教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



今回は年末年始特訓のお知らせです。

【日程】12/30(土)~1/3(水)

【場所】個別教室のトライ鹿児島中央校

【対象】小学4年生~大学受験生

【定員】先着30名

受験生の方からの強い要望により、

開校教室を開放してマンツーマン指導を行う年末年始特訓、

今年度も開講が決定しました!

鹿児島中央校を開校し、5日間特訓を行います。

指導内容は要望に応じてマンツーマンで対応し、

何と9時~18時まで自習室を利用できます!

毎年受験生を中心に非常に多くのお問い合わせをいただき、

すぐに満員となってしまう特訓の為、

ぜひ早めにお問い合わせをお願いいたします。

このページのトップに戻る

今回は、鹿児島県にお住まいで高校受験を控え皆さんを対象に、

トライ式高校受験セミナーをご紹介いたします。

以下のような方には特にオススメ!

☞ 志望校をどのように選んだらよいかわからない

☞ なかなか点数が上がらない科目があり困っている

☞ 今から受験に間に合うか不安

○中山会場

【日程】11月18日(土) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 中山校

【参加費】 無料

【定員】 先着18名

○伊敷会場

【日程】11月18日(土) 10:00~場 10:30~開演

【会場】 個別教室のトライ 伊敷校

【参加費】 無料

【定員】 先着18名

○吉野会場

【日程】11月18日(土) 10:30~開場 11:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 吉野校

【参加費】 無料

【定員】 先着20名

○柳町会場

【日程】11月19日(日) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 柳町校

【参加費】 無料

【定員】 先着20名

○谷山会場

【日程】11月19日(日) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 谷山校

【参加費】 無料

【定員】 先着20名

○加治木会場

【日程】11月26日(日) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 加治木校

【参加費】 無料

【定員】 先着15名

○薩摩川内会場

【日程】11月11日(土) 10:00~開場 10:30~開演

【会場】 個別教室のトライ 薩摩川内校【参加費】 無料

【定員】 先着20名

○国分会場

【日程】11月23日(木) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 国分校

【参加費】 無料

【定員】 先着15名

○日置会場

【日程】11月18日(土) 10:00~開場 10:30~開演

【会場】 個別教室のトライ 伊集院校

【参加費】 無料

【定員】 先着16名

○鹿屋会場

【日程】11月26日(土) 9:30~開場 10:00~開演

【会場】 個別教室のトライ 鹿屋校

【参加費】 無料

【定員】 先着15名

セミナーのお問い合わせ、お申し込みはお気軽に

お電話もしくはHP上でどうぞ。

TEL:0120-555-202 (9:00~23:00)

https://www.trygroup.co.jp/seminar/juniorhigh/

このページのトップに戻る

今回は毎年恒例となっている「トライ式冬合宿」のお知らせです。

◎◎。゚.o。【トライ式冬合宿 in 鹿児島サンロイヤルホテル】。o.゚。◎◎

例年、受験の追い込みに一つのきっかけをつかみたい人や

来年に向けて自分を変えたいと思っている方から大好評をいただいています!

参加者、随時募集中です!

【会場】

鹿児島サンロイヤルホテル

【日程】

2017年12月25日(月)〜28日(木)3泊4日

【対象学年】

小6(受験)、中2、中3、高2、高3

【定員】

鹿児島 60名(残席わずか!)

・総学習時間は35時間以上!

・入試問題に直結する洗練された授業・問題で確実な点数UPを目指す!!

・総評シートで自分の傾向や改善点を見つけ、今後の課題が明確に!!

・集団、準個別、演習の指導を混合で実力アップ!

・プロ講師はもちろん、たしかな実績・評価をもつ新進気鋭の教師陣も参加!

・入試傾向を把握し、受験突破の必要な知識を付ける!

・受験に打ち勝つ為のメンタルトレーニングを実施

・納得いくまで演習ができる環境設定



プロ講師陣による授業に加え、いつでも質問できるサポーターがいて体制は万全です!

お問い合わせは家庭教師のトライ鹿児島校まで、お気軽にどうぞ。

お申し込みはHPからも可能です。

https://www.trygroup.co.jp/studycamp_request/

このページのトップに戻る

今回は、インターネットで簡単にできるトライ式性格診断のご紹介です。

トライのオーダーメイドのカリキュラム】

みなさんの学力面だけではなく生徒さん本人の性格や

人間性なども重視して作成、ご提案いたします。

このサイトでは、お子さまを9つの性格タイプに診断し、

各タイプごとに長所・短所などの性格特性を把握できます。

性格特性を知り、自分自身に合った学習・指導を実施することで、

高い学習効果を上げることができます。

この性格診断はその第一歩ですが、

ぜひ一度、試してみてください!

https://www.trygroup.co.jp/sp/shindan/

このページのトップに戻る

今回は「プロの逆転合格コース」のお知らせです。

残り時間の少ない受験生の皆さんには、

入会金無料!プロの逆転合格コース」をおすすめ!

受験本番まで残された時間も数えるほどになってきました。

焦れば焦るほど、分からないことがたくさん出てきて、

後回しにしているうちに時間ばかりが過ぎていく。

そんな状況ではありませんか?

わからないことをそのままにした状態で勉強しても効果は上がりません。

トライのプロ家庭教師なら、あなたの知りたいことを何でも自宅で聞けます。

頭をすっきりさせた状態で、質の高い指導を受けながら

受験までの残り少ない時間を使ってみてはいかがでしょうか。

ご相談は家庭教師のトライ鹿児島校までお気軽にどうぞ。

詳しくはHPもご覧ください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

※受付期間:2018年1月31日まで。

このページのトップに戻る

勉強がひと段落したとき、なかなかモチベーションが上がらないとき、

志望校の学園祭出かけてみてはいかがでしょうか。

将来、そのイベントに主体的に参加している自分を想像してみましょう。

学園祭では、パンフレットや説明会ではなかなか感じることのできない、

学生生活の雰囲気に触れてみましょう。

例えば、鹿児島大学では

11月9日(木)~12日(日)

大学祭「鹿大祭」が行われます。

もちろん、大学に限らず、高校や中学校でも学園祭は行われ、

学校生活の雰囲気を味わうことができると思います。

ぜひ調べて出かけてみましょう。

志望している人はリフレッシュも兼ねて出かけてみると

モチベーションのアップにつながるいい機会になるでしょう。

もしかすると、将来の先輩との出会いもあるかもしれません。

このページのトップに戻る

今回のテーマは推薦入試などで課される小論文対策です。

「自分は文章がうまいからだいじょうぶ」

と思っている人はいませんか?

そういう人は落とし穴に引っかかる危険があります。

今回のブログを注意して読んでください。

作文や小論文で大事なのは、

発想の斬新さでも表現の美しさでもありません。

重要なのはしっかりとした構成です。

また、課題が与えられると、いきなり書き出す人がいますが、

それではなかなか採点者の評価を得ることはできません。

まず自分の言いたいことを決め、

それをどのような論理展開で相手に納得させるかを

あらかじめ決めておかなければいけません。

順序としては、

1. 言いたいこと(テーマ)を決める

2. テーマに沿った使えそうな具体例(アイデア)を箇条書きにする

3. 論理展開を決める

4. 論理展開に沿ってアイデアを配置する

また、小論文・作文上達の一番のコツは「誰かに見てもらうこと」です。

友達でも先生でも、だれでも構いません。

なるべく率直に意見を言ってくれる人に頼むのがよいでしょう。

もちろん小論文専門の家庭教師が最も適任です。

家庭教師のトライでは、マンツーマン指導で生徒さんの緊張感を維持しながら、

小手先だけのテクニックをつけさせるのではなく、

合格できる答案をつくる力を養成します。

お問い合わせは、家庭教師のトライ鹿児島校までお気軽にどうぞ。

このページのトップに戻る

受験生の皆さん、しっかり勉強モードに入っていますか?

本気が出ない人、まだ受験を自分の事として考えられない人は

試験日までの日数を逆算してみましょう。

さらにその日数を

復習しなければならない5科目ぶんの単元数で割り算みましょう。

全く余裕が無いことに気づくはずです。気づいた今がやる気になるチャンスです。

今から試験日までの残された時間をどう生かすかはあなたの行動次第です。

苦手な単元がある人も、今からなら克服が可能です。

今不安なところをリストアップして、優先順位の高いところ、

今までの模試などで失点率の高いところから重点的に克服していきましょう。

試験直前になって、これまでやったことのない問題集に手を出すと

不安要素が増えて逆効果ですが、いまならまだ間に合います。

これからの対策はむやみやたらに勉強するのではなく、自分をよく見つめて、

苦手なところを中心に勉強することが重要になります。

点数の見込める科目をさらに伸ばすのは、

自信をつける上でも、とても重要なことですが、

この時期は伸びしろの大きい苦手科目に重点を置きましょう。

苦手科目の勉強はなかなか手のつかないものなので、

しっかりした計画を立てて、自分を机に向かわせましょう。

学校や塾の集団指導ではできないレベルの、きめ細かい指導が可能です。

逆転合格を狙っている方、苦手克服したい方、

ぜひ家庭教師のトライ鹿児島校へご相談ください。

このページのトップに戻る

今回は、志望校をどうやって決めるのかということについてお話しいたします。

志望校を決める基準はさまざまですから、悩むのは当然です。

悩みは家族や身の回りにいる人に相談しましょう。

志望校決定のもっとも大きなポイントとなるのは

自分がどのように学校生活を送りたいか、 ということです。

具体的には、「将来就きたい仕事」「学びたいこと」「学校の特色」など

が関係してくるでしょう。

それが明確な人には「現在の学力」は二次的なものでしかありません。

学力の伸びは意志の強さと比例することが多いからです。

とはいえ、入試の日までに学力を引き上げておく必要があるので、

模試などを使って自分の位置と志望校のレベルを常にチェックしておく必要があります。

それから、実際に学校に見学に行ってみて、

その学校に通う自分をイメージしてみるのも大事です。

家庭教師のトライでは、各地の学校情報を熟知した

教育プランナーが志望校のご相談に応じます。

進路や受験勉強で悩んでいる方、

ご相談は家庭教師のトライ鹿児島校まで。

このページのトップに戻る

鹿児島県公立高校入試の傾向と対策についてお話していきたいと思います。

【理科】

毎年すべての分野からまんべんなく出題されているため、

かたよりなく確実な学力をつけておく必要があります。

どの分野にいても実験観察の問題が小問1つ分は出題され、

実験の目的や手順、考察といった内容を重視していることが分かります。

◎物理

毎年小問数が多数出題されます。記述式の問題が多いのも特徴です。

会話文や身近なことがらを使っての出題が多いのも特徴です。

◎化学

化学式だけでなく、実験器具や操作方法なども頻出です。

暗記をしなくてはならないところはしっかりと押さえておきましょう。

計算問題も必ず出題されるので公式を覚える必要があります。

◎生物

「動物、植物のくらしとなかま」はほぼ毎年出題されています。

点数の稼ぎやすい分野と言えますが、ほかの単元をおろそかにしないように。

◎地学

数年単位でみると単元の偏りなく出題されています。

天体、地震・地層・岩石、天気の変化などから例年、出題されています。

難問はあまり出ない傾向にあるので、単元ごとに基本的な知識を幅広くおさえましょう。

地震・火山の分野は近年、ほぼ毎年出ています。

地震が原因で起きる現象、震源の分布、海底プレートの動きなど

幅広く学び知識の抜けがないようにしておきましょう。

【社会】

社会も理科と同じように、歴史、地理、政治、経済と幅広い分野から出題されます。

扱う用語が特に多く、重要な単語は漢字で書けるように練習しておく必要があります。

まんべんなく出題されているため、日ごろから時間をかけて対策することが求められます。

◎歴史

日本史中心の問題がでる年と、日本史と世界史を合わせた問題がでる年があります。

年代や時代を判断させる問題はもちろんのこと、年表・グラフ、資料や写真などとともに、

時代背景を考えながら解答する問題がよくでる傾向にあります。

写真や史料など、教科書や問題の中で出てきたものは、その時代背景や内容をよくチェックし、

覚えていくようにしましょう。時代の整理をつけるには、

自分で年表を作成し、重要事項や関連人物などをそこに書き込んだりしながら、

日本・世界ともに流れを整理し確認していくのが効果的です。

◎地理

世界地理と日本地理の両方が出題されます。

地図、グラフ、写真などを使って日本との位置や時差、気候や文化を答えさせるものが出されます。

鹿児島県に関する問題がよく出されるため、地元の時事的な情報について、

テレビや新聞などで日ごろから関心を持つことが重要となるでしょう。

◎政治・経済

公民分野で、政治と経済はどちらも均等に出題されています。

近年、国際社会についても出題されているようですが、特に人権と日本の政治の仕組みを

中心に出題されています。最近は、用語そのものをたずねる問題よりも、

グラフや図表、その他の資料とともに出題されて、思考力・読解力を問う問題がふえてきているようです。

昨年は公民では電力の自由化やネットショッピングを

取り上げるなど新しい問題傾向も見られました。

このページのトップに戻る

前のページ

鹿児島県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


無料プレゼント中 高校入試合格 虎の巻 永久0円の映像授業TryIT