教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



2019年6月10日

夏が来た!

こんにちは、家庭教師のトライです。

最近、暑くなったり寒くなったり気温差が激しいですね。

体調に気を付けて過ごしましょう!

さて今回は夏合宿と夏期講習について話したいと思います。

毎年夏に怠けて後で青ざめる生徒さんを見ているので気合を入れて頑張りましょう!

さて、初めに夏期講習ですが、120分8回無料分が付いてきます!

ビックリですよね?僕もビックリです。

とはいえ、誰にでもというわけではありません。条件は下記の通り


6月限定! 6/30までに先行予約すると夏期講習無料!

※受付期間:2019年6月30日まで。3ヶ月以上ご利用の方が対象。夏期講習とは、家庭教師、個別教室共に、120分授業×8回分。

迷うことはありませんね。夏の過ごし方で受験の8割が決まるのですぐにやり始めましょう!
2点目が夏合宿、ここの所、開催するたびに満員御礼の状態が続いています。
参加後に明らかに生徒のやる気が変わったとの体験談が多く僕たちも自信をもってお勧めしているものです。
今回の開催期日は以下の通りです。
8/5~8/9に長野のホテル国際21で開催します!
おいしい料理・きれいな勉強空間・苦楽を共にする友達・何より講師が付きっきりで朝から晩までの勉強
・・・控えめに言って最高の勉強ができます。
詳細が気になる方は0120-555-202までお電話ください!


このページのトップに戻る

2019年4月26日

ゴールデンウィーク

こんにちは家庭教師のトライです。

皆さん待ちに待ったゴールデンウィークです!しかも今年は10連休!

素晴らしい!と言いたいところですが、高校1年生の皆さんは注意しましょう。


長野高校、須坂高校、屋代高校などは

夏休み前までに2次関数の途中から終わりくらいまで進みます。


この進度の差は大学入試において埋め難い差になって現れます。

他校の事が分かりづらい高校生活において、

自分の学校のみんなより先取りができているという感覚はあてになりません。

しっかりと目標を持って勉強していきましょう。

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライです。

前回に引き続き合格体験談を紹介したいと思います。


合格高校:長野東高校


<生徒さんからの声>

1.先生にマンツーマンで教えてもらってよかったことを教えてください:

私が、マンツーマンで良かったと思うことは、自分の苦手や不得意を見つけ出して、徹底的に教えてくれたということです。また、遠慮なく質問できたのもマンツーマンだからできたことだと思います。自分のペースに合わせて、徹底的に教えていただき本当に感謝しています。


2.先生・教室長・教育プランナーとの思い出や印象的な出来事を教えてください:

私がよく分からずに悩んでいたときに、先生が自らのノートを取り出し細かく丁寧に教えてくださったことが忘れられません。私が納得するまで教えてくれてので嬉しかったです。また、前期選抜の面接練習では2人で向かい合いながら、本番を想定して緊張感を持ちながら本気で取り組めたのを覚えています。


3.トライで特に頑張ったこと、またそれを頑張ることができた理由を教えてください:

トライで頑張ったことは「苦手を克服する」です。私は苦手なものになかなか手を付けることができず、放置していました。しかし、トライを通して苦手に触れて克服していきました。それができたのは先生の熱心な指導のおかげだと思います。苦手を克服するということが、こんなにも嬉しく高得点に繋がるとのだと知ることもできました。


以上のような感想をいただきました。

改めまして、合格おめでとうございます!


このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライです。

本日は合格のお知らせが届いたので紹介したいと思います。


合格大学:北里大学 医療衛生学部


<生徒さんからの声>

1.先生にマンツーマンで教えてもらってよかったことを教えてください:

自分では分かりにくい事を質問したときに、丁寧に教えて貰いしっかりと理解できました。


2.先生・教室長・教育プランナーとの思い出や印象的な出来事を教えてください:

勉強に対する意欲が無かった時期に、少し速めに来て自習をするように言われました。その教室での自習を通じて勉強のリズムを整えることができました。


3.トライで特に頑張ったこと、またそれを頑張ることができた理由を教えてください:

毎週センター試験の問題を解き、理解できないところを中心にトライで教えて貰いました。1人だと最後まで解けない問題を丁寧に説明してもらえたのが最後まで頑張れた理由です。


以上のような感想を頂くことができました。

改めまして、合格おめでとうございます。


このページのトップに戻る

日本英語検定協会TEAP事務局は2019年4月1日、2019年度のTEAP開催都市に

栃木・京都・長崎を追加し、計23都道府県で開催すると発表しました。

2019年度の第1回TEAPの受付は5月13日から開始されます。


TEAP(ティープ)は、Test of English for Academic Purposesの略語であり、

大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力をより正確に測定することを目的としています。


テスト形式は、総合的な英語力を正確に把握できるように「読む」・「聞く」・「書く」・「話す」の4技能で構成され、

日本の英語学習者の弱点と言われる「Speaking」と「Writing」については、英国のベッドフォードシャー大学の

研究機関CRELLA(Centre for Research in English Language Learning and Assessment)の監修のもと、開発されています。

以上のような経緯から大学受験の際に英語科目の免除に使われることが多く点数を取っておくとお得なことが多くあります。


トライでいち早くTEAP対策を行って大学受験を少しでも楽にしましょう!

このページのトップに戻る

2019年3月19日

早割りプラン

こんにちは家庭教師のトライです。

おかげさまで春合宿も満員状態になりました!


春は一番気が抜けてできれば勉強から開放されたい季節ですが、

特に高校1年生、高校3年生、中学3年生にとっては、夏と同じくらい重要な時期です!


2019/8/31まで使える早割りプランなども教室でご用意しています。

上手く使って周りよりも早いスタートを切りましょう!

このページのトップに戻る

2019年3月7日

春合宿残りわずか!

こんにちは、家庭教師のトライです。

春合宿の定員が残り2名になってしまったのでお伝えします。

春は1年の合宿の中で最もお得な合宿です!早めのスタートを切って差を付けておきましょう!


春合宿については下記を参照してください。

http://blog.trygroup.co.jp/nagano/2019/02/1130


詳細をお聞きになりたい方は0120-555-202までお電話ください。

このページのトップに戻る

2019年3月4日

いよいよ高校入試!

こんにちは家庭教師のトライです。

3/6は高校入試ですね!準備は整っていますか?

どれだけ勉強をしても基本的に不安は消えません。


そこで、ひとつアドバイスをしておこうと思います。

前日の5日に詰め込むような勉強はしないようにしてください

頭の中がごちゃごちゃしてしまうのでかえって逆効果になります。

そのため軽い確認にとどめておき、覚えられていないところはノートにまとめておきましょう。

受験会場に持っていくものはそのノートだけで十分です!

試験前の短い時間でしっかりと見返せば数問のプラスにはなるので効率よくいきましょう!

このページのトップに戻る

2019年2月19日

関西中心に患者急増

麻しん(はしか)の患者が、関西を中心に増加しています。

国立感染症研究所の発表では、2月6日までに全国19都道府県で148人の感染が報告されており、

過去10年でもっとも速いペースで感染拡大をしています。


麻しん(はしか)は、空気感染を主たる感染経路とする、感染力が非常に強いウイルス感染症で、

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ、

2~3日熱が続いたあと、39度以上の高熱と発疹が出現します


また、肺炎や中耳炎を合併しやすく、1,000人に1人の割合で脳炎を発症し、

死亡することもあるとされる怖いものですが、事前に予防接種を受けることで予防が可能です。


現状、長野で流行している話は聞きませんが、

高校受験も近いので、ぜひ予防接種は受けておきましょう!

このページのトップに戻る

WHOが2019年2月12日に、世界の12~35歳の若者11億人がスマートフォンをはじめとする音響機器利用や娯楽イベントなどでの大音響により深刻な難聴リスクに晒されていると発表しました。


WHOの分析では、すでに世界の5%にあたる4億6,600万人(大人4億3200万人、子ども3,400万人)に聴覚障害の症状があらわれており、2050年には9億人以上が日常生活に支障をきたすほどの聴覚障害を抱えることになると推測しています。


安全な視聴の目安は、最大80デシベルまでの音量で、

1週間につき40時間までの視聴とされています。


今回の報告でWHOはITU(国際電気通信連合)とともに、聴覚障害予防にあたって

スマートフォンなどを含む機器の製造と使用に関する国際規格を新たに発表しました。


WHOとITUが推奨する安全な視聴機器の規格は以下の4つの事項です。


1.WHOが定める大人・子どもの2通りの基準値をもとに、視聴行動を計測してくれる機能があること

2.視聴行動の履歴から、安全に視聴を行なっているか否かを警告してくれる機能があること

3.自動音量調整などの音量制限機能があること

4.安全な視聴に関する個別のメッセージや情報を発信安全な視聴に関する個別のメッセージや情報を発信してくれるもの


大音量による聴覚障害は「感音難聴」や「騒音性難聴」と呼ばれており、予防が最重要となります。

治療法が無く、失った聴力は戻らないため日頃から注意するようにしましょう。


一過性の難聴と異なり、徐々に進行するために自覚症状を感じにくいのも特徴です。

これに関しては視力を意識してみると分かりやすいと思います。

閉塞感や今までの聞こえとの違いなど、少しでも耳に違和感を感じたら、

早期に耳鼻科を受診するようにしましょう。


このページのトップに戻る

前のページ

長野県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら