教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



いよいよ、センター試験の本番まで残り数日となりました。

センター受験生にとっては、焦りや不安が大きくなってくる時期だと思います。


そこで今回は

そんな直前期に役立つ過ごし方をご紹介します!


ここで大切なことは以下の3つ。


①脳を適度に休ませ、本番に向けてコンディションをベストに持っていく

勉強量は通常の7割程度に抑え、脳の疲労を回復させていきましょう。

勉強内容としては、新しいことに取り組むのではなく

少し頑張れば埋められる苦手の穴や、計算、暗記物など

ストレートに点数アップにつなげられるものを中心にやっていきましょう。

そうすることで

本番に向けての自信にもつながっていきますよ!


②過去問をセンター本番の時間割と同じ時間帯に解き、本番を体感する

受験本番に強くなるには、「慣れ」も重要な要素です。

そのため、受験本番と同じタイムスケジュールで過去問を解くことで

本番の集中力や疲労感の感覚、時間配分などを

できるだけ疑似体験して脳や身体に慣れさせていきましょう。


③最後まで生活リズムをキープし、適度なリフレッシュの時間も大切にする

受験本番を意識し、本番と同じ時間帯での早寝早起きをこころがけましょう。

そうすることで体内時計がその時間に慣れ、脳の働きが活性化されます!

特に、起床時間は絶対に変えないようにしましょう。

疲れがたまっているときは多く眠っても大丈夫ですが

その場合は遅く起きるのではなく、早く眠るようにしましょう。


また、ずっと同じ部屋にこもって勉強していても

永遠に集中力は続きません。


①にも書きましたが、脳を休めて効率の良い勉強をするためにも

友達と話をしたり、外にご飯に行ったり、好きな音楽を聴いたり

ときにはリフレッシュをする時間も大切にしてみて下さいね。


いかがでしたか?


①から③まで実行できることが理想ですが

この時期の無理は禁物。


理想を求めすぎて体調を崩してしまっては元も子もないので

体調管理を何よりも大切にしてくださいね!


センター受験生の皆さんが良い結果を残せるよう

トライ一同、応援しています!


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る


年が明け、受験生にとっては本格的な受験シーズンが始まりました。


特に、大学受験生にとっては

センター試験が目前に迫ってきていますね。


直前期になると

突然自信をなくしてしまったり、

何をしたら良いのかわからなくなってしまったり、

焦りやすくなってきます。


そこで今回は

そんな受験生に向けて、直前期の勉強法をお伝えします!



直前期で一番大切なことは

「今までの復習を中心に、アウトプットを繰り返していくこと!」


直前期に新しいことに取り組んでも

時間的、精神的にも十分な余裕が持てず

中途半端に終わってしまうことが少なくありません。


たとえば、残り1ヶ月で1冊の新しい問題集を

絶対に2周する余裕や覚悟があるのならまた別ですが

基本的にオススメはしていません。


新しいことに取り組むのなら

理科社会の暗記科目に集中しましょう!


暗記科目以外の科目で新しいことに挑戦してみて

それが中途半端なものに終わってしまったとき

「直前なのに終わらせることが出来なかった」という新たな焦りや不安を生むことにつながり

これまで積み上げてきたものに対しても自信をなくしてしまいやすくなるからです。


それよりも大切なことは

これまでの勉強の確認をかねて

過去問演習を繰り返し、苦手はひとつずつ潰していくこと。


これは、勉強してきた知識を自分のものにしていくことにつながります。



また、間違えることは悪いことではありません。

入試本番に失敗しないために

自分の落とし穴に気づくための機会です。


問題を間違えたときにも

焦らず、間違えた分野の参考書や教科書を読んで

基礎をその都度確認し、自分の中に吸収していきましょう。


それを繰り返していくことで

合格へと一歩ずつ近づいていけます!



最後にもうひとつ。


過去問を解く時には

本番と同じスケジュールで解いてみることをオススメします。


そうすることで

問題を解く感覚や集中力などを知ることが出来ます。

体や脳に本番のスケジュールをなじませていきましょう。


以下は神奈川県の公立高校入試、センター試験の昨年度までのタイムスケジュールです。

ぜひ、参考にしてみてください。


【神奈川県の公立高校入試タイムスケジュール】

9:20~10:10 英語(リスニング含む)

10:25~11:15 国語

11:30~12:20 数学

13:10~14:00 理科

14:15~15:05 社会



【センター試験タイムスケジュール】※受験科目数によって異なります

《1日目》

9:20~11:40 (2科目受験) 地理・歴史・公民

10:40~11:40 (1科目受験) 地理・歴史・公民

13:00~14:20 国語

15:10~16:30 外国語

17:10~18:10 リスニング ※英語のみ

《2日目》

9:30~10:30 理科①

11:20~12:20 理科①

13:40~14:40 数学②

15:30~17:40 (2科目受験) 理科②

16:40~17:40 (1科目受験) 理科②




頑張る受験生をトライは応援しています。


ラストスパートをかけて

合格まで走り抜けましょう!


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

2019年1月11日

内申点upの秘訣


学年末のこの時期

内申点が上がらずに苦戦している方も多いのではないでしょうか。


特に中2生については

中2の後期または3学期から入試に関係してくるため

気になってくる方も多いと思います。


内申点で一番大きな影響を与えるのは

やはり定期テスト。


ですが、

定期テスト対策については以前もこのブログで触れたため

今回はそれ以外の重要な要素となる

提出物と授業内の課題について書いていきたいと思います。


提出物や授業内の課題は軽く見られがちですが

内申点において意外と重要な項目になっています。


たとえば

内申点が4よりの3のとき

提出物を出した加点によって、評定が4に上がる可能性が出てきます。


もしかするとそれはぎりぎりの4かもしれませんが、

そのわずかな加点によって評定をひとつ上げられるということ!


また、提出物は期限内に出すことが大前提ですが

もしも忘れてしまっても、

必ず提出はするようにしましょう。



当たり前のことかもしれませんが

提出物は出さないよりも出したほうがきちんと評価がつきます。


内申点は提出物と授業内の課題だけで決まるわけではありませんが

逆に言えば定期テストの結果だけで決まるわけでもありません。


たかが提出物、されど提出物。


一つひとつの提出物の機会を大切にして

内申点upを目指しましょう!




家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

2019年1月4日

新年の目標の立て方


あけましておめでとうございます!

本年もトライを宜しくお願いいたします。


皆さんはどのように新年を迎えることが出来ましたか?



今日は、年はじめということで

「新年の目標の立て方のコツ」についてご紹介いたします。



新年の目標を立てる上で大切なことは3つ!



①新年達成したいこと、やりたいことを紙に自由に書き出す


頭の中でただ考えているよりも

紙に書き出して目に見えるかたちにすることで

脳が活性化されて頭が整理されるという研究結果があります。


大きなことから小さなことまで

自分がやりたいことを何でも書いてみてください。



②小さな目標と大きな目標の両方を立てる

大きな目標があるときは

そのために必要なスモールステップの小さな目標を立てましょう。


目標が大きすぎると

途中で見失ってしまったりやる気がなくなって挫折してしまったりします。


大きな目標達成のためには

モチベーションの鍵となる「小さな成功」が不可欠。


たとえば、大きな目標が「志望校合格!」だとします。

そのために必要な小さな目標は人によって異なりますが

たとえば

・毎日勉強する習慣をつける

・テストで○○点取る

・単語を○○個覚える


など、少し頑張れば達成できそうなものをいくつか挙げてみましょう。


チェックリストにして

達成できたら二重線で消すなど

目に見えるかたちで「できた!」を積み重ねていくと

より達成感を得ることが出来ます。



また、大きな目標の間に

小さな目標や自分へのご褒美を用意するのも効果的です!




③小さな目標の中身は具体的なものにする


先ほどもいくつか例を挙げましたが

小さな目標は出来るだけ具体的なものにすると

自分の「やりたいこと」を達成するために行う「やるべきこと」が見えてきます。


計画は予定通りには行かないことの方が多いですが

ダラダラと目標達成を先延ばしにしないためにも

「この日までにこれは終わらせる」とある程度の期日を決めることをオススメします。


あまりいきなりハードルを上げようとせず

自分が達成できそうな分量や時間で小さな目標を立てていきましょう!




これらの目標の立て方は

新年の目標に限らずすべての目標にも通じる部分があると思います。



ぜひ、新年の目標を立てて

充実した2019年を過ごしていきましょう!




家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

2018年12月25日

苦手克服の秘訣


こんにちは。家庭教師のトライ神奈川校です。



今回は、

苦手克服の秘訣についてお伝えします。


苦手なものからは

誰でも目をそらしがち。


苦手なものをそのままにしていくと

わからないところが増えていって

わからないところがわからなくなっていってしまいます。



そうなってしまったときに大切なことは、以下の3つ。


①自分の苦手を知る

苦手を潰そうと思っても

まずは、自分の苦手を知らなければ手の付けどころがわからないままです。


テストや模試など、幅広い範囲の問題を解きなおしてみて

自分がわからないところをはっきりさせることから始めましょう。




②基礎固めを徹底する


わからないところが見つかったら

その分野を重点的に解ける問題集を解いて

苦手をひとつずつ潰していきましょう。


いきなり難しい問題に挑戦するのではなく

まずは基礎的な問題から解いていって

基礎的な問題は完璧に解けるようにしましょう。

この基礎固めのときに大切なのは

「参考書・問題集選び」です。



問題集選びのポイントは3点!

・基礎問題が集められた問題集

・問題集の厚さが厚すぎず、比較的厚さが薄い問題集

・解答解説が詳しく書かれている問題集



基礎固めに必要なのは

演習です。


さまざまな問題が幅広く掲載されている問題集よりも

基礎を繰り返し確認できる問題集を選ぶと良いでしょう。


また、問題集は厚すぎないほうが最後まで一周しやすく

途中で挫折することを防げるため

モチベーションの維持向上につながります。


苦手科目・苦手分野だからこそ

解答解説が詳しいものを選びましょう。


自分なりにわかりやすいと思えるものでかまいません。




購入する前に解答解説に目を通して

その解説で自分自身が理解しやすいか、理解できるかを確認してみてください。



以上のように、苦手克服のためには

自分自身の苦手を知り、基礎となる土台づくりをすることが要となってきます。



今日ご紹介したことを参考にしながら

少しずつ苦手克服をしていきましょう!





さて、トライは12月28日~1月3日の間

年末年始のため、休業とさせていただきます。


毎月更新してきたこのブログも今年はこれが最後となります。

本年も大変お世話になりました。

皆様もどうぞ良いお年をお迎えください





家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る


いよいよ、冬休みも目前になってきましたね。


寒い日が続いていますが、体調は崩されていませんか?



年末年始を挟む冬休みはどうしてもダラダラしがち。

でも、そんな冬休みこそ

順調な新年を迎えるための大切な準備期間なのです。



今日は、敢えて「受験生ではない中1・2年生」に向けて

オススメの冬休みの過ごし方をお伝えします!



①生活習慣を崩さない


冬休みはどうしても普段とは少し違う生活の影響で生活習慣が乱れがちになります。

年越しなどもあり、ついつい自分を甘やかしやすくなってしまいますが

生活習慣を一度乱してしまうと

年明けに学校が始まった時、規則正しい生活リズムに戻るのが大変になってしまいます。


ある程度のお楽しみがあることも大切ですが

好調な新学期をスタートさせるためにも

毎日の就寝時間・起床時間は最低限一定に保つようにしましょう!




②冬休みの宿題は早めに終わらせる


冬休みの宿題が出される学校も多いかと思います。


生活習慣同様、冬休みの宿題もダラダラと取り組みがちになってしまいますが

時間に余裕のある冬休みこそ

宿題は早めに終わらせてしまいましょう!


遅くとも冬休みが始まって一週間以内には

終わらせてしまうことをお勧めします。


そして、あまった時間は

これまでの復習やこれからの予習に充てると

年明けに良いスタートダッシュが切れますよ!



③今までの苦手を克服!


先ほども少し書きましたが

宿題を早めに終わらせられた場合や時間に余裕のあるときは

「苦手克服」に取り組んでおくと

年明けからの授業にスムーズに参加しやすくなります。


新しいことに取り組もうとしなくても大丈夫です!


これまで解いてきた問題集の中で苦手な分野の問題を解きなおしたり

その分野の教科書を読み直したり

「復習」を意識してみましょう。


苦手な部分がわからないときは

これまでの定期テストを解きなおすのも効果的です。



普段より時間のある冬休みだからこそ

あとまわししがちな苦手に向き合い

基礎から少しずつ克服していきましょう!




せっかくの冬休み。

遊びも勉強も両立させて

年明けからのスタートに備えていきましょう!!


家庭教師のトライ

このページのトップに戻る

センター試験まであと1カ月と少しとなりました。



寒さが厳しくなってくるこの時期は

追い込みも大切ですが

追い込みすぎて体調を崩してしまっては本末転倒。


本来の力が発揮できません。



まずは自分の体調管理を第一にして

本番に向けて調子を整えていきましょう。



そこで今回は

「体調を崩さないコツ」についてお伝えします!




(1)「早寝早起き」を心掛ける

「今更こんなこと・・・」と思われるかもしれませんが、

生活リズムを整えることは体調管理の基本原則です。


たとえ毎日たっぷり睡眠をとることは難しくても

最低でも6時間は決められた時間に寝て起きるだけでも

生活リズムが整えられて頭もすっきりしますよ!




(2)手洗い・うがいを徹底する

受験シーズンは、毎年

インフルエンザやノロウイルスが流行します。


インフルエンザは

空気中に舞うウイルスを吸い込むことで感染する飛沫感染、

ノロウイルスは

ウイルスが付着した手で口や鼻を触ることによって起こる接触感染を感染経路とします。

ドアノブを介して感染することもあります。


そんな感染を防ぐためにも

うがい手洗いを徹底することが大切です。


また、予防接種を受けるのも有効ですよ!




(3)脳と心がゆっくりできる時間をつくる


体調を崩さないために意外と重要なのは

あえてゆっくりする時間を作ること。


ずっと勉強をしていると

頭が疲れ、心も疲れやすくなってきます。


人は誰でも、心身が疲れやすくなってくると

免疫力が下がり

体調を崩しやすくなります。



お風呂に長めに入ってあたたまるだけでも良いので

意識して体を休める時間をつくって

免疫力を低下させないようにしましょう。




いかがでしたか?


一見当たり前のことのように見えますが

それらを実際に実行したり改善したりするのは簡単ではありません。


関東もこれからますます寒くなっていき

受験も近づいていきます。



受験を大成功に収めるために

ぜひ一度、生活習慣を見直してみてくださいね!



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

こんにちは。

家庭教師のトライ神奈川校です。



12月も中盤になり

受験までもうすぐ、という時期になってきましたね。


そんな今日は

12月のこの時期に特に【中学受験生】がやるべきことについて

ご紹介します!






1. 勉強の仕方


この時期にやるべきことは

やればやっただけ素直に点数に結びつく分野に力を入れることです。


苦手を克服しようと努力をすることも大切ですが

苦手なことに引っ張られすぎず

得意なことを伸ばして「ここだけは落とさない!」といえるくらい

自分の中の得点源を確実なものにしていきましょう。


そうすることで

自信がつき、入試本番でも実力が発揮しやすくなります。



また、国語の語彙や漢字、理科社会の暗記は

算数や国語の読解と比べると

点数に結びつきやすい分野です。



これらは一気にまとめて覚えようとするよりも

毎日少しずつでも良いので

日々積み重ねていくことが何よりも大切です。


一週間にまとめて2時間半勉強するよりも

毎日20分勉強するほうが記憶に残りやすいといわれています。


これらの分野は毎日コツコツ学習することを意識してみてくださいね。





2. モチベーションの保ち方


この時期は、受験を直前に控え

精神的にも追い込まれやすくなっています。

プレッシャーを感じてしまう受験生も多いのではないでしょうか。




そんな時は、少し先の将来に目を向けて

来年の目標を立ててみましょう。



受験は、ゴールではなく

中学・高校生活のスタート地点です。



小さな目標でも大丈夫です。

受験後の自分が想像できると「そのために頑張りたい!」など

受験合格のための新たな目標を発見することがあります。


志望校に合格した後の自分自身を想像し

「こんな部活に入りたい」「こんなことがしたい」など

受験後の生活を思い描いてみましょう。




入試本番が近づくにつれ、

受験生本人はもちろん、保護者の方も緊張してくるかと思います。


適度な緊張感を持つことは大切ですが

心身が入試本番前に疲れきってしまったら本末転倒です。


時には将来のビジョンを思い描き、

少しでも体調が悪いと思ったら思い切って休むなど

ご自身の心と体を大切にしてくださいね!



トライは受験生を応援しています。


入試まで走り抜けましょう!





家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

冬休みまで残りわずかとなりました。


冬休みは年末年始を挟むこともあり

あっという間に終わってしまいます。


時間があるようでない冬休み。


「今までの復習をしておいた方が良い気がするけど

何から手をつけたら良いのかわからない…」


「そもそもわからないところがわからない…」


という声をよく聞きます。




それらの声にお答えするべく

トライでは毎年、完全マンツーマン&オーダーメイドカリキュラムの授業で

冬季講習を行います!



また、完全1:1の授業だけでなく

トライではTry ITという映像授業があります。


Try ITは単元ごとに短く映像にまとめられているので

これを活用することで

授業のない日も自己学習を充実させることができます。



たとえば

Try ITで観てわからなかったところを次回の授業で解説したり


Try ITで授業の予習・復習をしたり


授業とTry ITを組み合わせて活用することで

冬季講習での学習をより実のあるものにできます。


また、1つの映像が15分前後と短いため

気軽に冬休み前までの総復習も可能です!



ちなみに、Try ITはトライの会員でない方でも

誰でも簡単に視聴することが出来ます。


ぜひ、すきま時間を活用して気軽に勉強したいときなど

Try ITと検索してみてくださいね!




冬休みの勉強に迷っている方

春からの新学期に向けて先取りしたい方


トライと一緒に頑張ってみませんか?



トライ神奈川校では随時学習相談を承っています。


まずは一度、お気軽にご連絡くださいね!




家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

2018年12月11日

成績保証で成績up!


こんにちは。

今年は例年に比べて寒くなる時期が遅く、

冬を感じる日が少ない日々が続いていますね。


それぞれの学年も少しずつ

年内のまとめの時期になってくるころかと思います。



「塾に通っているけどなかなか成績が上がらない…」

「授業についていけない…」

「勉強が苦手だけどどこが苦手なのかわからない…」


冬休みが近づいている今の時期は特に

そんなことを感じている方も多いのではないでしょうか?



トライでは

そのような声にお応えするため

成績保証キャンペーン」を実施しています!


成績保証とは

その名の通りトライがお子さまの成績を保証するコースです。


講師とのマンツーマン授業、

完全オーダーメイドのカリキュラムで

定期テストの点数アップをトライは保証します!




また、受験生には

「プロの逆転合格コース」もご用意しています!



受験まであと約50日だからこそ

指導経験・合格実績豊富な講師陣と

オーダーメイドのオリジナルカリキュラムで

逆転合格を目指しませんか?


また、トライでは

先生と生徒の1対1の関係を大切にしているだけではなく

地域の学校情報に精通した教育プランナーがご家庭と講師と仲介役となり

日々の学習相談や志望校のアドバイスを行っていきます。



年明けのスタートダッシュのために

50日後の受験本番のために

トライは全力で応援しています!


ぜひ、お気軽にお問い合わせください。




家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

前のページ

神奈川県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


-->