教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、大学入学共通テストの数学のポイントについて、お伝えしていきたいと思います。


今年は初めての共通テストということで、不安に思っている受験生の方も多いのではないでしょうか。

共通テストを知り、適切な対策を行っていきましょう!



〇試験時間の延長

センター試験では、数ⅠA、数ⅡBともに各60分の試験時間でした。

共通テストでは、各70分に延長されています。

とはいえ、油断は禁物。時間が延長されたということは、その分時間を必要とする問題が出題されるということ。

また、より集中力も必要になります。

長時間集中できるように、練習を重ねましょう。



〇思考問題の増加

センター試験では、公式をそのまま使う問題や、頻出パターンの問題が多く出されていました。

共通テストでは一転して、思考力を問う問題が多く出されます。

問題文が長いものもあり、読解力状況整理力が必要となります。


特に状況さえ整理してしまえば基礎的な知識で解ける問題もあり、焦らず落ち着いて解くことが大切です。



以上の点から、共通テストに向かってはパターンの丸暗記ではなく、各単元の理解をしっかり深めておくことが大切だといえます。

早いうちから、時間をかけて取り組みましょう。



初めての共通テスト、不安なことも多いかと思います。

トライでは、無料の学習相談も行っております。

効率良く対策をしたい、自分の苦手を知り正しい勉強法を知りたい、自分に合わせたカリキュラムがほしい、という方は

ぜひ家庭教師のトライへお問い合わせください↓

お問合せはこちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ 大分校です。

本日は、AIタブレット中学版の、入試対策モードについてお伝えします。


中学版のタブレットには、全部で4つのモードがあります。

その中で、最後に使用するのが入試対策モードです。


中学3年生の秋ごろリリースされるこのモードでは、厳選された過去問演習を行うことができます。

志望校合格に向けて、ラストスパートをかけるためのモードです。

つまり、今の時期から取り組むのにぴったりのモードということ!


入試対策モードのポイントは大きく4つ。


志望校のレベルに応じて出題内容をカスタマイズ

②厳選された入試頻出問題の反復演習が可能

理解度に応じて問題の仕分けをし、復習が可能

④復習が必要な問題だけを直前に見直すことで、効率良く得点力アップ


実践的な過去問演習に取り組むことで、入試本番での得点力を大幅に高めます。

効率良く入試対策をして、最短ルートで合格を目指しましょう!


AIタブレットを使ってみたい! 自分に必要な問題だけ解いて対策したい!という方はぜひ、こちらからお問合せください。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、同じ問題を繰り返し解くことの大切さについて、お伝えしたいと思います。


定期テスト前になると、提出物としてワークを解くことになると思います。

そのときになると、学校の先生からこんなことを言われませんか?

「テスト範囲のワークは最低3回繰り返し解くようにしましょう」と……


これを聞いて、どう思いますか?

そんなのやる時間ないよ、めんどくさいし……そもそも同じ問題を何回もやって意味あるの?と思うかもしれません。


しかし、実はこれ、とても重要なことなのです。

以前のブログでもお伝えしましたが、1回やっただけだとテスト当日には最初の方は忘れてしまっています。

人間は復習をしなければ、1週間後にはほとんど何も覚えていないということが科学的に証明されていますし、例え数日間であっても復習を怠ると記憶があいまいな状態に。

やったはずなのにテストの時には思い出せない、なんてことになってしまいます。


でもそんなに何回も解いてたら答えを覚えてしまうし……という不安があるかもしれません。

しかし、数学や理科の計算問題は、答えを導く過程を覚えることで、できるようになります。

ましてや社会などの暗記科目は、答えを覚えることが勉強の目的。

ただ用語を眺めて覚えるより、問題を解きながらの方がきっと、頭にも入りやすいはずです。


ただし、特に数学などは丸暗記にならないように注意!

途中式で分からない部分があれば、1回目に解いたときに質問するなどして解決しておきましょう。



勉強に限らず、定着させるためには繰り返し解くことが不可欠

答えを全て覚えるくらいの意気込みで、取り組みましょう!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、AIタブレットのモードの一つである、定期テスト対策モードの活用方法について、お伝えしたいと思います。



①まず、分かった時点で定期テスト期間を入力しよう!

AIタブレットは、定期テスト期間を入力しておけば、3週間前に自動で定期テストモードに切り替わります。

学期の始めに予定表が配られたり、発表があったりしたらすぐに、定期テスト期間を入力しておきましょう。

そうすることで、早くから余裕を持った対策ができるようになります。



②定期テストの範囲を早めに入力しよう!

AIタブレットには、自分が使っている教科書を登録していると思います。そのどこのページが今回のテストの範囲なのか、入力しましょう。

しかし、範囲表が学校から配られるのは1週間前であることがほとんどです。

そのため、習っている範囲から大まかに予測して、定期テストモードに切り替わったらすぐ、範囲も入力してしまいましょう



③テスト前チェックに取り組もう!

教科ごとに、テスト範囲のオリジナル4択問題(テスト前チェック)に取り組みましょう。

理解度が☆1~☆3で表示されます。

まずは自分がどこができていないのかを、しっかりと把握しましょう



④映像授業や要点まとめ、またはテスト対策問題に取り組もう!

☆1の苦手な箇所は映像授業を見て、もう一度学習してみましょう。ピンポイントにおさらいすることができます。

映像授業を見終えたら、テスト対策問題に取り組み、実際に問題演習を行ってください。

☆2のだいたいはわかっているかな、という箇所は、一度要点まとめを読んで、細かなところまでを復習してみましょう。

その後は、テスト対策問題に取り組み、問題演習で定着を目指します。

また、☆3のほとんどわかっている箇所は、いきなりテスト対策問題に取り組んでみましょう。



⑤もう一度テスト前チェックに取り組もう!

学習し終えたら、もう一度テスト前チェックに取り組んでみましょう。

☆の数がきっと増えているはずです。

後はテスト本番までに、④~⑤のステップを繰り返すだけ。

全ての項目で、☆3を目指しましょう!


AIタブレットを上手に活用して、成績アップを目指しましょう!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、大学入学共通テストの英語のポイントについて、お伝えしていきたいと思います。



〇センター試験からの変更点

今年は初めての共通テストということで、不安に思っている受験生の方も多いのではないでしょうか。

センター試験との違いを知り、適切な対策を行っていきましょう!



①リスニングの配点が50%に増加

センター試験では、250点満点中の50点がリスニング問題でした。

共通テストでは、200点満点中の100点がリスニング問題です。

特に問題のレベルが上がるということはありませんが、より入念に対策すべきと言えるでしょう。

ただし、成績に利用する際、各大学は自由に配点比率を決めることができますから、

中にはセンター試験と同じ配点比率を採用しているところもあります。

自分の受験する大学の配点を、事前にリサーチしておきましょう。



②リスニング問題の放送回数が減少

センター試験では、全ての問題音声が2回ずつ読まれていました。

共通テストでは、1回のみ読まれる問題もあります

また、聞き取りやすいアメリカ英語やイギリス英語以外の音声が流れる場合もあり、より”実際に使える”ことが意識された問題になっていることがうかがえます。

繰り返し英語音声を聞き、耳を慣らしておくことが大切です。



③長文読解問題の増加

共通テストでは、長文読解の問題数が増加します。

反対になくなったのが、発音・アクセントや語句整序などの単独問題です。

より早く、正確に読む力が問われることになりますから、語彙力をつけることも重要になってきます。

今のうちからしっかりと練習を重ねていきましょう!



以上の変更点から、共通テストではリスニングの対策長文読解の対策が大きな柱になることが言えます。

どちらも早めに、効率よく対策することが重要です。


初めての共通テスト、不安なことも多いかと思います。

トライでは、無料の学習相談も行っております。

効率良く対策をしたい、自分の苦手を知り正しい勉強法を知りたい、自分に合わせたカリキュラムがほしい、という方は

ぜひ家庭教師のトライへお問い合わせください↓

お問合せはこちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、いよいよ迫ってきた県立高校入試の、国語のポイントについてお伝えしたいと思います。



〇問題構成

大分県の入試問題は、5つの大問で構成されています。


出題形式としては、

大問1⇒知識問題

大問2⇒小説の読解

大問3⇒論説文の読解

大問4⇒古文・漢詩の読解

大問5⇒記事の読み取りと作文


となっており、全て国語の基礎知識を問う問題となっています。


大問1の知識問題は、ここ数年で大問として独立した分野です。過去問に取り組み、傾向や難易度を把握しておきましょう。

幅広い知識が必要なため、今のうちから対策することが重要です。


大問2の小説読解は、心情理解が中心です。問題のバリエーションも豊富なので、たくさん解いてパターンを掴みましょう。

大問3の論説文読解は、内容理解が中心です。細部だけでなく、全体を正しく読み取って解く必要があります。


大問4の古典は、読解ももちろんですが基礎知識もしっかりと問われますから、勉強しておく必要があります。

大問5の課題作文は、記述力と同時に資料を正確に読む力が必要です。



〇押さえるべきポイント

大分県の国語の問題は、幅広い知識を必要としています。

漢字の読みと書き取りはもちろん、文法問題の出題も多いです。

大問1以外でも、大問4で和歌や短歌の知識を問われたり、大問2で表現技法について問われたりすることがあります。

まんべんなく学習しておきましょう。



もちろん、読解力もとても大事です。

文章に書かれていることを正確に読み取れるように、練習を繰り返しましょう!



効率良く対策をしたい、自分の苦手を知り正しい勉強法を知りたい、自分に合わせたカリキュラムがほしい、という方は

ぜひ家庭教師のトライへお問い合わせください↓

お問合せはこちら

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、いよいよ迫ってきた県立高校入試の、英語のポイントについてお伝えしたいと思います。


〇問題構成

大分県の入試問題は、5つの大問で構成されています。

出題形式としては、

大問1⇒リスニング問題

大問2⇒比較的短い文と資料の読み取り問題

大問3⇒読解形式の条件英作文

大問4⇒やや長い対話文と資料の読み取り問題

大問5⇒長文読解問題

となっており、ここ数年変わっていません。


量的にも内容的にも標準レベルですが、内容把握力や記述力、語句や文法の知識を全て必要としており、

高得点を取るためには満遍なく勉強することが大切です。



〇押さえるべきポイント

最も大事になってくるのが、英文を読むスピードです。

レベルは標準的ですが、読解問題が計4問あることを考慮すると、ある程度のスピードがないと解き終わりません

演習を繰り返し、まずは長い英文を読むことに慣れましょう。


特に大分県の入試では文法よりも内容理解が重視される傾向があり、解答も記述式が多いです。

この秋の時期から取り組んでおきましょう!


ただし、基礎的な語句、文法の知識を固めることも重要です。

教科書で学習した単語は少々マニアックでも語注なしで用いられますから、そこはおろそかにしないようにしましょう。



効率良く対策をしたい、自分の苦手を知り正しい勉強法を知りたい、自分に合わせたカリキュラムがほしい、という方は

ぜひ家庭教師のトライへお問い合わせください↓

お問合せはこちら

このページのトップに戻る


皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、トライ式プログラミング講座のご紹介です!


2020年、小学校でプログラミング教育が必修化されました。

今後も順次、中学校、高校でも必修化が進む予定になっており、国が重要視していることがうかがえます。



そこでトライでは、”子どもたちに、プログラミングを好きになる機会を提供し、これからの社会を生き抜く能力を養う”ことを目的に、トライ式プログラミング講座を開講しています!


・問題解決能力

・プログラミング的思考力

・創造力

の3つの力を身に付けるために、完全オリジナルカリキュラムと、直感的に学べるKOOVⓇを採用。

サポーターがお子様一人一人をサポートし、プログラミングの原理を分かりやすく解説します。


対象は小学1年生~6年生のお子様。

カリキュラムは基礎から応用まで段階的になっておりますので、

プログラミングは未経験というお子様でも、問題ありません!


トライ式プログラミング講座で、楽しく学んでみませんか?


各教室では、実際に教材を触って体験できる、1日体験イベントも開催しております。

詳細、お申し込みはこちらから

この機会に、ぜひお問合せください!

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。

本日は、いよいよ迫ってきた県立高校入試の、数学のポイントについてお伝えしたいと思います。



〇問題構成

大分県の入試問題は、大問数が5~6問、小問数が26~27問で構成されています。

出題範囲の傾向としては、

大問1⇒基礎的な小問集合

大問2⇒関数のグラフと図形の融合問題

大問3・4⇒方程式の応用、確立、代表値、標本調査、規則性など(毎年異なりますが、文章で記述する問題が出ることが多いです)

大問5⇒証明を含む平面図形の総合問題

大問6⇒空間図形の総合問題


となっています。

難問や奇問が出題されることはほぼありませんが、問題量がやや多いため、時間配分に気を付ける必要があります。



〇押さえるべきポイント

最も大事になるのが、大問1をしっかり得点することです。特に偏差値55以下の高校を志望している方は、ここで稼げないと数学で得点を伸ばすことは不可能です。

最悪、大問3以降の(2)(3)は全て捨てるくらいの心意気で解いてもいいかもしれません。

志望校のレベルに合わせ、基本問題に絞って対策をすると、効率良く得点が伸ばせるでしょう。

もちろん、偏差値55以上の高校を志望している方は、(2)(3)も含め対策をしていく必要があります。


効率良く対策をしたい、自分の苦手を知り正しい勉強法を知りたい、自分に合わせたカリキュラムがほしい、という方は

ぜひ家庭教師のトライへお問い合わせください↓

お問合せはこちら

このページのトップに戻る

AI学習診断


皆さんこんにちは!

家庭教師のトライ、大分校です。


「そろそろ定期テスト・・・」という生徒さんも多くなる時期かと思います。

いつもやろうやろうと思いつつ、直前でバタバタ詰め込んで結局微妙な点数に、なんてことになっていませんか?


そんなことにならないためにもってこいなのが、トライのAIタブレットです!


定期テストの日程を入力しておけば、テスト日の3週間前から定期テスト対策モードに自動で切り替え。


厳選された頻出問題を解くことで、効率良く得点アップを狙うことができます。



定期テストの点数は、内申点に直結。

内申点はとても重要で、例えば大分県の県立高校入試では、全体の3~5割が内申点で評価されます。

1年生のうちからしっかりと定期テストで点数を取り、内申点もアップさせましょう!



トライのAIタブレットを利用されたい方は、ぜひコチラまでお問い合わせください。



このページのトップに戻る

前のページ

大分県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら