教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。




今回は中学受験に向け勉強を進める上での3つのポイントをお伝えします。


① 過去問を使った勉強法

秋は、過去問を使用した勉強が重要となってきます。

この時期になると、第一志望の過去問は一通り一周し

毎年出題される分野の中で不得意な部分を見直し始める人が多いのが特徴です。


過去問を解く時には、ただ解いて終わりにするのではなく

どこでつまずいているのかを分析していくことが重要です。

また、秋は苦手なところを潰す事も大切ですが

そうしていると気分も落ち込みがちになってきてしまいます。


それを防ぐためにも

自分が確実に出来る分野を正答することに力をいれて勉強することが大切です!




② 生活リズムを朝型に切り替える

ほとんどの学校の試験は朝8時から9時に始まります。

ついつい夜遅くまでだらだらと起きてしまいがちになりますが

「受験期こそ」夜遅くまで勉強をするのではなく、

朝早く起きて簡単な計算練習などを行うなど

夜の勉強を朝方に切り替えていきましょう。

少しの演習をするだけでも頭の回転が速くなりますよ!



② 優先順位を決めて勉強をする

この時期は気持ちばかりが先走り、肝心の勉強の中身がいい加減になってしまいがちです。

何もかもにやみくもに手を出すのではなく、一呼吸おいて

「まず何をやらなくてはいけないのか」やるべきことの優先順位を決める必要があります。

特に、志望校の出題傾向に合わせて

自分の中で確実に点につなげられる分野を優先的に取り組んでいくことが重要です。


入試までの時間が限られている今だからこそ

やるべきことを絞って集中的に勉強していきましょう!




家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る


そろそろ、高校受験・大学受験ともに

推薦入試の本番が近づいてきましたね。


11月が入試当日という方も多いのではないでしょうか。



そこで今回は

推薦入試の直前期の過ごし方についてご紹介します!



推薦入試の携帯は学校によってさまざまですが

ここでは特に推薦入試で出されやすい【小論文】【面接・ディスカッション】を中心に

お話ししていきます。


入試直前期に大切なのは

以下の3つ。


①体調管理

②学校までの下調べ・持ち物チェック

③面接最終チェック



①体調管理

直前期はとにかく体調を崩さないよう

食事をしっかり摂り、規則正しい生活を心がけましょう。

前日は眠れない事もあるかもしれませんが、横になるだけでも体を休めることができます。

直前期こそ、無理せず体調管理を行うよう意識しましょう。



②学校までの下調べ・持ち物チェック

試験当日に初めて会場に行く、という事態を避けるため

できるだけ事前に受験会場までのルートを確認しておくようにしましょう。


・ バスの乗り場がわからず混乱する

・ 受験会場の最寄り駅で降りてから道に迷う

・ 電車の種類を間違える

など、これらのミスは実は受験生に良く起きています。


これらを防ぐためにも

事前のルート確認を心がけましょう。



③面接最終チェック

面接は、やればやるほど言葉が出てくるようになりますし

ディスカッションは慣れてくるようになります。


自己PRの時間があるのであれば

その時に言いたい事を最終確認するようにしましょう。

この時に、セリフの丸暗記のようにするのではなく

言いたいことのポイントのみを覚えておくことが大切です。


そうすることで

万が一文章のすべてが思い出せなくても

本番で不自然になりにくく、本当に言いたい事を

自然に伝えられるようになりますよ!


実際に口に出すことで

伝えたい事がすらすらと言えるようにもなります。


周りの人に相手をしてもらいながら

伝えたい事の最終チェックをしてみてくださいね。


学校の先生や友達に相手をしてもらうのも有効です。



以上が直前期の過ごし方のポイントになります。


直前期だからこそ、ある程度心に余裕を持つよう

意識して過ごしてみてくださいね!



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る


神奈川県内には、国公私立合わせて50校以上の大学があります。


前回も少し書きましたが、

秋は学祭・説明会シーズンです。


そこで今回は、11月の神奈川県内の主な大学の秋の高校生向けイベントについて

一覧でご紹介します!


≪国公立≫

【神奈川県立保健福祉大学】

学祭:2018年11月4日(日)


【横浜市立大学】

学祭:2018年11月3日(土)~4日(日)

Yokohama Medical Festival 2018(看護・医学部):2018年11月10日(土)~11日(日)


【横浜国立大学】

学祭:2018年11月3日(土)~4日(日)


≪私立≫

【神奈川大学】学祭:2018年11月3日(土)~4日(日)

【関東学院】学祭:2018年11月3日(土)~4日(日)

【北里大学】学祭:2018年11月3日(土)~4日(日)

【専修大学】学祭:2018年11月1日(木)~4日(日)

【明治学院大学】学祭:2018年11月1日(木)~3日(土)

【明治大学】学祭:2018年11月2日(金)~4日(日)



ここに挙げたものはほんの一部です。

大学は、実際に足を運んでみないとわからない学校のカラーがそれぞれにあります。


他にもたくさんの大学が神奈川にはあるので

気になる大学にはどんどん出かけてみてくださいね!



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る


すっかり涼しくなり、受験までもうひと踏ん張りの季節になりましたね。

そんな今日は、秋の受験勉強についてご紹介します!


秋は、志望校絞り込みの時期。



勉強次第で実力はまだまだ伸びる時期ではありますが

志望校の絞り込みには

模試の活用が有効です。


模試の志望校登録では

本命の志望校のほか、できるだけ幅広いランクの学校を登録することで

自分の現在の立ち位置を把握することに役立ちます。



以前も夏にご紹介しましたが

模試は受けたら受けっぱなしではなく

『復習』をすることが何よりも大切です!


自分のできなかったところを解き直し

その分野の問題を復習することで実力アップにつながります。



また、秋は文化祭や説明会などが盛んに行われる時期です。


学校は偏差値だけではありません。

気になる学校は積極的に出向き

雰囲気を自分自身で感じ取ってみてくださいね。



秋はまだまだ伸びる時期。

時々息抜きもしながら、演習と苦手潰しを繰り返して

実力を伸ばしていってくださいね!


応援しています。



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

こんにちは、家庭教師のトライ神奈川校です。

早いものでもう年末を意識し始める季節となりました。


そんな今日は

首都圏のトライ恒例冬合宿のご案内をします!


トライでは以下の合宿プログラムを実施しています。

【トライ式勉強合宿】

日時:2018年12月26日(水)~12月29日(土) 3泊4日

場所:新横浜プリンスホテル

対象:小6・中2・中3・高2・高3・高卒生


【医学部・難関大勉強合宿】

日時:2018年12月26日(水)~12月30日(日) 4泊5日

場所:グランドプリンス新高輪(東京都)

対象:中1~浪人生


【年末年始特訓<合宿コース>】

日時:2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木) 4泊5日

場所:グランドプリンス新高輪(東京都)

対象:小4~高3・高卒生


【年末年始特訓<教室通学コース>】※合宿ではありません

日時:2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)

開校時間:9:00~18:00 自習し放題

場所:個別教室のトライ教室 横浜本校ほか

対象:小4~高3・高卒生


【プログラミング合宿】

日時:2018年12月26日(水)~12月28日(金) 2泊3日

場所:オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県)

対象:小3~中3


どのプログラムも

冬休みの時間の余裕を生かして時間を有効活用できるように組まれています。


集団授業はもちろん、

マンツーマンの個別指導や自習の時間も多く設けているので

冬休みや年末年始の時間を無駄にしたくないという方にぴったり!


お申し込みは

2018年11月30日(金)までです!


一流の講師陣と切磋琢磨できる仲間とともに

今年の冬を過ごしませんか?


それぞれのプログラムの詳細については

お気軽に神奈川校までお問い合わせくださいね。


トライ一同、お待ちしています!


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

こんにちは!

今回は、特に小中学生のいらっしゃるご家庭からご質問いただく

『学習習慣のつけ方』についてご紹介します!


机に向かってもなかなかはかどらない…

そもそも机に向かえない…

そんな悩みを抱えているご家庭も多いかと思います。

学習習慣を付けるためのポイントは2つ。


①学習環境を整える

せっかく勉強しようと思っても、自分の周りにスマホやテレビ、ゲームなどがあると

どうしてもそちらに気を取られてしまいがち。

はじめは短時間でも良いので、「この時間はスマホを触らない、テレビを観ない」

という勉強するための時間を決めるようにしましょう。

また、環境という面では

「夜間にきちんと睡眠をとる」ことも大切です。


決められた時間に寝起きをすることで

自律神経のバランスが保たれ、

脳の働きも良くなります。

その中でも成長ホルモンは午後10時と午前2時に多く分泌されると言われています。

一見成長と勉強は関係なさそうに思えますが、

実は脳の働きに大きな影響を与えているのです。


特に成長期の小中学生は

その時間は眠るよう、生活リズムを見直してみてくださいね。


②「できること」を積み重ねる


勉強習慣を付けるための大切なものとして

「やる気」もその要素の一つです。

やりたいと思えないものを毎日やることは

誰にとっても辛いもの。


逆に「できた!」という達成感や褒められた経験は

喜びになり、やる気に繋がっていきます。


問題の難易度や時間の長さはあとから延ばして行けます。

まずは、「やってみても良いかな」と思えるよう

小さなゴールを設定して少しずつ

成功体験を積み重ねていきましょう!


また、トライでは随時無料の学習相談も承っています。

お気軽にお問い合わせくださいね!


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

今回は、まとめ編として

科目に限らずセンター試験対策全般に言えることをご紹介します!


センター試験で求められるのは

それぞれの科目の「基礎力」です!


ひねった難題が無い分

基礎力がどれほど定着しているかがセンター成功のカギになります。


とはいっても

過去問をみるとその年によって難易度も多少変わっています。


得点が安定しないときは焦ってしまうこともあるかと思います。

そんな時は「何割取れたか」ではなく

「どこをなぜ間違えたのか」に注目してみてください。


そうして分析をし、苦手分野をひとつずつ潰していくこと。

一見、地道なように思えますが、

実はこの積み重ねが得点へと結び付く一番の近道になります。


間違えた経験は次の得点につながるチャンス。


ぜひ、一つずつ向き合ってみてくださいね。


また、トライでは

随時学習相談や苦手克服のためのカリキュラムをご用意しています。

ぜひ、お気軽にご相談ください。


応援しています!



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

前回に引き続き、センター対策をご紹介します。

最後は、英語です!


○スピードを上げる

センター試験英語の特徴は、数学同様、問題数が多いことです。

そのため、求められる力はスピードです。

とはいえ、スピードだけあって正確性を欠いてしまっては意味がありません。


センターは、難しい単語が出てこないかわりに

基礎力や語彙力の定着が正答率を上げる鍵になります。

特に長文は早く正確に英語を理解することが必要になります。


そのために必要なのは、

接続詞に着目し、特に逆接や否定語に気を付けるということ。

接続詞が文章の流れを作っているので、

接続詞があるときにはまるで囲むなど

あとで文章を見返した時にすぐわかるようにしておきましょう。


全部の単語がわからなくても

接続詞やまわりの単語の意味が拾えるだけでも

文章の大まかな意味がわかることも多くあります。


また、「ゆっくりやれば解けるのに、時間が迫ってくると焦って長文が読めない…」

という方はいませんか?


そのような場合は

「長文から解いていく」という方法もオススメです。

1から順番に解いていくのではなく

自分が解きやすいものから解いていくことも

時短のための大切なテクニックになります。


ご自身にとって一番解きやすい方法を

工夫してみてくださいね。



次回は、センター試験対策のまとめ編をご紹介します!



家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

前回に引き続き、センター対策をご紹介します。

今回は、国語。


○正確に速く読む

センター国語の特徴は文章量が多いこと。

問題文だけではなく、選択肢の文章も長いのが特徴です。


まずはその分量に慣れるために

問題を「正確に・速く」読む練習をしてください。


特に、評論文は堅いテーマが多いため

センターに出てくる文章の種類に慣れる事も大切です。


○根拠を探す

次に大切なことは、解答の根拠を明らかにすること!


過去問や問題集で演習する場合、

なんとなくで選ぶのではなく「なぜこの解答になるのか」を考えるようにしましょう。


特に国語は、消去法で解答するとやりやすい場合が多くあります.

「この選択肢のこの部分が違う」など、

間違っている部分・合っている部分にそれぞれ線を引き

解答の根拠を明らかにする癖をつけるとわかりやすくなります。


文章が長くて心が折れるときもあるかもしれませんが

文章量はたくさん読めば読むほど慣れていきます!

あきらめずにコツコツ演習量を増やしていってくださいね。



次回はセンター試験対策【英語編】をお届けします。


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

先月からは定期テスト対策を中心に勉強法を紹介しましたが、

秋まっただ中ということで

今日からは大学受験生を対象にセンター試験の対策を

英数国の三科目を科目別に紹介していきます!

まずは、数学。


センター試験の数学は

問題そのものの難易度というよりは、その制限時間に厳しさがあります


奇問は出題されませんが、

その分問題量が多いのが、センター試験数学の特徴です。

試験本番では、ゆっくり丁寧に計算を進める時間も、

ゆっくり答えを見直す時間もありません。


だからこそ、計算スピードの正確性と速さが求められるのです。

ここでは3つのセンター数学時短テクニックをご紹介します。


①図はフリーハンドで大きく丁寧に

②途中式はきれいに残しておく

③与えられた情報を書き起こして整理する


この3点に共通するのは、「答えを出すまでの過程を大切に残しておく」ということです。


丁寧に解くことで答えに正確性が増し、

だんだんとスピードアップにもつながっていきます。


数学が苦手な方は、

時間のスピードアップよりも、まず基礎を固めて「正確に解く」ことを意識してみてくださいね。



次回はセンター試験対策【国語編】をお届けします!


家庭教師のトライ 神奈川校

このページのトップに戻る

前のページ

神奈川県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT