教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



皆さん、こんにちは。

家庭教師広島校です。

2024年度広島県最新入試合格速報~中学受験編~です!

― 中学受験 ―

修道中学校      合格!🎉
女学院中学校     合格!🎉
AICJ中学校      合格!🎉
なぎさ中学校     合格!🎉
安田女子中学校    合格!🎉
崇徳中学校      合格!🎉
城北中学校      合格!🎉
武田中学校      合格!🎉
呉青山中学校     合格!🎉
ひろしま協創中学校  合格!🎉
銀河学院中学校    合格!🎉

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

春は、新学年に向けた準備期間として非常に大切な時期です。
トライではこの春、お子さまの学年別にキャンペーンをご用意しております。
新学年の準備を始めるならぜひこの機会にトライのマンツーマン指導をお試しください。

◇ 小学生◇  4月から新小1~6年生の方

◇受験生◇ 4月から新中3・新高3年生の方

◇ 新1・2年生◇ 4月から新中1・2、新高1・2年生の方

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

2025共通テスト(現・高2生が来年度受けることになる共通テスト)から、新課程での出題となります。

今回は、国語と数学の変更点についてです。

◆試験時間:90分

「資料読解」の配点は20点と決して高くはありませんが、問題数が増えること、時間が増えることなど全体的に影響があり、時間配分の戦略を修正する必要があると言えます。

最近では小論文でも資料読解の問題が出題されることが増えていますので、資料読解の対策が必要です。

◆試験時間:70分

選択問題がなくなり全問必答となります。

伴い、確率と図形が必答になりますが、整数問題は出題されなくなります。

※難関大学の個別試験で出題される可能性はあり

「期待値」「外れ値」などが新課程にあわせて学習内容に追加されます。

◆試験時間:70分

数学ⅡBは数学ⅡBCとなり、出題範囲、大問数、試験時間すべてが変更になります。

大問数が2つ増えて、後半は4問から3問を選ぶという形式になります。

※数学B「数列」、 数学B「統計的な推測」、数学C「ベクトル」、数学C「平面上の曲線と複素数平面」の4問から3問選択

今まであまり選択者がいなかった「統計的な推測」も十分選択肢になりますので、注意しておきましょう。

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは。

今回は2024年1月13日(土)・14日(日)に実施された、2024年度共通テストの概況をお届けします。現在高2・高1の方は、傾向等を踏まえて今後の学習を進めるようにしてください

今年度は、文系理系ともに“傾向が落ち着いた”年でした。

「知識を前提に、文章や資料(実験データ)から考察力を問う問題」が中心であることは昨年度から変わらず、過去3年間の出題傾向をもとに対策すると功を奏した生徒が多かったのではないかと思われます。

しかし、英語リーディングでは難化が続き、さらに文章量が増える傾向があるなど、より「専門的な対策」が必要であることも明確になりました。

次回より新課程となるため、来年度2025年から共通テストが大幅に変更されます。特に変更後に入試を迎える新高3生については、これまでの「共通テストの傾向」を踏まえつつ、変更した入試に向けた対策の取り入れ方が重要となります。

【新高3生の皆さん】
・英語リーディングが難しくなっているので、春休みや夏休みも使って、速く読む訓練も進めましょう。
・思考する力や、文章やグラフを読み取る力が求められているので、こうした実戦力を身に着けていくようにしましょう。
・来年度より、国語は資料読解が追加、数学も設問が追加されます。制限時間も長くなったりするので、入試変更ポイントをぜひ確認しておいてください。

 全体概況

◇“知識を前提に、文章・資料の考察力を問う”という共通テストの狙いは維持
◇数学はⅠA・ⅡBともに計算量は減少したものの、時間制約が厳しい状況は変わらず
◇難化の続いてきた生物が易化し、理科科目の難易度の大幅な差が是正された

 難易度評価(昨年度と比較)

 理科・社会の難易度や内容の振り返り

◇物理:定義・法則の理解を大事にしよう

◇化学:「教科書の知識」と「問題文の情報」から判断しよう

◇生物:教科書レベルの知識と基本実験の理解がカギ

◇日本史B:年代や前後のつながりを意識した学習を!

◇世界史B:資料の量に惑わされずに素早く判断!

