教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



2018年9月21日

大学受験パート2

こんにちは、トライ広島校です。

前回に引き続き、大学受験情報についてです。

今回は、国公立大学の受験対策についてお知らせします。


パート1でも記載した通り、国公立大学の一般入試では『センター入試』と『二次試験』を受験します。

(※私立大学でも、『センター利用型入試』があるので、私立大学のみしか受けなくてもセンター入試を受験する学生は多いです。)


『センター入試』はマークセンス方式ですので、選択問題です。一方、『二次試験』は記述式ですので、それぞれ対策方法が異なります。


○センター試験

受験科目や配点は、大学や学部で異なりますが、最も一般的なのは5教科7科目での受験となります。

国語、外国語、数学、理科、社会の5教科で、数学は2科目、文系なら社会から2科目、理系なら理科から2科目という形が多いです。

理科は生物や化学、物理、地学など、社会は日本史や世界史、現代社会など、科目選択も行います。

ただし、学部によって選択科目が指定されていることが多いため、注意が必要です。


センター入試では、各科目の目標点数割合を立てておくことが重要です。

合格のためにセンター入試で何点くらいを取れるようにしておけばよいか、自身の得意不得意で目標割合を考えましょう。

選択問題であるが故に、消去法で考えた時に根拠を持って解答できるようにする必要があります。


○二次試験

二次試験は、大学によって入試問題が異なるため、問題の傾向を把握することが重要です。

過去問題集がありますので、必ず目を通し、どのような問題が出題されるのかを理解しておきましょう。

受験前になってくると、実際に過去問題を解いていきます。

同じようなパターンの問題を解くことで、演習量を増やし、傾向対策を行っていきましょう。



大学受験は情報収集段階から勝負が始まっています

トライのHP内でも、随時受験情報は掲載しておりますので、是非チェックしてみてください!

■受験情報https://www.trygroup.co.jp/exam/uni/

このページのトップに戻る

2018年9月17日

大学受験パート1

こんにちは、トライ広島校です。

今月は受験情報をメインでお伝えしております。

今回は、大学受験についてです。まず、大学受験の概要をパート1でお伝えします!


まず、大学には国立大学、公立大学と私立大学があり、受験方法や時期が異なります。


また『AO入試』『指定校推薦入試』『公募推薦入試』『一般入試』など、入試形態も様々です。

各々の入試形態の中でも更に細分化されており、現代の大学入試は数多くの形態の中から選択することが可能です。


比較的よく耳にする入試形態について簡単にご説明します。

*AO入試…大学側が求める学生像(アドミッションポリシー)に合う学生を選抜するための入試で、入試内容は面接や体験授業、プレゼンテーションなど学校によって異なります。

*指定校推薦入試…大学側が特定の高校に対して募集人員枠を定め、高校の代表として出願する形式です。希望者が多い場合、成績状況などから高校内選考を行います。

*公募推薦入試…大学側が示す出願条件を満たしていれば、出願が可能です。学力試験や小論文、面接、調査書や志願理由書類などでの選抜です。

*一般入試…基本的に、学力試験のみでの選抜です。


入試時期は学校や入試形態によって異なりますので、注意が必要です。出願の時期にも気をつけなくてはなりません

『AO入試』はかなり早い時期から試験があります。夏からスタートする学校も多いです。

『公募推薦入試』は秋になって、10月11月くらいからスタートすることが多いです。

『一般入試』の場合、国公立大学は、1月にセンター入試を受験し、2月に各大学の二次試験を受験します。私立大学は、1月末から2月頭にかけて行われることが多いです。

※私立大学でも、『センター利用型入試』がある学校も多く、センター入試の結果を元に選抜されるものもあります。

※前期試験、後期試験という分け方もされますが、基本的には前期試験を受ける形になります。後期試験は、前期試験後に行われ、定員もかなり少なくなります。



大学入試は情報を多く取り入れることが重要です。

必要科目、科目ごとの配点、センター試験と二次試験の点数比率などは、学校ごとに異なりますので、必ず確認が必要です。

志望校選びの際、例えば得意科目の点数比率が高い学校を受験するほうが有利かもしれませんし、科目数が少ない学校の方が、的を絞って対策できるという側面もあります。

自分で判断が難しいという場合、トライでは無料の学習相談を行っていますから、お気軽にどうぞ!

https://www.trygroup.co.jp/request/


次回は大学受験パート2で、具体的な対策方法についてお知らせします!

このページのトップに戻る

2018年9月14日

高校受験パート2

こんにちはトライ広島です。
前回に引き続き今回も広島の高校入試の傾向についてです。
2020年に教育改革に伴い入試の内容も大きく変わってきております。
今まで選択問題だったものや、暗記といわていたものが年々減ってきております。
今日は昨年度の結果からその傾向をお伝えします。

~国語~
大枠としては例年通りの傾向と変わらずです。
小説の読みにくさも相変わらずですが、ぜひ皆さんには今回の説明的文章は読んでもらいたいものとなっています。
「文章を読む」とはどういうことか、「読む」ために必要なこととは一体何なのかを考えさせられます。


作文問題は250字と昨年と同様。作文の練習はとにかく書くことです。どんな字数指定でも対応できるよう、様々な問題で練習しましょう
大問1
3年連続で大正~昭和の文章から出題。川端康成⇒志賀直哉⇒三島由紀夫の流れ。センター試験の傾向を踏襲している印象があります。
文章自体の読みにくさに加えて、当時の人の考え方や風習などが理解できていないと心情把握は中々困難。
有名どころだけでも良いので、「高瀬舟」以外の作品も読み、文章に慣れて置きましょう。

大問2
今後の国語の勉強をするうえで、とても参考になるので、一度読んでみてもらいたい文章。
「情報の取捨選択」と「知識と文章をリンクさせる」ということの重要性を述べています。文章をグラフや資料と置き換える事で、理科社会の記述問題の意識も変わってくるかもしれません。
大問3
和歌の解釈で「すむ」が「住む」と「澄む」の双方の意味を取っている掛詞であることを理解できているかがポイント。
古文に関しては、文法は高校から習う内容の為、教科書に出てきた単語の意味をしっかり覚えておけば、注釈や現代語訳を参考に読み進めることが出来ます。
大問4
今年も昨年同様字数制限は250字。
学生の誰しもが思う「なぜ勉強しなくてはならないのか」という問に対して肯定的な意見を作る事が必要です。設問にある3つの条件は必ずクリアしないと減点もしくは0点になります。思ってもいない事でも、資料を参考に文章を作っていきましょう。

~数学~
昨年と比べ易化しています。
問題数自体も1問減り、リード文も短くなりました。
標本調査からの出題がなかったものの、数と式、関数、図形の3分野から満遍なく出題されています。
【1】【2】は引っ掛かりやすい問題が多くみられた半面、【3】以降は例年よりも解きやすいものでした。説明させる問題も、手順に従って式を書き、言葉を付け加えるだけのもの。証明問題の難易度も大きく下がっています。

~理科~
構成は例年通り、各科目から出題されました。計算問題もほぼ無く、昨年度と比べ易化の傾向です。
ただし記号(用語)と説明がセットになっている問題が多く、完答しないと得点にならないものが全24問中8問出題ました。
地学分野に関しては8年ぶりに地震から出題されています。とはいえ初期微動の計算などはなく標準的な難易度。説明記述も昨年と比べで標準的な内容になりました。
大問1
メダカ Aと考察するにはどのような実験が追加で必要か、という問題が難しい。
大問2
地学 久しぶりに地震をメインテーマに出題されました。揺れているのは浮いているおもりではなく、地面に接している記録用紙の方。
大問3
力エネルギー 作図が1問。記述2問。計算もなく比較的選択問題が多く出題されました。
大問4
気体 リトマス試験紙では「中性」であることは確かめられても「水」であることは確認できないので注意です。

~社会~
問題構成、配点ともに例年通りですが、難化と言っても良いでしょう。今回も記述の量が圧倒的に多くなっています。
資料外の知識を使って記述しないとならない問題もあり、正答率は低くなると予想。知識と知識を活かした資料読解力が要求されます。問題解決能力を測るには良問ですね。
また、理科と同様にAを考察するのに不足している資料を指摘する問題が出ました。
大問1
地理 近年急成長を遂げるインドの産業から出題されました。なぜインドがこれほど成長したのかが、問題を解いていくうちに理解出来ます。また資料の地図に経度が記入されていることから時差を利用しているということを読み取って欲しい。
大問2
歴史 知識を問う問題は2問のみ。後は全て記述です。記述問題全てに資料が与えられており、歴史の基礎知識があれば解答作成はしやすいものでした。
大問3
公民 「コンビニ」という非常に身近なテーマで出題されました。
記述4問は全て学校で習うものではなく、資料からの読み取りでした。
大問4
社会総合 (1)は、かつては川を利用し木材を運んでいたという知識がないと解けません。知識と資料読解、双方の力が問われました。

~英語~
大枠での変更はなく、例年通りの構成となっています。大問4問、リスニング含め全てに英文記述があります。
難しい文法をあえて使う必要はないので、正しい言葉で表現する練習をしましょう。文法単独での出題は有りませんが、自分で自由自在に使えるよう練習しておきましょう。
問題形式や文章量は英検3級に非常に似ています。在学中に英検にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
ヒアリングは50点中12点を占めています。全体の1/4相当なので、対策無しに本番に臨むことのないように。
大問1
リスニング 【A】対話の内容から答えを選ぶ。短いのでメモをしっかり取りましょう。あらかじめ選択肢を確認し、聞き取りの用意を。【B】問題文の最後に質問があります。自分の考えを正しく伝えるため文法力と単語力が必要。
大問2
会話文 「日本人の運動習慣」というテーマ。相変わらず文章だけでなくグラフとの照らし合わせがいります。簡単な作文もあるため、問題を読んだ上で自分の意見を書く練習が必要です。
大問3
長文読解 日本で陶芸を学ぶオーストラリア人のエッセイ。見慣れない単語もよく出るのでまずは注釈の確認をしてから読み始めること。単純な文法問題はほぼ出題されない。文章量もあるので、時間配分に要注意。
大問4
英作文 昨年に引き続き、資料に基づいた内容でメールの返信をするという内容。作文の自由度は高いが、資料二つに触れる必要がある。資料自体が詳細なので難しく考えがちだが、当たり障りのない内容でも文法ミスがなければ良い。
難しい文法を無理に使わず、ミスなくかける文法で書ききること。

以上5教科の傾向をまとめてみました。
ここからもわかるように事前に対策をしておくことで対策できます。
出題傾向に絞り勉強していくことで効率よく学習を進めていけます。

受験生でまだ悩んでいらっしゃるようですと早めにご相談ください。
受験生も残り半年を切ります。
ギリギリになる前にご相談ください!
トライさんと一緒に高校受験をのりきろう!!!

プロ講師についてはこちら
トライの受験情報はこちら
トライ式難関大合格コースはこちら

このページのトップに戻る

2018年9月11日

高校受験パート1

こんにちはトライ広島です。

この度の大雨で大変な被害がありましたが
9/9にJR広島と呉が無事繋がり市内の学校にも通いやすくなりましたね。
また台風も来ており落ち着けない状況は続きますが、勉強頑張っていきましょう!


さて今回は前回に引き続き受験情報で今回は「高校受験」についてです。
公立の高校入試を目指している方が多いと思いますが大きく2つあります。
1つ目は選抜Ⅰ/ 推薦入試です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《入試日程》平成31年2月1日(金)
《合格発表※内定通知》平成31年2月6日(水)
《受験実施校》全日制の全ての高校
学校推薦+志望理由書を提出
普通科にコースを設置している高校は、普通科と普通科・コースとの併願を認めることができる(併願の方法は高校が定める)。
作文・小論文・英語による面接・実技検査を実施する高校あり。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
合計135点満点 《総合点の算出と受験者の合否判定方法》調査書の内申点135点満点、面接、その他の検査より総合的に合否を判定。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
選抜Ⅰに関しては学校からの推薦が必要です。
推薦してもらうためには上記評価が学校が定める基準を超えている必要があります。
普段からの学校生活や、定期テスト、提出物、執行部、委員会、部活動、など頑張っていると推薦入試受けることが出来ます。
上記内申点が必要になるので普段から頑張っていきましょう!!

2つ目が選抜Ⅱ/一般入試です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《入試日程》平成31年3月6日(水)・3月7日(木)
《合格発表》平成31年3月14日(木)
《受験実施校》すべての高校
《学力検査》英語 50点(50分・リスニングテストあり)
数学 50点(50分)
国語 50点(50分)
理科 50点(50分)
社会 50点(50分)
合計250点満点を125点満点に換算
《その他の検査》多くの高校で受験者に面接を実施。
《内申点の算出方法》
1年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
2年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術•保体.技家)×5段階×2=65点
3年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術•保体.技家)×5段階×2=65点
合計195点満点を135点満点に換算
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》内申点(135点)+学力検査点(125点)=260点満点と面接・実技の結果を総合点に判断。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
選抜Ⅰの受け方と算出方法が異なりますが、

いずれにしても内申点が必要になります。

そのため内申点が多ければ多いほど入試には有利になりますし、志望校も選べるようになります。
現在、中1生の方は今から意識してください。中2生の方はまだ2年の後半挽回できます。中3生は今回の期末テストまでになります。
このような入試情報も選任のプランナーや教師からも情報提供いたしますので、お気軽にご相談ください。

今週は高校入試について情報提供いたします。
次回は公立高校の入試の試験内容についてお話いたします。

トライのプロ講師についてはこちら

トライ式進学セミナーについてはこちら

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。トライ広島校です。


夏休みが終わり、新学期が始まりましたね。

すぐに休み明けテストがあった学校が多かったと思いますが、

休む間もなく、定期テストの準備もしていかなければならない時期です。

夏休み明けのテストでは、以下2点に注意して対策を行いましょう。


夏休み前に学習した単元の見直しを行う

前期中間試験後、夏休みに入る前までに習った単元もテスト範囲になります。

休みを挟んでいるので、忘れている所がないか今一度復習をしておきましょう。

休み明けに学習する単元との関連性も強いので、授業内容を確実に理解するためにも必要です。


応用問題の対策時間を作る

前期中間テストに比べると、期末テストの範囲は応用問題も入りやすいです。

テストに出やすい問題にはパターンがありますので、

解き方を正しく理解して多く演習を積み重ねることで、定期テストの対策になります。

教科書の練習問題で良いので、問題演習をたくさんしておきましょう。


前期中間テストで思うように点数を取れなかったという方は、挽回するチャンスです。

今年度の内申点を少しでも向上させるためにも、目標達成に向けて頑張りましょう!


トライ式学習法
https://www.trygroup.co.jp/method/

このページのトップに戻る

2018年9月3日

広島県 中学受験

こんにちは。トライ広島校です。

夏休みが終わって9月となったことで、受験がぐんと近づいてきたように感じますね。

そこで今月は、広島県の受験情報についてお伝えしていきます。


まず今回は中学受験についてです。


広島県の中学受験は、主に私立の科目試験と公立の適性検査試験に分けられます。

学校数としては私立校の方が多いですが、地域によっては公立校を希望するご相談が多いところもあります。


私立が国語、算数、理科、社会などそれぞれの科目での試験であることが多いのに対し、適性検査は算数と理科が混ざったような問題や、表やグラフを見ながら説明を文章で書く問題など、複合問題が多くなります


私立の中でも出題されやすい問題傾向は異なりますので、 志望校によって、対策を変える必要があります


ただ、どこの学校を受験するとしても、小学校で学んできたことを土台として学んでいくこととなります。

まずは、小学校で学ぶ単元で苦手分野がないかを確認し、克服することが重要です。

同時に、正確にスピーディーに問題を解けるよう、時間への意識をもった学習を普段から行いましょう。

応用問題では、持っている知識を組み合わせて問題を解くために、様々なパターンの問題に触れ、練習していく必要があります。


中学受験に挑むにあたり、情報をたくさん持っておくことは非常に重要です

HP内に学校情報を記載していますので、参考にしてください。

また、今月は広島県内の各教室で、受験セミナーを開催しています。中学受験のセミナーもありますので、ぜひご参加ください。


■セミナー開催詳細はこちらから>https://www.trygroup.co.jp/seminar/

■受験情報https://www.trygroup.co.jp/exam/jh/

このページのトップに戻る

2018年8月31日

9月キャンペーン情報

こんにちは

トライ広島校です。


この夏大雨や、炎天下が続き、大変な夏休みになりました。

9月になりました。福山は来週から学校が始まると思いますが

広島地区はすでに始業式もあり休み明けのテストが始まっていることでしょう。

その結果を含め9月のキャンペーンの情報になります。


【9月‐10月企画】

・受験生対象逆転合格プロコース

・非受験生対象成績保証


上記2大企画です。

まず受験生に関しては

志望校に向けて最短距離で合格に導くことが出来るトライ認定の

プロ教師の指導コースをお勧めします。

マンツーマンだからこそできる、一人ひとりに合わせた学習計画と実績豊富な

プロ家庭教師の指導を受けてください。

志望校まであと少しの生徒も苦手分野の補填をすることができます。

三者面談で志望校は厳しいといわれた方もまだチャンスはあります!

是非トライさんと一緒に逆転合格を目指しましょう!


中1、中2、高1、高2の方を対象に成績保証のご案内になります。

今回9月から10月にかけて定期テストがあります。

そのテスト結果から次回の結果の保証制度になります。

以前から成績保証制度がトライにはありましたが今回の成績保証の内容内容になります。

一人ひとりに合わせたわかりやすい指導と、丁寧なサポートによる目標達成を保証いたします。


【成績保証の概要】

成績保証制度お申し込み時点での前回のテスト結果に応じて下記点線内のとおりに

次回テストの目標点を設定し、目標達成のための指導とサポートを行います。

設定された目標点に達しなかった場合、対象科目に関して通常授業の受講を前提として、

実施した授業時間数と同じ時間分の無料追加授業を付与させていただきます。


【成績保証の目標設定】

成績保証制度お申し込み時点での前回のテスト結果

61点以上の場合前回のテストの点数と満点との差分の50%UP!

(前回のテストの点数が70点の場合:70点+(100点-70点)×50%=85点)

=85点が目標になります。

60点以下の場合前回のテストより20点UP!

(前回のテストの点数が50点の場合:50点+20点=70点)

=70点が目標になります。


【対象者】

•2018年9月1日~2018年10月31日に下記適用条件を満たす中学1,2年生、高校1,2年生が対象となります。

(中学3年生は 中高一貫校に通学中の方のみ対象となります)


【成績保証の内容】

•成績保証の適用条件を満たした方が、所定の目標点に達しなかった場合、

対象科目に関してテスト前に実施した授業時間数と 同じ時間分の無料追加授業を

付与させていただきます。なお、無料追加授業は、通常授業の受講が前提となります。


・成績保証の適応に関しては1科目あたり試験までに累計「480分」を消化、追加することが条件になります。


・成績保証の適用は1科目あたり1回のみとします。


・成績保証による無料追加授業のご利用期限は2019年1月31日までと なります。


・無料のトライイットの映像授業もテスト範囲を視聴していただき勉強進めていただくことも条件になります。


2大キャンペーンになりますので是非お気軽にお問い合わせください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

こんにちは!

本日は、小学6年生、中学3年生に行われる全国学力テストが変わるというお話です。


この度、文部科学省は、2019年以降の全国学力テストにて、A問題・B問題という区分を見直す方針を示しました。

このことはAB問題を統合することで生徒の負担軽減になることももちろんですが、知識・活用を一体で問うため、

より実践的な力が測定されることを意味しています。

言い換えれば、知識の丸暗記が通用しなくなり、知識を運用する力、知識を外に出していく力(アウトプット)を

定着させていくことが必要になります。


この動きは大学受験システムの変更でも分かるように、今後続いていく流れですので、

現在小学生、中学生の皆さんは、是非ご自身の勉強のやり方を一度見つめなおしてほしいと思います。

自分で考え、整理したものを外に著していく、この練習を自身の勉強方法に是非取り入れてみてください。

このページのトップに戻る

こんにちは! 本日は、前回に引き続き高校受験についてのお話です。

高校受験には内申点が必要!これは学校やご家庭でもよくお話にあがる内容ではないでしょうか。

ただ、実際にどの点のことを指すのか、どのくらいあればどこに行けるのか、

明確につかんでいらっしゃる生徒さんは少ないのではないかと思います。


そこで今回は内申点の算出方法をお伝え致しますので、お手元に今までの成績表をご準備の上、是非一度 計算をしてみてください。


まず内申点で必要な数字ですが、前期後期制の生徒さんでも3学期制の生徒さんでも、学年全体通じての5段階評価がでていると思います。


例えば1年生Aくんの成績が 英3 数3 国4 理4 社3 (美4 技3 音3 体3) のような場合、

以下のようにして予想をつけることができます。


①1年の成績が3年間同じと仮定する。

②副教科(美技音体)は2倍する。

③規定の計算式に入れて計算する。


①英+数+国+理+社=17×3年間=51

②(美+技+音+体)×2倍×3年間=78

③(①+②)×130÷195=86


つまり、このままの成績で行くとAくんの内申点は86点になる、ということが予想できますし、

この点数は昨年実績に当てはめると、沼田、市立呉、安芸南、美鈴が丘高校などが範囲に入ることが分かります。


このように成績からのアプローチでイメージを膨らませることもできますので、是非一度試してみてください。

このページのトップに戻る

こんにちは!

本日は、中1、中2生に向けて志望校選定のコツをお話し致します。


先日、実際に面談させて頂いたご家庭から、特に行きたい学校もないし、

かといってどこかの高校は行きたいし、どうしてよいか分からないとご相談を受けました。

このご不安は様々なご家庭からお聞きします。

このご質問に対してのトライ返答は、

〔まだ決まらないのは当たり前!方向性を決めるためにアンテナだけ張っておこう!〕です。


我々教育プランナーからみても、

中2までに進路を明確に決めている生徒さんは10%~20%くらいでほとんどの生徒さんは未確定です。

また、広島県の受験制度は3年間の内申点と共通の試験でほとんど決まるわけですから、

現状は進路、選択肢を増やすために、内申点を取りに行く学習で全く問題ないわけです。


このことから、1,2年のあいだは明確に志望校を決めるための準備期間ととらえ、大学を目指すのか、

商業工業系に進んで資格を取りたいのか、全く別の進路をとるのか、など大きな枠だけを考えていく期間と考えてください。

それでも何も思いつかない場合は、職業から逆算するのも有効です。

なんとなくで結構ですので、なりたいなと思う職業を3つ、やりたくないなと思う職種を3つ思い浮かべてもらい、

そのためにどうすれば近道か考えるだけで随分選択を絞ることができます


学生時代には気づかない職業もたくさんあります。

是非、日常にアンテナを張り巡らせて進路のヒントを見つけてください。

このページのトップに戻る

前のページ

広島県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT