教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



過去の記事を見る

2014年9月

長崎県の公立高校入試の国語は、

学校によって問題が変わることはありませんが、

学校によっては、100点満点ではなく、150点満点の傾斜がかかります。

 
 
そのため、長崎5校佐世保3校、諫早高校、大村高校等の進学校を希望している生徒は

国語に関しても苦手にするわけにはいきません。

 

もし国語が苦手という事であれば、傾斜がかからない学校を選ぶのも1つの作戦です。

 

過去の傾向は以下の通りです。

 

小説説明的文章では、読解問題の他に漢字や文法なども出題されます。

傾向としては、毎年大きくは変わりませんので、過去問対策は必須となります。

高得点をとっていくには、基本的な読解力と記述力が問われるため、

過去問対策をしっかり行い、記述力を高めていきましょう。

 

次回は理科編です!お楽しみに!

このページのトップに戻る

長崎県の公立高校入試の数学は、

進学校ではB問題となり、

100点満点ではなく、150点満点の傾斜がかかります。
 
そのため、長崎5校佐世保3校、諫早高校、大村高校等の進学校を希望している生徒は

数学を苦手にするわけにはいきません。
 
 
過去の傾向は以下の通りです。
 
大問1は小問集合

大問2は確率

大問3はグラフと図形の融合問題

大問4は空間図形

大問5、6は証明と図形の問題
 
ここ3年は大問1、3、4、5は同じ単元、関数と図形の分野は必須です。

このページのトップに戻る

長崎県の公立高校入試の英語は、

進学校ではB問題となり、

100点満点ではなく、150点満点の傾斜がかかります。
 
そのため、長崎5校佐世保3校、諫早高校、大村高校等の進学校を希望している生徒は

英語を苦手にするわけにはいきません。
 
過去の傾向は以下の通りです。
 
大問1 リスニング

大問2 対話文読解

大問3 発音問題

大問4A 語彙・文法・英作文

大問5 英作文

大問6 長文読解
 
50分のうち、10分がリスニングテスト、残り40分で大問5問のため、

スピードと総合的な英語力を求められます。
 
確実な基礎固めと応用力を身に着けて受験に臨むようにしてください。
 
どういう勉強したら良いの?

英語苦手で不安という方は是非トライまで!

このページのトップに戻る

小学生のテストは90点が平均点というはご存じでしたか?

80点台だから問題ないと感じているご家庭は黄色信号です。
 
小学6年間は全て90点台をとって中学生に上がっていくことが基礎固めとなり、

中学の勉強も遅れる危険も少なくなります。
 
小学生のうちは、復習と毎日の勉強習慣づけを目標として

学校の授業に遅れないようにしましょう。
 
また、文章問題にも積極的に取り組み、思考力や応用力を身につけ

中学のテストで最高のスタートを切れるようにしておくべきです。
 
小学生の細かなフォローはトライにお任せください。

このページのトップに戻る

センター試験まで残り120日前後となりました。
 
これからの過ごし方は合格に直結していきます。
 
 
秋以降の過ごし方で重要な部分の1点目は、

出来ると思っている分野は確実すること。
 
全くできない所ばかりに目を向けるのではなく、出来るところから確実にしていきましょう。
 
 
2点目は、

学校分析です。
 
志望校に必要な科目、点数配分等々全然違います。

それによって今、勉強が必要な科目を重点的にやりましょう。
 
 
最後に3点目。

がむしゃらに勉強しましょう。努力は裏切りません。
 
時間があれば勉強して、絶対後悔しないようにしましょう。

このページのトップに戻る

公立高校受験まであと半年です。

 

公立高校入試では内申点の点数配分が大きいのが長崎県の特徴です。

 

それを踏まえたうえで、これからの過ごし方で重要なのは2学期の定期考査の点数になってきます。

 

内申点の8割を占める定期考査。

毎日を計画的に過ごし、今から準備することが必要です。

 

志望校に向けて既に諦めている生徒さんはいませんか?

まだまだ間に合います!トライは多くの諦めかけていた生徒たちを逆転合格をさせてきました。

諦める前にトライの門を叩いてみてください!

このページのトップに戻る

近年、学力低下が話題になり、中高一貫校の人気も非常に上がってきております。

そのため、どの私立中学校、公立中高一貫校も年々倍率の上昇が見られます。

 

中学受験を考えているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

受験と聞くと2月や3月というイメージですが、中学受験は12月1月にはほぼ終わってしまいます。

現在小学6年生の生徒にとっては後4ヶ月くらいで本番ですし、

5年生にとっても残り1年程度となり、余裕はありません。

 

現在6年生の生徒はこれからの過ごし方が非常に大切になってきます。

 

学校の学習範囲は完璧ですか?

学校によって傾向が異なりますが、対策済みですか?

学校では習わない所が出題されるということをご存知ですか?

 

これから先はただいたずらに問題を解いていても合格には近づけません。

効率よく、志望校に合わせた対策をすることで、

合格確率を上げることも逆転合格も可能です。

 

 

青雲中学、附属中学、海星中学、南山中学、純心中学、長崎日大中学

長崎東中学、諫早附属中学、佐世保北中学の受験をお考えの皆さん

 

最後の追い上げはトライにご相談ください!

このページのトップに戻る

中学校でも高校でも9月末から10月上旬にかけて中間テストがあると思います。
 
定期テストというは内申書を作るうえで非常に重要なものです。
 
内申書を作るうえで、定期テストの成績が約8割を占め、その他で2割が決まります

つまり内申のためには、定期テストでは必ず良い結果を取る必要があるのです。

その対策を直前からするというのは非常にもったいないことです。
 
計画性を持って今から対策を始めましょう。
 
 
トライでは、その人の苦手な部分を確実に埋める計画を一人ひとりに合うように立てていきます。

ですので効率的な勉強が可能です。
 
勉強にはやり方、コツがあります。
 
勉強が嫌いな生徒の方が多いと思いますが、勉強から逃げる事はできません。

どっち道勉強しなければいけないのならば、トライで効率的に楽しく勉強しませんか?

このページのトップに戻る

夏休みも明け、まだまだ夏休みモードが抜けていない生徒も多いのではないでしょうか。
 
テスト前に苦労しない、入試前に苦労しないためにも学習習慣が非常に大切です。
 
何も毎日1時間も2時間もやりなさいということではありません。

毎日何分は必ずこれをやるということを決め、5分でも良いので実行していく。

それがまず達成感になり、やる気UP、集中力UPにも繋がっていきます。
 
小さな目標をクリアしていくこら始めてみましょう。
 
トライでは日割りで宿題を管理しております。

どこを勉強したら良いの?どういう勉強が効率が良いの?

ご不明な点、不安な点は是非トライにご相談ください。

このページのトップに戻る

長崎県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

お子さまにあった学び方をさがす

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら


-->