◇地理B:基礎知識をもとに資料を正しく読み解こう!

◇現代社会:過去問や模擬試験で多様な設問形式に慣れよう

◇倫理,政治・経済:多様な資料を解釈し、思考する力が問われる

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

-入学者選抜日程-

一次選抜

〇出願登録期間:2024年1月24日(水)~2月9日(金)正午

〇志願変更期間:2024年2月14日(水)~2月20日(火)正午

〇入試日:2024年2月27日(火)~2月29日(木)

〇追検査日:2024年3月5日(火)

〇合格発表日:2024年3月8日(金)

二次選抜

〇出願登録期間:2024年3月13日(水)~3月15日(金)正午

〇入試日:2024年3月18日(月) ※広島市立広島みらい創生高等学校は3月22日(金)

〇合格発表日:2024年3月19日(火) ※広島市立広島みらい創生高等学校は3月25日(月)

-学力検査等時間割-                                                      (全日制の課程・定時制の課程・フレキシブル課程(定時制・通信制))

一次選抜(併設型高等学校を除く)

二次選抜

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは。

今回は2024年1月13日(土)・14日(日)に実施された、2024年度共通テストの概況《速報版》をお届けします。現在高2・高1の方は、傾向等を踏まえて今後の学習を進めるようにしてください

 全体概況

◇“知識を前提に、文章・資料の考察力を問う”という共通テストの狙いは維持
◇数学はⅠA・ⅡBともに計算量は減少したものの、時間制約が厳しい状況は変わらず
◇難化の続いてきた生物が易化し、理科科目の難易度の大幅な差が是正された

 難易度評価(昨年度と比較)

 英語・国語・数学の難易度や内容の振り返り

◇英語 リーディング:文章の構造を効率よくとらえる力の錬成が必要

◇英語 リスニング:1回でポイントを押さえて聞き取る練習が必須

◇数学Ⅰ・数学A:時間のかかる問題にどれだけ時間を残せるか

◇数学Ⅱ・数学B:用語の定義・公式の意味の理解度が成否を分ける

◇国語(現代文):資料読解が必要。正誤判断しやすい設問が増加

◇国語(古典):資料文の正確な理解が選択肢消去のカギ

……………………………………………………………………

学習相談等のお問い合わせはこちらから

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ (trygroup.co.jp)

……………………………………………………………………

このページのトップに戻る

現高校2年生から、情報Ⅰが指導要領改訂によって入試に課されるようになります。

現時点での情報では、大学ごとの「情報Ⅰ」の入試活用は以下のようになっています。

国立大学は、すべての大学で課すことが決まっています。

ただ、「受験必須だが、配点は0(つまり合否には無関係)」という国立大学もあります。

公立大学はバラバラで、必要ない大学の方がやや多いです。選択式の大学もあります。

私立大学は必須としているところはほとんどありません。

-現時点では、他科目の対策を優先しよう!-

現高2生は情報よりも他科目の対策を優先する方が得策です。

まだ情報が不十分なため、志望校の「情報Ⅰ」の配点比率が低い場合は特に、他の配点比率が高い科目対策を行いましょう。

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

大学受験生向け(共通テスト)

◆試験前日◆

1)準備物を再度確認しておく

受験票、筆記用具、時計(音が出ないもの)等、持ち物に不備がないか、再度確認しておきましょう。

特にシャーペンや鉛筆、消しゴムは予備を必ず持っていくようにしてください。

参考書は、何を見ればよいかと焦らないように、数を絞って持っていくことをお勧めします。

簡単に確認できる暗記科目の参考書や自分でまとめたノートなどが良いでしょう。

2)普段と変わらない生活や学習を心がける

試験前でも、食事や起床時間など、普段と変わらない生活を送りましょう。

学習も、日頃のルーティン学習と簡単な振り返りに留め、遅くまで勉強せずに早めに休みましょう。

◆試験当日◆

☑移動手段と服装に注意!

移動は、なるべく公共交通機関の方が安全です。天候・運行状況もチェックしておきましょう。

また、試験会場で体温調整ができるように、着脱可能な服装にしましょう。

いつも通り、という点でも、高校生は学校の制服で受験するのが良いと思います。

☑科目選択に注意!

数学や理科、社会科目では、科目の選択を行います。

その際、自分が受験する科目選択のミスに注意しましょう。

特に気をつけてほしいのが、「地理歴史、公民」、「理科①」、「理科②」の科目選択マークミス。

誤ってマークした場合、適切に採点されないため、注意してください。

☑マークミスに注意!

数学の分数の分母と分子の数字を間違えてしまったり、国語の古典から解き始めて解答欄の記入にずれが生じてしまったりと、ミスをしやすいので、細心の注意が必要です。

見直しは必要ですが、最後の方の問題まで気づかずに進めてしまうと、書き直しが間に合わない可能性もあります。

例えば大問ごとで、解答後にマークシートと問題用紙を照らし合わせて、ミスやずれがないかを確認しましょう。

中学受験生向け

◆試験日まで◆

1)試験日までと、試験日のタイムスケジュールを把握しておく

複数の学校を受験する場合、試験日が連続になっている場合もあるので、タイムスケジュールの確認を行っておきましょう。

何時からの試験があり、移動は何時にすればよいのかなど、直前に困らないように正しく調べておいてください。

2)普段と変わらない生活や学習を心がける

入試が近づいているからと言って特別なことをせず、いつも通りを心がけた方が良いです。

日々行っているルーティンの勉強があれば、変えずに取り組みましょう。

また、取り組む問題も新しいものではなく、一度解いた問題の中で少し曖昧なものなどを再度確認すると良いです。

3)体調管理は最優先、最大限の配慮を!

受験前のこの時期、何と言っても一番重要なのは、体調管理です。

万全の状態で試験にのぞめるよう、体調管理は徹底しましょう。

少し体調が悪い日があれば思い切って休んで、早く回復させることを優先してくださいね。

◆試験当日◆

☑日頃使っている筆記用具を利用する

使い慣れた筆記用具を使いましょう。鉛筆や消しゴムの予備は入れておきましょうね。

☑なるべく公共交通機関を利用する

車だと移動時間が読みづらいですし、万が一のことを考えて遅延証明が出せる公共交通機関の方が安全です。天候や運行状況もチェックしておきましょう。

☑生活リズムは普段と同じにする

寝る時間、起きる時間、朝食のメニューなどは変えず、いつもと同じ日常だと感じられるようにしましょう

☑体温調整ができる服装にする

試験会場は寒さも敵ですが、逆に暖房で暑く感じる場合もあります。着脱しやすい上着にしましょう。

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

■2024年度広島県中学入試日程

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

本格的な受験シーズンとなりました。

この時期、受験校の過去問に取り組み始めるタイミングかと思います。

そこで、過去問の活用方法について今回はお話します。

過去問の利用目的

■出題傾向の分析

入試問題には学校ごとに傾向があります。

どの単元が多く出されるか?何をどのように問われる問題が出されるか?を把握し、その傾向に応じて対策を行う方が効率的です。

過去問から出題傾向を分析し、頻出の単元や問題の練習を繰り返し行いましょう。

■時間配分の計算、戦略立て

時間配分を正しく行うことは入試においてかなり重要です。

実際、「模試やテストになると時間が足りなくなって解けない」というご相談はかなり多いです。

まずは、受験の合格のために必要な総合点から、各教科ある程度の目標点を設定しましょう。

そして、目標点をクリアするために、各大問にどのくらいの時間をかけるべきかの判断を行います。

問題を解く際に設定時間を意識しながら取り組みましょう。

過去問を解く際の注意点

①必ず時間をはかって解くこと

過去問を解く際は、必ず時間を計って行いましょう。

その時、大問ごとにかかった時間も分かるようにしておくことが大切です。

②必ず解きなおしを行うこと

過去問は解いた後の方が大切です。

間違えた問題の解法や知識を参考書等で確認した上で、もう一度忘れないうちに解きなおすようにしてください。

その後、日にちをあけても良いので、同じ過去問を2回、3回と繰り返し解くようにすると尚良いです。

過去問をうまく活用し、受験までに万全の準備を行いましょう!

お問い合わせはこちらから

……………………………………………………

トライのキャンペーン

トライのCMギャラリー

トライ式性格診断|家庭教師のトライ

……………………………………………………

このページのトップに戻る

前のページ

広島県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら