教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは!

家庭教師のトライ鹿児島校です!


今回は【文理選択】のポイントを紹介していきます!

まず、文系と理系の違いをご紹介します!


文系と理系で違いが出る科目は数学、理科、社会です!!

主に


⓵数学

理系は数Ⅲまで、文系は数ⅠAⅡB

②理科

理系は理科を一科目(化学、生物、物理、地学から2科目)

文系は理科基礎を二科目(上記基礎から2科目)

③社会

理系は一科目

文系は二科目


で入試を受けることが多いです!!



文理選択をする前に考えるべきことは

ずばり!どの学部に行きたいか!です。


志望大学よりではなく自分が学習したい分野を調べることによって

自分が文系、理系どちらを選択すべきか見えてくると思います!


ぜひ将来に向けての第一歩、文理選択についてしっかり考えてみてください!

このページのトップに戻る

こんにちは!


家庭教師のトライ鹿児島校です!


今回は【高校受験】の仕組みについてご紹介します!


高校受験を控える受験生だけでなく、

中学1、2年生も参考にしてくれると嬉しいです!


高校受験は公立高校と私立高校でしくみが異なります。


◎公立高校

都道府県ごと統一入試を行います。

さまざまなレベルの高校がある中で、テストは1つなので志望校合格に必要な点数を把握しておきましょう!


◎私立高校

学校ごとに入試を行います。

したがって学校ごとに傾向がバラバラなので志望校ごとの対策が重要になってきます!



家庭教師のトライ鹿児島校では鹿児島県の各高校の入試傾向をまとめた資料を用意してあります!


また、高校入試の傾向を熟知した教師も多数活躍しています!


高校受験に向けて1、2年生のうちから対策をしておきましょう!!

このページのトップに戻る

こんにちは!

家庭教師のトライ鹿児島校です!


今回は文系科目【国語】と【英語】の勉強方法を紹介したいと思います!


まずは【英語】!


英語は言語なのでとにかく声に出すこと、聞くことが大事!

教科書を音読したりやリスニング、またリスニングの音源と一緒にシャドーイングしてみよう!


次に大事なのは単語力!文章を読むにあたって単語がわからないとキーワードがつかめません!
逆に単語の意味がわかれば文法が少しわからなくても文章の概要がつかめちゃいます!


リスニング、シャドーイング、単語は毎日訓練しましょう!


次は【国語】!


国語は大きく分けて漢字と文章力が問われる。


漢字は普段から書けなそうなものをメモしておくと試験当日に役立ちます!


文章は段落を意識すると話の展開がつかみやすくなる!
私は段落ごとに線で区切って読んでいました!
ぜひ試してみてください!


家庭教師のトライには文系、理系問わずすべての科目のプロがいます!

一緒に苦手科目を克服しよう!!


このページのトップに戻る

こんにちは!


家庭教師のトライ鹿児島校です!


今回は共通テストに新たに加わる科目を紹介します。


なんと、2025年以降に共通テストは再編成され、

新たに【情報】が追加されます!!


また、現在ある【簿記・会計】、【情報関係基礎】は出題科目からなくなります。

2025年以降に大学受験を控えている中学生、小学生はぜひチェックしてみてください!



ちなみに、家庭教師のトライには【合格保証コース】というサービスがございます!


AIを利用した非常に実用的なサービスになりますので、今回は概要をお伝えできたらと思います。


【合格保証コース】は、


・全国初、AIタブレットが過去問をもとに全129大学の分析を行い、対策問題や計画を提示してくれる。

・実際に志望校に在籍している先輩と月に4回、コーチングをしてもらうことができる。

・志望校に合格ができなかった場合は1年間無料で利用できる保証付き

のサービスになっております。


国公立大学だけでなく、私立大学の情報も豊富に含まれておりますので、私立受験、国公立の二次試験の対策を非常に効率よく行うことができます!


この機会にぜひチェックしてみてください!!

このページのトップに戻る

こんにちは!


家庭教師のトライ、鹿児島校です!


今回は【推薦入試】を受けるにあたっての注意点をお伝えします!!


【推薦入試】と聞くと、

【一般入試】よりも簡単に志望校に合格ができる方法というイメージがあるのではないでしょうか。


実際は違います!!


【推薦入試】は学力だけでなく、学校の成績や面接、小論文などの多様性を問われる入試形態です。


ここで【推薦入試】を受けるにあたっての注意点を3つ紹介します。


⓵通常の学習以外に推薦入試用の対策が負担になりやすい。

推薦入試では授業では習わない面接や小論文の対策を勉強とは別に行わないといけないため、勉強との併用が負担になることがあります。


②推薦入試で残念ながら不合格になったときに

周りの一般入試をする受験生よりも対策時間が削られてしまう。

上記のように面接や小論文の対策に時間を削ってしまうので、後日一般入試を受験するとなると周りの受験生に比べ対策時間が少なくなってしまいます。


③推薦入試を受験して満足してしまうと万が一不合格であったときに

一般入試の対策が間に合わなくなってしまう。

推薦入試を受験し終わると、燃え尽き症候群になってしまう受験生もいます。ただ、合格するまでが受験。油断は禁物!!


推薦入試は上手に活用すれば素晴らしい入試形態です!

ただ、対策も必要となってきます!


勉強と対策の両立を意識して受験をしましょう!!

このページのトップに戻る

こんにちは!

家庭教師のトライ、鹿児島校です!


今回は鹿児島の入試は全部で3種類。志望校に合わせた対策を。

というテーマでお話します。


中学受験をして絶対に合格したい!そんな思いを抱えている生徒さんもいらっしゃると思います。鹿児島でも中学入試まで残り3か月となりましたので、現在の対策が志望校の対策に適しているのか、もう一度確認したい時期です。


結論から言うと、鹿児島の中学入試は3種類。

国立、私立、公立によって、対策が全く異なります。


■国立の中学入試

これは、鹿児島でいうと「鹿児島大学教育学部附属中」のことです。


各県に大学の附属中がありますが、鹿児島の附属中の場合、対策としては、基礎問題をどれだけ間違えないか、ということがカギになってきます。

…というのも、鹿大附属中の受験生って、ラサールを狙っているとか、志學館と併願しているとか、レベルが高い子たちが集まります。

実際に合格した後も、もしかしたらそんな子たちとライバルになるかも!と考えて今のうちから、しっかりとした力をつけておきましょう!


■私立の中学入試

私立の中学校は鹿児島にもたくさんあります。

ラサール中、志學館中、純心中、池田中、修学館中など、市内だけでも割と種類はあります。


学校によって変わってくるのですが、私立中の場合、「小学校の授業では習わないこと」が試験で問われますので、学校の授業+αの対策が必要になります。

特殊算や図形の発展問題など、準備するべきことが多いです。

ラサールとか志學館とかを狙っている子たちが、小学3年生の後半から塾に通って対策しているのも、このあたりの対策をとるためです。

もし…仮にこれまで全然対策をとってこなかったという方がいらしゃれば、目標を設定しなおす必要があるかもしれません。


■公立の中学入試

これは、鹿児島でいうと「鹿児島玉龍中」と「楠隼中」です。

この二つは対策が特殊になります。公立中の場合には、学力試験で生徒さんをとることができないので、「適性検査」を入試問題として、試験を実施します。


簡単に言えば、適性検査で求められるのは、「自分の考えを発信する力」「求められていることを正確に読み取る力」です。基本的には、文章を読んで答える問題になりますので、読解力と記述力は必須になります。知識をただただ入れれば得点が上がるわけではありませんので、しっかりと事前に作文の練習をしておく必要があります。


どんな問題なの・・・と気になった方は、玉龍中のHPに過去問が載っていますので、確認してみてください!


ちょっと長くなりましたが、いかがでしょうか?

毎年この時期に、中学受験をしたい!でもまだ志望校も決まっていない・・・という方も一定数いらっしゃるので、今回の内容をお伝えいたしました。


それぞれ対策が異なるため、計画立てが何よりも重要です。

トライの無料学習相談ではゴールと現在地を細かく分析させていただき、今後のプランを作成させていただきますので、志望校選びに迷っている方には最適です。


★全受験生対象!逆転合格コース受付中★

お申込みはこちらから。


一緒に志望校合格を目指しましょう!

ご相談お待ちしています。

このページのトップに戻る

こんにちは!

家庭教師のトライ、鹿児島校です!

受験生の皆さん、【共通テスト】の願書提出の準備は完了しましたか?

今日は、共通テストについてお知らせします!

◆共通テストの出願期間迫る◆

現役生は高校でまとめて出願手続きをすることが多いですが、

受験生全員が出願をするという自覚を持つことが出願ミスの防止に繋がります!!


日程は下記の通りです。

〈2022年度大学入学共通テストのスケジュール〉

9月1日~:受験案内配布

9月1日~10月7日:検定料の振込期間

9月27日~10月7日:出願期間(最終日消印有効)

1月15日・1月16日:試験日


それを踏まえて【共通テスト】の概要をセンター試験との変更点を踏まえて

見てみましょう!


■英語

リーディング100点・リスニング100点に配点が変更された。

リーディングは発音アクセント・文法問題がなくなり、全て読解中心の問題に。

リスニングでは英文が1度しか放送されない問題も。


■国語

現代文では「複数の文献の読み比べ」という高度な読解スキルが必要に。

「文章と一致する絵を選べ」というビジュアル問題も出題される可能性あり


■数学

数学ⅠAの試験時間が60分→70分に変更。

文章量が激増、速読が必要に。

日常の事象を数学的に解釈する力が求められる。


■理科・社会科目

資料読み取り問題、データ活用問題が増加。

日常の事象を題材にした問題が出題される可能性あり。


【家庭教師のトライ】では受験生の生徒さん、来年以降に受験を控えている生徒さんたちを、

共通テストのコツを熟知している教師と共に、全力でサポートしています!


長い夏休みを終えてまだ不安を抱えながら勉強をしている受験生!

この秋から当日までの勉強方法で結果は大幅に変わります!

あきらめずに最後まで志望校に向けて頑張りましょう!!

このページのトップに戻る

こんにちは。

家庭教師のトライ鹿児島校です!

今回は、成績UPの嬉しいご報告を生徒さんから頂きましたので、こちらのブログで共有させていただきます!


鹿児島県 S.Tさん 小学5年生

オンライン家庭教師受講中


■入会時の成績を教えてください

全国統一テスト2020/6/28

偏差値 算58、国48、理67、社64、4科目59



■現在の成績を教えてください

全国統一テスト2020/11/3

偏差値 算68、国48、理64、社70、4科目63


→なんと数学の偏差値が6か月間で「10」もアップ!



■トライに入会したきっかけを教えてください

2020年6月の統一テストの成績が悪かったから (それまでは2教科で偏差値60~65程度は取れていたので)


→テストの成績を見る瞬間ってなんとなく嫌な気持ちになりますのよね。しかし、この時にしっかり目を背けずに、向き合うことが重要です!



■先生にマンツーマンで教えてもらってよかったことを教えてください

子供がその時間だけは勉強してくれる。 親が解説しても聞かないが、家庭教師の先生の説明は聞く 「xxをやらないと家庭教師やめるぞ」というのが子供に対する脅しになる


→小学5年生でも最近は立派な大人です。自分の考えをしっかり持っていて、親から意見されることはあまり好きじゃない・・・なんて生徒さんも多いです。第3者である家庭教師の先生の言葉は素直に受け入れてくれる生徒さんが多いです。



いかがだったでしょうか?

オンライン家庭教師が少しでも気になっている・・・

マンツーマンの先生に教えてもらったら、成績あがるかな・・・

と考えていらっしゃる方がいれば、参考になさってください。


トライでは、それぞれのご要望に合わせてカリキュラムを作成し、最短コースの学習で取り組んでいきますので、成績UPを実現しやすいです。

ご興味のある方は一度相談を申し込んでみてくださいね。こういった情勢でもありますので、もちろんオンラインでのご相談も可能です!


学習相談のお申込みはこちらから


今後もこのような形で実際にトライで成績UPを実現いただいている方のアンケートを公開していきますので、よろしくお願いいたします。

このページのトップに戻る

こんにちは!

家庭教師のトライ、鹿児島校のブログ担当です!

今日は、適性検査対策についてご紹介していきます!


■公立中高一貫校の特徴

公立中高一貫校は一人ひとりの個性に応じた教育を進めています。また、公立中学校と比較すると、主要教科の授業時数を増やしたり、学校独自の講座や補講などを実施したりと充実した学習カリキュラムになっています。

多くの公立中高一貫校が「国際社会で活躍するリーダーの育成」という目標を掲げており、「探究活動」や「体験的学習」などの教育にも注力しています。


■私立の中高一貫校との違い

公立と私立の最も大きな違いは入学者の選抜方法です。私立では、学校ごとの科目試験が課されますが、公立では「適性検査」や「作文」などが課されます。

また、学費も大きく異なり、公立は中学校の3年間は無料であり、高校3年間も一般の公立高校と同じ程度というメリットがあります。


■試験内容について

公立中高一貫校の入試では、多くの学校で適性検査や作文が課されます。一部の学校では、筆記試験に加えて面接や抽選、あるいは二次検査を実施します。適性検査では、身につけた知識を使って答えを導く教科横断型の問題や、思考力・表現力を問う問題が出題されます。そのため学校の授業内容を理解しているだけでは得点に結びつけることが難しく、専用の対策が必要となります。


■対策のポイント

あらゆる傾向の問題が出題されますが、いずれの問題でも共通するのは読解力の強化が必須であるという点です。また、記述式の問題が多く、特に文章の要約を行ったり、自分の意見をまとめたりする問題も頻出のため、記述対策も必要となります。

社会問題や時事問題が出題されることもあるので、日頃からニュースや新聞などを通して幅広い知識を身につけること、自分なりの意見を持つことなど、”広い意味での学び”が重要です。


<個別教室のトライでは適性検査対策も万全!>

適性検査に特化した受験対策が可能な「適性検査対策コース」お申し込みスタート



☆適性検査対策コースの4つの特徴☆

①一人ひとりに合わせたマンツーマン指導

指定教材の「スフィンクス」と「スフィンクスⅡ」を使い指導を行います。一人ひとりの理解度に応じて、優先的に取り組む単元の選定からプランニングします。基礎固めから応用問題の演習まで総合的に得点力を養います。


②オンラインでの面接対策

少人数グループ指導で全2回、面接指導専門のプロ講師による指導を受けていただけます。最新の傾向をもとに面接の流れやマナー、面接官に好印象を与えるポイントをオンラインツールを活用し、指導・アドバイスします。


③通信添削による作文対策

実際の入試を想定した作文課題を出題し、ご提出いただいた作文を専任の講師が添削し返却します。完成度に応じ、書き直しまでサポートするので、入試において“武器”となる作文の書き方を身につけることができます。「マンツーマン訴求」「オーダーメイドカリキュラム」「トライ式作文・面接指導」でトライだからこそできる適性検査対策で皆さまをサポートします。


④授業進度を確認できる公中検模試

年間延べ50,000名以上が受験する、公立中高一貫校入試に特化した模試で習熟度をはかり

ます。合格判定が出るほか、実戦形式の試験にチャレンジすることで、本番に必要な時間配分の感覚も磨くことができます。


適性検査対策コースのお問い合わせはこちら

このページのトップに戻る

鹿児島県の皆さん、こんにちは!

家庭教師のトライ 鹿児島校です。


9月がスタートしましたが、鹿児島はまだまだ残暑が厳しいです。

引き続き水分補給に気を付け、体調管理していきましょう!



現在、全受験生を対象に「逆転合格コース」をご案内しております!


トライが逆転合格で結果を出せる3つの理由

1 プロ家庭教師のマンツーマン指導

2 オーダーメイドのカリキュラム

3 受験対策特別パッケージ


「受験勉強のスタートが出遅れてしまった」

「志望校が決定したので、今から頑張りたい」

そう思っている受験生の皆さん、トライでは毎年多くの逆転合格を出しています。


「今からでも間に合うかな?」

大丈夫です、まずは無料の学習相談にお問合せ下さい!

受験情報に精通した教育プランナーが一人一人の目標に合わせてカリキュラムを作成いたします!

オンラインでの学習相談も行っております、まずはお問合せ下さい。


無料の学習相談はこちら


皆様からのお問合せ、お待ちしております!

このページのトップに戻る

前のページ

鹿児島県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら