教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



2018年12月25日

Try ITで入試対策!

高知県の皆さん、こんにちは。

今回はこの時期のTry itの活用方法についてお伝えします。

Try it(トライイット)とは、トライの永久無料の映像授業サービスです。


トライ厳選のプロの先生が、目の前に生徒さんがいることを想定した口調で伝えており、

マンツーマン指導のトライならではの映像授業となっています。


このトライイットは1コあたり10分~15分の短い映像になっており、ちょっとした学習に最適です。

また、知識を定着させる秘密があります。

それは、、、

映像を見て、

テキストを解いて、

解説動画で答え合わせ

というサイクルです。

このサイクルを踏むことができるからこそ、内容を確実に定着させることができます。


映像を見るだけでは「わかったつもり」になってしまうので、それを防ぐべくテキストが映像の中に付いています。

そのテキストを解いて、確実に「わかった」という状態にし、 知識を自分のものにしましょう。



○そんなトライイットに入試対策編があるのはご存知でしょうか。

高校受験用、大学受験用ともに、スタンダードとハイレベルがあります。


入試問題の内容をもとに、自分の知識を確かめることができます。

いわば入試の練習です。


これらの映像は映像内のテキストの問題を解いてから解説動画を見るという流れで行いましょう。


各科目、単元ごとに問題がありますので、苦手なところを自由に選んで演習しましょう。

(例)

・物理の力学が苦手だな、運動方程式のところから見てみよう!

・数学の数列が苦手だな、漸化式のところをやってみよう!


などです。


また、英語には対策のしづらいリスニングの授業も入っています。 問題傾向にもとづいた授業になっているので効率的に対策を行うことができます。


さあ、 この時期にはトライイットの入試対策編を大いに活用し、

効率的なアウトプットによる入試演習で得点力をアップさせましょう!



映像授業のトライイットはこちら

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

最近はかなり肌寒くなってきたので体調管理には十分、お気をつけください。


さて、今回は過去問の活用方法についてお伝えします。

この時期からどんどん解いていく形となる過去問ですが、解き方として4つのステップがあります。


1.時間を計って解いてみる

2.時間が足りなくてできなかったものは、時間を気にせずに解いてみる

(解けたのが時間外か時間内かわかるように印をつけておきましょう)

3.解説で答え合わせ 、理解する

4.間違えたものをもう一度解いてみる


を行ってください。

特に4が大切です。


過去問を解くことは、本番の入試で得点力を上げるための手段です。目的ではありません。

過去問を解いて終わるのではなく、問題がもう一度出た時に、しっかりとできるようにしていきましょう。


解ける問題を増やしていくこと、つまり武器を増やしていくことができるのがこの過去問対策なのです。


過去問では、難しい問題も多いはずです。

難しくて間違えた問題に関して、解説を見てぼんやりとした理解だけで終わってしまうケースが多いです。

「わかる」を「できる」にするためには、もう一度解いてみる必要があります。

自分の頭で一から考えることができて初めて「できる」になるため、この工程は必ず行いましょう。


また、過去問では自分の苦手範囲の炙り出しを行うことができます。

わかっていると思っていたものも意外と問題に出るとわからないケースもよくあります。

解けなくても気負わずに苦手を見つけた、復習するから潰せる。ラッキー!」と思っておきましょう。


トライでは、入試直前の短期過去問対策演習もマンツーマンの指導で行っております。

プロの家庭教師の先生による指導で、確実な得点力に繋げましょう。

徹底的に過去問対策を行って、受験合格へ一気に近付きましょう!


無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


今回は、トライでのラストスパートについてお伝えします。

最近、受験生の方からのお問い合わせを多くいただいています。

この時期に

・学校の宿題しかやっていない

・友達と一緒の塾に通っているが、中々成績が上がらない

・勉強の習慣がついていない


というお声をよく耳にするのですが、この現状はすぐにでも変えるべきことです。

というのも、人生で一番勉強をするのが多くの方の場合、受験勉強の時期なんです。

この時期にしっかりとした勉強習慣、やり方を身につけないと高校に入った後も苦しくなってしまいます。


また、受験までの残りわずかな期間、どの受験生もペースアップをしてきます。

それに負けないくらいの勉強をする必要があるのです。


だからこそ、トライによるマンツーマン指導で、しっかりとした勉強への理解ややり方を身につけましょう。

また、生徒さん一人ひとりに担任がつくので、受験合格までのプランニングを行い、合格までの道のり、日々のやるべきことを提示しながらサポートします。


さらに、 受験の直前には集中対策として、

3泊4日で、総合的に受験頻出単元をプロの先生から受けながら固め、演習を行う冬合宿というものもございます。


受験の直前対策には、苦手に合わせた指導や、受験に出る分野を選んで指導が必要です。

それがトライでなら行えます。


豊富な指導実績、合格実績を積んだプロの先生が生徒さんの性格を考えながら勉強方法の指導や、わからない単元の指導を丁寧に行います。


受験への不安がある方はお任せください!

このあとの時期、短期集中で効率的にトライの先生によるプロの指導で日常を変えていき、合格を掴み取りましょう!


ご不安点などお気軽にお問い合わせください。

無料の学習相談はこちら

このページのトップに戻る

高知県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ高知校です。

家庭教師のトライが日本テレビ系列「スッキリ」にて10月25日に取り上げられました!


///////////////////////////////////

スッキリお受験企画始動!

ジャガー横田さんの息子・木下大維志くんの中学受験に密着

///////////////////////////////////


受験に向けて家庭教師の先生と一緒に頑張っている木下大維志くんの姿が、

9月27日の初回放送より受験までの期間で数回にわたって、放送されます。

これからの成績の伸びや受験に向けての学習の様子にご注目いただき、

ぜひ応援していただければと思います。

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは!

今回は定期テスト対策についてお話しします。

定期テストと言えば、中間・期末テストのことですね。ご存じのように定期テストの点数はそのまま志望校合格に直結します!

よって定期テストの対策は皆さんにとって最重要テーマと言えます! ではその重要な定期テスト対策を3つに絞ります。


①テスト範囲表の復習を隅から隅まで丁寧に行う!

テストの範囲表が配られたら、教科書・ワークのそれぞれのページに順番に目を通しましょう! 1度目はざっと目を通すだけ。2度目は少し丁寧に。そして理解できなかった所は付箋を貼ったりマーカーを付けたりして目立つようにしておきましょう。その上で先生に質問して必ず解決しておきましょう。


②類似問題をできるだけ多く解く!

理解したことは練習して自分のものにすることが大事!そうでないとまた元に戻ってしまいます。ワークを全部解き終えたら別の問題集などで似たような問題をどんどん解いて理解を定着させていきましょう!


③テスト後の見直しを必ず行う!

これが実は1番重要かもしれません。一生懸命頭をひねった問題はできていてもできていなくてもその後の見直しで必ず頭に残ります!悔しい思いや良かった思いが加わるのでより脳に刻まれるのです!そしてこの見直しによってグンと力がつくのです!


以上述べてきましたが、トライではそのテスト対策の強い味方として、「TryIT」という映像授業があります!これをうまく活用することで成績の上昇は間違いないはずです! さあ来たるべきテストに向けて一緒に頑張っていきましょう!

このページのトップに戻る

高知県のみなさん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

最近は試験情報をお伝えすることが多かったので、 今回は久々に精神面のことをお話したいと思います。


勉強は順調でしょうか。

中々勉強ができないという生徒さんや、勉強の習慣が中々つかないというご連絡を多くいただいております。


ズバリ、勉強習慣のポイントは3つです!

①タイマーを設定して行うこと

②誘惑を減らすこと

③勉強の成果を目で感じること


①「15分」という時間をタイマーで設定して行いましょう。

勉強が中々できない要因として「こんなにやらなきゃいけないのか!」→「嫌だ!」という流れになってしまうことが原因です。気持ちはよくわかります。

ですが、それは一度にたくさんやらなければいけないと思うから嫌に感じてしまうのです。

15分だけでしたら何とかできそうな気がしませんか?


意外とあっという間に過ぎます。

もし、15分頑張れた後も、なんかもっと頑張れそう!と思えたならばやってしまいましょう!

それは素晴らしいことです。


②少しだけで良いから誘惑を断ち切る

テレビやゲームが好きで中々勉強する時間が無いという生徒さんもいるかと思います。

大好きな場合は、完全にやめる必要はありません。

完全にやめると苦痛になってしまい、勉強に身が入らないからです。

ですので、まずは30分だけ時間をください。 その30分で大きく環境は変わります。


10日続ければ、5時間にもなります。

5時間の勉強時間は、0時間とは比べ物になりません。

勉強を頑張ったら、ご褒美にゲームを行うという形をとりましょう。


そのために勉強する空間にはできる限り、ゲームや携帯などの誘惑が目に入らないようにしましょう。

一旦段ボールに入れたり、勉強部屋から外に出すなど、勉強中は視界に入らないようにしてください。


そのようにして勉強できる空間と時間を確保していきましょう。


③勉強の成果を目で見えるものをメモしましょう。

例えば、カレンダーに「30分勉強を頑張る」などの、目標を達成した日に○をつけることはおススメです。

後から見返すとこんなに頑張れたのか!と実感することができます。

1時間でも30分でも、15分でも良いです!

まずは、毎日必ず行うことで、自信をつけましょう!!!

自信がついてもう少し頑張れそうなら少しずつ時間を増やしましょう。


とにかく勉強は習慣つけることが重要です。

習慣こそが結果を変えます。



トライには、そんな勉強を習慣づけることをサポートする、教育プランナーという存在が、生徒さん一人ひとりについております。

一年に数回、ご希望があればすぐにでもご家庭へ飛んでいき、生徒さんと話し合って動機づけやプランニングを行うことで、目標達成に向けしっかりと管理させていただく仕組みとなっています。


勉強の習慣をつけることや、合格までの道のりを逆算してプランを立てることは一人では難しいことです。

それを私たちが学校の担任の先生のように付くことによって、

生徒さん、先生、教育プランナーの3人4脚で進んで行くことができるのです。


コツコツと、「まずは5分でいいから頑張る」を合言葉に、

さあ今からでもペンを持ちましょう!


無料の学習相談はこちら


このページのトップに戻る

みなさん、こんにちわ!

家庭教師のトライ高知校です。


今回は大学受験に向けたトピックスを一つご紹介いたします。


【私立大学の入学定員管理強化を3年間見送りに】

来年度から施行予定だった私立大学の入学定員管理強化について、

施行を3年間見送りにすると9月19日に文部科学省より発表がありました。


■入学定員管理強化とは

2016年度から段階的に始まった取り組みで、

入学定員に対して入学者数が1.1倍を超える大学への助成金を減額、もしくはゼロにするという取り組み。

そのため今までは定員を大幅に超える合格者・入学者を出していた大学は、

減額対象とならないように合格基準をあげて、入学者を絞るという動きをとる必要があります。

つまりは単純に従来よりも合格のハードルが上がることになります。


■見送りによる影響は?

管理強化により「合格基準をあげていた」大学が、今回の見送りにより再び「合格基準を下げる」

ということはもちろん考えられます。

ただし受験において、「合格基準が下がってくれれば」「こうだったら受かるかもしれない」

といった「他力本願」で受験に臨むのは非常に危険です。

こういった社会の動きに対して敏感に情報を得ていくことは非常に重要ですが、

自分に都合よく解釈することは避けましょう。


■合格するための計画は?

大学ごとの合格基準が読みづらいこれからの数年間は、特に「早めの対策」「志望校への合格計画」、

そして最後には「地に足の着いた受験校設定」がとても重要になります。

「地に足のついた受験校設定」とは、「志望校を下げろ」ということではありません。

受験校は志望校を含めて、レベル別に設定することが望ましいということです。


受験校① チャレンジレベル

受験校② 適正レベル ※ここが第一志望校であることが理想的

ある程度の合格判定が出ていて合格が見込める。

受験校③ ワンランク下

受験校④ ワンランク以上下

このように分類して受験校を設定することで、受験校②が難しい場合でも、

受験校③④であれば合格が見込める状態を作ることが出来ます。


■最後に:志望動機を大切に

今まで大学が避けたい状況というのは「定員割れ」でした。

そのため定員よりも多くの合格者を出し、入学者を確保しようという考えでした。

結果、各大学の合格基準が下がり、大学生のレベルが下がってしまったことが、

これからの「大学入試改革」の要因なのではないかと思います。

入学定員管理強化により、私立大学は「きちんと入学してくれる人」に合格を出さなくてはならなくなりました。

ここの見極めを大学が怠ってしまうと、「入学者数」を大学側でコントロールできなくなり、

「定員割れ」、もしくは「入学者数超過による助成金減額、ないしゼロ」という事態になってしまうためです。

この見極めにつかわれるのが、面接や書類などで問われる「志望動機」です。

各大学への志望動機を見直してみてください。


・大学のことを良く調べているか

・他の大学でもできることを述べていないか

・これまでの経験と志望動機に一貫性があるか

トライではこういった受験校の設定や志望動機、面接へのアドバイスなどの面談も実施しております。


また「志望校への合格計画」も教師と共に、ひとりひとり立てていきます。

是非、一緒に志望校合格のための勉強をしていきましょう。

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

本日は受験生の皆さん向けに、模試のご紹介をします。


受験生は、なぜ模試を受けるべきなのか?

その理由は3点です。


①苦手な分野を客観的に知ることができる

②アウトプットを実行でき、知識の定着に繋がる

③目標との差を数値的に判断できる


①苦手な分野を客観的に知ることができる

一番重要です。

入試までの時間を有効利用するためにも、自身の現状を知り、分析することはとても大切です。

普段勉強する中で、ある程度の得意科目や苦手な科目などはわかっていても、

具体的にその科目のどこが得意でどこが苦手かは中々わからないというお声を多くいただきます。

「何をやればよいかわからない」はこれが原因です。

そのことを模試を通して客観的に知ることができます。

苦手を知ることができたら後は、その分野の苦手をどうやったら解決できるか考えてください。


・内容の理解はできているけど、問題になると解けない

練習量を増やしましょう。脳はすぐに忘れてしまうので、繰り返しの勉強が必要です。


・内容自体、よくわからない

まず理解することが大切です。マンツーマンによる指導で克服していきましょう。


②アウトプットを実行でき、知識の定着に繋がる

知識は入れただけでは、定着せず、それを使う(アウトプットする)ことで脳の中で

長期記憶として定着します。それを実行できるのが、模試の場面なのです。数ある知識の中から

どの知識を使うか考えることは知識の整理にも繋がるのでとても良い機会になります。


③目標との差を数値的に判断できる

そして目標とあとどれくらい差があるのかということを数値として知ることができます。

差が大きいのであれば、勉強方法や時間を見直す必要があるので一つのきっかけになります!

模試というものが、一つの中間目標に繋がるので精神的にも大きな意味を持ちます。


上記のように、模試を受けて現状と目標との差を知り、

改善していくことが、合格を勝ち取るための大きな一歩に繋がります。


模試で現状を知ることができたら、あとは苦手を潰すことです。 苦手克服の際には、遡った学習が効果的です。

必要なところを必要なだけ指導する、効率的トライのマンツーマン授業で解決し、

弱点を克服していきましょう!


また、Try ITの映像授業をも活用しましょう。ギュッと要点が詰まったものになっているので、

非常にわかりやすく、頭に残りやすいです。


模試を最大限活用し、合格までの軌道修正を行っていきましょう!

模試を受けたら、間違えたものは解き直すことも忘れずに!


Try ITはこちら

無料の学習相談、お問い合わせはこちら

このページのトップに戻る

高知県の皆さん、こんにちは。

もうすぐ定期試験です。


今回はテスト対策や、日々の学校の勉強の復習に最適な、

『Try IT(トライイット)』の活用方法についてお伝えします。


皆さん、トライイットはご存知でしょうか。

トライの永久無料の映像授業で、大きく4つのポイントがございます。


厳選したプロの先生による指導

・ポイントを何度も伝えてくれて頭に残りやすい

・1コマあたり5分~15分ほどに分かれており、短時間で集中して見れる

・ネット上にテキストもついており、知識を定着させやすい


英語数学だけでなく、理科や社会といった単元も学習できます。


映像を見る→テキストを解く→映像で答え合わせ

という流れを踏むことで知識がしっかり定着します。


どんな学習に関しても、知識を入れただけでは定着は図れません。自身で問題を解くこと大切です。

だからこそ、映像を見て、例題によって解き方を学んだ後は、練習問題で実際にご自分の力で解いてみましょう。


「わかる」を「できる」に変えていくことができたら、実際にテストでも解けるようになります。

ただ、「わかる」のまま練習をせずに放置してしますと人間は忘れっぽい生き物ですので、

それが「わからない」に変わってしまうのです。

だからこそ、自身で反復した練習をすることを心掛けましょう。


トライイットで学んだ後には、それに関連した問題集の問題を解いてみると良いでしょう。

※上記のやり方は、わからないものが明確になっている時や、基礎から少しずつ学びたい方のやり方です。


トライイットには単元がたくさんあります。

どの映像を見ればいいかわからないという方や、効率的にどんどん進めたいという方は、

まずテキストの問題を見てください。


それをパッと見て、解き方がわかるならばその映像は見る必要はありません。

次に進み、また問題を見てみましょう。 わからなかったら映像を見て習得しましょう。


このように反射的に解き方を判断することができたら、効率良く学習を行えます。


目的に合わせて、効率的にトライイットを最大限活用し、テストで点数アップを目指しましょう!


永久無料の映像授業、トライイットはこちら

無料の学習相談、お問い合わせはこちら

このページのトップに戻る

2018年9月23日

大学受験情報 Part2

こんにちは、トライ高知校です。

前回に引き続き、大学受験情報についてです。

今回は、国公立大学の受験対策についてお知らせします。


Part1でも記載した通り、国公立大学の一般入試では『センター入試』と『二次試験』を受験します。

※私立大学でも、『センター利用型入試』があるので、私立大学のみしか受けなくても

センター入試を受験する学生は多いです。


『センター入試』はマークセンス方式ですので、選択問題です。

一方、『二次試験』は記述式ですので、それぞれ対策方法が異なります。


○センター試験

受験科目や配点は、大学や学部で異なりますが、最も一般的なのは5教科7科目での受験となります。

国語、外国語、数学、理科、社会の5教科で、数学は2科目、文系なら社会から2科目、

理系なら理科から2科目という形が多いです。

理科は生物や化学、物理、地学など、社会は日本史や世界史、現代社会など、科目選択も行います。

ただし、学部によって選択科目が指定されていることが多いため、注意が必要です。


センター入試では、各科目の目標点数割合を立てておくことが重要です。

合格のためにセンター入試で何点くらいを取れるようにしておけばよいか、

自身の得意不得意で目標割合を考えましょう。

選択問題であるが故に、消去法で考えた時に根拠を持って解答できるようにする必要があります。


○二次試験

二次試験は、大学によって入試問題が異なるため、問題の傾向を把握することが重要です。

過去問題集がありますので、必ず目を通し、どのような問題が出題されるのかを理解しておきましょう。

受験前になってくると、実際に過去問題を解いていきます。

同じようなパターンの問題を解くことで、演習量を増やし、傾向対策を行っていきましょう。


大学受験は情報収集段階から勝負が始まっています

トライのHP内でも、随時受験情報は掲載しておりますので、是非チェックしてみてください!


■受験情報

https://www.trygroup.co.jp/exam/uni/

このページのトップに戻る

前のページ

高知県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら