教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



島根県の皆さま、こんにちは。

家庭教師のトライ島根校です。

新学期が始まりました。

新しい学校、新しいクラスには慣れましたか?

春は新しいスタートであると同時に、お子様にとっては、

「勉強についていけるかな」「友達とうまくやれるかな」といった緊張や不安が大きく、

疲れやすい時期でもあります。

新しい勉強を頑張ることはもちろん大事ですが、学校で頑張っている分、

ご家庭ではしっかり食べ、寝るなど、まず生活リズムを整え、

毎日元気に学校に通えるようにすることが大切です。

また、受験生になるお子様の中には、周りの子の勉強の様子が気になったり、

「行きたい学校に行けるかな。大丈夫かな・・・」といった漠然とした不安を抱えている子もいます。

これまで30年間、マンツーマン指導を通して100万人以上のお子様と向き合ってきた

トライだからこそ、そうしたお子様の日々の悩みの解決策を一緒に考え、取り組んでいきます。

また、トライには不登校の生徒を対象とした、「トライ式高等学院」というのもあります。

トライ式高等学院は、近くの個別教室やご家庭でマンツーマン指導が受けられる、

高校卒業単位が取得できるシステムです。

「通信制高校で、クラスのみんなと会うのがきつい」「学校に通う生活リズムが作れない」

といった悩みもあると思います。マンツーマンだからこそ、そんな悩みにも、

お子様と相談しながらより良い解決策を探っていきます。

島根県でも実際に数名の生徒が、昼間にご家庭や教室で、一生懸命勉強を進めています。

詳しくはこちら

http://www.trygroup.co.jp/futoukou/

学校での勉強の進め方、受験のことなど、どんなことでも構いません。

島根県の受験事情、教育情報に精通した「地元トライさん」に、ぜひご相談ください。

このページのトップに戻る

新しい学年の授業が始まって間もないこの時期だからこそ、今までの学習内容を復習するチャンスです!

ただ、復習といっても何をすればよいのか分からない、という方も多いと思います。

そんな方には、Try ITの活用をおすすめします!

Try ITとは、トライがリリースしている映像授業コンテンツのことです。

非会員様でもご利用可能で、費用はいただいておりません。

今回は、このTry ITの活用法についてお話したいと思います。

「ノートをとる」

内容を見て、理解して、そこで終えてはいけません。

人間の記憶は1日放置しただけでも70%近く失われてしまいます。

映像を見ながら、しっかりノートをとり、後でいつでも復習できるようにしておきましょう。

確認問題をプリントアウトすることも可能なので、ノートの見開き右側に貼ってみるのもおすすめです!

「セットで見る」

視聴したい単元だけ見るのではなく、その1つ前の映像から見てみましょう。

その後に視聴したい単元を見て、さらにその1つ先の映像も見てしまいましょう。

そうすることで、復習と予習が一気に完了しますし、記憶の定着度も段違いで上がります。

「タイミングを決める」

映像を見るタイミングを、一日の生活リズムにしっかり組み込むことが大切です。

1日1つ見る、だったり、何時に見る、と決めても、実際予定通りに進まなかったりするものです。

なので、例えば歯を磨いた後とか、お風呂に入る前など、毎日必ずすることの前後に

組み込むのがおすすめです。

この3つを実践してみるだけでも、かなり効果はあると思います!

Try ITの活用法、詳細に関しまして何かご質問ありましたら、トライまでご相談ください。

もちろん、Try IT以外のご質問も常時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

島根県の皆様、こんにちは。

今回は、1年間の学習計画の立て方について話します。

学習計画を立てる上でまず重要なことは、2つあります。

①「どの時期にどのような試験、イベント、休暇があるのか」を大まかに把握する

5月中旬には、1学期中間試験があるからそろそろ準備しなきゃ、

9月の最初には学園祭があるから準備が忙しくなり、勉強時間が取りにくくなるな・・・

といったことなどを把握しておきましょう。

②定期テスト・学力テスト前には「どこまでが試験範囲なのか」を把握する

次に、受験生は入試やセンター試験、2次試験までの日程から逆算して、計画を立てることが必要です。

というのも、逆算して試験までのある程度の「見通し」を持っていれば、余裕を持って

試験対策をすることができます。例えば、「夏休み以降はセンター試験に特化した対策を行いたい」

と考えた時、まだ学校で習っていない範囲も自習で触れておく必要がある、といった

事前の対策を立てることもできます。

試験の日程から逆算して計画を立てるというのは、中1・2生、高1・2生であっても同じです。

試験範囲を事前に予想し、ワークや参考書を先に進めておけば、試験前に焦らずにすみます。

今一生懸命勉強している内容を定期試験で確認し、学力テスト、定期試験・・・の繰り返しがあり、

その先に高校入試やセンター試験があるのです。

つまり、「一つひとつの試験に対して真剣に取り組み、積み重ねていくこと」が、

入試やセンター試験に直結します!

学習計画を立てる、というのももちろん大事ですが、それ以上に

「日々の学習に真剣に取り組む」ということが、何より重要です。

1日1日を大切に、しっかり学習に取り組みましょう!

このページのトップに戻る

島根県の皆様、こんにちは。

島根県のプロ講師の指導で、皆さんの目標を達成しませんか。

プロ講師の指導により、難関高・難関大合格今まで対策できていなかった

苦手教科の克服、赤点対策、偏差値を上げることなど、

生徒のニーズに合わせた効率的な指導が可能になります。

プロ講師のマンツーマン指導で、新年度のより良いスタートを切りましょう!

このページのトップに戻る

島根県のみなさん、こんにちは。

新学期が始まり、中間試験まであっという間、一ヶ月をきりました。

中学1年生にとっては、初めての大きなテストです。

何事も「最初」が肝心です!!しっかり対策をして、1発目のテストに臨みましょう。

定期テストの勉強を進める上で、まず計画を立てることが重要です。

・・・とは言っても、なかなか難しいと思います。

定期テスト直前になって、「範囲のワークが終わってない!」と困っている人が目立ちます。

「何でもっと早くやっておかなかったんだろう・・・」と後悔したことがある人は、たくさんいるはず。

「学校の授業で習ってすぐワークを解いていれば・・・」「もう少し早くから解いていれば・・・」

まさに、授業後の復習をすぐ行っていれば、課題も早々と終わり、テストでも高得点が取れるのです。

計画を立てるのが難しい、という場合は、まず

・学校で習ったところは、すぐワークを解く

・間違えて、わからなかった問題はすぐ学校の先生や友達に質問する

これらをやっておくだけで、今まであった「ワークのやり残し」がなくなり、

定期テスト直前の勉強が格段に楽になります。

ただ、「やっぱり1人でワークを進めるのは難しい・・・」という人もいると思います。

また、最近の島根県の定期試験では、ワーク以外から出題される応用問題も、いくつかあります。

「そんな問題、解けるわけない・・・」と最初から諦めていませんか?

トライでは、島根県の教育プランナーが、先生たちと一緒に皆さんの定期テスト対策をサポートします。

先生に次回の指導までに終わらせておく範囲を指示してもらえますし、

また1対1で分からないところはすぐ先生に質問できるので、

一人ではなかなか進められなかったワークや問題集が、スラスラと進みます。

4月中は、短期間の定期テスト対策に特化した「4回短期コース」もあります。

先生と一緒に、定期テスト高得点に向けて、頑張ってみませんか?

このページのトップに戻る

島根県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ島根校です。

いよいよ、新学期が始まりましたが、新しい環境には慣れましたか?

この1年を悔いの残らないものにするために、全力でスタートダッシュを切りたいものです。

さて、高校生の皆さんで将来、医学部(島根大学医学部など)や国公立大学、難関私立大学

目指されている方、トライの特別コース(医学部コース、大学受験コース)をご存知でしょうか?

マンツーマン指導と志望大学への合格カリキュラムを組み合わせた、合格するための

特別なコースとなっております。 興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

≪医学部コース≫

医学部を目指す為の特別コースです。

http://www.trygroup.co.jp/med/

≪難関大コース≫

地元の国立大、難関私立大ごとの専門コース。

http://www.trygroup.co.jp/selectiveuni/

≪中高一貫コース≫

地元の国立中、公立中、私立中の学校別専門コース。

http://www.trygroup.co.jp/course/combined/

≪英会話コース≫

年齢別、レベル別、目的別にオリジナルカリキュラムを作成し、

完全マンツーマンで上達を目指す春からのオススメコース

http://www.trygroup.co.jp/english/

各種ラインナップを取り揃えております。

ぜひトライ島根校へお問い合わせください。

このページのトップに戻る

島根県のみなさん、こんにちは!

家庭教師のトライ島根校です。

この春も各地で大学受験対策セミナーや高校受験対策セミナーが開催予定です。

残念ながら島根ではこの春の開催予定はありませんが、岡山や広島などでの開催は予定されています。

興味のある方はぜひご参加ください。

島根校では、夏に開催できるよう計画中です。ご期待ください!

また、セミナーの開催はありませんが、島根校の教育プランナー(島根の地元トライさん)による、

県立高校や各大学の入試対策や、学習習慣付けの相談、学習カリキュラムの作成など、

一人ひとりのニーズに合わせたご提案を随時行っております。

お気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは。家庭教師のトライ島根校です。

本日は、島根県の2017年入試合格校情報を紹介します。

【高校】

◎松江北高校   ◎松江南高校   ◎松江東高校     ◎松江高専

◎松江工業高校  ◎松江農林高校  ◎松江市立女子高校  ◎大東高校

◎松江西高校   ◎松徳学院高校  ◎開星高校

◎出雲高校    ◎出雲農林高校

【大学】

◎京都大学  ◎筑波大学医学部  ◎北海道大学  ◎島根大学医学部

◎鳥取大学医学部  ◎広島大学  ◎岡山大学  ◎香川大学

◎愛媛大学  ◎山口大学  ◎島根大学  ◎鳥取大学

◎徳島大学  ◎高知大学  ◎福岡教育大学  ◎島根県立大学  他多数

◎川崎医科大学  ◎早稲田大学  ◎法政大学  ◎同志社大学

◎関西学院大学  ◎立命館大学  ◎関西大学

みなさん、おめでとうございます。合格者の声を後日お伝えする予定です。

お楽しみに。

このページのトップに戻る

島根県の皆さん、こんにちは。

家庭教師のトライ島根校です。

いよいよ春休みとなりました。

受験も終わり、新しい学校に通ったり、次の学年に進級したりする4月を想像して

ワクワクしているところでしょうか。

さて、今回は大事な春休みの過ごし方について書きます。

まず、今までの勉強でわからなかったこと、やり残していたことは、

春休みのうちにできるだけなくしておきましょう

進級すると新しい学年の勉強で忙しくなります。

そして、前の学年の勉強は、新しい学年の勉強とつながっています。

しっかり復習しておくことで、次の学年の勉強にも取り組みやすくなります。

次に、学校から出された春休みの課題にも、しっかり取り組みましょう。

学校から出された課題の内容にも、必ず「意味」があります。

「今までの勉強をしっかり復習しておいて欲しい」という先生の思いがあり、

課題の内容が復習テストで出題される可能性が大きいです。

何度も繰り返し解いて、テストに備えましょう。

(1回だけやる、まして始業式前日に焦ってやることのないようにしましょう!)

最後に、新たに中学校、高校に進学される皆さん。

新たな環境での生活に、期待も不安もあることでしょう。

急に新しいことが始まって焦ることがないよう、

少し予習を始めておくと良いかもしれません。

教科書の最初のところを少し見ておくだけでも、心持がかなり違うと思います。

以上を参考にしていただき、充実した春休みを過ごしましょう!!

このページのトップに戻る

みなさん、こんにちは。島根校です。

今回は、来年度受験するみなさんへ2017年の島根県高校入試から、

国語・理科・社会の傾向と対策をお伝えします。ぜひ活用を!!

【国語】

大問5問構成。

放送による問題がなくなり、全体的に記述問題が増え、一題あたりの記述量も増えました。

長文の中から必要な部分を確実に読み取るために、様々な長文問題を解き、

段落ごとの大まかな内容を捉える練習が必要です。

資料読解問題では、資料を正しく読み取り、情報を整理する力が求められます。

漢字や敬語の使い方等は、教科書レベルを復習します。

古文に関しては、文章に多く触れておくことが必要です。

【理科】

大問5問構成。

各分野全ての問題がバランスよく出題され、問題数もかなり多くなりました。

全体的にすばやく計算、処理することが求められます。基本的な用語や計算の仕方は

きちんと押さえておく必要があります。

実験・観察が関わる単元は、結果のみを丸暗記するのではなく、

実験器具の使い方、試薬の色の変化なども含め、過程や根拠をしっかり理解し、

記述できるようにしておくことが必要です。

【社会】

大問3問構成。

基本的な語句を押さえておくことが、大きな得点源となります。

地理歴史公民の複合問題となっており、歴史では幅広い年代から出題され、

全体的な時代の流れと、それぞれの歴史的背景の両方を押さえ、

その上で応用する力が求められます。

公民では人権や政治、地理では時差や雨温図といった基本的な問題が出題されました。

時事問題対策として、新聞などをよく読み、関心を持っておくことも必要です。

このページのトップに戻る

前のページ

島根県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT