教育プランナーブログ

各都道府県の経験豊富な教育プランナーが最新の教育情報や
お子さまの目標達成をサポートする情報を発信いたします。



こんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。
東海地方も梅雨に入りましたが、ジメジメに負けず元気に過ごしたいものですね。

今回は、中高一貫の女子校、聖霊中学校の受験について取り上げます。
VAP入試という新しい入試も注目されていますが、どんな対策が必要になるのでしょうか。

【聖霊の入試特徴①4教科】
国語のみ100点、ほか算数理科社会はそれぞれ50点の、4教科計250点満点で選考されます。
4教科の合格最低点は197点と、8割は得点する必要があります。

【聖霊の入試特徴②算数】
算数は2019年度から100点満点ではなく50点満点となりましたが、合格平均点をみると2018年度までは7割前後だったところ2019年度は43点と8割以上必要になりました。
割合、速さ、図形、規則性などの文章題が多く出される傾向にあります。
全体として難易度の高い問題は少ないので、計算問題をスピーディに正確に解くこと、文章問題の基礎力をつけることが重要です。

【聖霊の入試特徴③国語】
国語は唯一の100点満点教科となりました。
こちらも8割は得点しておきたいところです。
長文が2題、漢字が7~8題という傾向になっていますので、漢字の対策は必須です。
長文は、指示語や接続詞に着目して読む練習をしましょう。記述はほぼ抜き出しです。
過去問演習もしっかり行いましょう。

【聖霊の入試特徴④VAP入試とは】
聖霊独特の入試として、VAP選考入試があります。
これは、聖霊中学に入りたい強い意志を持ち、学校のアドミッションポリシーをよく理解し合致するかを問う試験です。
エントリーシートを提出後、筆記課題文と必須科目の国語、算数・社会・理科から1教科選択し受験をします。
筆記課題文は、文章を読み思ったこと・感じたことを書くことになりますが、2019年度の文章では登場人物の発言の意味を考えたり道徳観が試される内容でした。
物事に関して、どうしてそうなるのか、そのあとどうなるのかなど、問題を解くときに限らず、普段の生活のなかでも考えていきましょう。

トライでは中学受験に特化した教師も幅広く所属しています。
CMが話題の夏キャンペーン夏期講習無料も好評受付中です。
ぜひ一緒に合格を勝ち取りましょう!

このページのトップに戻る

こんにちは。

家庭教師のトライ愛知県本部です。
今回は愛知県内のトップ中学、南山女子中学についてとりあげます。

【南女の入試特徴①4教科800点入試】
南山女子中は、4教科各200点ずつの計800点満点となります。
4教科の合格最低ラインは60~65%のため、70%は取れるよう対策が必要です。

【南女の入試特徴②算数】
図形問題は、平面図形・立体図形ともに頻出単元です。面積や体積を求める問題だけでなく、
作図問題も出題されますので、問題数をこなし慣れておきましょう。

【南女の入試特徴③国語】
長文読解は、随筆文が必須となります。文章の難易度自体は高くはないですが、
試験時間に対して設問が多いためスピードと正確性を鍛える必要があります。

トライではマンツーマン指導により志望校別に対策を行っていきます。
家庭教師のみでの受験対策も、通っている塾のフォローもできますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

夏期講習無料キャンペーンの締め切りもせまっています。
ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。
本日は、愛知県 私立金城学院中学校・高等学校の中学受験についてとりあげます。

【金城中学校の入試特徴①4教科300点+面接入試】
国語・算数が各100点ずつ、理科社会が各50点ずつの計300点満点となります。
4教科の合格最低点は134点~143点前後と、5割はとっておく必要があります。
面接は5分程度あり、受験生と保護者1名に面接官2人で行われます。
受験生には受験理由、保護者には家庭での教育方針や金城学院の教育方針への理解などが聞かれます。

筆記試験と面接を総合的に評価し、足切り制度などはありません。

【金城中学校の入試特徴②算数~公式をしっかりと理解しておこう!】
金城中学では例年基本的な問題が出題されています。
そのため、受験勉強ではスピードより正確に解くことに意識して励みましょう。
また、以前は少なかった図形問題が近年は図形問題の割合が多くなっています。
そのため公式などをしっかりと理解しておくことが大切ですが、金城の場合は文章題で文をきちんと読み取りそれに合った処理ができるかどうか試されます。
ですので公式の暗記ではなくなぜそうなるのか?ということも理解しておくことが大切です。

【金城中学校の入試特徴③国語~思考力が問われるロングアンサー!】
説明文または長文1題、詩・俳句1題の2題構成となっています。
また金城の特徴として他の中学では必要性があまりない韻文や文法の準備が必須になります。
そして、文章を読解する中で短歌や俳句・漢字・文学史などの知識を問う問題が出題されるためどのジャンルにおいても苦手分野を作らないようにすることが大切です。
全ての問題に日頃からあらゆることに関心を持ち文章化する問題が出される為、自分の経験をあてはめて改めて自分の言葉で表現する力をつけておくことが大切です。そのために問題集で勉強する場合には,自分の答えと正解を比べ吟味する時間に重点を置くことが良いでしょう。
理科と社会についてはまた後日触れていきます。

トライではマンツーマン指導により志望校別に対策を行っていきます。
淑徳・椙山などここで取り上げられなかった学校の対策も可能です。
中学受験の勉強を始めようと思っている、すでに塾に通っておりそのフォローが必要かなと悩んでいるなど、お気軽にお問い合わせください。

夏期講習無料キャンペーンも大好評受付中です!

このページのトップに戻る

皆さん、こんにちは!
家庭教師のトライ愛知県本部です。
すっかり気温も上がり、暑くなってきましたね。夏日も増えてきましたので、水分補給を忘れずにしましょう。

さて、今回ご紹介させて頂きますのは岡崎市にお住まいの皆さんへ特別なお知らせです。

「6月スタート生大募集!」
定期テスト・高校受験で結果を出すなら完全マンツーマンのトライ!
•志望校別受験対策コース
•定期テスト対策コース
など、多彩なコースを好評受付中です!

ただいま、岡崎市内からお問い合わせを多くいております。
岡崎市の中学生に選ばれる4つの理由もご紹介。
➊岡高対策専門コースが受講できる
➋学校別の定期テスト対策ができる
❸合格実績教師のマンツーマン指導を受けられる
❹秋から始まる佐鳴予備校のテスト対策ができる

ピンポイントの苦手克服から5科目トータル対策まで、
ご要望や状況に応じてトライさんが1人1人に合わせて学習プランのご提案をさせて頂きます!

勉強の基礎の基礎からやり方を見直したい。
何からどのようにして苦手を克服したら良いのか分からない。
忙しくて勉強時間が中々取れない。
内申点が思うように上がらない。
→上記に当てはまる方は1度トライさんの無料面談を受けてみませんか?
何かお力になれることがあるかもしれません。

岡崎市でも結果を出すならマンツーマンのトライ!
毎年ご好評の夏合宿もご案内しております。
詳しくは岡崎市専門プランナーまで。

このページのトップに戻る

こんにちは。

家庭教師のトライ愛知県本部です。

本日は、この夏勉強を頑張りたい方必見!!トライの夏のキャンペーンについてお知らせです。

すでに新しいCMを見ていただいた方もいらっしゃると思いますが、「夏にトライの夏期講習が選ばれる理由は何?」とクイズに対して4つの回答が用意されています。

A トライならマンツーマンだから結果を出せる

B 苦手1科目からでも受けられる

C 無料で何度でも先生の交代が可能

D 6月30日までに予約すると夏期講習が無料!

正解は・・・・全部!!!

そう、全て正解なのです。

実は家庭教師は毎年夏休み前のご入会者が一番多くなります。

4月から通い始めた塾が合わなかった、本格的に受験勉強を考えるようになった、新学年になってからの定期テストで成績が下がった、というお悩みをたくさん聞きます。

トライならマンツーマンだから結果を出せる、苦手な教科(単元)1科目からでも受けられる、万が一家庭教師の先生と相性が合わなかったら無料で何度でも交代できる、これらは今だけに限らず一年中トライがおこなっていることであり、それゆえ多くの生徒にトライの家庭教師の指導を受けていただいています。

そしてトライの家庭教師を始める生徒が多くなるこの時期限定!

夏のキャンペーンとして今年は夏期講習が無料

※受付期間:2019年6月30日まで。3ヶ月以上ご利用の方が対象。夏期講習とは、個別教室120分授業×8回分です。

詳しくはコチラ


また、中学生高校生の方は定期テスト成績保障コースも同時受付中です(こちらは7月31日まで受付)。

毎年、夏期講習で多くご要望をいただくコースの一部をご紹介いたします。

<小学生>

東海・滝・南山女子部・南山男子部入試対策コース

名進研など進学塾フォローコース

夏から始める中学受験入試対策コース

苦手科目集中特訓コース

<中学生>

愛知県公立高校入試対策コース

中高一貫校専門定期テスト底上げコース

成績保証制度テスト20点UPコース

<高校生>

名古屋大・名市大・名工大など地元国公立大学合格コース

トライ式医学部合格コース

東海・南山・滝・愛知淑徳高校テスト対策コース

推薦・AO入試対応 小論文・面接対応コース

「この夏マンツーマンで結果をだす」

去年も夏からトライを始めた多くの生徒が目標達成を叶えています。

受験情報のご相談でもOKです。お気軽にお問い合わせください

トライは夢を叶えたい全ての生徒を全力でサポートいたします!

キャンペーンの詳しい内容はこちらから

https://www.trygroup.co.jp/campaign/

※受付期間:2019年6月30日まで。3ヶ月以上ご利用の方が対象。夏期講習とは、家庭教師、個別教室共に、120分授業×8回分。

このページのトップに戻る

こんにちは。
家庭教師のトライ愛知県本部です。

中学生の皆さんは、中間テストも終わり、期末テストに向けて準備を行っている頃だと思います。

今回は、内申点アップに直結する勉強方法をご紹介いたします。

テストが終わって、そのままにしている人はいませんか?
今回の中間テストの結果で、いい点をとった人も、悔しい思いをした人も、勉強のやる気が変動した人もいると思います。
テスト結果には、自分の成績がもっと上がるヒントがあります。
「テスト勉強」はテスト直しをするまでがテスト勉強なので、間違えたところの見直しや
復習は必ず行うことです。
それが次に繋がります!

またテスト対策を「テスト範囲」が出た1週間前から一気に詰め込む勉強をしている人はいませんか?
これは、テスト対策としては、非効率的な勉強のやり方です。
いい点数をとるためには、範囲がでてからの勉強ではなく、早い時期から準備をすることが高得点のポイントになります。
範囲は、今学校で習っている単元が次のテストの範囲になるのは予測ができるからです。

早くからテスト対策をすることで、範囲を繰り返し演習をすることが、定着率があがり

点数につながるのです。
要は、毎日の復習が重要だということです。

★内申点アップの対策ポイント★
①授業中の挙手、先生とのアイコンタクト、自分からコミュニケーションを取る姿勢や意思表示が大切
②宿題やノート、ワークは必ず提出し、中身にこだわること
③通知表にある科目ごとの観点のうち、上の方の観点ほど発言や活動への取り組みが重要
(上のほうの観点はやる気と態度で、C→B、B→Aに変わる)

内申アップには個別対策が有効です!
トライでは、私たち教育プランナーが総合的にサポートして、マンツーマン指導で苦手単元を克服し内申点対策を行います。
まずはテスト直しから分析させていただき、その生徒さんに合ったオーダーメードの勉強法を提案いたします。

ご不安な方はお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは。

家庭教師のトライ愛知県本部です。

本日は、先日の東海中学に引き続き、愛知県内でトップレベルの滝中学に

ついてとりあげます。


【滝の入試特徴①4教科300点入試】

滝中学では、国語・算数が各100点ずつ、理科社会が各50点ずつの計300点満点となります。

4教科の合格最低点は210点~220点前後と比較的高く、7割はとっておく必要があります。


【滝の入試特徴②算数~図形の攻略と確実な得点力をつけよう!】

滝の算数では、図形問題が多く出題されます。

2019年の入試では平面図形が1題、立体図形が6題となっており、点の移動や図形の移動の問題の出題や、旅人算に関する問題が出題されています。

さらに近年では規則性の問題も出題傾向があり、短時間で規則性を見抜き、計算を解ききらなければ時間オーバーになるので、徹底した演習が必要です。

問題数も比較的多いですが、1問あたりの難易度は上位校のなかではやさしめのため、時間配分をキーに高得点を狙っていきましょう。


【滝の入試特徴③国語~丁寧な文章の読み取りを!】

説明文または論説文1題、物語文1題の2題構成となっています。

漢字や語彙問題は標準レベルですが、書き取りの練習はしっかり行いましょう。

選択肢を選ぶ問題は、似通った文章になっているので緻密な読み取りが必要です。

また、記述問題は文章全体を踏まえてまとめる問題や、「本文中の言葉の使用」や「形式に当てはまるように」等、条件つきの出題が多いので、文章の丁寧な読み取りと過去問演習が必須となります。

理科と社会についてはまた後日触れていきます。


愛知県全体で中学受験熱が高まっている傾向にあり、中堅校の倍率が高くなる中、滝中学を始めとする上位校は若干の低下も見みられますが、私立中学全体として入試のレベルがだんだんと難化することは間違いありません。

トライではマンツーマン指導により志望校別に対策を行っていきます。

南山・海陽などここで取り上げられなかった学校の対策も可能です。

中学受験の勉強を始めようと思っている、すでに塾に通っておりそのフォローが必要かなと悩んでいるなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップに戻る

愛知県のみなさんこんにちは。

今回は愛知県の私立中学の6月のイベント日程をお伝えさせて頂きます。


6月1日(土)

愛知淑徳中学:オープンスクール

名古屋国際中学:学校見学


6月2日(日)

滝中学:学校説明会

聖霊中学:オープンスクール


6月8日(土)

春日丘中学:学校説明会

椙山女学園中学:オープンスクール

大成中学:体験フェア


6月15日(土)

金城学院中学:学校説明会


6月16日(日)

海陽中学:オープンスクール

名古屋経済大学高蔵中学:体験入学


6月21日(金)

聖霊中学:イブニング学校説明会


6月22日(土)

星城中学:オープンスクール


6月28日(金)

聖霊中学:イブニング学校説明会


6月29日(土)

東海中学:サタデープログラム


トライでは志望校ごとの個別対策を行っております。

中学受験でお困りなことがあればお気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る

こんにちは!

新年度が始まり、早一ヵ月!

史上最大10連休のGWも明け、5月病になったりしていませんか?

特に豊田市にお住まいの中学生の皆さんは心配です。

三学期制の地域のみなさんは連休明けすぐにテスト週間となるにもかかわらず、二期制という他の地域とは違う特殊なシステムのせいで新学年の定期テストが6月までなく、のんびりしてしまうというお話をよく聞きます。

特殊といえば豊田市には学診という独自の地域模試があり、高校入試の資料として活用されているのも他の地域にはないシステムです。

そんな豊田市にお住まいの皆さんはこの独自のシステムを上手に活用できていますか?

年4回の定期テストを『チャンスが足りない』と嘆いていたりしませんか?

『定期テストの他に学診まであって面倒くさい』と適当に流していませんか?

豊田市に住んでよかったと独自文化をチャンスと捉えましょう!

ただ、独自文化をチャンスと捉え、十二分に活用するためには戦略が必要となります。それも短期ではなく、中期、長期に及んだ戦略です。

そのために塾等通われていることと思いますが、その戦略は皆様一人ひとりに合わせた戦略となっていますか?

学年ごとくらいの細分化しかされていない戦略で『実はうちの子には合っていないのでは?』と感じてらっしゃいませんか?

トライでは生徒一人ひとりに合わせた戦略を作るのが当たり前!

新学期が始まって間もないですが、すでに不安を感じてらっしゃる方もおみえになられると思います。

そんな時はお気軽にトライにお問合せください。

豊田市の生徒を毎年のように担当している教育プランナーがご相談に伺います。

このページのトップに戻る

愛知県のみなさん、こんにちは。

ブログをご覧いただきありがとうございます。


本日のブログでは中学受験、愛知県トップの男子校・東海中学について取り上げたいと思います。

医学部合格実績では毎年全国上位に食い込む同校ですが、近年の入試内容はどういう特徴が挙げられるのでしょうか。

「理数に強いのは当然として、国語力も必要」「入試当日の計算用紙の回収がある」「空間図形の問題が頻出される」など、東海中にまつわる基本的なQ&Aにもお答えしていきたいと思います。


【東海の入試特徴①4科目400点型入試】

東海中では、入試配点を4科目各100点として合否を判定します。

例年、合格者平均点は275~260点のあいだ、合格最低点は240点前後と、6割の得点率がボーダーラインといえるでしょう。


【東海の入試特徴②入試倍率と併願校パターンの組み合わせ】

東海中入試を語る上で欠かせないのが併願校パターンの組み合わせです。

同日に南山男子部の入試が行われるため、受験者数は900~935名ほど、合格者は年にもよりますが、400名前後と認識しておきましょう。実質の倍率は2.25~2.34倍ですから、滝・南山男子部に比べると、志願者層の広がりは見られません。

併願パターンとしては1月初頭に入試がある海陽中等、一週間前に入試がある名古屋中、東海の翌日に入試実施の滝中、というのが定番のように見受けられます。この4校に愛知中や三重の高田中を加えて5校受験される生徒さんも多いようです。


【東海の入試特徴③算数~幅広い思考力を持ち、苦手単元を作らないこと!】

図形問題のみならず、幅広く解法パターンを熟知する必要があります。

大問8題・小問16~18題が近年のトレンドです。設問ひとつひとつの文章をよく読み取り、思考する力が必要不可欠といえるでしょう。図形については、それぞれの形の特徴を理解し、公式などの知識的な裏づけを踏まえて解いていくと、合格点にぐっと近づきます。

また、計算用紙の回収は例年行われており、解答を導くまでのプロセスも見られていると思っておいたほうがよいでしょう。


【東海の入試特徴③国語~キーワードを結び付けるトレーニングを!】

① 漢字の書き取り ② 論説 ③ 物語 という構成が多く、語彙の役割、用法、慣用句や四字熟語などの基本事項も聞かれるので、普段からコツコツと取り組んでおきましょう。

長文の文章自体は小学生にとって馴染みやすいものが選定されていますが、古風な堅い文章というよりも、現代ならではの語句やキーワードを正しく理解しているか?と細部にこだわって学習しましょう。

記述問題は毎年9問前後出題されます。本文中のキーワードを抜き出し字数内に収めるトレーニングは不可欠です。また、80字~100字ほどの長い記述については、「マスを埋める」という思考を捨てるところからスタートです。



いかがでしょうか。理科・社会については、今後言及していきます。

社会では話題になったプラスチックストローの話題に触れるなど、過去問だけでなく、新聞やニュースなどに意欲的に取り組めているかどうかが問われました。

伝統校という枠にとどまらず、近年の動向を取り入れ、ゆくゆくの大学入試を見据えた際に必要な力の養成が求められていると強く感じます。


家庭教師のトライでは、志望校別の対策を行っています。

もちろん東海中対策もばっちりです。

各進学塾の模試の結果についてのご相談や、入試制度についてわからないことがある、など保護者様からのお悩みも、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

前のページ

愛知県のブログトップページへ

全国のブログ一覧ページへ

授業料・資料請求など各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)

ホームページからのお問い合わせ

資料請求はこちら