教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは。家庭教師のトライ愛知を担当しているトライさんです。

前回より、「志望校を確認しよう!」というタイトルでお伝えしています。

今回は第2弾です。豊田西高校豊田北高校にについてご紹介します。

どうぞ参考にしてください。


①豊田西高校(普通)※調査人数21名

合格者データ:平均当日点82.8点 最高当日点91点 最低当日点74点 平均内申点39.5点 最高内申点43点 最低内申点34点

不合格者データ:平均当日点71.6点 最高当日点79点 最低当日点67点 平均内申点39.4点 最高内申点43点 最低内申点36点


②豊田北高校(普通)※調査人数12名

合格者データ:平均当日点74.0点 最高当日点85点 最低当日点65点 平均内申点38.6点 最高内申点43点 最低内申点34点

不合格者データ:平均当日点63.7点 最高当日点70点 最低当日点60点 平均内申点31.7点 最高内申点34点 最低内申点30点


両校共にハイレベルです。

内申点が38~43辺りの間にきっと多くの生徒がひしめき合っているのでしょう。

当日点の1点、2点が合否を分けていることが想像できます。

当日点勝負の戦略はトライにお任せください。トライの完全1:1指導の強みを実感いただきたいと思います。


現在、トライでは日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」にて高校合格を応援させていただく企画を放送しています。

ぜひ、家庭教師のトライホームページやユーチューブにてご視聴ください。

https://www.trygroup.co.jp/lp/sukkiri2019/

http://www.ntv.co.jp/sukkiri/

このページのトップに戻る

家庭教師のトライ愛知本部です。

いよいよ11月末にある定期テストも近づいてきました。また12月には保護者会も実施されます。いよいよ志望校を確定していく時期となります。

今回は岡崎市にある岡崎高校と岡崎北高校の受験者データを確認してみたいと思います。


①岡崎高校(普通)※調査人数30名

合格者データ:平均当日点88.2点 最高当日点94点 最低当日点80点 平均内申点43.1点 最高内申点45点 最低内申点40点

不合格者データ:平均当日点80.8点 最高当日点87点 最低当日点77点 平均内申点38.3点 最高内申点41点 最低内申点34点


②岡崎北高校(普通)※調査人数118名

合格者データ:平均当日点79.6点 最高当日点94点 最低当日点63点 平均内申点40.3点 最高内申点45点 最低内申点33点

不合格者データ:平均当日点72.7点 最高当日点86点 最低当日点45点 平均内申点37.0点 最高内申点41点 最低内申点33点


いかがでしょうか?今の自分自身の立ち位置と目標数字の差分を確認できましたでしょうか?


現在、トライでは、既にCMをご覧になられている方もいらっしゃると思いますが

「逆転合格 受験対策コース」を好評受付中です。本対策コース受付もあとわずか!?

全員が志望校合格に向けて前進していきましょう。

受験生のみんな!頑張れ。

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。

少しずつ寒くなってきましたね。
体調管理には気をつけましょう。

今回は公立中学の定期テスト対策に関して簡単にアドバイスいたします。

1.学校の教材を繰り返し解こう
定期テスト対策にどんな問題集を使えば良いですか?
という質問をいただくことが多くあります。
答えは、学校の問題集を繰り返し解く、です。
もちろん、市販の教材で良いものはたくさんあります。
ただし、優先順位としては、学校の教材です。
学校の教材を繰り返し解いた上で市販の教材をやるようにしましょう。
もちろん、学校の教材を理解するための補助教材などはありますが、学校の教材を繰り返しやらないで定期テストの挑むということはないようにしましょう。

2.テスト範囲をしっかり確認する
中学校の定期テストに関して、ある程度は予測することが可能です。
一番わかりやすいのは、学校の先生がストレートに言っている場合ですね。
ここテストにでるぞ、と言ったものはほぼほぼテストに出ると思ってください。
それとあわせて事前に配られるテストの範囲表をしっかり確認しましょう。
それを確認すると、必ずヒントがあります。
普段からコツコツ勉強し、テストの直前で効率よく勉強していきましょう。

トライでは専門のアドバイザーが直接定期テストのアドバイスをしております。
興味がある方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。

推薦入試・AO入試が本格化してきましたね。
小論文や自己アピール文を対策しようと思っている受験生も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「小論文対策・推薦入試」について、対策のポイントをお話します。

1.小論文・推薦入試と一般入試の違い

・一般入試
…学力のみで選考する
※学校の成績は一切考慮されません

・推薦入試・AO入試
…評定、部活動・生徒会等の活動実績、当日小論文課題、事前レポート課題、
学科によっては学力入試、面接を課し総合的に選考する

このような違いがあります。

2、一般入試の勉強の両立について

推薦入試・AO入試を受験した方が有利…というのはわかるけど、
高校の先生などから「一般の受験勉強がおろそかになる」といわれ不安で踏み切れない…
という悩みの声をよく聞きます。

確かに小論文は準備が大切ですし、時間を要します。
しかし逆に言えば、傾向と対策をしっかりと行い、準備をしっかりすれば
結果に繋がりやすいのが推薦入試・AO入試の特徴です。
しっかり準備を行えば、チャレンジする価値はあります。

3、小論文の上達のコツ

まずは、段落分けなど基本的なことがわからなくても、とにかくたくさん書いてみることです。
そのうえで、早く上達するために、添削してもらうことを繰り返すことです。
注意点としては、添削してもらってもそのままでは力がつかないので、
直された部分を意識して、何度も書き直しましょう。

この3つをまずは確認してください!

トライのマンツーマン指導なら、「文章力が不安で何から書けばいいのかわからない」という方も
先生のサポートで、最初の一文を一緒に書き始めることができます。

★小論文対策コースのご案内★

<<高3・高卒生対象 小論文・面接対策講座>>受付中!

120分5回で完結する集中講座で、

●小論文・医系論文の構成と書き方
●論文の読解方法
●図・資料の読解法

がわかり、志望校に応じた「傾向と対策」を把握できます。
詳しくは資料請求・お電話にてお問い合わせください。

小論文でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。
秋を本格的に感じるようになりましたね。

今回は愛知県公立入試対策についてご紹介できればと思います!
特に数学に重きをおいてご案内いたします。

昨年度Aグループ数学/45分22点
〔1〕基礎問題(小問群)       8点(8問)
〔2〕方程式の利用、資料の活用、証明 4点(3問)
〔3〕確率、いろいろな関数      5点(3問)
〔4〕円、平面図形、空間図形     5点(3問)

→数学で重要なのは
「計算力」「パターンを覚えきる」の2つ

数学の勉強の鉄則①
計算力=暗記
・九九が代表例。四則計算は基本暗記
・数学が得意な子ほど、息を吸うように計算ができる
・まずは、15×15まで暗記で覚える
計算力の向上は、解答スピードが早まり正確性も上がります。
地盤を固めるところは怠らないようにしましょうね。
ケアレスミスも防げるようになりますよ。

数学の勉強の鉄則②
初見の問題がないようにする。解法のパターンを覚えきる。
・初見の問題は基本解けない
・数学には、たくさんの問題があるが解法は限られており、似たような問題を作り変え
ているだけ
・「なんとなく見たことあるなー」が大事
実は皆さんが普段使っている問題集・ワークに入試問題と同じ内容の問題があります。
問題の出し方が異なっているため、一見難しそうに見えますが実はそうではありません。
数値が変わったり、微妙に図形が変形していたり、求める場所が変わったり、
どのように求めるのか?というプロセスに注力することが大切です。
数多くの問題パターンに触れることを意識しましょうね!

受験に関してのご相談・ご要望などお気軽にお申し付けくださいませ
愛知県公立高校入試もぜひトライにお任せください!

さらに詳しい情報はこちら

https://www.trygroup.co.jp/request/

このページのトップに戻る

愛知県のみなさんこんにちは!
家庭教師のトライ愛知県本部です。
最近は冷え込む日が多くなってきました。
特に受験生は体調管理に気をつけましょうね。

今回はトライの冬合宿の案内をさせていただきます。

トライの冬合宿では、「当日点に特化した受験生コース」と、
受験を来年に控えた中学2年生・高校2年生などの「非受験生コース」をご用意しております!

以下のようなお悩みの方は、ぜひトライの冬合宿の参加を考えてみてください!
①志望校の内申点の基準に届いていない(中3)

愛知の公立入試は、
内申点:90点
当日点:110点
で評価されます。

内申点がかなりの割合を占めるため、内申点が取れていない場合かなりのハンデになります。
ただし、現状で諦める必要はありません!
当日点で挽回すれば逆転の可能性はあります。
合宿では、この当日点をいかに取るかということに特化した授業を行います。
内申点は足りていないけど、志望校に合格したい!何とか当日点を志望校に届かせたい!そんな中学3年生はぜひ合宿に参加してみてくださいね。

②夏休みに計画通り勉強ができなかった

夏休みを使って、2年生までの復習をしようと計画を立てた受験生も多いのではないでしょうか?
しかし、
「思うように進まず、計画通りやりきれなかった」
「夏休み明けの模試で思っていたより点が取れなかった」という声もよく聞きます。
中学1・2年分を全て順番に復習するとなると、たしかにかなり大変です。
同じことを冬休みにやってしまうと、受験までに間に合いません。

トライの合宿では入試頻出単元に絞り、効率の良い順番で授業を進めます。
受験までの残り期間を無駄にしたくないですよね?

短期間で少しでも効率良く点を取りたい、そんな受験生はぜひ合宿で受験対策をしましょう。

③今から受験を見据えて対策したい、基礎学力を向上したい、集中力を伸ばしたい
4日間で総学習時間は25時間。豊富な勉強時間で受験生に対する心構えをつくります。
また、受験の目標設定・志望校選定から年間計画表作成も行います。

学校の授業中や、塾・家庭教師の先生がいる時は勉強できるが、
一人になると集中力が続かないという人も多いのではないでしょうか?
年末年始は特に誘惑も多く、勉強の気が散ってしまいがちです。
それに流されてしまったまま冬休みを終えるということは、受験までの最後のチャンスを無駄にするということです。

自分一人でも強い意思を持って勉強できるか、ということに少しでも不安を感じるのであれば、
合宿というサポートをぜひご検討ください。

トライの冬合宿詳細
【日時】2019年12月25~28日
【場所】ストリングスホテル名古屋
【対象】小6、中2、中3、高2、高3

このページのトップに戻る

皆さんこんにちは!
家庭教師のトライ愛知県本部です。
朝晩の風が涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね。
今回は現在CMでも放送中の「プロの逆転合格コース」についてご紹介させていただきます。

中学受験・高校受験・大学受験の受験対策コースの受付を開始いたしました!
トライが選ばれる理由として、
① 「志望校別に選べるプロ家庭教師」
② 「昨年度25,000人の合格実績」
③ 「一人ひとりに合わせた受験合格カリキュラム」
④ 「過去問対策からAO入試に向けた小論文・面接対策まで対応

など大変ご好評いただいております。

① 「志望校別に選べるプロ家庭教師」
受験に精通した2019年度の合格実績講師や、科目別のスペシャリストなどが多数在籍しているため、志望校や科目、性格に合わせた講師をお選びいただけます。

② 「昨年度25,000人の合格実績」
2019年度トライの家庭教師・個別教室を利用し、受験に合格した生徒数が上記となります。
あらゆるお悩み、ご希望に対応できる自由度の高いトライだからこそ、多くの生徒さまを合格に導いております。

③ 「一人ひとりに合わせた受験合格カリキュラム」
トライでは現状のスタートレベルから合格まで逆算し、生徒さまの適正に合わせてカリキュラム作成を行います。
今後の授業内容だけでなく、自習でやるべきことや、この冬に必要な学習まで計画立てとアドバイスを行います。

④ 「過去問対策からAO入試に向けた小論文・面接対策まで対応」
トライの受験対策は一般的な勉強だけではありません。
志望校に合わせた過去問対策で、より実践での得点力を付けます。
また、小論文・面接対策も行っておりますのでAO入試にも対応可能でございます。
ぜひ、逆転合格はトライにお任せください!

現在、無料の学習相談を承っております。
どのようなことでも結構ですのでご相談お待ちしております。
弊社のプランナーがお伺いさせていただければと思いますので、お悩みがある方はお気軽にご相談ください。

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

このページのトップに戻る

こんにちは。トライ愛知本部です。

気温も下がり始め、風邪をひきやすい季節になりました。体調を崩さないようにしてください。


今回は、「模試の受け方~高校受験編~」についてお話をします。


高校受験の模試の目的はなんでしょう?


・本番さながらの環境でテストを受けることができる

・今まで勉強していた自分の実力を発揮して、できる点・できない点を認識

・結果から志望校への合格到達度を知る


以上が主な目的になります。

模試はいつでも何度でも受けられるものではありませんので、

機会がある限りは是非受けていただきたいです。


トライでも11月21日(木)、12月22日(日)に行われる第4回、第5回愛知全県模試の申し込みが可能です。

(第3回までの全県模試は締切済)


模試を受けた経験がある方は、思ったより難しかった、できなかったという感想を持った方が多いのではないでしょうか。

点数を見て、志望校の合格率を見て、愕然としてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そこから得られたことは決して無駄ではないのです。

これが本番の入試ではないので、今から入試問題を克服するという目標ができたと思ってください。


結果が返ってきてまず見てほしいのは、点数もですが、

どの問題があっていて、どの問題が間違っているかの確認です。

できない問題をできるにかえる、それが重要になります。

毎回の模試でできないをできるに変えていきましょう。


特に平均を下回っているもの=特に正答率50%以上ある問題で得点できていない問題は、

今から早急に克服していくべき単元になります。


そして次に確認してほしいのは、偏差値です。

自分が今受験生の中のどの位置に立っているのかを把握してください。

模試というツールを使って、自分の課題に向き合い、合格に近付きましょう!


しかし、

「そう言われたもののどうしたらいいかわからない」「どうせできないから無理・・・」

そんな気持ちになっていませんか?

そんな時こそ、トライにご相談ください。


トライの教育プランナーが受験合格のゴールに向けて具体的な計画を作っていきます。


今からは1日1日が貴重な時間になります。

残り少ない時間の中で、効率的な勉強方法を確立できるようにサポートさせていただきます。

少しでも今の成績や勉強法のままで大丈夫か不安がある方は、お気軽にご相談ください。


一人ひとりに合わせた効率的な勉強法を一緒に考え、ご提案いたします。

逆転合格コースも大好評受付中です!

このページのトップに戻る

みなさんこんにちは。
家庭教師のトライ愛知本部です。
夏休みも終わり いよいよ受験に向けてラストスパートの時期になりました。

今まで頑張ってきたことを結果につなげられるかどうか、
これから年末にかけてどう過ごすかによって変わってきます。

そこで今日は秋以降に気をつけるべきことをお伝えします。
中学3年生に向けてのメッセージですが、
他の受験生の方にとっても多少なりとも参考になるかと思います。


ⅰ)体調管理

ⅱ)生活リズム

ⅲ)過去問の使い方


まずは何と言ってもⅰ)体調管理です。


受験当日の体調を整えることももちろん大事ですが、

これからは1回1回のテスト、1日1日の授業態度や提出物が内申点に直結します。

内申点はちょっとしたきっかけで変わってしまいますので、

とにかく体調管理をしっかりして毎日元気に学校に行くことです。

当たり前に聞こえるかもしれませんがこれが一番大事です。


また、インフルエンザの予防接種は基本的に年内に2回接種することになっています。

毎年駆け込みで申し込んでワクチンが足りなかったり

従来のワクチンだけ接種して新型に対応していなかったため

予防接種を受けたにもかかわらず感染してしまったという事例がたくさんあります。

かかりつけのドクターに相談して早めに接種しておきましょう。


次にⅱ)生活リズムです。


夏休みを通して夜型の生活になっている人はいませんか?

ヒトは目覚めて5時間~6時間後にパフォーマンスのピークを迎える、と言われています。


学校の定期テストも受験も午前中から始まることを考えたら

とにかく朝方の生活リズムを確立することが大切です。

せっかく頑張って勉強しても、本番で実力を出し切れなかったら意味がありません。

今から生活リズムを整えるようにしていきましょう。


最後にⅲ)過去問の使い方です。


『過去問』というと、受験勉強が一通り終了してからやるもの!というイメージを持っている人が多くいますが、これは間違いです。

過去問題はとにかく早い段階で時間を測って解いてください。


愛知県の公立高校の問題形式は毎年大幅に変わることがありません。

そのため時間を測って解いてみて、時間に余裕を持って終われなければ、

時間がかかってしまう問題を中心に対策を進めてください。


他にもポイントはたくさんありますが、

まずは上記の3点を意識して合格を目指してください。

志望校別受験対策コースも大好評受付中です。

受験に対してご不安がある方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

愛知県のみなさん

こんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。


今回は中学受験の方に向けて、
模試の活用方法に関してアドバイス
ていきたいと思います。


中学受験生、特に小学6年生は、
今から受けられる公開模試の情報はおさえておきたいです。
しかし受験しても、「意外と偏差値とれたね~」と満足してしまっては、
模試を十分に活用したとは言えません。


【公開模試】やってはいけない3原則!


① 試験会場の空気に飲まれる

試験本番さながらの緊張感の中、ほかの受験生の鉛筆の音が気になってしまうことも。

緊張状態下で問題を解くことで、平常心なら解ける問題も解けなくなったり、

凡ミスが増えることがありますので、普段の勉強から入試本番を想定して、

制限時間を設けて課題に取り組むなど、緊張状態に慣れることが大事です。


② 解けなかった問題のやり直しをしない

なぜ解けなかったのか、緊張していなければ解けたのか。

時間をかけても解き方が分からなければ、個別に先生に解き方を聞くなど、

必ず解答例を見て復習するようにしましょう。

模試の間違った問題だけをノートに貼り出して、自分だけの問題集を作るのもよいでしょう。


③ 1回1回の模試の結果に一喜一憂する

たまたま良かった偏差値を頼りに安易に志望校を決めたり、たまたま悪かった偏差値を

気にして、一番行きたい志望校を諦めたりすることは得策ではありません。

模試の判定結果を指針にして、志望校に向けて今自分は何をしなければならないのかを

明確にして勉強することが、模試を受験する最大の目的です。


トライでは、過去の受験生のデータから、公開模試の判定結果をもとに、

志望校に向けた最適な学習プランを立ててまいります。


毎年逆転合格をした生徒様が数多くいます。

伸び悩んでしまっているお悩みを抱えた方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

前のページ

愛知県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら