問い合わせください。
皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

このページのトップに戻る

高3の後期に入るとほぼ毎月、模試があり、悪戦苦闘されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「大学入試 模試の活用方法について」取り上げてみます。

※模試は受験後の「復習」が最重要!


模試の受けっぱなしは、受けていないのに等しい

できなかった問題は、平均点よりマイナスの問題(分野)を徹底的に復習することが大事になります。


復習のポイントは・・・


①受験後すぐに、「解答・解説」で復習する。

②できなかった問題をノート(苦手克服ノート)に書き写し、時間がある休みの日に徹底して復習する。

③間を空けて再度「苦手克服ノート」の問題を解いてみる。


模試を復習することで、応用・複合問題に慣れ、考える力、自分で解答を生み出す力が養われます。

今できない問題を二度と間違わないように復習する。

その積み重ねが大切です。


次々に新たなもの(問題集)に手を出すのではなく、分からないところ、試験で間違えたところを徹底して見直すこと(弱点の克服)が、学力向上し、模試の結果を上げることに繋がるのです。

模試の見直しを早めに着手できるかどうか、その後の模試・大学入試に役立てられることを意識し、日々の学習でどの単元を克服することができたか、確認し計画的に学習を進めましょう!


「家庭教師のトライ」では模試・大学入試に向けどのように学習を進めるべきか、お悩みの高校生に学習のアドバイスをいたしております。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ち致しております。

このページのトップに戻る

岩手県内は、ひと雨ごとに秋めいてきています。

皆様、いかがお過ごしですか?


今回は「国公立大学入試対策:配点パターンを熟知し攻略する方法」について考えます。

国公立大学入試では「センター重視配点」「均等配点」「個別重視配点」の3種類に大別されます。

高3生の皆さんは、自分が志望する大学がどこに該当するか見極め、今後の大学入試に向けた学習に役立てていただきたいと願っています。


【センター重視配点】

・主に地方国立大(秋田大学・山形大学・宮城教育大学など)

※個別学力試験に比べてセンター試験の配点比率が圧倒的に高い大学。

センター試験での高得点が出願の絶対条件になる。また、その年度の平均点にも注目が必要。


【均等配点】

・主にブロック大(筑波大学・千葉大学・北海道大学など)

※センター試験と個別試験の配点比率がほぼ同じ。

センター試験と個別学力試験、そのどちらバランスよく得点できる力が必要になる。


【個別重視配点】

・主に旧帝大(東北大学・東京大学・京都大学など)

※センター試験より個別試験の配点比率が高い。旧帝大など難関大に多い配点で、

2段階選抜突破のためにもセンター試験では高得点をとっておく必要がある。


大学入試一般受験に向けた学習について、今後どのように進めるべきか

お悩みの高3生の皆さん、「家庭教師のトライ」にぜひご相談ください。

皆様からのご相談を心よりお待ち致しております。

このページのトップに戻る

大学入試センター試験まで残すところ、残すところ約4ヶ月になりました。

高校3年生の皆さん、大学入試に向けた取り組みは順調に進んでいますか?

今回は「国公立大学合格のために」受験突破に向けた戦略の立て方について紹介いたします。


★なぜ国公立大学入試は難しいのか?


○勉強しなければならない教科数が多い。

センター試験にて選択しなければならない教科数は一般的に

・国語(現代文・古典・漢文)・数学IA・数学ⅡB・英語・日本史・世界史・地理・倫政・物理・化学・生物・地学

上記科目より 国公立大学:7~8科目、公立大学:5~6科目です。

※ちなみに私立大学は2~3科目で受験可能


【1】センター試験にて、全教科まんべんなく得点しなければならない

東北地方の国公立大学であれば、センター試験において、全教科少なくとも55%の得点率が必要

センター試験において、だいたいの教科の平均点がおよそ55%であることを考えると、

全教科ムラなく勉強しなければならないことが分かります。


【2】マーク・記述の両方の対策が必要

1月初旬:センター試験(マーク)

2月下旬:個別学力検査(記述)

上記の合計得点で合否が決まります。

マークと記述では対策が違うため、入試までに両方の対策が終了するように学習スケジュールを立てなければいけません。


つまり、国公立大学合格のためには・・・


1.文系教科も理系教科もまんべんなく勉強が必要

→ 特に理科・社会科目の対策が遅れる傾向に


2.得点率を上げるために知識量・演習量が必要

→ 特に数学ⅡB・理科科目の得点率が下がる傾向に


3.入試当日までの綿密な学習計画が必要

→ 学校行事・課題と入試対策との両立ができない傾向に


現在、家庭教師のトライでは、模試や定期考査で、どのように学習を進めるべきか、お悩みの高校生に学習のアドバイスをいたしております。

「家庭教師のトライ」まで、お気軽にお問い合わせください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

このページのトップに戻る

8月下旬になり、朝晩涼しくなってきました。
中高生の皆さん、家庭学習は順調に進んでいますか?

中学校では実力テスト、高校では模試が実施され、テスト結果が返却された方も多いのではないでしょうか。

9月から10月にかけて中学校では中間テストが実施され、中3生は実力テストが実施されます。1学期の反省点を踏まえて、2学期をどのように取り組むべきか、計画的に学習を進めていただきたいと願っています。

高校生の皆さんは今後実施される定期考査対策として前期に実施された定期考査の見直しと模試見直しを行いましょう。

解答解説を参考し、苦手単元の類似問題演習を進め、苦手対策を進めましょう。

模試の結果から志望校判定のみならず、各教科の単元理解度を確認し、正答率の低い単元がある場合には、その単元を優先し理解を深められるよう学習を進め、基本問題のみならず、応用発展問題に取り組み、実力をつけましょう。

テスト・模試の見直し・解き直し、苦手単元の学習方法など、自分でどう学習進めるべきか不安のある方は、お気軽に家庭教師のトライまで、お気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

このページのトップに戻る

前のページ

岩手県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら