教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



高知の皆さんこんにちは。

トライ高知校の瀬川です。

今日は学校紹介です。

第2弾となる今回は県内の名門土佐高等学校を紹介したいと思います。

高校受験やその後の進路について考えるきっかけになればと思います。


【概要】

土佐高校は1920年に創立され、県内有数の進学校としても知られています。

戦前には男子校でしたが、1947年に男女共学の新制中学校を設立して以来、現在に至るまで男女共学の中高一貫教育校となっています。

来年には創立100周年を迎えることもあり、現在の卒業生は2万人を超えており、各界で活躍しています。

後者は中央棟・中学棟・高校棟に分かれており、ほとんどの教室に冷暖房が完備されています。施設についても中高合わせて1700人ほどを収容できる広さがある体育館や、校舎に隣接されたグラウンドとは別に2つのグラウンドがあり、20近くの部活動を支える資源にもなっています。


【方針】

報恩感謝の理念のもと、学問を重んじ、礼節をたっとび、スポーツを愛する学校生活を送らしめ、文武両道の達成を合言葉に、人格の完成と社会に貢献できる人物の育成を目指した方針です。

中高一貫校ですので、土佐中学校を卒業する際、中学校3年間の状況を審査したうえ、 原則として土佐高等学校に入学させ、中高一貫教育のメリットを最大限に生かします。


【主な実績】

直近1年の主な実績

東京大学5名

東京工業大学2名

京都大学6名

慶應義塾大学11名

早稲田大学16名

など、高ランク大学の合格実績が多数あります。

毎年同数やその付近での合格者を輩出しているので、非常に高い授業の充実度がうかがえます。


【その他】

国際交流も行っており、ガーナ生徒の国際交流は例年行われています。

ホームページにはその写真も公開されているのでぜひ拝見してみてください。

【まとめ】

・もうすぐ創立100年の由緒ある学校

・中高一貫に意味を持っており、また高校からの入学者も区別しない取り組みを行っている

・合格実績が安定しており、信頼のおける指導実績がある

以上、土佐高校の学校紹介でした。気になった方はぜひ以下HPをご確認ください。

http://www.tosa.ed.jp/index.php


また、各学校ごとのテスト対策などはぜひトライにお任せください

資料請求、お問い合わせはこちらから

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。


今回は、毎年大好評をいただいている、9月からの日曜特訓講座のご案内です。

受験に向けて万全の準備を整える、秋からの特別講座です。


○日曜特訓、3つのポイント

①基礎の定着の確認ができる

不安だった単元も、オリジナルテキストによる復習によって確かな定着を図ります。


②応用力の養成ができる

基礎の定着の後には、応用問題を解く力を養います。


③実践演習で解ける力を身につける

最後の4コマでは実践的な演習を行います。中学生は入試直前テスト、

高校生はセンター試験の過去問題で最後の総仕上げを行います。

基本問題から応用問題までを総復習し、本番での得点力を着実に身につけていきます。


【概要】

○コース

中学生(20コマ)高校受験対策>

①5科目英数国理社コース(リスニング対策あり)

②5科目英数国理社コース(リスニング対策なし)

③3科目英数国コース(リスニング対策あり)

④3科目英数国コース(リスニング対策なし)

⑤2科目理社コース


高校生(16コマ)センター試験対策>

①3科目英数国コース(リスニング対策あり)

②3科目英数国コース(リスニング対策なし)

③2科目英数コース(リスニング対策あり)

④2科目英数コース(リスニング対策なし)

⑤2科目英国コース(リスニング対策あり)

⑥2科目英国コース(リスニング対策なし)


○対象 :中3・高3・高卒生

○会場:

中学3年生:個別教室のトライ 小津校

高校3年生:個別教室のトライ はりまや校

○日程:日曜・祝日


受験する科目や、苦手科目などに応じて、ご希望のコースをお選びいただけます。

苦手に少しムラがあり、5科目すべてを総復習したい生徒さん、

あまり勉強ができていない理科社会だけを集中的に行いたい生徒さん、

センター試験に向けて得点力を上げたい生徒さんなど、

ご希望に合わせて受講して、集中して力をつけることができます。


この9月からは日曜特訓で力をつけましょう!

詳しくは教室長や、担当の教育プランナー、以下のURLにてお問い合わせください。


https://www.kobekyo.com/sundayschool/


このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ高知校です。

9月に入り、夏休み明けテストが帰ってきた生徒さんも多いのではないでしょうか?


今回は、知る人ぞ知る勉強のリズムついてご紹介します。

一定の間隔や規則的に連続的で続くテンポのことをリズムといいます。


例え話をしましょう。

今日は、3時間勉強をする!と決めているとします。科目は何でも構いません。

どのような問題かはさておき、あなたはわからない問題1問に30分40分も悩み、そこで躓いてしまったとします。

それは少なくとも全体の時間の6分の1をその1問に費やしてしまったことを意味します。


これではタイムパフォーマンスが悪くなってしまうだけではなく、“勉強”の意識が 漸減していき、

それに伴い学習意欲も低下します。


これが勉強の“リズム”を乱しているということです。


ではどうすればそのリズムを整え、自分の勉強を効率化できるのでしょうか。

わからない問題はそのままでいいのでしょうか。


解決策は簡単です。

まずは意識しやすいように例を話しします。


多くの人にとって、朝の時間は大切です。

1分でも長く寝ていたい、1分でも早い電車に乗りたい、1分でも1分でも、見ているあなたにも経験があるはずです。

そして、少なからず朝の時間を貴重に感じているはずです。


その理由は使える時間が決められているからです。

夜は5分夜更かししようが10分夜更かししようが、あるいは1時間夜更かししても大したことないと考える人もいます。

これは、間が決められていないからこそ、その時間の価値を意識しづらことに起因します。


勉強には”朝の時間”の意識が必要です。

つまり、思考する時間の上限を決めなければいけないのです。


例えば1問につき5分だけ悩む時間をかけていいとします。

そうすることで潜在的な義務感が生じます。

その時間内に何とか解こうと脳の意識は集中し、時間を決めないよりも必死で思考するでしょう。


また、結果としてその5分を過ぎてしまったとき、今の自分は「5分かけてもその問題を解く能力が身についていない」と言えるのです。

これは、「30分かかったけど問題が解けた!」と思う よりも はるかに大切な自分への認識にもつながるのです。


仮に問題が解けなかったときも心配はいりません。一定の時間自分の頭で悩んで答えが出ないのであれば、回答解説に頼るべきです。

時間は有限であり、その有限な時間を手助けしてくれるものこそが回答解説だからです。


取り掛かる→思考する→解ける→次の問題

取り掛かる→思考する→解けない→回答解説

この2つのパターンを乗算して時間のコントロールを身に着けていきましょう


そうすることで飛躍的に学習のリズムは形になり、結果として試験時間を意識し、さらには受験を制することができるのです。


しかし、せっかくリズムを手に入れても、肝心の解法自体が手元にないとき、自分のリズムがわからないとき、どうすればいいのでしょうか。


そんなときのためにトライがあります。

トライの教育プランナーはあなたに最適な”リズム”を提供します。

考えるより先に、トライご相談ください。


お問い合わせ、資料請求はこちら


漸減(ぜんげん) 次第に減ること、減らすこと。 ⇔ 漸増(ぜんぞう)


 

このページのトップに戻る

2019年9月3日

受験シーズン突入

こんにちは、家庭教師のトライ高知校の瀬川です。


先日ニュースでは赤とんぼが飛んでいるのを見ると秋の訪れを感じる方がいるとやっていて高知でも赤とんぼを何度か見たのですが、まだ暑いと感じる次第です。


さて、夏休み明けてじわじわとそれでも確実に受験が迫ってきています。

受験勉強は順調という方もまだそこまで対策できていないという方もいらっしゃると思います。


今回は夏休み明けからの受験対策、受験勉強についてお話したいと思います。


皆さん、こんな悩みお持ちではないでしょうか・・・?

・受験に向けて夏期講習に行ったが思ったように手ごたえを感じられない

・休み明けテストの結果が思ったように出なかった

・受験勉強を始めなきゃと思うが、重い腰が上がらない

・今から受験に間に合うだろうか? etc.


ご家庭様には様々なお悩みがあると思います。

トライでは、9月からは本格的な受験対策シーズンということで、「科目別の対策」「志望校別の対策」の2点に注力して生徒の指導を行ってまいります。

最新の受験情報や、長年培ってきた指導ノウハウをもとに生徒の状況だけでなく時期まで考えた指導をご体験いただき、受験に向けた大きな足掛かりを作ってみませんか?

お問い合わせ、資料請求はこちらから

このページのトップに戻る

中学受験生からのお問い合わせを多くいただいております。


夏休みに塾の講習や自力で頑張ってみたけど、土佐塾模試で特定科目のみが伸びていない

といったご相談です。


得意不得意があるのはしょうがないことですが、苦手科目や単元を捨てて受験に挑むのは危険です。


入試までまだ5ヵ月あります。克服する方法を模索すべきだと思います。


入試前3ヵ月を過去問対策期間とするならば、

これからの2ヵ月が最後の弱点克服期間となります。


今一度、内容面から理解ができていないのか、わかってはいるが解けない状態なのかを見極めて

2ヵ月間で状態に合わせたところから対策をとっていきましょう。


どうしても今のままでは克服が厳しいのではないかと思う方はトライまでご連絡ください。


志望校を下げたり、受験を諦めるのではなく、

いまから志望校合格ラインまで到達させる内容を一緒に考え、

一緒に乗り越えていきましょう!

このページのトップに戻る

【概要】

土佐塾学園は、1986年に創立された、男女共学の中高一貫教育校です。

2012年に改称して現在の名前になりましたが、それ以前は土佐塾中学高等学校という名称で、塾中(じゅくちゅう)塾高(じゅくこう)などと略され、今なお愛されている学校です。

また、名称にあるように、もともと高知県の進学塾「土佐塾」からできた学校です。

【取り組み】

現在はICT教育の方針のもと、校内のすべてのエリアへのWi-Fi環境を整備しています。

黒板はホワイトボード化するなどし、最新の技術を用いています。

生徒は自分専用のタブレット端末を所有し、端末での学習を可能とさせています。

【方針】

現在、上記のタブレット端末を用いて、社会的事象や化学、技術の進歩などを最新の情報に触れることで、将来の大学や学部、つきたい職業などの情報に触れ、知的好奇心を高めることで、学ぶ意義やその理由を理解し、能動的に学習に取り組んでいるようです。


【主な実績】

直近3年の主な実績

東京大学1名

京都大学2名

慶應義塾大学13名

早稲田大学17名

など、高ランクの大学の合格実績が多数です。


【その他】

学生寮である「大志寮」が、学校のそばにあります。登校の不便がないので、県内外を問わず利用する生徒がいます。

また、学生や保護者の方からは制服のデザインが人気であるという声が聞こえています。夏服やポロシャツといった取り組みも見られ、臨機応変に対応する校風が見られます。

【まとめ】

・創立33年の比較的新しい学校

・ICT教育を推奨している

・確かな合格実績がある

以上、土佐塾学園の学校紹介でした。気になった方はぜひHPをご確認ください。

https://www.tosajuku.ed.jp/index.html

このページのトップに戻る

2019年5月30日

内申点

こんにちは、家庭教師のトライ高知校です。

高知校のブログを見てくださりまして誠にありがとうございます。

高知では5月に入り一気に気温が上がってきました。熱中症対策は万全にしておきましょう。

今回は中学生の定期テストに関連したことを話したいと思います。


■定期テスト迫る!

5月といえば皆さんゴールデンウィークが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、学年最初の定期テストがある月です。

中旬にはテスト日程、範囲が発表される学校が多いのではないでしょうか?

新学年最初のテストということで様子見かな、と思っている中学生のご家庭様は痛烈なしっぺ返しをお見舞いされることになりかねません。


■高知の公立高校入試制度

中学校の定期テストで最初から対策をとる大きな理由は、高校入試に関係しています。

高知県では県立高校入試において点数配分が選抜試験250点+内申点260点の計510点で決まります

点数内訳見たらわかるように内申点のほうが試験よりも配点は大きいんです。

この内申点には3年生時の定期テスト結果はもちろん、1,2年生時の定期テスト結果も含まれております

すなわち、中学時代のテストの結果はすべて高校入試に関係しているといっても過言ではりません。


■各学校の定期テスト対策

家庭教師のトライ高知校では、マンツーマン指導だからこそできる、生徒ごとに学校の定期テスト対策を行っております

試験直前でも構いません、何かご相談、お悩みございましたらご気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

2018年12月25日

Try ITで入試対策!

高知県の皆さん、こんにちは。

今回はこの時期のTry itの活用方法についてお伝えします。

Try it(トライイット)とは、トライの永久無料の映像授業サービスです。


トライ厳選のプロの先生が、目の前に生徒さんがいることを想定した口調で伝えており、

マンツーマン指導のトライならではの映像授業となっています。


このトライイットは1コあたり10分~15分の短い映像になっており、ちょっとした学習に最適です。

また、知識を定着させる秘密があります。

それは、、、

映像を見て、

テキストを解いて、

解説動画で答え合わせ

というサイクルです。

このサイクルを踏むことができるからこそ、内容を確実に定着させることができます。


映像を見るだけでは「わかったつもり」になってしまうので、それを防ぐべくテキストが映像の中に付いています。

そのテキストを解いて、確実に「わかった」という状態にし、 知識を自分のものにしましょう。



○そんなトライイットに入試対策編があるのはご存知でしょうか。

高校受験用、大学受験用ともに、スタンダードとハイレベルがあります。


入試問題の内容をもとに、自分の知識を確かめることができます。

いわば入試の練習です。


これらの映像は映像内のテキストの問題を解いてから解説動画を見るという流れで行いましょう。


各科目、単元ごとに問題がありますので、苦手なところを自由に選んで演習しましょう。

(例)

・物理の力学が苦手だな、運動方程式のところから見てみよう!

・数学の数列が苦手だな、漸化式のところをやってみよう!


などです。


また、英語には対策のしづらいリスニングの授業も入っています。 問題傾向にもとづいた授業になっているので効率的に対策を行うことができます。


さあ、 この時期にはトライイットの入試対策編を大いに活用し、

効率的なアウトプットによる入試演習で得点力をアップさせましょう!



映像授業のトライイットはこちら

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

最近はかなり肌寒くなってきたので体調管理には十分、お気をつけください。


さて、今回は過去問の活用方法についてお伝えします。

この時期からどんどん解いていく形となる過去問ですが、解き方として4つのステップがあります。


1.時間を計って解いてみる

2.時間が足りなくてできなかったものは、時間を気にせずに解いてみる

(解けたのが時間外か時間内かわかるように印をつけておきましょう)

3.解説で答え合わせ 、理解する

4.間違えたものをもう一度解いてみる


を行ってください。

特に4が大切です。


過去問を解くことは、本番の入試で得点力を上げるための手段です。目的ではありません。

過去問を解いて終わるのではなく、問題がもう一度出た時に、しっかりとできるようにしていきましょう。


解ける問題を増やしていくこと、つまり武器を増やしていくことができるのがこの過去問対策なのです。


過去問では、難しい問題も多いはずです。

難しくて間違えた問題に関して、解説を見てぼんやりとした理解だけで終わってしまうケースが多いです。

「わかる」を「できる」にするためには、もう一度解いてみる必要があります。

自分の頭で一から考えることができて初めて「できる」になるため、この工程は必ず行いましょう。


また、過去問では自分の苦手範囲の炙り出しを行うことができます。

わかっていると思っていたものも意外と問題に出るとわからないケースもよくあります。

解けなくても気負わずに苦手を見つけた、復習するから潰せる。ラッキー!」と思っておきましょう。


トライでは、入試直前の短期過去問対策演習もマンツーマンの指導で行っております。

プロの家庭教師の先生による指導で、確実な得点力に繋げましょう。

徹底的に過去問対策を行って、受験合格へ一気に近付きましょう!


無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


今回は、トライでのラストスパートについてお伝えします。

最近、受験生の方からのお問い合わせを多くいただいています。

この時期に

・学校の宿題しかやっていない

・友達と一緒の塾に通っているが、中々成績が上がらない

・勉強の習慣がついていない


というお声をよく耳にするのですが、この現状はすぐにでも変えるべきことです。

というのも、人生で一番勉強をするのが多くの方の場合、受験勉強の時期なんです。

この時期にしっかりとした勉強習慣、やり方を身につけないと高校に入った後も苦しくなってしまいます。


また、受験までの残りわずかな期間、どの受験生もペースアップをしてきます。

それに負けないくらいの勉強をする必要があるのです。


だからこそ、トライによるマンツーマン指導で、しっかりとした勉強への理解ややり方を身につけましょう。

また、生徒さん一人ひとりに担任がつくので、受験合格までのプランニングを行い、合格までの道のり、日々のやるべきことを提示しながらサポートします。


さらに、 受験の直前には集中対策として、

3泊4日で、総合的に受験頻出単元をプロの先生から受けながら固め、演習を行う冬合宿というものもございます。


受験の直前対策には、苦手に合わせた指導や、受験に出る分野を選んで指導が必要です。

それがトライでなら行えます。


豊富な指導実績、合格実績を積んだプロの先生が生徒さんの性格を考えながら勉強方法の指導や、わからない単元の指導を丁寧に行います。


受験への不安がある方はお任せください!

このあとの時期、短期集中で効率的にトライの先生によるプロの指導で日常を変えていき、合格を掴み取りましょう!


ご不安点などお気軽にお問い合わせください。

無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

前のページ

高知県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら